美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

私を「オッサン女子」にする男性ホルモン。増加の原因はここにあった!!

ひげやすね毛が増える、顔が脂っぽい…。それ、男性ホルモンの影響です
f131412307749c542b683fe26093c2cb_s

男性ホルモンと聞くと、男性にしかないと思う人もいるようですが、実は女性の体内にも存在しています。

この男性ホルモンが増えすぎると、女性の美容面にとって良くないということを、ご存知でしょうか。
具体的には、

  • 顔が脂っぽくなる
  • ニキビが増える
  • ひげやスネ毛、背中毛など、体毛が濃くなる

など、外見に悪影響を与えるようになるのです。

また、近頃、女性らしさを忘れ、オジサンのようになってしまった「オッサン女子」なるものが増えているそうです。これも男性ホルモンが増えてしまったことが原因とされています。

「そんなの困る! 男性ホルモンって、なぜ増えてしまうの?」

素直な疑問ですね。では、これから男性ホルモンが増えてしまう原因や状況について、詳しく見ていきたいと思います。

多大なストレス

女性の社会進出が目覚ましい昨今では、男性と対等に仕事をしている女性が多くいます。しかし、まだまだ女性が働きにくい世の中であることには、間違いありません。女性は、心の中に大きなストレスを抱えて、多忙を極めていることが多いのです。

特に、家庭を持っている女性であれば、夫から癒しをもらうどころか、「家事を手伝ってくれない」「子供の面倒を見てくれない」など、さらなるストレスを与えられることもあります。

上手にストレス発散できる場合は良いのですが、溜め込みすぎて、精神的に身動きが取れなくなってしまう女性もいます。ストレス過重になると、ホルモンバランスに乱れが起こり、男性ホルモンが活性化してしまうのです。

ゆっくりする時間がなく、常にやらなくてはいけないことを抱えている

働く女性にしても、小さな子どもがいる主婦にしてもそうですが、「とにかく時間が足りない!」という女性の悩みをよく耳にします。

特に働く女性は、朝早くに家を出て子どもを保育園に送り、フルタイムで勤務、仕事が終わって保育園に子どもを迎えに行き、家に帰ってからもお風呂に入れたり、ご飯を作って食べさせたり、夜9時までには寝かしつけ!といった具合に、一日中ドタバタな時間が続きます。

そして、そのまま子どもたちと一緒に寝入ってしまい、気が付けば朝。また、時間に追われる一日が始まる…といった具合に、気が付けば、心休まる時間が無かったりします。

こういった心の余裕の無さは、男性ホルモンに影響を与える自律神経を乱れさせてしまうのです。

とにかくスマホが手放せない

今の世の中、スマホを持たない人のほうが少ないかもしれません。スマホを見ている時間が唯一のリラックス時間・・・なんて思っている人もいるかもしれません。

しかし、寝る直前までスマホを見ているのは、実は体に良くないことなのです。スマホを見ていて、いつの間にか寝落ち・・・なんて、とんでもありません。

なぜなら、寝る直前まで明るい光を見ていると、リラックス状態を誘うメラトニンというホルモンの分泌状態が悪くなり、自律神経の乱れを誘うからです。寝る直前の30分間は、できれば暗い部屋の中でゆったりと過ごすのが理想とされています。

炭水化物を減らして、ダイエット中

炭水化物抜きのダイエット法を行う人は多いですが、炭水化物が不足するとぶどう糖をエネルギー源として活動する脳が栄養不足になる可能性があります。

その結果、自律神経の乱れを誘い、男性ホルモンを活性化させてしまいます。

美容のためにダイエットをしていたつもりが、体は痩せても、髭やすね毛が濃くなってしまう・・・なんて、悲しすぎますよね。炭水化物を全く摂らないのではなく、半分に減らすなどして、必ず摂取するようにしてください。

以上、あなたは上記に挙げたもののうち、当てはまるものはありませんでしたか?

「どれも当てはまらない」という方は、素晴らしい!

今の状態を続けることを心がけてください。常に心に余裕を持ち、健全な身体と精神を持つことが、男性ホルモンの活性化を食い止めるもっとも効果的な方法なのです。

ムダ毛の濃さと女性ホルモンの関係とは?

女性ホルモンには子宮や卵巣を正常に機能させる働きの他に、髪や肌を美しくしたりくびれを作ったりといった女性をキレイにしてくれる働きがあり、そのひとつが『ムダ毛を抑制する』というものです。

なんらかの原因で女性ホルモンが減少しているとムダ毛がだんだん濃くなってしまいます。次は女性ホルモンのバランスが乱れやすい時期についてご紹介します。

思春期

主に10歳から18歳あたりを指す思春期の時期は、身体の成長とあわせて女性ホルモンのバランスも乱れやすいです。若い時は生理周期が安定しにくいのもこれが理由です。

また、部活動で毎日激しい運動をしていたり、無理な食事制限ダイエットをするとすぐに女性ホルモンへ影響が出てしまう時期でもあります。

身体の成長によって単純に体毛が増える、濃くなるとケースもあります。一次的に体毛が濃くなっているだけということもあるので、まずは様子を見ましょう。思春期に脱毛を始めてもあまり効果が出ないと言われているので、無理に脱毛に通う必要はありません。

妊娠期

妊娠、出産、授乳中は女性ホルモンのバランスがとても乱れやすい時期です。特に、赤ちゃんのいるお腹を守るためにお腹周りの体毛が濃くなる傾向があります。

妊娠期は肌もとてもデリケートになっているため無理に自己処理をしたり、脱毛をするのはおすすめできません。また、妊娠中はどんなトラブルが起こるかわからないため、脱毛を断るサロンがほとんどです。逆に妊娠中でも大丈夫というサロンはあまり信用できないサロンと言えます。

