美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

自分の血液でバストアップ!?副作用の心配がなくサイズアップできる「献血豊胸」とは

自分の血液を使うから安心!気軽にできるプチ豊胸の新しい選択肢

クリニックでおこなう豊胸手術というと、シリコンバッグを入れる方法や脂肪注入、そしてプチ豊胸としても人気のヒアルロン酸注入などが主流です。

ただ、豊胸を目指している女性でも、シリコンバッグやヒアルロン酸などの異物を体に入れることに抵抗があったり、やせ型で脂肪注入の方法を選べないという人もいますよね。

そんな中、ほとんどの人が利用できる豊胸術として注目されているのが「献血豊胸」と呼ばれる方法です。

献血豊胸とは、自分の血液を使って作ったジェルをバストに注入し、サイズアップに役立てるというもの。自分の血液を使うのでアレルギーや副作用の心配が少なく、脂肪が少ない人でも利用できるという魅力があります。

献血豊胸の方法と知っておきたいメリット・デメリットなど、まだまだ広く知られていない献血豊胸について、詳しくご紹介します。

献血豊胸って?どうしてバストアップできるの?

献血豊胸は、クリニックによっては「プラズマジェル豊胸」「PPP/PRPジェル豊胸」などとも呼ばれており、自分の血をジェル状にしたものをバストに注入する豊胸術です。

自分の血液から作られたジェルを注入するので、「献血豊胸」とも呼ばれているんですね。
血液の中にあるPPP(少血小板血漿)とPRP(多血小板血漿)と呼ばれる血小板を遠心分離機にかけて取り出し、特殊な加工を施してジェル状にしたものをバストに注入します。

人工物ではなく、自分の血液を元に作られたジェルを注入するため、アレルギー反応や副作用が起こりにくいという特徴があります。バストアップだけでなく、鼻やあごのボリュームアップ、顔のシワ改善といった施術にも使われる技術です。

血液でバストアップ!?その秘密は「血小板」にアリ

献血豊胸に使われるジェルは、血小板を元に作られています。この血小板は、血が出るケガをしてしまったときに、傷口をふさいで止血する役割や、傷を自然治癒してくれる役割を持っているのです。

傷口を治す役割を持っているということは、体の細胞を増やしたり修復したりする機能があり、細胞を成長させることもできるんです。そのため、バストに注入するとバストにある脂肪細胞が成長し、自然な柔らかさのあるバストを作ることができるというわけですね。

献血豊胸のメリット・デメリット

自分の血液を使ってできる献血豊胸にも、メリットとデメリットがあります。

献血豊胸のメリット
  • 副作用やアレルギーの心配がない
  • 日帰りで利用できる
  • ダウンタイムが短い
  • 脂肪が少ない人でもできる
  • 比較的リーズナブルで豊胸術としては利用しやすい
  • バストのデザインがしやすい

献血豊胸のメリットは、なんといってもその安全性の高さです。注射を打つので感染症のリスクは考えられますが、衛生管理のしっかりしたクリニックを選べば、ほとんど問題ないといえるでしょう。
さらに注射を打つだけなので、痛みや腫れが引くまでの術後のダウンタイムが短く、入院する必要もありません。

注射を使う豊胸術だからできるバストのデザイン

豊胸術でよく知られるシリコンバッグは、サイズや大きさがある程度決まっています。しかし、献血豊胸は注射を使ってジェルを注入するため、バストアップしたい部分に注入することで、なりたいバストをデザインすることもできるのです。

バスト全体の豊胸はもちろん、谷間のアップ、デコルテのアップ、左右のバランスを整えることもできます。

献血豊胸のデメリット
  • 効果が数ヶ月~1年程度と長持ちしにくい
  • 血液量や体重によっては利用できない
  • バストアップできても1~2カップ程度
  • 利用できるクリニックが多くない
  • しこりができたり形がいびつになる可能性がある

献血豊胸のデメリットは、バストアップできるサイズに限界があり、効果が持続しにくいという点です。
1カップ程度バストアップさせるために必要とされる血液の量は、だいたい300~400ccとされています。

通常の献血で採血される血液量が200~600ccなので、特別多いというわけではありません。しかし、バストアップしたいからといって、大量に血液を採血するわけにはいかないので、1度にできるバストアップは1~2カップ程度、というわけなんですね。

そして、バストアップに必要な血液量が採血できない人の場合、望み通りのサイズアップができないだけでなく、献血豊胸そのものが利用できないこともあります。

献血豊胸の効果が持続しにくいのはなぜ?しこりはどうしてできるの?

