美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

豊胸バッグ挿入術のリスク「リップリング」とは?その原因と解消法

豊胸バッグを入れる手術を考えるなら知っておきたいリップリングのリスク

バストサイズにコンプレックスを感じている女性の中には、豊胸手術でバストアップしたいと考えている人も多いかもしれません。現在では注射を打つだけのプチ豊胸から本格的な豊胸術まで、さまざまな種類が選べるようになりました。

中でも大きくバストアップできて、効果が比較的長続きするのが「豊胸バッグ(シリコンバッグ)挿入術」と呼ばれるものです。

その名の通りバストの中にシリコンや生理食塩水が入った袋を挿入するもので、注射を使ったプチ豊胸よりもサイズアップすることができ、効果も持続しやすいのが特徴です。

ただ、この豊胸バッグ挿入術にはどんな女性でも「リップリング」が起こるというリスクが考えられます。

このリップリングとはどのようなものなのか、どうして起こるのか、起こってしまったらどうするのか、豊胸手術を決める前にしっかり理解しておきましょう。

見た目にも影響する「リップリング」が起こる原因

リップリングとは、豊胸バッグを挿入したバストの表面に波打つようなシワが出たり、シリコンバッグのフチがはっきり分かるように見えたり、バストの一部が盛り上がって見えたりする症状です。

注射で脂肪やヒアルロン酸などを注入する豊胸術で起こることはなく、豊胸バッグを挿入する豊胸術で起こる特有の症状で、挿入して間もなく症状が出る人もいれば、挿入して数年経ってから症状が出るという人もいます。

リップリングが起こる原因

豊胸バッグのサイズが体型にあっていない

特に元々やせ型の人や小柄の人に起こりやすいのが、サイズのあわない豊胸バッグを挿入したことによるリップリングです。

手術では、バストの中にバッグを入れるスペースを作ってからバッグを挿入します。やせ型の人や小柄の人が大きなバッグを入れようとすると、このスペースを十分に作ることができず、挿入してからバストの中で豊胸バッグが折れたりよれたりしやすくなるのです。

表面がツルツルした豊胸バッグを挿入した

豊胸バッグの表面がツルツルしている場合、バストの中でうまく定着せずに動いてしまい、リップリングが起こることがあります。

生理食塩水が入った豊胸バッグを挿入した

生理食塩水のバッグは、シリコンバッグと比べるとリップリングが起こりやすいといわれています。

バストの浅い部分に豊胸バッグを挿入した

筋肉より上の浅い部分に豊胸バッグを挿入する方法は、リップリングが起こりやすいといわれています。
リップリングの原因としてもっとも多いのは、体型にあわない豊胸バッグを挿入したときです。そのほかにもバッグの種類や内容物、挿入する部位によってリップリングが起こりやすくなるんですね。

もしリップリングが起こってしまったら…リップリングの解消法

豊胸バッグを挿入してリップリングが起こってしまったら、放置していても自然に解消することはありません。リップリングを解消するためには、このような方法があります。

豊胸バッグを除去して適切なサイズのバッグを挿入する

リップリングが起こってしまったバッグを除去し、体型にあったサイズやリップリングが起こりにくい素材のバッグを新たに挿入する方法です。

新しく挿入するバッグのサイズによってはバストがサイズダウンすることもありますが、適切なサイズのバッグを挿入しなおすことによって、リップリングを解消して今後のリップリングが起こるリスクを軽減することができます。

豊胸バッグを除去してほかの豊胸術をおこなう

バッグを除去したあとに、脂肪注入やヒアルロン酸注入といったリップリングが起こらない豊胸術をおこなう方法です。

豊胸バッグと比べるとサイズアップに限界があるものの、リップリングが起こることはなく、脂肪やヒアルロン酸は元々体内にある成分なので、体への負担も軽くなるという特徴があります。

豊胸バッグの除去のみをおこなう

バッグを除去して新たな豊胸術はしないという方法もあります。

豊胸バッグによるリップリングのリスクや、注射を使った豊胸術による感染症・しこりができるリスクを回避することはできますが、今まで入っていたバッグを抜いてしまうことで、バストのサイズダウン、垂れなどが考えられます。

リップリングは放置しないですぐ相談しよう

リップリングを放置していてもよいことはありません。見た目が悪くなるだけでなく、バストのつっぱり感や違和感が続いたり、最悪の場合バストの中で変形した豊胸バッグが破れてしまうことも考えられます。

リップリングかな?と思ったら、迷わずクリニックで相談するようにしましょう。豊胸術を受けたクリニックが信頼できないと感じたら、別のクリニックを受診するのもおすすめです。多くの美容クリニックで、他院で挿入した豊胸バッグの除去術もおこなわれています。

リップリングのリスクを減らすためには

リップリングは、豊胸バッグ挿入術をする人すべてに考えられるリスクです。しかし、手術前後に気をつけることでそのリスクを減らすことができます。

手術前に医師ととことん相談する

リップリングが起こってしまう主な原因は、サイズのあわないバッグを挿入することとご紹介しました。これを避けるには、とにかく手術前に医師と話しあうことが重要です。

豊胸術をたくさんおこなってきた医師なら、どんな体型にどれくらいのバッグを入れるとリップリングがおこりやすいか知っています。体型や体質にあわないバッグのサイズ・種類について、しっかりカウンセリングしてくれる医師やクリニックを選ぶとよいでしょう。

