美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

Vラインの黒ずみを解消するなら脱毛サロンへ行こう!

Vラインの黒ずみは間違った自己処理が原因。そのまま続けていると…
vio

Q.Vラインの黒ずみ対策に有効な方法はありますか?
Vラインの処理をカミソリと毛抜きでしているのですが、何だかだんだん黒ずみがひどくなってきています。毛穴のブツブツも目立ってきて、これなら処理しない方が良いんじゃ…と思うこともあります。でもかわいい下着や水着を買いたいし、処理しないと彼にもなんだか悪いし…Vラインの黒ずみ対策ってどうしたら良いんでしょうか?

A.Vラインの黒ずみは脱毛で解決できる!
Vラインは腕や足よりデリケートな部分なのでカミソリや毛抜きでの自己処理は肌へ負担になって黒ずみになりやすい上に、下着との摩擦で黒ずみやすい部分です。肌に負担をかけないようにするには自己処理をしないのが一番なんですが、大人の女性はアンダーヘアもお手入れするのが当たり前の時代ですし、「ジャングル状態でひいた…」という男性側の手厳しい意見もあるので放置というわけにはいかないんですよね。

でも自己処理を頑張れば頑張るほど肌は荒れて黒ずみもひどくなるし、そうなると今度は「肌が汚くてがっかり…」って言われるし、「手入れしてなきゃ文句言うのにしたらしたでまた文句言うのかよ!!」とキレたい気持ちはよくわかります。

そんな迷える大人女子におすすめしたいのが「サロンでVライン脱毛」です。

カミソリによる自己処理は角質層を削りながらムダ毛を剃っているので肌荒れを起こしやすく、毛抜きで1本1本抜いていくのは毛穴に炎症を起こしやすくブツブツや埋没毛(毛が皮膚の下で成長すること)の原因になります。

角質は水分の蒸発を防ぐフタと、外からの刺激から肌を守る役割をしていて、角質層がはがされてしまうと乾燥や肌荒れなどのトラブルを起こしやすくなり、トラブルが続くと色素沈着からシミへと変化していきます。Vラインは元々黒ずみやすい部分なので、そこへ自己処理でさらに負担を加えるとどんどん黒ずんでしまうわけです。

自己処理をずっと続けているとその分黒ずみもひどくなるので、できるだけ早く対策するのをおすすめします。

関連記事

光脱毛には美肌効果もあるので黒ずみ対策にぴったりなんです

脱毛というと「痛い」「肌に負担がかかる」というイメージを持ちがちですが、フラッシュ脱毛は毛に含まれるメラニン色素だけに反応する仕組みだから肌への負担はほとんどないから黒ずみや肌荒れで悩んでいる人にはすごくおすすめな方法です。

Vラインはあまり肉がついていなくて皮膚もデリケートなので腕や足と比べると痛みを感じやすいようですが、回数を重ねるうちに毛量が減って毛質が細くなっていくので痛みもどんどん小さくなっていきます。それに何より、Vラインの毛はしっかりした毛なので脱毛効果が見えやすく「多少痛くてもがんばれる!」という女性が多いです。

脱毛に行ってから2週間ほどで今生えている毛が抜け落ちるので一時的にツルツルになって自己処理と脱毛の仕上がりの違いを実感できるから、痛みや恥ずかしさより「脱毛ってすごい!キレイ!」という気持ちが勝つんだそうです。

カミソリや毛抜きでの処理と比べると脱毛サロンは割高に感じますが、面倒な自己処理から解放された上に黒ずみなどの肌悩みもなくなることを考えるとそれほどコスパが悪くはないのではないでしょうか?どれくらい残すのか、どんな形に整えるのかも希望通りにしてもらえるので、自分で処理するよりずっとキレイに仕上がります。

最近はミュゼプラチナムエピレのようにお試し価格でVライン脱毛ができるサロンもあるので、Vラインの黒ずみで悩んでいる方は気軽に脱毛にチャレンジしてみてください!

脱毛後は保湿もしっかりと

脱毛サロンに行ったあとのアフターケアとして大切なのが保湿です。例えば、草むしりをしている様子をイメージしてください。乾いた土に生えている草を抜こうとすると根っこがぶちぶちと引っかかって抜きにくいですよね。一方。潤った土であればするんっと抜けます。このように、脱毛でも、土台となるお肌が潤っているほど、脱毛効果を実感しやすくなるのです。

でも、Vラインはとってもデリケートな部分。ボディクリームだと刺激が強すぎることもあります。そこで、Vラインなどのデリケートゾーンにも使えるクリームをご紹介します。それぞれ、医薬部外品だったり美白に効果的な成分が入っているものなので、黒ずみ対策にもぴったりですよ。

