美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

小学生に脱毛は必要?体毛が濃い娘が心配

小学生なら脱毛より自宅でのケアがベスト。脱毛はもう少し大きくなってから
d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s

小学3年生の娘。体毛が濃くからかわれないか心配です。脱毛するべきでしょうか?

小学3年生の娘が最近になって体毛が濃くなってきました。本人は何も言っていませんが、体操着や水着になった時にクラスメイトにからかわれないか心配しています。脱毛も考えましたがお金がかかりますし、子供の肌に負担がないかと思うとなかなか踏み出せません。

小学生のムダ毛は脱毛するべきでしょうか? それともカミソリで処理してやるべきでしょうか?
(40代前半 主婦/パート Nさん)

脱毛を始めるのはもうちょっと待って。自宅でできるケアから始めるのがおすすめ。

今の子は栄養状態がよく発育が良いので小学生と言えども大人と同じような濃さの体毛が生えていることは珍しくありません。子供と言えどムダ毛は恥ずかしいものですし、お母さんにもなかなか言い出せない子も多いです。

お子さんの成長をしっかり見ていて体毛に悩んでいるんじゃないかと考えてあげられるNさんは素敵なお母さんです。

さて、娘さんの脱毛についてですが、脱毛サロンへ通わせることは全く問題ありません。ただ、今から脱毛を始めてもなかなか脱毛完了せず脱毛費用が余分にかかってしまう可能性が大きいので旦那さんとも相談して決めるのが良いと思います。

脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛は、毛に含まれるメラニン色素だけに反応する特殊な光を利用しているので娘さんのデリケートな肌でも大丈夫です。頻繁にカミソリや毛抜きで処理するよりもずっと肌へのダメージは小さくて済みます。

ですが、これから成長期で毛量がどんどん増えていく時期に脱毛を始めても、何回通っても終わりが見えずお金ばかりかかってしまうかもしれません。また、脱毛は日焼けしていると施術が受けられないため、外で元気に遊ぶ年頃の娘さんに「日焼けしないように」と言ってもなかなか難しくスムーズに脱毛が受けられない可能性もあります。

こういった事情があるので、小学生のうちから脱毛を始める必要はないと思いました。お試し価格でできるワキ脱毛へは行かせても良いと思いますが、手足など広範囲の脱毛はせめて高校生になってから始めるのをおすすめします。

やめておいた方が良いのが、ワックス脱毛や脱色など薬剤が直接肌へ付くタイプのムダ毛ケアです。これらは肌へのダメージが大きく、娘さんの肌を傷つけたり、肌に合わなかったらシミになって跡が残ってしまうかもしれません。

カミソリや電動シェーバーを使うのは雑菌の多いお風呂場を避け、お風呂上がりの清潔な肌に滑りをよくするためにクリームを付けてから処理していきます。処理が終わったら保湿効果もある抑毛ジェルをぬるとムダ毛が生えにくくなり、処理仕立てのツルツルの状態を長期間キープできます。

成長期が終わるまでは正しい自己処理方法と抑毛ジェルでケアしておいて、もし大きくなってから体毛の濃さで悩んでいるようなら高校生・大学生になったら脱毛を始めさせてあげるのがベストです。

キッズ脱毛の基本

子どもの肌は大人よりデリケートで刺激に対して敏感なので、肌への負担がないことが大人以上に最優先されます。また大人のように「キレイになるためなら痛くても我慢する」というマインドはないので、大人以上に痛くないことが重要。

施術時間も短時間で済むほうがよいですね。子どもの毛は大人より柔らかく細くて色素も薄い場合があるので、実績があって技術力の高いサロンが安心ですね。

親子で得するキッズ脱毛

キッズ脱毛といえば最初に名前があがるのがエピレ。肌にやさしく安全なオリジナルの脱毛マシンを開発し、7歳から受けられるというので大人気です。

エピレ

キッズ脱毛が評判のエピレは親子でお得!

公式サイトへ

またエピレでは7歳〜15歳のお子様対象で、お母さんと一緒に来店すると両ワキを無料で脱毛してもらえる「同伴特典」付き。

ワキの毛は生えてきたら自己処理マストの部位なので、この特典は嬉しいですね。もう1つ、親子でのプラン購入でSパーツの脱毛が1回無料になる「親子得」というサービスもあります。親子でキレイになって親子で得してくださいね。

肌が弱い人でも安心

キッズ脱毛ができるサロンは肌へのやさしさに自信があるサロンといえますね。肌荒れしやすいとか、アトピーなど肌トラブルの不安がある方は、キッズ脱毛の可能なサロンをチェックするのもいいかもしれません。

2015-05-22_162521
>>キッズ脱毛ならエピレ!!
近年は子どもの成長が早くなってきています。それにともなって問題になってくるのが子どもの体毛の問題です。小さな頃はうぶ毛だったものが、成長するしていくにつれて濃い毛となってくるのです。

どうして小学生に脱毛が必要なの?

小学校の低学年から高学年まで個人差はありますが、ムダ毛が生えてくるのは、周囲の目を気にする多感な時期です。毛が濃くなってくることに対する抵抗感もあり、大人よりもムダ毛に対して敏感な年頃です。

自己処理よりも専門家に任せたほうがいい理由

できることなら大きくなってからきちんと脱毛した方がいいのは確かですが、やはり多感な子どものころだからこそ脱毛したいというお子さんの気持ちもわかりますよね。

無理にカミソリでムダ毛を剃ったり、毛抜きで抜いたりすることで、色素沈着が起きてケアした部分の肌が黒くなってしまうこともあります。

とくに、小さい子どもはホルモンバランスが安定していないので色素沈着を起こしやすい傾向にあります。そのため、自分でムダ毛を剃ったり抜いたりするセルフケアはおすすめできません。

また、子どもが自分でケアしようとすると危険です。刃物に慣れていないということ、肌が未成熟なので肌が傷つきがちになるということもあります。

キッズ脱毛はどこでできる?

