美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

セルフでできる糸脱毛とは?ピーリング効果もあるムダ毛処理!

中国や台湾で人気の糸脱毛でセルフ脱毛!具体的なやり方も紹介

ムダ毛を処理する方法はたくさんあります。手軽にセルフ脱毛ができる方法として「糸脱毛」という方法があるのはご存知でしょうか。これは中国や台湾で昔から行われている脱毛方法で、糸を使って産毛を絡め取る方法となっています。

カミソリで処理する場合は肌の表面を削り取る形になりますが、糸脱毛であれば糸に絡めて抜き取るので肌への刺激も少なく、スベスベ感が長持ちするのが魅力です。美容効果も高いムダ毛処理方法である糸脱毛についてご紹介しましょう。

糸脱毛のやり方

糸脱毛では裁縫に使うような一般的な糸を使います。このほかにベビーパウダーが必要です。糸脱毛を行う前にしっかり洗顔をし、メイクと皮脂を落としておきましょう。ベビーパウダーは糸の滑りを良くする働きがあるため、洗顔後の顔全体にはたいておきます。

糸脱毛の方法
  • まず、糸を45~50センチ程度の長さにカットしましょう。続いて糸の両端を結んで大きな輪を作ります。両手の人差し指と中指で輪を広げるようにして持ったら中央部分を10回ほどねじり、8の字の状態にしましょう。
  • この状態で糸をピンと張り、片方の手を開いての片方の手を閉じるというのを交互に行うと真ん中のねじれている部分が左右に移動します。
  • このねじれている部分を肌にあて、産毛を抜いていきましょう。何度も繰り返し行う必要があるので、処理している最中に指が痛くなる場合は手袋をしてから行うのがおすすめです。

慣れるまではなかなか抜けないかもしれませんが、糸を肌に強く押し付けるのではなく、繰り返し行って絡め取るのがポイントになります。

糸脱毛のメリットは?

カミソリで処理をするのとは違って毛を抜く方法となるため、次に産毛が生えてくるまでには2~3週間かかります。シェービングをした場合はほんの2~3日でまた剃らなければならない状態になるので、こちらと比較するとかなり長期間ツルツルの肌を維持できるのが大きな魅力です。

また、必要なのは糸とベビーパウダー、必要であれば手袋の3つのみとなっています。糸はご家庭にあるものを使いますし、ベビーパウダーは200~300円程度で購入できるのでほとんど費用がかからないのも大きな魅力です。

うまくできない場合は糸脱毛専用の糸も販売されているのでそちらを試してみましょう。また、コットン糸よりもシルク糸の方が滑りが良いため効果も期待できます。お試しで家にある糸を使うのもおすすめですが、効果の高さを期待するのであればシルク糸を用意してみてくださいね。

美容効果も得られる

実際にやってみるとわかりますが、糸脱毛をすると肌の表面が適度に刺激されます。これにより美容効果も期待できるのです。また、糸に古い角質が巻き込まれることもあり、ピーリング効果も得られます。
糸脱毛を始めてみたところ、血行が良くなった、肌がふっくらしたという方もいるようです。

糸脱毛が受けられるサロンもある

セルフで手軽にできる脱毛方法として人気の高い糸脱毛ですが、なかなかコツがつかめない、うまく抜けないという方も多いようです。そういった場合は一度サロンで行われている糸脱毛を試してみましょう。

全国的にみても糸脱毛を取り入れているサロンは多いとはいえませんが、自宅の近くで行っているところがあったら体験してみると具体的なやり方もわかりやすくなるでしょう。また、中国や台湾といった本場で行われている糸脱毛の様子もインターネット上で公開されているのでそちらを参考にするのもおすすめです。

糸脱毛のデメリット

お金もかからず美容効果も高い糸脱毛ではありますが、デメリットについてもチェックしておきましょう。

まず、人によっては痛みを感じることがあるということ。特に産毛が濃い目の方は痛みを感じやすいです。同じ場所を何度も繰り返し行う必要があるので、痛みに弱い方には向いていません。ただ、慣れてくるとそれほど痛みを感じなくて済むようです。

続いて、埋没毛のリスクがあります。カミソリや毛抜きを使った自己処理をしたことがある方ならばわかるかもしれませんが、傷ついた毛穴が再生する際に毛穴の出口をふさぎ、肌の中でムダ毛が伸びてしまう埋没毛という肌トラブルのリスクがある脱毛方法です。

カミソリや毛抜きを使った方法に比べるとリスクは低くなりますが、慣れないうちは必要以上に力を入れて顔に負担をかけてしまうことも多く、そのような状態で何度も糸脱毛を行うと埋没毛が増える危険性もあるので注意しましょう。

糸脱毛は肌に優しい脱毛方法といわれますが、これは正しい方法で行った場合に限られるので気をつけてくださいね。

永久脱毛の効果はなし

とても手軽に産毛処理ができる方法として人気の高い糸脱毛ではありますが、永久脱毛の効果はありません。カミソリを使った方法に比べると処理の頻度は少なくて済むのでそれほど負担にはならないでしょう。

また、何度も糸脱毛を繰り返すことによって生えてくる毛が細くなり、目立ちにくくなります。適度な刺激により肌が活性化し、ニキビが改善したという方もいるので、気になっている方はぜひ実践してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

タバコを吸うとムダ毛が濃くなる!?喫煙と体毛の関係とは?

ムダ毛に悩む喫煙女性は要注意!そのタバコが濃いムダ毛の原因に 厚生労働省の調査で …

レヴィーガクリニックの月額プランは金利もお得

複数の脱毛器を使っているので、その中から最適なものが選べます レヴィーガクリニッ …

脱毛したいけど恥ずかしい…VIOラインを家庭用脱毛器で自己処理しよう!

アンダーヘアは自己処理できる!VIOラインのセルフケア方法 いわゆるアンダーヘア …

セットプラン
この夏、お得なセットプランで全身脱毛ができるサロンを探せ!

全身セットか、部位セレクトか、自分に合ったサロンはどっち? 「ムダ毛処理時間を他 …

脱毛を始めるのに季節は関係あるの?

脱毛に適した時期を選んで脱毛しよう 脱毛っていつでもできる、と思っていませんか? …

脱毛エステサロンと美容外科って何が違うの?

脱毛方法、期間、コストなどさまざまなメリット、デメリットを見極めよう Q,脱毛エ …

SSC方式脱毛はどうして痛くないの?

SSC方式脱毛の痛くない理由とメリットとは? SSC方式ってどんな脱毛?どうして …

【徹底比較】サロン脱毛VS自宅脱毛!結局どの脱毛方法がいいのか

サロンでの脱毛と家庭用脱毛器を使った自宅脱毛はどちらがオススメ? ムダ毛の処理を …

豊胸手術のあと脱毛ってできるの?手術自体に問題なくともアフターケア用の薬に脱毛の機械が反応することも…

豊胸手術のあとの脱毛施術は可能なのか?気になる疑問を一気に解決。 ふっくらバスト …

脱毛サロンへ行く前は自己処理必須!VIOや背中はお任せできるか必ず確認を

VIOの自己処理は怖いし背中は手が届かない…どうしたら良いの!? なぜ事前に自己 …