美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

歯が折れた時にするべき応急処置や対処法、治療にかかる費用とは

大切な歯を守るために、歯が折れた・欠けた時はすぐに歯科医に受診を!
6e60429bf04f7a6aaf06913a9010c3c6_s

歩いている時に転んだり、スポーツ中にボールなどがぶつかって歯が欠けてしまうのは珍しいことではありません。小さな切り傷や擦り傷なら自然と回復していきますが、歯は一生もので皮膚のように自然治癒はのぞめません。

もしも大切な歯が欠けてしまったり折れてしまった時、どんな応急処置をすればいいのか、治療費にはどのくらいかかるのか、気になるポイントをまとめました!

歯が折れた!すぐにやるべき3つの行動

歯が折れた時は、できるだけすぐに以下の3つの行動を取ってください。

折れた歯、欠けた歯を拾う

歯の破片がどこにあるかわかる場合、歯は拾い集めてください。粉々になっていない場合は、欠けた歯を歯科用の接着剤でくっつけて修復させられる可能性があります。

根本まで折れている場合でも、歯は捨てずに拾っておきましょう。可能性としては低いですが、折れ方の状態や処置が迅速に行われれば折れた歯を元のようにくっつけられることもあります。

拾った歯は乾燥させずに保管する

歯の断面は乾燥することで劣化し処置が難しくなります。そのため、拾った歯は乾燥させないようにするのが鉄則。おすすめは牛乳が入ったままの牛乳パックに折れた歯を入れて持ち運ぶ方法です。牛乳が歯の根元にある歯根膜を乾燥させないように保護してくれます。

手に入るのであれば生理食塩水の中に浸して持って行く方法でもOKです。どちらも難しい場合、飲みこまないように注意しながら口の中に歯を入れておきましょう。

かかりつけの歯科医に連絡を!

かかりつけの歯科医が近くにある場合は、まずはかかりつけの歯科医に連絡を取り、歯が折れてしまったことを伝えて今から治療してもらえるかを確認しましょう。かかりつけ医が遠い場合や治療を断れた場合はできるだけ近くの歯科医へ連絡を取ってください。

休日や夜間などほとんどの歯科医に連絡が付かない時は、夜間救急センターや夜間休日診療所へ行きましょう。

頭をぶつけている場合は脳外科を優先して

歯をぶつけると同時に頭をぶつけている場合は、歯科医よりも脳外科を優先してください。頭をぶつけた直後はなんともなくても数時間以上かけて出血が進み、急激に状態が悪化することは珍しくありません。最悪の場合は命にも関わるため、頭をぶつけた時や頭にも痛みがある時はまずは脳に異常がないかを検査しましょう。

自己判断で触らない!

歯が欠けたり折れたりしても痛みも何もない場合、何ともないだろうと自己判断をして手で触ったり形を整えるためにヤスリで削ってしまう方もいますが、危険なので絶対にやめてください。

神経がむき出しになっていると細菌感染からひどい炎症を起こす可能性があります。また、歯の根本が脱臼していたり折れている場合、安易に触ったことで歯が根本から折れてしまうことも…。痛みがあってもなくても、決して自己判断で折れた歯には触らないようにしましょう。

痛みがある時は市販の鎮痛剤を

折れた歯に痛みがあり我慢できない時は市販の鎮痛剤を服用してOKです。治療に入るまでどの程度の時間がかかるかわからないため、長い時間痛みを耐えなければいけない可能性もあります。鎮痛剤は痛みがひどくなってから飲むと効きが遅くなるので、痛みを感じた時はなるべく早めに飲んでおきましょう。

治療で使う薬剤と鎮痛剤の種類によっては併用で副作用が起こるため、飲んだ鎮痛剤の種類やいつ飲んだかを歯医者さんへ伝えることも忘れずに。

歯が折れた時の治療費

折れた・欠けた歯を直す治療は、主に2つ。

  • 欠けた歯を歯科用接着剤でくっつける。費用は保険適用で3,000~5,000円程度。
  • 歯科用レジン(プラスチック)や金属で欠けを埋める・かぶせる。費用は保険適応かどうかで変動。

