美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

80歳になっても自分の歯を保つ!「8020運動」ってどんなこと?

イキイキとした生活のため、8020運動は思い立った今から始めましょう!
9d2b74e64ff8ea18c2306d841d79bba1_s

「8020運動」という言葉を見聞きしたことはありますか?歯医者さんに定期的に通っているという人なら、その内容までご存じかもしれませんね。「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」というこの指標は、まず歯と口腔内の健康を保つことから始まります。

自分の歯で食べ、笑うことは、食事の楽しみだけでなく、肉体的にも精神的にも、健康で満足度の高い生活に直結しています。なんとなくしていた歯磨きも「8020運動」を意識することで、よりよいデンタルケアに繋げることができますよ。

8020(ハチマルニイマル)運動ってなに?

8020運動とは「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動のことです。1989年(平成元年)に、当時の厚生省と日本歯科医師会が提唱したもので、全国の自治体や団体、企業に広く呼びかけています。

なぜ「8020」という数字なのかというと、親知らずを除いた大人の永久歯28本のうち、少なくとも20本が残っていれば、ほとんどの食べ物をかみ砕いておいしく食べることができるからです。

年齢を重ねても、自分の歯でおいしく食べられるように。そんな考えからこの「8020運動」は始められた、というわけですね。

8020運動が開始された当初の達成率は約7%で、80歳で残っている歯の平均本数は4、5本というものでした。現在では8020運動の広まりや、セルフデンタルケアの向上もあって、2012年の達成率は40%を超えています。

かなり多くの人が、80歳で20本以上の歯を保つことに成功しているということになりますね。8020運動を達成するためには、少しでも早く正しいデンタルケアを始めることが大切です。

8020運動を達成することで得られる4つのメリット

8020運動を達成することによって得られるメリットは、自分の歯でおいしく食事ができるだけではありません。

多くの歯を保つことには、このようなメリットもあるのです。

認知症のリスクを軽減できる

よく噛んで食べることは脳に刺激を与え、脳細胞の活性化に繋がります。20本以上の歯があれば、噛む力や機能が大きく低下することはありません。歯を多く残しておくことで、認知症のリスクを減らすことができるのです。

肥満の予防ができる

ダイエットの経験がある人はご存じかもしれませんね。よく噛んで食べることで満腹中枢が働くため、食べ過ぎを予防することができます。自分の歯が少なくなると、噛む回数が減ってしまうだけでなく、やわらかいものばかり食べるようになってしまいます。そのため満腹中枢がうまく機能せず、肥満になりやすくなってしまいます。

虫歯や歯周病の予防ができる

食べるときによく噛むと、唾液がたくさん出てきます。唾液には口の中をきれいにする自浄作用があるため、よく噛んで食べることは、虫歯や歯周病の予防にも繋がるのです。

生活の質が向上する

入れ歯があれば、自分の歯と同じように噛めるのでは?と思うかもしれません。しかし、入れ歯は硬いものを満足に噛めない、使っているうちに合わなくなってくる、食べているときや笑ったときに外れてしまう、といった心配があります。

それに、入れ歯は毎日取り外して洗浄し、清潔を保たなければならないのに対し、自分の歯であれば、若い頃と同じように歯磨きをするだけです。入れ歯のように不意に外れてしまう心配をすることなく、しっかり噛んで食べることでよりおいしく感じられ、大きく口を開けて笑うことができます。

お手入れの手間を考えても、自分の歯を20本以上残しておくほうが、より生活の質を向上させることができるというわけですね。

80歳で20本の歯を残すために、今から習慣づけたいこと

8020運動を達成するには、意識的にデンタルケアをしていくことが重要です。歯磨きを続けることはもちろん、より多くの歯を残すために習慣づけたいことを、できるところから始めてみましょう。

デンタルフロスを使う

虫歯や歯周病は、その多くが歯と歯の間から進行していきます。どんなにていねいに歯磨きをしても、歯ブラシで取れる歯垢は歯の表面についているものだけです。デンタルフロスを使って、歯と歯の間についた歯垢や汚れをしっかり取り除くことで、さらに虫歯や歯周病を予防することができます。

デンタルフロスの使用が難しいという場合は、持ち手のついたピックタイプを使うのもオススメです。

唾液を出すようにする

唾液には自浄作用があり、歯や歯ぐき、口の中で細菌が繁殖するのを防ぐ役割があります。よく噛んで食べる、噛みごたえのあるものを食べる、よく話す、唾液腺のマッサージをするといった方法で、唾液が少なくなることを防ぎましょう。

どうしても唾液が出せない場合は、人工唾液やトローチを使用する方法もあります。

歯科医で定期検診を受ける

歯医者さんには、痛みが出たり詰めものが外れたりといったトラブルが起こってから行くのではなく、定期的にメンテナンスで通うようにしましょう。虫歯も早期発見できれば、歯を削ったり抜いたりせずに済みますし、セルフケアで取り除けなかった歯垢や歯石を取り除いてもらえば、より長く自分の歯を保つことができます。

できれば3ヶ月に一度、最低でも6ヶ月に一度は定期検診を受けられるとベストです。

自分の歯は、削ったり抜いたりしてしまうと、元に戻すことはできません。8020運動を達成することで、老後の生活は健康的でイキイキとしたものになります。少しでも自分の歯を多く残しておけるよう、今日からデンタルケアを頑張ってみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

早めの解消が重要、歯ぎしりの原因と歯へのダメージ

他人への迷惑だけでなく、歯への悪影響大! 旅行などで気になる「歯ぎしり」。眠って …

黄ばんだ歯は印象ダウン!セルフホワイトニングで美しい白い歯を!

「ホワイトニングって高い・痛い」、そんな印象を払拭! 最近「歯のセルフホワイトニ …

口腔がんは早期発見が大事!症状やセルフチェックの方法は?

セルフチェックで発見しやすい口腔がんってどんな病気? がんは全身の様々なところに …

歯茎のできもの、フィステルかも!?症状や原因などをわかりやすく説明します

「ときどき歯茎にできものができる…でも、放っておくと消えてしまう」 「歯茎のでき …

食事のたびに腫れや痛みに襲われる「唾石症」という病気について

唾石症は病院で治せます!唾石症が発生するメカニズムや原因、治療、予防などについて …

見た目だけでない出っ歯のデメリット、できれば早めの処置を!

治療で治せるケースが大半、コンプレックスを解消しよう 出っ歯が嫌で口をあけて笑う …

加齢?歯周病?歯茎が下がる4つの原因と歯茎下がりの対処法

下がった歯茎、痩せた歯茎を改善させる方法はあります! なんだか歯が長くなった?と …

歯の大きさ、気になってますか?小さい、大きいことのメリット・デメリット

コンプレックスに感じる場合は、審美歯科医に要相談 「前歯が大きい」「全体に歯が小 …

歯茎に良い食べ物を摂取して、歯周病を予防しよう

カルシウム、たんぱく質で歯茎を強化し、ビタミンC、食物繊維で歯周病を防ぐ 歯も歯 …

「むし歯」ってどんな病気!?基本的な知識をわかりやすく紹介

誰でもリスクのある「むし歯」について、原因や治療方法、予防などについてをわかりや …