献血豊胸では、自分の血液で作ったジェルを注入します。注入した直後はバストの張りを保つことができるのですが、元々体の中にある成分を注入しているため、時間が経つと体に吸収されやすく、サイズアップしたバストが元に戻ってしまうのです。

これは献血豊胸だけでなく、自分の脂肪を注入する脂肪注入法や、体にもある成分であるヒアルロン酸を注入する方法でも同じです。

「しこり」は献血豊胸に限らず、ヒアルロン酸などを注入するタイプの豊胸術で起こる可能性があるものです。1箇所にたくさんジェルを注入したり、PPP/PRPジェルにヒアルロン酸を混ぜたジェルを使ったりすることで起こりやすいといわれています。

不安を解消するためにも、豊胸術を受ける前には納得のいくまでカウンセリングをしてもらいましょう。

献血豊胸の流れと料金の相場

献血豊胸を受けるときのおおまかな流れは、このようになっています。

カウンセリングでバストのアップサイズやバストデザイン、注入するジェルの量と採血する血液量を決める
安全な部位から必要な量の血液を採血する
採血した血液を特殊加工してジェル化する
局部麻酔をして注射器でジェルを注入

採血からジェル化、注入までを含めても40分~1時間程度で施術は完了です。
シャワーや入浴は、術後翌日~3日後から可能となります。そのほか運動の制限などもあるので、術後の体調不良や内出血などを防ぐために、クリニックで受けた指示を守るようにしてくださいね。

気になる献血豊胸施術の料金相場は?

施術を受けるクリニックによって価格設定は異なりますが、1カップアップの料金相場はおよそ10万円前後です。ほとんどのクリニックでは、献血豊胸の料金に施術や採血、麻酔などの料金が含まれています。
施術代のほか、体の状態や希望によっては薬代や検査代が必要となることもあるでしょう。

いずれも自由診療なので、一般の病院と比べると費用は高くなるものの、施術料金の約10万円を含め、20万円もあれば済むことがほとんどのようです。

別の方法で1カップアップをしようとすると、シリコンバッグやヒアルロン酸注入で40~60万円、脂肪注入で60~150万円程度かかりますから、そう考えると献血豊胸はリーズナブルな豊胸術のひとつということがわかります。

料金設定は、注入量にかかわらず一律料金となっているところもあれば、注入10ccにつき2万円前後の料金がかかる、という従量制のところもあります。

少しの注入で満足できそうな場合は従量制のクリニックを選び、たくさん注入したいという場合は一律料金のクリニックを選ぶとよさそうですね。

低価格で安全性も高く、豊胸術の中では試しやすい献血豊胸。効果が持続しにくいので、特に短期間だけバストアップしたいという人に向いている方法です。体重や血液量によっては希望通りのサイズアップができないなど、ある程度の制限もあるため、事前のカウンセリングは納得のいくまでおこなうようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

バストアップに効果あり、美味しい育乳レシピ厳選10!

バストアップに効果あり、美味しい育乳レシピ厳選10! バストアップ成分には、美容 …

切らないバストアップ「プラズマジェルPPP豊胸」のトラブルを避ける方法

メスがいらないと話題のバストアップ!献血豊胸のメリット・デメリットとトラブル回避 …

胸が小さいのは冷え性が原因!?冷え性と貧乳の関係とは?

体が冷えていると胸が小さくなるって本当?ウワサの真相とは? 冷え性に悩む女性は多 …

バストっていつまで成長するの?大人になっても成長する?

乳腺、ラクトゲン受容体、そして胸の筋肉を鍛えよう 一般的にバストの成長のピークは …

胸にしこりが…もしかして乳がん?間違われやすい病気と乳がん検診

胸にしこりを発見したら…自己判断せず病院で診断を受けましょう バストケアなどをし …

ポイントはブラジャー!キレイな谷間の作り方紹介

ブラジャーの付け方や胸を支える大胸筋を鍛える方法をご紹介します。 女性はバストに …

美味しく飲んでバストアップできる飲み物・厳選5!

バストアップのための飲み物は成分チェックがポイント 飲むだけでバストアップできる …

カイロプラティックでバストアップ!?2つはどう関係しているのか

カイロプラティックとバストアップの関係について、基本的なところからわかりやすく説 …

バストアップサプリを飲むと太る?太らずバストアップを目指す方法

バストアップサプリの性質と体の働きを知ることで肥満は防げます バストアップサプリ …

アミノ酸なくしてバストアップはありえない!?その必要性とは

私たちが生きていく上で必要不可欠なアミノ酸には、見逃せないバストアップ効果がたく …