美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

肌の色が濃い人におすすめはニードル脱毛?

ニードル脱毛なら肌色が濃くても大丈夫!メリットやデメリットは?

肌の色が濃い人におすすめはニードル脱毛?

サロンやクリニックへ脱毛の相談に行ったものの、断られてしまったという方もいます。断られる理由は人によって違いがありますが、特に多いのが肌の色に関することです。

サロンやクリニックでは肌の色が濃いと脱毛の施術ができず、断られてしまうことがあります。しかし、そういった場合でも「ニードル脱毛」ならば脱毛が可能です。
なぜ肌の色が濃いと一般的な脱毛方法が選択できないのか、ニードル脱毛ならば脱毛可能な理由は何なのかなどについてご紹介しましょう。

肌の色が濃いと脱毛できない?

日焼けをしていたり、色素沈着が起きている、もともと色黒の肌であるなど様々な理由で脱毛を断られることがあります。これはなぜなのでしょうか。

レーザー脱毛や光脱毛を行う際にはムダ毛のみに照射をすることはできないため、肌全体に照射をすることになります。しかし、実際にダメージを与えるのは肌全体ではなく、ムダ毛のみです。

なぜこういったことができるのかというと、ムダ毛の濃い色に反応する性質のレーザーや光を使っていることが大きく関係しています。通常の肌色の方であればムダ毛と肌色とのコントラストがはっきりしているため、ムダ毛のみにしっかり働きかけられるのです。

しかし、日焼けしていたり肌の色が濃い場合にはレーザーや光が肌にも反応してしまいます。すると火傷のリスクが高くなり、脱毛効果も十分に得られないことからサロンやクリニックで断られる可能性が高くなるわけです。

サロンやクリニックによってはレーザーや光の出力を少し下げて対応してくれるところもありますが、出力を下げれば効果も落ちるわけなので脱毛完了までにかかる期間は長くなり、費用もかかります。

自分の場合はレーザーや光を使った脱毛ができるかどうかというのは施術者によって判断が異なるので、自分で判断してしまうのではなく、カウンセリングに足を運んでみましょう。サロンやクリニックによって取り扱っている脱毛機の種類も違うので、場合によっては肌の色が濃くても対応してもらえることもあります。

肌の色が濃い方にはニードル脱毛がおすすめ

肌の色が濃い方が絶対に脱毛ができないわけではありません。ニードル脱毛ならば問題なく施術が受けられるのです。ニードル脱毛とはその名の通り針を使った脱毛方のことで、医療レーザーや光脱毛とは根本的な仕組みが違います。

ニードル脱毛はムダ毛の色素に働きかけるものではありません。毛穴に非常に細い針を刺し、そこに電流を流すことによって直接毛根を破壊する脱毛方法です。1本1本のムダ毛を確実に処理できるため、非常に効果の高い方法として知られています。

現在行われている脱毛方法の中では最も高い効果が得られるとされているため、効果重視で脱毛方法を選んでいる方からも選択されているのです。色の濃い部分(ムダ毛)に熱を加える方法ではないため、ニードル脱毛であれば肌の色が濃い方でも施術が受けられます。

ニードル脱毛のデメリット

肌の色が濃い方でも選択できるニードル脱毛はメリットが大きいように感じるかもしれませんが、実はデメリットもいろいろあります。

費用が高くなりがち

ニードル脱毛は数ある脱毛方法の中でも特に費用が高くなりがちな方法です。サロンやクリニックの中にはお得な定額制を取り入れているところもありますが、ニードル脱毛の場合は1時間いくら、または1本いくらという形で料金が発生します。

美容のための施術ということになるので保険も適用できません。ニードル脱毛だけで気になる部位の脱毛をすべて済ませようと思ったら簡単に100万円以上かかることもあるので、費用がかかりやすいというのは大きなデメリットになります。

どうしてもレーザーや光で脱毛ができない部位だけをニードル脱毛で処理するというように考えるのがおすすめです。

時間がかかる

レーザーや光脱毛であれば両ワキの脱毛をするのにかかる時間が5分~10分程度というところも増えてきましたが、ニードル脱毛の場合は1本1本を処理する必要があるため最低でも1時間程度の時間がかかります。

痛みを感じやすい

ニードル脱毛で使うのは非常に細い針ではありますが、その針に電流を流すことからも痛みが強い脱毛方法であることが想像できます。実際に痛みに耐えかねてニードル脱毛を挫折したという方もいるくらいなので、このあたりは覚悟しておく必要があるでしょう。

自分に最適な脱毛方法を相談してみよう

近年は色黒の方でも選択できるニードル脱毛以外の脱毛方法を取り入れているサロンやクリニックも増えてきました。ただ、それらの方法は1回あたりの効果が低く、何度も通わなければならないのがデメリットです。

痛みに耐えられる、高い脱毛効果がある方法を探している、ある程度脱毛にお金をかけられるということであればニードル脱毛も選択肢に挙げられます。肌の色が濃いからニードル脱毛しか選択肢がないと思っていたものの、実際に相談に行ってみたらレーザーや光脱毛が受けられたという方もいますし、その逆もいるのでまずはカウンセリングに足を運んでみるのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

レヴィーガクリニックの月額プランは金利もお得

複数の脱毛器を使っているので、その中から最適なものが選べます レヴィーガクリニッ …

大手サロンでの脱毛は本当に安心?

はじめてのサロン選び、だからこそ大手サロンを! 脱毛デビュー検討中、やっぱり大手 …

私を「オッサン女子」にする男性ホルモン。増加の原因はここにあった!!

ひげやすね毛が増える、顔が脂っぽい…。それ、男性ホルモンの影響です 男性ホルモン …

脱毛サロン選びの重要なポイント!“通いやすい脱毛サロン”の条件3つ!

通いやすいって何だろう?リアルに脱毛サロンに通う自分を想像してみましょう。 通い …

脱毛サロンで少しでもお得に脱毛するなら友達を誘おう!

友達紹介割引を使ってもっとお得に脱毛しちゃおう♪ 脱毛は一人より二人? 友達と一 …

小学生に脱毛は必要?体毛が濃い娘が心配

小学生なら脱毛より自宅でのケアがベスト。脱毛はもう少し大きくなってから 小学3年 …

脱毛中の「日焼けNG」ってボーダーラインはどこにあるの?

脱毛サロンに通っているけれど、アウトドアにも出かけたい!日焼けはどれくらいまで許 …

Vラインの黒ずみを解消するなら脱毛サロンへ行こう!

Vラインの黒ずみは間違った自己処理が原因。そのまま続けていると… Vラインの黒ず …

豊胸手術のあと脱毛ってできるの?手術自体に問題なくともアフターケア用の薬に脱毛の機械が反応することも…

豊胸手術のあとの脱毛施術は可能なのか?気になる疑問を一気に解決。 ふっくらバスト …

耳毛カッターは脱毛より手軽で安心。正しい手入れ方法とは?

安全に耳毛処理をしたいなら耳毛カッターがおすすめ。手入れも重要! 自宅でできるだ …