美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

歯の大きさ、気になってますか?小さい、大きいことのメリット・デメリット

コンプレックスに感じる場合は、審美歯科医に要相談
200c2622474f1ec920c0e44d4231ac8f_s

「前歯が大きい」「全体に歯が小粒すぎる」「隙間がある」「八重歯だ」、歯って意外に個人差が大きいパーツですよね。

歯の大きさの差ってなにが原因なのか、小さい&大きいことのメリット・デメリットを、特に目立つ「前歯」を中心にまとめてみました。

平均的な歯の大きさとは

前から1番目の歯である中切歯の幅は、女性の場合平均8.24mmだそうです。平均から±0.41mmの範囲内であれば、平均的な大きさだと考えられます。

また「歯のゴールデンプロポーション」というものもあって、「側切歯(正中から二番目にある中切歯の両脇の歯)と中切歯の比率が、1:1.618 」「側切歯と犬歯の比率が、1:1.618」の場合、美しい口元に見えるそうです。つまり1番、2番、3番の歯の比率が「1.6:1.0:0.6」なのが理想的ということになります。

ただ平均的な大きさでも、顔とのバランスで大きく感じたり、小さく感じることがあります。審美歯科では、歯の大きさだけでなく顔貌と歯との関係や数値を活用して、前歯部のバランスや整合性を重視して治療を行っています。

歯の大きさの違いはなにが原因?

男女差

乳歯ではあまり差はありませんが、永久歯の犬歯では男性のほうが女性の大きさの約6%、他の歯でも2~3%ほど大きいそうです。また女性の歯の形は男性に比べて丸みを帯びています。

骨格

歯の生え方はあごの骨格に大きく関係しています。基本的にあごが大きいと歯は大きく、あごが小さいと歯も小さくなります。歯の大きさに対してあごが大きすぎたり、歯が小さすぎる場合はすきっ歯(空隙歯列)に、その逆は出っ歯になりやすいです。骨格は遺伝的要因がメインです。

食事

昔は食べものに固いものが多く、それだけあごも歯も頑丈で、がっしりした顔つき&歯並びが多かったようですが、最近はハンバーガーのように柔らかい食事・間食が増え、あごの力が弱くなっているそうです。

最近の日本人に小顔が増えたのも食事の変化が大きな要因ですが、一方で小さなあごに対し歯の大きさが合わず、歯並びが悪くなることも多いようです。

栄養不足

赤ちゃんの歯の大きさは母胎にいる時に決まりますが、なんらかの理由で歯の育成に必要な栄養分が不足すると、歯が小さくなる場合があります。極端に小さなものは「矮小歯」と呼ばれ、ビタミンDの欠乏が原因の1つだと考えられています。

歯の大きさによるメリット・デメリット

小さな歯のメリット・デメリット

歯が小さいと口元がすっきりして見え、小顔効果があります。

逆にデメリットとしては、歯が小さいためにすきっ歯になる場合があり、噛み合わせにも支障が出ます。またブリッジ等の土台として使用した時、歯が大きな場合より負荷がかかりやすく、歯の寿命が短くなるリスクもあります。

大きな歯のメリット・デメリット

大きな歯の人は、あごがしっかりしていることが多く、咀嚼力があって消化・吸収にプラスに働きます。また大きな歯がチャームポイントという場合も多く、キレイな白い歯は印象的な笑顔を作ることができ来ます。

デメリットとしては、あごより大きすぎると歯並びが悪くなったり、出っ歯や反っ歯になる場合があります。ビジュアル的に「前歯二本だけ大きくてビーバーみたい」という悩みもあるようです。

小さすぎる歯・大きすぎる歯、治療方法

小さすぎる歯の治療方法

矮小歯の形態を改善するには、歯の表面を薄く削ってセラミックを貼り付ける「ラミネートベニア」という方法があります。プラスティックを使う方法もありますが、将来的に劣化や変色の可能性があります。

矮小歯が原因ですきっ歯でスペースがある場合、歯を動かして隙間を改善する矯正治療が可能です。動かすスペースがなかったり矮小歯が重なっている場合等は、抜歯が必要になるケースもあります。

大きすぎる歯の治療方法

ブラケットという矯正装置や特殊なマウスピースを使って歯の位置や角度をゆっくり動かすことで、歯の大きさを目立たなくすることができます。

大きい歯を削って、冠(クラウン)をかぶせる方法もありますが、健康な歯を削ることになるので慎重さが必要です。まずは、医療機関に相談して、最適な方法を選んでください。

まとめ 悩み続けるのなら歯科医へ!

「大きすぎる、小さすぎる」という歯の悩み、実は自分が思ってるほど、他の人は気にしていないかもしれません。そして、もしかしたらそれがあなたの個性だったりチャームポイントかも。

ただ、それが原因で悩んり、コンプレックスを感じていたり、日常生活で支障をきたすことがあるのなら、審美歯科での治療は可能です。歯の大きさや状態によって処置できる方法は異なるので、まずは歯科医に相談してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

「むし歯」ってどんな病気!?基本的な知識をわかりやすく紹介

誰でもリスクのある「むし歯」について、原因や治療方法、予防などについてをわかりや …

歯肉が痛い、もしかしたらかなり深刻かも?

放置すると歯が抜けることも! 急に歯茎の歯肉が痛くなること、経験したことはありま …

薬用ピュオーラ 洗口液で細菌や汚れを撃退!種類・特徴は?

薬用ピュオーラの洗口液が人気!どのような商品? 花王から発売されている薬用ピュオ …

リカルデントで、再石灰力&耐酸性を高めて初期むし歯を修復!

フッ素とともにデイリーなデンタルケアに取り入れたい 「リカルデント」というと、C …

放っておくと怖い「ドライマウス」口臭や虫歯の原因になることも…

患者数が急増中「ドライマウス」は現代人が注意すべき症状 ドライマウスの患者数は近 …

お口のトラブルは歯垢(プラーク)が招く!歯垢についてわかりやすく説明

オーラルケアの用語として、歯垢やプラークという言葉は非常によく聞くキーワードです …

フッ素で虫歯を予防しよう!フッ素で虫歯を防げるメカニズム

歯を強くして虫歯から守る「フッ素」を使った歯科治療や気になる費用 歯磨き粉に入っ …

加齢?歯周病?歯茎が下がる4つの原因と歯茎下がりの対処法

下がった歯茎、痩せた歯茎を改善させる方法はあります! なんだか歯が長くなった?と …

スムースな「再石灰化」で効果的なオーラルケアを

唾液による自然治癒のメカニズムを活用して虫歯予防 虫歯予防のキーワードとしてよく …

美しく自然な歯並びのために、セラミック治療を!

審美性やトータルで長期的な歯の健康を考えて選ぶならセラミック治療 自然で美しい白 …