美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

スムースな「再石灰化」で効果的なオーラルケアを

唾液による自然治癒のメカニズムを活用して虫歯予防
034ac1e35d754db65b414b09f31f28c3_s

虫歯予防のキーワードとしてよく耳にする「再石灰化」。簡単にいえば、酸性になって溶けだした歯の表面をカルシウムやリンなどでアルカリ性に戻し、エナメル質の結晶を新しく形成して、修復することです。

非常に基本的なことですが、口内がずっと酸性のままだと、再石灰化する間がなく、浸食が進んで虫歯や歯周病などの菌が繁殖しやすくなります。

「再石灰化」について、改めてしっかり把握して、日々のオーラルケアに役立ててくださいね。

再石灰化とは

通常、口の中はアルカリ性に保たれています。しかし、ごはんやスイーツなど糖分を食べると、口の中が酸性になって、歯の表面からミネラル分が溶けだす「脱灰(だっかい)」という現象が起こります。

脱灰の状態が続くと、初期の虫歯になり、それを放置することで穴があくくらいの虫歯になっていきます。

口の中がアルカリ性に戻ると、唾液の中のカルシウムイオンとリン酸イオンなどの成分がエナメル質の結晶を新しく形成することで脱灰は修復されます。これが「再石灰化」で、唾液による自然治癒のメカニズムなのです。

再石灰化をスムースに行う方法

口の中をアルカリ性に保ち、再石灰化を促すことで、脱灰や虫歯の進行を抑制し予防することが可能です。

ダラダラ食べや就寝前の食事に注意

口の中では、食べ物を摂取する度に「脱灰」と「再石灰化」が繰り返されています。だらだら食事や絶え間なく間食をしていたり、うっかり歯磨きを忘れたりして、酸性の時間が長くなるほど再石灰化が追いつかなくなって、虫歯は進行してしまいます。

就眠中は唾液の分泌量が低下してしまうので、寝る直前の食事や糖分の高い飲料などはなるべくさけましょう。また歯磨きを忘れずに。

正しいオーラルケア

食事のあと、酸性になった口内をすみやかにアルカリ性にするとともに、唾液が歯の表面にしっかり接触することが大切です。きちんとブラッシングしたりデンタルフロスを使うことで、汚れや歯垢をきれいに落として唾液の接触率を高めましょう。

フッ素や薬用ハイドロキシアパタイトなどを配合したハミガキ剤を使用すると、再石灰化がよりスムースに行われ、エナメル質の強化にもつながります。

フッ素塗布

フッ素は細菌の活動を抑え、溶けたエナメル質を修復します。歯科医でフッ素を塗布することで再石灰化が促され、歯質の強化が行えます。

キシリトールガム

キシリトール100%のガムを噛むことで、キシリトールの虫歯抑制効果にプラスして、唾液が多く出て、再石灰化を助けます。外出先などで食後歯磨きができないのために、キシリトールガムを携帯しておきましょう。

まとめ 再石灰化をスムースにする口内環境を

唾液による再石灰化がきちんと行われることで、初期虫歯は防げます。食事の仕方や日々のオーラルケアで再石灰化を意識した生活を行うことが大切です。忙しいとついうっかりしがちですが、食事や間食のあとはしっかり歯磨きをして再石灰化を促進しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

差し歯の寿命は使用する材料で違う!材質別に違う差し歯の寿命について

差し歯を短命にしてしまう原因についても紹介します。 一般的に差し歯の寿命は約10 …

デンタルマウスピースのお手入れ方法紹介!傷つけないように注意

デンタルマウスピースを清潔に保つためのポイント、洗浄方法は? マウスピースは歯の …

審美歯科について、これだけは知っておきたい基本項目

治療内容も金額も大きく異なる、歯科医院選びが重要 通常、歯科医院といえば虫歯や歯 …

舌がヒリヒリ、ピリピリ長期間痛む、もしかしたら舌痛症かも

女性ホルモンの変調やストレスなどが関係する、原因不明の舌の痛み 「舌痛症」(ぜっ …

口呼吸の危険性は多数!鼻呼吸に変えるための方法もチェック!

デメリットの多い口呼吸を鼻呼吸にするにはどうすればいい? 気づくと口が渇くという …

寝起きの口臭は誰でもある?寝起きに口が臭くなる原因と対策法

朝の口臭は予防できる!今日からできる簡単口臭予防 朝起きた時に口の中がネバネバし …

歯の欠損、放置するとどうなる?口腔崩壊、顎関節症、老け顔・・・本当にコワイ歯の欠損

虫歯や歯周病、また転倒などの事故で歯を失うことを「欠損」といいます。歯周病治療な …

やだ!歯茎が黒い!ピンク色に戻すには?

歯茎を変色させる原因と、歯医者さん・自宅でできる治療やケア方法について 笑顔から …

口腔アレルギー症候群とは?花粉症の人は食べ物に注意が必要!

食後の違和感…口腔アレルギー症候群かも!症状や原因は? 食事をした際に何となく喉 …

80歳になっても自分の歯を保つ!「8020運動」ってどんなこと?

イキイキとした生活のため、8020運動は思い立った今から始めましょう! 「802 …