美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

放っておくと怖い「ドライマウス」口臭や虫歯の原因になることも…

患者数が急増中「ドライマウス」は現代人が注意すべき症状
5479e2aaaa3ab6e0dd80dc6ead573865_s

ドライマウスの患者数は近年急増しているとされ、日本国内の潜在患者は3000万人とも言われています。ドライマウス自体は病気ではなく症状の一つでしかないのですが、放っておくとさまざまな症状や病気の原因になるため注意が必要です。

ここ数年でさまざまなメディアから注目され患者数が増え続けているドライマウスの気になる症状や、原因・治療法についてまとめました。

口が乾く症状「ドライマウス」とは?

ドライマウスとは、その名の通り口が乾いてしまう症状のこと。何らかの理由で唾液の分泌量が減ったことが原因で起きます。別名「口腔乾燥症」とも呼ばれています。

唾液は常に出続けているもので、ある程度の量が口の中にたまると無意識のうちに飲みこんでいます。そのため、あまり意識しない唾液量ですが、正常な状態で1日の唾液量はなんと1.5リットル!大きなペットボトル1本文の唾液が分泌されているのです。

ドライマウスになると唾液の分泌量が極端に減り、口の中が常に乾いているようになるなどの症状が表れます。

ドライマウスが引き起こすさまざまな病気と症状

唾液には殺菌・消毒効果があり、食べカスをエサにして繁殖する虫歯菌などを取り除く他、外気に含まれるウイルスや雑菌を取り除いてくれる働きがあります。また、潤滑剤としての役割もあり、唾液がきちんと分泌されることで口の中を滑らかに動かすことができるのです。

そんな役割のある唾液が減りドライマウスになってしまうと、以下のような症状やトラブルを引き起こします。

  • 口の中が乾く
  • 口臭
  • 虫歯
  • 歯周病(歯槽膿漏)
  • 口内炎
  • 舌の痛み、ひび割れ
  • ろれつが回らない、滑舌が悪くなる
  • 乾いたものが食べにくい
  • 味覚障害

ドライマウスはこれだけ多くの症状の原因となるため、たかが口の乾きとあなどってはいけません。

また、前述の通り唾液には口内にある細菌や口内に入ってきた雑菌を殺菌する働きがあります。唾液量が少なくなると雑菌が繁殖し放題になってしまい、ウイルス性の風邪や肺炎などにかかりやすくなります。

ドライマウスの最大の原因はストレス!忙しい現代人は要注意

現代人に増えているとされるドライマウスの最大の原因はストレスと言われています。唾液を分泌する唾液腺は自律神経と深い関係があり、自律神経が乱れると唾液の分泌量が減ってしまうのです。

緊張したり嫌なことがあった時、口の中や喉がカラカラに乾いた経験のある方は多いと思います。これは緊張状態になることで全身がギュッと硬くなり、唾液腺の活動が低下してしまったことによるものです。

自律神経は体や心の緊張状態(集中状態)とりラックス状態のスイッチの切り替えをしてくれる部分。体や心の影響を受けやすく、ストレスをためたり睡眠不足が続くとすぐに自律神経が乱れてしまいます。忙しくストレスのたまりやすい生活を送っている現代人がドライマウスになりやすいのも納得です。

ドライマウスの原因にはこんなものも…

ドライマウスの原因はストレスだけでなく、以下のようなものもあります。

  • 口呼吸
  • よく噛まずに食べる
  • 治療中の場合、薬や放射線による副作用
  • 高齢者の場合、筋肉量の低下や脱水

口呼吸は本人は全く自覚がなかったり、寝ている間だけ口呼吸をしてしまっているということがあります。友達や家族に口を開きっぱなしでいないか聞いてみましょう。

ドライマウスの予防法、治療法

ドライマウスの治療法は、ドライマウスを引き起こす原因となった体調不良や病気などによりアプローチが異なります。

例えば、ストレスや睡眠不足で自律神経が乱れているのなら、カウンセリングを行ったり睡眠導入剤が用います。薬の副作用が原因であれば、副作用が出にくい薬に変更するなどの対処となります。口呼吸やよく噛まずに食べることが原因ならば、癖を直すことが第一です。

ドライマウスはそれ自体が病気ではないので、「これを飲めば治る、これをすれば改善する」という治療法がないのです。原因となっているものに対応するのがドライマウスの治療法となります。

ドライマウスを防ぐ3つの対策

今のところ問題はないけれど、ドライマウスを予防したいという方におすすめなのが以下の3つの対策です。

  • 規則正しい生活習慣
  • ストレスをためない
  • よく噛んで食べるようにする

自律神経を乱れさせる原因となる生活習慣の乱れやストレスはできるだけ解消しましょう。また、よく噛んで食べることで唾液の分泌を促すことができ、口内を清潔に保つことができます。

知らないと怖いドライマウス…早目の対策や予防を

ドライマウスは口が乾くという単純な症状で、ドライマウスだけをうったえて病院に行く人はほとんどいないのが現状です。しかし、ドライマウスを放置すると口臭や虫歯などさまざまなトラブルの原因になってしまう他、自律神経の乱れや薬の副作用などを見落とすきっかけになってしまいます。

痛みなどの違和感がない限り放置してしまいがちな口の乾きという症状ですが、軽く考えずに早目の対策をしてドライマウスが悪化しないようにしましょう。また、ドライマウスはストレスによって引き起こされることが多いため、ストレスをためやすい方や多忙な毎日を送っている方は予防策を考えることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

理想的な歯磨きの時間は10分!ていねいな歯磨きができる6つの工夫

面倒な歯磨きも工夫しだいでしっかりていねいに! 歯磨きは、ほとんどの人が毎日おこ …

歯医者さんも納得!超音波歯ブラシのスゴさとは…

超音波歯ブラシが持つスゴさや、実際に使用する際のポイントをわかりやすく説明します …

ツルツルしていて舌が赤い…健康そうに見えても病気の可能性が!

舌の赤みが改善しなければ、なるべく早めに専門医へ! 健康で正常な舌の状態は、どん …

歯並びが悪くなる原因は何?大人になってからでも改善できる!?

歯並びが悪くなる原因の中には、生えそろった歯にも対策を行えるものが存在しています …

舌にしこりがある…原因は?病気の可能性や舌がんについて

舌のしこり 原因と疑われる病気、注意したいポイントは? 「しこり」というと乳がん …

歯の大きさ、気になってますか?小さい、大きいことのメリット・デメリット

コンプレックスに感じる場合は、審美歯科医に要相談 「前歯が大きい」「全体に歯が小 …

歯がとれたら接着剤でくっつけてもいい?危険性と応急処置

差し歯や歯の詰め物が取れたからといって接着剤を使うのは絶対NG! 物を食べている …

歯磨きの理想の回数は?専門家も勧める回数は「3+1」回!

食後と寝る前の歯磨きを習慣づけることはデンタルケアの第一歩です 毎日の歯磨き、1 …

その歯ブラシ合ってないかも?正しい歯ブラシ選びのポイント

かたさや動かしやすさ×歯や歯茎の状態をチェックして選ぼう 毎日使っている歯ブラシ …

薬用ピュオーラ 洗口液で細菌や汚れを撃退!種類・特徴は?

薬用ピュオーラの洗口液が人気!どのような商品? 花王から発売されている薬用ピュオ …