後者に関しては、使用する材質によって値段が大きく変わります。また、人目に付きやすい前歯のみ保険適用OKというものも。おおまかな治療費と保険適適応が可能かどうかについては下記の通りです。

  • 硬質レジンジャケット
  • 前歯の一番目~五番目まで保険適応、3,000~5,000円程度。奥歯に使う場合は保険適応外で4万円ほど。

  • 硬質レジン前装冠
  • 保険適用の前歯は一番目から三番目まで、費用は5,000~8,000円。奥歯に使う場合は保険適応外で5~6万円ほど。

  • ハイブリッドセラミック
  • 全ての歯に保険適応外。4~12万円。

  • オールセラミック
  • 全ての歯に保険適応外。8~15万円。

  • ジルコニアクラウン
  • 全ての歯に保険適応外。10~20万円。

  • 金歯
  • 全ての歯に保険適応外。4~12万円。

  • 銀歯
  • 全ての歯に保険適応、費用は3,000~5,000円ほど。

上記費用には診察費や検査費は含まれておらず、かぶせる歯のみの費用となっています。

審美歯科(美容目的の治療をメインで行う歯科)の場合、費用がもう少し高額になることがあります。

歯が折れた時はすぐに歯科医で治療を受けよう!

歯が折れたり欠けたりしても、特に痛みを感じなければ放っておいてしまう方も多いですが、歯の表面にあるエナメル質が欠損した部分から雑菌や虫歯菌が侵入して虫歯や炎症を起こすこともあるのでなるべくすぐに治療を受けましょう。

保険適応内であれば数千円から1万円ほどで折れた歯を治せますし、とりあえず保険でできる治療を受けた後にオールセラミックやジルコニアクラウンなどの保険適応外の良い歯を入れることも可能です。大切な歯や口内の健康を守るために、歯が折れた時はできるだけすぐに治療してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

むくみや肥満だけじゃない、舌が大きくなる病気

舌に歯形がつきやすい、しゃべりにくい、それって舌の病気かも 唇や歯をチェックする …

ツルツルしていて舌が赤い…健康そうに見えても病気の可能性が!

舌の赤みが改善しなければ、なるべく早めに専門医へ! 健康で正常な舌の状態は、どん …

舌をきれいにするつもりが、逆に傷つけているかも!舌苔ケアの基本

汚いし、口臭の原因にも…!舌苔をケアして、自信が持てる口元を目指そう 突然ですが …

薬用ピュオーラ 洗口液で細菌や汚れを撃退!種類・特徴は?

薬用ピュオーラの洗口液が人気!どのような商品? 花王から発売されている薬用ピュオ …

リカルデントで、再石灰力&耐酸性を高めて初期むし歯を修復!

フッ素とともにデイリーなデンタルケアに取り入れたい 「リカルデント」というと、C …

歯がぐらぐらするのは危険信号!歯がぐらつく4つの原因と治療法

歯のぐらつきに要注意、放置していると歯が抜けることも… 歯は本来ならしっかり固定 …

ズキズキ痛みを伴う歯髄炎は原因を知って早めに対処しよう

歯髄炎で神経を抜くと歯が短命に、そうなる前に対応が必要 歯髄炎(しずいえん)は、 …

あごがない×顔が面長×歯並びがよくない、もしかしたら「アデノイド顔貌」かも?

口内環境・消化器官への負担増、見た目だけではない「アデノイド顔貌(がんぼう)」リ …

あごの骨が溶けてしまう危険性もある「歯根膜炎」ってどんな病気?

感染性と非感染性があり、放置すると症状が悪化、早めの医師への相談が必須 歯根膜炎 …

歯医者さんの治療費…どうやって決まるの?

歯医者さんごとに治療費が異なる理由や、治療費がどのように決まるのかを説明します。 …