普通の脱毛は思春期以降で生理周期と毛周期が整っていないと受けることができないため、子どもの脱毛ができるサロンはあまり多くありません。

その中で、エピレは7歳から脱毛できます。

エピレでは日本人女性の肌と毛に合った独自の脱毛器を使っていて、子どもの脱毛にも安心なのです。脱毛のときの痛みに関しても、術後のアンケートで100%近くの女性が「痛くなかった」と回答しているので、子どもの負担になりません。

初めての方であれば19部位から2箇所を選ぶプランは1回980円で施術を受けることができます。鼻の下やあご、首のうしろや背中などのお子さんが気にしがちな部分もこのプランで脱毛可能です。

2015-05-22_164414

キッズ脱毛を受ける前の注意点は?

キッズ脱毛は、成長途中での脱毛ですから、施術を行っていっても再び生える可能性が大人よりも高いようです。

ムダ毛を半永久的になくすというよりも今より薄くする、一時的になくすという目的で利用するといいでしょう。とはいえ、もともと大人の毛よりも薄くうぶ毛に近いので、数回で効果が現れます。

エピレをはじめとして、多くの脱毛サロンは光脱毛を採用しています。これは、毛の黒さに反応させる脱毛方法です。そのため、極端に日焼けをして肌が黒い状態だと施術を行うことができません。夏になる前、まだ日焼けしていない状態のときに施術しておくことをおすすめします。

エピレの詳細はこちらから

母娘でうれしいキッズ脱毛

11歳の娘から「ムダ毛を男子にからかわれた」と相談され、キッズ脱毛をすることに。

母の私は脱毛サロンに通って良かったと思っているので、カミソリなどで子供の肌を傷つけるよりはキッズ脱毛が安心だと思いすぐに連れて行きました。

ヒジ下とヒザ下がとても綺麗になり、娘に笑顔がもどって良かったです。母としてすごく安心しました。

娘は幼い頃から毛が濃く、小学生になると半袖になって腕を出したりスカートで脚を出したりすると、男子にからかわれるように。そのため高学年になると手足を出す服装をいやがるようになりました。

正直キッズ脱毛には抵抗があったのですが、サロンの話を聞くと害がないことがわかり、また母娘で受けることにより娘に不安感を与えずに施術できることなどから、キッズ脱毛をさせました。

今では好きなファッションを楽しんでおり、堂々と友達と接することができるようになったので、親として本当によかったと感じています。

私に似てむだ毛が濃い娘。高学年になるにつれ、気になってきたようです。

そこで、クリスマスプレゼントに、一緒に脱毛サロンにいくか、吹奏楽をしているので、欲しい楽器を買うか、どちらがいい?と聞いたら、迷わず脱毛サロンというので行ってきました!本人は、どんなことをされるのか不安だったようですが、ジェルを塗って光を当てるだけで、全然痛くないと喜んでいました。

まずは腕だけしてもらいましたが、他の部分もやりたいと言っています。私自身も、若い頃毛が濃いのはすごくコンプレックスだったので、娘には同じ思いを味わってほしくなくて…行って良かったと思っています。

最近は中学生でもむだ毛を気にして毎日カミソリで剃ったりする子供が多いと聞きます。

娘も結構毛深い方なので脱毛サロンで親子脱毛をすると割引キャンペーンという広告を目にしたので娘と話し合ってチャレンジしてみる事にしました。

特に気になる脇の脱毛コースを契約して10回ほど施術に通ったところ見違えるほどにツルツルの脇を手に入れる事ができました。娘も自信が出たようでおしゃれを楽しめるようになったとすごく喜んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

乾燥・日焼けは脱毛の大敵!やけどのリスクが高まり、脱毛効果が弱くなる

脱毛中に乾燥・日焼けしちゃいけないのはどうして? 脱毛サロンで乾燥や日焼けに注意 …

脱毛を受けると毛穴が小さくなるというのはなぜですか?

サロンで脱毛を受けると毛穴が小さくなるという話を聞きましたが、本当ですか? 脚や …

VIOはどのように処理したらいいですか?

VIOの自己処理は肌を傷つけない正しい方法で! Q.VIOの自己処理ってどうやっ …

口回りの産毛、ほんのりを通り越してヒゲ女子が急増中!あなたは“ヒゲ”大丈夫?

ストレス、不規則な生活…働く女子は“ヒゲ”に気を付けて! これはもうヒゲ…。口周 …

脱毛したいけど恥ずかしい…VIOラインを家庭用脱毛器で自己処理しよう!

アンダーヘアは自己処理できる!VIOラインのセルフケア方法 いわゆるアンダーヘア …

個人経営の脱毛エステで嫌な思い出が…脱毛なんてどこも同じ?

大手脱毛サロンならアフターケアもバッチリ! >>ミュゼならずーっと通えて低価格! …

ワキの脱毛をするとワキ汗がひどくなるといううわさは本当?

ワキの脱毛について検討しているのですが、ワキ脱毛をすると汗の量が増えてしまうとい …

肌の色が濃い人におすすめはニードル脱毛?

ニードル脱毛なら肌色が濃くても大丈夫!メリットやデメリットは? 肌の色が濃い人に …

セットプラン
この夏、お得なセットプランで全身脱毛ができるサロンを探せ!

全身セットか、部位セレクトか、自分に合ったサロンはどっち? 「ムダ毛処理時間を他 …

脱毛エステサロンと美容外科って何が違うの?

脱毛方法、期間、コストなどさまざまなメリット、デメリットを見極めよう Q,脱毛エ …