美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

下がった歯茎を元通りに!歯茎再生治療の治療方法と気になる費用を調査

歯茎再生治療の費用は高い?保険が使えないって本当?
ebb75194fe40b933ce3ca56043754116_s

虫歯や歯の汚れを気にする方は多いですが、意外と見落としがちなのが歯茎の変化です。歯茎は歯を支える土台となる部分で、歯茎が痩せたり下がったりすると歯がグラグラと揺れるようになり、症状が悪化すれば歯が抜け落ちてしまうこともあります。

こういった歯肉の痩せや下がってしまう症状を「歯肉退縮」といいます。歯肉退縮の大きな原因には加齢の他に歯周病(歯槽膿漏)や間違ったやり方の歯磨きもあり、若い方も油断はできません。歯は一生ものなのでもし抜けてしまったら差し歯や入れ歯にしなければいけなくなってしまいます。

ここでは歯肉退縮が引き起こされる主な原因、治療法とその費用についてご紹介します。

若い人も要注意!歯茎が下がる主な原因4つ

歯茎が下がるのは加齢によるものと考えている方が多いですが、若い方でも歯茎が下がる・痩せるといったトラブルが起こる可能性は十分にあります。

歯肉退縮の主な原因4つを見ていきましょう。

加齢

歯茎は成長が終わる20歳から、10年で2ミリずつ下がっていくと言われています。単純に考えれば、40代では4ミリ下がり、60代になれば8ミリも下がっているという計算になります。

歯周病

歯周病は歯周病菌という菌に感染して起こる病気で、歯茎と歯の周りの組織を溶かしていくのが特徴です。少し前までは歯槽膿漏と呼ばれていました。

歯周病は年齢や性別に関係なく誰もがかかる可能性があり、若い方でも歯周病によって歯茎が下がり歯が抜けてしまうことがあります。

間違った歯磨き

歯の健康を守るために欠かせない歯磨きですが、力を入れて磨きすぎると歯茎の負担になり、歯茎が下がる原因になってしまいます。

また、雑な歯磨きで歯間がしっかり磨けていないと歯周病菌に感染しやすくなります。

歯並びや噛み合わせの問題

歯並びの形や、噛み合わせの異常や癖も歯茎に負担をかけるため、歯茎を下げる原因の一つと考えられています。

痩せて下がった歯茎を元に戻す治療法

歯肉退縮に対する治療法と費用には、以下のようなものがあります。

結合組織移植術

上あごから「結合組織」という組織のみを採取し、組織を歯茎に移植して歯肉の量を増やす手術です。

費用は保険適応外、3~5万円ほど。

遊離歯肉移植術

歯肉量の多い上あごの奥歯の内側から歯肉を取り、歯茎の減りが激しい部分に移植します。

費用は保険適応外、5万円前後。

ヒアルロン酸注入

痩せてしまった歯茎部分にヒアルロン酸を注入してふっくらさせる治療法。肌のシワやたるみを解消するために使用させるヒアルロン酸と同じものが使われており、安全性がとても高い治療法です。

費用は保険適応外、5万円前後。

GTR(歯周組織再生誘導療法)

歯肉の再生を促す効果のあるGTR膜と呼ばれる膜を歯肉の中に設置する方法です。

2008年から保険適応になり、費用は1万円ほど。ただし、使用する膜の種類によっては保険適応外となります。

歯肉退縮の治療方法は基本的に保険適応外で高額

歯茎が痩せる・下がる歯肉退縮の大きな原因である歯周病(歯槽膿漏)の治療は健康保険を使うことができ、実際に支払う自己負担額は全額の3~2割で済みます。しかし歯肉退縮の治療は歯周病などの病気が原因であったとしても保険適応外の自由診療となり、健康保険を使うことができません。

ここでは相場とされる治療費を掲載していますが、あくまで治療費の目安として考えてください。自由診療の場合、治療費だけでなく診察費やアフターフォローにかかる費用も病院側が自由に決めることができるため、総額がいくらになるかは病院によりかなりの差があります。

想像以上の大きな出費となる可能性もあるため、まずは治療費がどのくらいかかるか問い合わせてみましょう。

GTRに関しては2008年に保険適応治療となり1万円ほどで受けられるようになりましたが、高品質なメンブレンなどの膜を利用すると保険適応外となるため、こちらも費用には注意が必要です。

歯医者選びは慎重に!歯茎再生治療は高度な技術が必要

歯茎を再生させる治療はどれも高度な技術が必要なものばかり。組織を移植したり歯茎の中に特殊な膜を埋め込んだりと、一般的な歯科治療とは全く異なる治療内容となっています。

そのため、日本ではまだまだ歯茎再生治療を行う歯科医が少ない上に、未熟な技術で治療を行う歯科医もいると考えられています。きちんとした知識と技術があり、安心して治療を任せられる歯科医かどうかを見極めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

差し歯の寿命は使用する材料で違う!材質別に違う差し歯の寿命について

差し歯を短命にしてしまう原因についても紹介します。 一般的に差し歯の寿命は約10 …

マスクが臭い原因…それはあなた自身の口臭かも!マスクがにおう4つの理由と対策

マスクが臭いと感じたら、口臭や体調、ストレスをチェック! 風邪やインフルエンザの …

ガタガタ!ボコボコ!舌のふちに歯型がつく7つの原因と対処法

舌のふちにつく歯型は意外な病気のサインかもしれません 歯磨きをしながら鏡を見て、 …

ツルツルしていて舌が赤い…健康そうに見えても病気の可能性が!

舌の赤みが改善しなければ、なるべく早めに専門医へ! 健康で正常な舌の状態は、どん …

歯が折れた時にするべき応急処置や対処法、治療にかかる費用とは

大切な歯を守るために、歯が折れた・欠けた時はすぐに歯科医に受診を! 歩いている時 …

リステリンは口臭、歯肉炎の予防に効果的!種類や使い方は?

口に含んで30秒ほどすすぐだけの簡単口内ケア!リステリンとは? 口臭や歯肉炎対策 …

症状は?対処法は?歯肉炎・歯周炎の違いと10のセルフチェック

歯周病を見つけるセルフチェックで虫歯や歯槽膿漏を防ぎましょう! 歯肉炎と歯周炎、 …

親知らずを抜いた後は、違和感があって当然!?トラブル(ドライソケット)との見分け方

「親知らずを抜いた後、違和感がある…」と不安な方へ!抜歯後の通常な違和感と、トラ …

カタル性口内炎とは?原因や症状、対策、病院での治療法を紹介!

物理的な刺激が原因で起きるカタル性口内炎とは? 口内炎にはいくつかの種類がありま …

歯茎のできもの、フィステルかも!?症状や原因などをわかりやすく説明します

「ときどき歯茎にできものができる…でも、放っておくと消えてしまう」 「歯茎のでき …