ホワイトラグジュアリープレミアム

2016-12-15_192318

ホワイトラグジュアリープレミアムは独自の美白成分・スーパーVCTが配合されていて、黒ずみの原因となる基底層までしっかり有効成分が浸透するように処方されています。

生ビタミンC、水溶性ビタミンC,油溶性ビタミンCが基底層まで持続的にケアしてくれます。角質層までしか浸透しない商品では、いくら有効成分を配合しても、しっかり塗っても結果は出ません。ちなみにこの商品にはヒアルロン酸やプラセンタなど美白成分が7種類も配合されていて、これだけ贅沢な成分が入っていて気になる価格は9,980円。少し高いと感じるかもしれませんが、定期コースを活用すれば4,000円も安く購入することが可能です。

パッケージも美容液のようなデザインで、お風呂上りなどに手軽に塗れて使いやすいのもホワイトラグジュアリープレミアムの人気の秘密です。Vライン、乳首など女性ならではのデリケートゾーンの黒ずみにも効果を発揮するため、これ1本で気になる体の黒ずみをケアしたい女性にはおすすめのアイテムです。

>>公式HPはこちら

イビサクリーム

2016-12-15_192450

脱毛サロンのプロが考えた今大人気のデリケートゾーン用黒ずみケアクリームです。

主な成分はトラネキサム酸。これは黒ずみを薄くする作用があり医療用医薬品として認められている成分です。それともう一つの成分はグリチルリチン酸。こちらはお肌の荒れを抑えてくれる成分になります。この二つの成分が黒ずんだデリケートゾーンを優しくケア&白く美しい状態に導いてくれます!

他にはお肌の健康には必要不可欠な植物成分が四種類も配合されていて、黒ずみの原因となるメラニンの生成をストップしてくれるのです。

お値段は通常価格で7000円。定期コースに申し込むと4970円で購入する事も出来ます。買うなら定期コースの方が断然お得ですね!

使い方はとても簡単です。朝晩一回ずつ、気になる部分に優しく塗り込んであげるだけ。これを四ヶ月程度続けた後、徐々に効果が現れます(個人差あり)

常にメラニンの生成を抑えてくれるので、一度白くなった部分が再び黒ずむ事はありません。しかも低刺激なので塗り続けてもお肌への影響はありません。末永く愛用したいデリケートゾーン美白クリームです。

>>公式HPはこちら

VLホワイト

2016-12-15_192553

VLホワイトは低刺激なので、デリケートなビキニラインでも安心して使うことができます。さらにVLホワイトはプッシュ式容器で、使う分だけ取り出すことができるので衛生的です。

VLホワイトの美白成分はトラネキサム酸、アルピニアカツマダイ種子エキス、党参抽出物加水分解液と3種類も配合されているので効果的に黒ずみをケアすることができます。そのうえ、11種類の天然由来成分を配合することで、肌の乾燥を防ぎながらワンランク上の美白へと導きます。

通常価格は9960円ですが、初回限定のキャンペーンを利用すれば51%オフの4890円で購入できるのも魅力です。120日間の返金保証もあるから、手軽に試せるのもうれしいポイントです。

>>公式HPはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

脱毛サロンで少しでもお得に脱毛するなら友達を誘おう!

友達紹介割引を使ってもっとお得に脱毛しちゃおう♪ Q.脱毛は一人より二人? 友達 …

脱毛したいけど痛みに耐えられる自信がありません…

脱毛の痛みが不安ならSSC方式の脱毛サロンがおすすめ! Q.脱毛の痛みが怖くて不 …

大手サロンでの脱毛は本当に安心?

はじめてのサロン選び、だからこそ大手サロンを! Q.脱毛デビュー検討中、やっぱり …

ムダ毛自己処理の定番アイテム!電気除毛器(シェーバー)の選び方・便利な使い方

電動シェーバー、脱毛グッズ界では日陰の存在?いえいえそんなことはありません! カ …

脱毛サロン選びの重要なポイント!“通いやすい脱毛サロン”の条件3つ!

通いやすいって何だろう?リアルに脱毛サロンに通う自分を想像してみましょう。 Q. …

男性からのチェックは厳しい!指の毛までしっかり見られてる?自己処理は危険がいっぱい

細かいところまでお手入れ行き届いてる?指の脱毛がおすすめ 服を着ていても見えてし …

ワキの脱毛をするとワキ汗がひどくなるといううわさは本当?

Q.ワキの脱毛について検討しているのですが、ワキ脱毛をすると汗の量が増えてしまう …

Oラインのムダ毛処理はどうすればいい?脱毛の種類についても紹介!

Oラインのムダ毛に悩んでいるなら思い切って脱毛するのがおすすめです。 どの部位を …

ミュゼと銀座カラー、どっちを選べば良いの?

ミュゼと銀座カラーを徹底比較!目的に合わせて脱毛サロンを選ぼう Q.ミュゼか銀座 …

VIOはどのように処理したらいいですか?

VIOの自己処理は肌を傷つけない正しい方法で! Q.VIOの自己処理ってどうやっ …