出産後、しばらくすると体毛が薄くなったという方もいるので様子を見て、薄くならないようなら処理方法を考えていきましょう。

更年期

閉経が始まる40代後半あたりからは女性ホルモンが減少していき、相対的に男性ホルモンの量が増えます。これによって体毛が濃くなる、ヒゲが生えてくるといったトラブルが多く報告されています。

女性ホルモンのバランスが大きく崩れる更年期は体調不良などのトラブルも起こりやすいため、ホルモンバランスを整えるような食生活を心がけたり、必要であれば治療を受けるといったことをおすすめします。

女性ホルモンのバランスを整えると更年期によって濃くなった体毛が薄くなる、細くなりますが、毛が減るわけではないので自己処理や脱毛でのお手入れは欠かせません。

このように、女性ホルモンのバランスが大きく乱れる時期は体毛にも影響があります。思春期の場合は成長期ということと金銭的負担という問題があるので、妊娠期や更年期の体毛の変化を気にされるのなら、早めに脱毛を始めるのをおすすめします。

また、女性ホルモン様作用をする大豆イソフラボンを豊富に含む豆乳を意識的に摂取したり、ホルモンバランスを整えてくれるサプリメントを取り入れるというのも効果的な対策です。焦って自己流の処理をしてしまうと肌を傷めたり毛穴を目立たせてしまうので、皮膚科や脱毛サロンへ一度相談へ行ってみてはどうでしょうか?

あ~やっちゃった!今、男性ホルモン出てた!と思った瞬間

私はお酒を飲むことが大好きです。お風呂上がりや仕事から帰った後の最初の1杯は特にたまりません。キンキンに冷えたビールを缶のままでゴクゴク飲み干します。そして「くー!このために生きてる!」と口にしてしまいます。そんな瞬間に「まるでおっさんのようだな、女子ではないな」と感じます。しかもおつまみはさきイカです。やっぱりおっさんだと思います。
元々毛深い体質なのですが、ふと鏡を見た時に顎に太い髭が一本逞しく生えている時に男性ホルモンが強いなと実感しました。産毛ならまだしも、明らかに男性の髭だったのでショックが大きかったです。恥ずかしい話ですが、ビールを飲んだ後におっさんの様な豪快なゲップをしてふと我に返った瞬間は絶対に女性ホルモンより男性ホルモンが沢山出ているに違いないと確信しました。
私が男性ホルモンが出ていると思った時は、特別養護老人ホームで働いていた時に入浴介助をしていた時です。身長が145cmの痩せ型の小柄な体型に対して、滑りやすいお風呂場で、自分で体に力を入れづらく、入浴において自力では難しい高齢者が転んだりケガをしないためにも、踏ん張って支えながら複数の人の介助を短時間でこなしているときは、かなり出ているなあと思ったことがあります。
最近、前髪のはえぎわの一部分が、ちょっと地肌が見えてきていて、これはもしかして”はげ”なのでは・・と(泣)自分の年齢だと、はげている男性がいてもおかしくないですが、私はそういう人達を心の中で笑っていました。けれど自分がちょっとでもそういう状態になると、笑っていたことを謝りたくなります。これは男性ホルモンの影響なのでしょうか。
くしゃみをする時に、10代20代の時は声を出さないよう極限まで息を止めてやっていたのに、くしゃみを思いっきりしてスッキリさせる方を優先させてしまい、声を出して「ハッ!!クッシュン!!」と豪快にしてしまう瞬間や、ゴキブリなどの虫が家や会社に出てきた時、ビビりもせず、怖がりもせず、素早く叩けるものを探して、無感情で駆除してしまった瞬間。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

脱毛中の「日焼けNG」ってボーダーラインはどこにあるの?

脱毛サロンに通っているけれど、アウトドアにも出かけたい!日焼けはどれくらいまで許 …

まさか、妊娠していたなんて…。脱毛による、胎児への影響は?

妊娠に気が付かず、脱毛サロンに通っていました。赤ちゃんは大丈夫でしょうか? ムダ …

自己処理に電気シェーバーがすすめられるのはなぜ?

脱毛中の自己処理はどうしたら良いの? 次回の施術までの2ヶ月間、自己処理はどのよ …

EpiSara(エピサラ)でツルスベ肌を目指す!注目ポイントや特徴は?

ラベンダーの香りが魅力的な除毛クリーム EpiSara(エピサラ) EpiSar …

自宅で使える脱毛器で永久脱毛できる?家庭用脱毛器を選ぶときのポイント

自宅で永久脱毛はできないの?永久脱毛の定義から脱毛器の選び方まで サロンやエステ …

なぜサロンに行く前に自己処理が必要なんですか?

脱毛サロンへ行く前の自己処理は肌トラブルを防ぐため 脱毛サロンに行く前に自己処理 …

医療脱毛VS脱毛エステ それぞれの主張を比べてみました!

ムダ毛の処理をプロに任せるうえで、エステサロンで行うのか、皮膚科や美容外科などの …

脱毛を始めるのに季節は関係あるの?

脱毛に適した時期を選んで脱毛しよう 脱毛っていつでもできる、と思っていませんか? …

脱毛サロンで少しでもお得に脱毛するなら友達を誘おう!

友達紹介割引を使ってもっとお得に脱毛しちゃおう♪ 脱毛は一人より二人? 友達と一 …

脱毛を受けると毛穴が小さくなるというのはなぜですか?

サロンで脱毛を受けると毛穴が小さくなるという話を聞きましたが、本当ですか? 脚や …