豊胸バッグの種類をしっかり選ぶ

表面がツルツルしたバッグや、中身が生理食塩水のバッグではリップリングが起こりやすくなるといわれています。
リップリングのリスクを避けるなら、表面がザラザラしているタイプや安定性の高いシリコンを使ったタイプのバッグを選ぶとよいでしょう。

豊胸バッグを挿入する部位を深めにする

豊胸バッグを挿入する方法として、乳腺のすぐ下に挿入する「乳腺下法」、大胸筋をはがした下に挿入する「大胸筋下法」、乳腺と大胸筋の間にある膜の中に挿入する「大胸筋膜下法」があります。この中で挿入する部位がもっとも浅いのが乳腺下法、もっとも深いのが大胸筋下法で、その中間が大胸筋膜下法です。

バッグを入れる部位が浅い乳腺下法だと、リップリングが起こりやすくなります。大胸筋下法はバッグが目立ちにくく、リップリングも起こりにくいといわれている方法です。

ただし、乳腺下法と大胸筋下法にはこのようなメリット・デメリットがあります。

乳腺下法のメリット

  ・術後の痛みが少ない
  ・バストにやわらかさが出る

乳腺下法のデメリット

  ・リップリングが起こりやすい

大胸筋下法のメリット

  ・バストサイズが小さめの人、やせ型の人に向いている
  ・リップリングが起こりにくい

大胸筋下法のデメリット

  ・バストの感触がややかため
  ・術後の痛みが強め

乳腺下法・大胸筋下法2つの間をとったのが大胸筋膜下法で、バストにある程度のやわらかさを出しながら、リップリングや術後の痛みといったリスクを軽減することができ、近年の豊胸バッグ挿入術でも人気があります。

豊胸バッグ挿入術以外の豊胸術をする

豊胸バッグ挿入術では、バッグのタイプやサイズ、元々の体型・体質に関わらずリップリングのリスクが考えられます。リップリングのリスクそのものを避けるなら、豊胸バッグ挿入術以外の豊胸術を受けることが一番です。

目指したいバストサイズや持続させたい期間によっては、注射だけのプチ豊胸で済む場合もあるので、理想のバストはどんなものなのか、どんな豊胸術が向いているのか、医師ととことん相談するようにしてください。

術後のケアやメンテナンスをしっかりおこなう

豊胸バッグを挿入したあとのケアも大切です。

クリニックによっては、リップリングが起こらないようにする術後ケアやマッサージを指導してくれるところもあります。ただ手術をしておしまいというクリニックではなく、なるべくリスクを軽減させる方法を一緒になって考えてくれて、指導してくれるクリニックを選ぶとよいでしょう。

豊胸バッグ挿入術を選んだときには、リップリングのリスクを完全になくすことはできません。しかし、サイズがあっていてリップリングが起こりにくいバッグや手術法を選ぶことで、リップリングのリスクを減らすことはできます。

信頼できる医師やクリニックを慎重に選び、万が一リップリングが起こったときには早めに診察を受け、不安の少ない豊胸ライフを送ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

無意味な腕立て伏せをしていませんか?バストアップに効果的な方法とは…

腕立て伏せはバストアップに有効!…でも、方法を間違えるとあまり効果がありません。 …

胸が小さくても諦めない!贅肉を胸にうつす方法

余っている贅肉を胸に移動させることは可能?贅肉でバストアップをしよう。 胸は小さ …

バストアップ対策に効果的な方法は「ヨガ」だった!知られざるその秘密とは

おうちでゆったりバストアップするならヨガがオススメ!カンタンなポーズから始めよう …

女性ホルモンを増やすのに効果的なツボはココ!

気付いた時にツボ押しを実践して女性ホルモンを増やしましょう。 女性ホルモンを増や …

産後・卒乳後のしぼんだバスト・・・今すぐできるバストケアでを立て直そう

授乳中からのバストケアで一気にバストダウンする卒乳後に備えよう 思春期につぐバス …

自分の血液でバストアップ!?副作用の心配がなくサイズアップできる「献血豊胸」とは

自分の血液を使うから安心!気軽にできるプチ豊胸の新しい選択肢 クリニックでおこな …

歓迎?NG?胸の谷間が見える女性に対する男性の意見、女性の意見

谷間のチラ見え、どう思われてる?楽しむならTPOにあわせよう! かわいい系、清楚 …

「とろろ昆布」が、バストアップ+ダイエットの両立を支える!

とろろ昆布が持つバストアップ効果が注目されている様子…。その理由について説明しま …

トイレに行くたびバストアップ!?個室トイレで出来ること

バストアップ成功者はみんなやってる?女子トイレならではのバストアップ対策! 自宅 …

バストアップだけじゃない!美肌にもダイエットにも役立つ「おから」のパワー

高タンパクで食物繊維もたっぷり♪「おから」は女性のキレイを叶える身近な食材です …