美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

残念なアラフォーにならないために、まずは下着を見直そう!

魅力的なアラフォーはブラとショーツから作ることができる

写真や街でウインドウに映る姿を見てガクゼン、「こんなにぽっこりお腹だったっけ?」「あれ、胸の位置が今までと違う?」そんな経験ありませんか?毎日見ていると変わらないようですが、日々加齢の影響を受けて変化しています。

アラサー、アラフォーでまだ大丈夫、と放置していると、アラフィフでは取り返せない大きな差となって表れます。特に変化が顕著になってくるアラフォーは本気メンテナンスが必要。下着を見直して魅力的なボディラインをゲットしましょう。

アラフォーのボディライン、ここが危険&残念ゾーン

アラフォーといえば、家事や子育て、仕事に追われて、なかなか自分ケアの時間が取れない、睡眠時間も減少しがち、ストレスもたまります。

それが代謝力ダウンのマイナスの影響をもたらします。代謝がよく、食べても太りにくい20代~30代前半に比べ、ダイエットしてもやせにくかったり、リバウンドしやすくなったり。日頃の運動不足や姿勢の悪さなどがそれを助長します。

長年女性のボディラインを研究してきたワコールでは「女性には人生で三度、大きな曲がり角=スパイラルポイントがある」として、2000年に研究発表を行いました。

それによると、最大の体型変化は37歳~39歳で起こります。出産での影響もありますが、この時期、基礎代謝や女性ホルモンが顕著に減少しはじめ、若々しさを保っていた身体のラインが大きく変化します。

バスト

バストの位置が下がって見えたり外に流れたり、ブラの上部がパカパカしていませんか?

加齢に伴い乳腺が萎縮して減少し、皮ふがハリや弾力性を失い、バスト全体が柔らかくなります。筋肉も落ち始めてバスト全体のサポート力が低下、支える力が弱まります。

代謝が低下すると血行不良が起こりやすく、デコルテ部分がやせて、胸には脂肪がたまりやすくなり、バスト周辺が下へ下がって行きます。

ウエスト

ホックを無理に止めたり、ゴムスカートが増えていませんか?パンツの上にお肉が乗ってませんか?

実は体型変化に最初に気づくのがウエストで、20代からぽっこりを気にする女性が増え始めます。

ワコールの研究では女性のウエストは、25歳後半から50代前半で10センチも太くなるそうです。運動量の低下や冷えなどで脂肪がたまりやすいうえ、加齢で筋肉が衰え筋膜が薄くなって、組織同士の結合も低下し、脂肪全体が下にずれていきます。

ヒップ

おしりのお肉がたるんで下がってきたり、パンツからはみだしたり、太ももと区別できなくなっていませんか?

おしりも他の部位同様、加齢や筋肉の衰え、脂肪の蓄積で支えきれなくなり、内部からゆるみはじめます。

バストと同じく日常生活で“揺れ”が頻繁に起こる部位なので、それもゆるみの原因となります。また腰回りの冷えや代謝の低下、骨盤のゆがみなどが脂肪の蓄積を促進します。

アラフォーにおすすめの下着のポイント

アラフォーの下着は、補整機能が最重要課題。崩れ始めたボディラインを整えると同時に、それ以上の進行をできる限り食い止めましょう。

コラーゲン、水分、油分などが失われがちなアラフォーでは、素材は綿素材がベストです。

基本は機能性重視ですが、デザイン性も大切。素敵なデザインのブラやパンツを身につけると、いいおんな度も気分もぐっとあがります。主婦でも気持ちをあげるための勝負下着は重要。

たまには贅沢レースのブラ&ショーツなどもいいかも。できればそれが似合う体型でありたいですね。

ブラジャー

同じサイズでも20代のブラジャーを40代がつけるとキレイには決まりません。40代のバストは柔らかいので、20代用のサポート力では持ち上げることができないので、より強力なサポート力が必須。デコルテ部分のボリュームが削げ落ちてきて、下へ下へと向かうのでバスト全体を持ち上げると同時に、アンダーバストのサポートも重要です。

また漏れやすい脇や背中のハミ肉をバストにきれいに収めてボリュームを出しながら、脇や背中への食い込みによるブラ段差をなくすことで、後ろ姿まで美しく整えることができます。

上手にブラを使うことで、皮下脂肪を逆に利用して、若い時よりボリュームアップした美バストを作ることも可能です。

ショーツ

お肉を無理に小さなショーツに詰め込んでいませんか?若い頃はビキニラインなどでも問題ありませんが、アラフォーともなれば小さめのショーツは健康面でNG!血行を阻害し、老廃物がたまりやすくなるので、ますます下半身が太ってしまいます。冷え性などの弊害も。

補整機能を重視するなら、ウエストと太ももまでカバーできるセミロング丈&ハイウエストがお薦め。それによって逃げがちなハミ肉を押さえ込んで、おなかを引き締めぎゅっとおしりを持ち上げ、キレイなボディラインを作ります。

機能性×デザインでオンナ度アップの下着選びを

ボディラインが一気に崩れ始めるアラフォー世代。ブラもショーツも見直して、ハミ肉を押さえ込みながら、身体への負担をかけずにボディメイキングできるものを選びましょう。

とはいえ、機能性ばかりでなく、デザイン面もオンナ度を高めてくれるものを選びたいですよね。

高機能でデザイン性のいいものはどうしても値段も高めですが、ちょっと高額でも頑張ってる自分へのご褒美、未来への自己投資としてよい大人ランジェリーを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

これで解消!乳首の黒ずみをなんとかする方法まとめ

人しれず気になっている乳首の黒ずみ、その原因と対処法をまとめてみました。 意外と …

バストの大きさが左右非対称になる原因と対策!

バストのサイズを左右対称に近づける方法を、原因別に紹介します 女性のセックスシン …

バストアップサプリに含まれる「ワイルドヤム」の作用や効果とは?

「ワイルドヤム」は胸を大きくしてくれるって本当? バストアップサプリではおなじみ …

これ、一緒に飲んで大丈夫?知っておきたいバストアップサプリと薬との飲み合わせ

バストアップサプリを始める前に飲んでいる薬やほかのサプリをチェック! 理想のバス …

小胸さんも要注意!胸が垂れている…そんな悩みを解決するには?

胸が垂れてしまう原因や対策についてご紹介します。 10代のうちはそれほど悩むこと …

写真5
ボムバストクリーム リッチは本当にバストアップ効果がある?使い方や口コミを徹底調査

ヌードの状態での見ばえはもちろん、下着や水着姿、おしゃれな服装をする時にも、女性 …

二の腕のお肉をバストに変える方法で、細い腕と豊満バストを同時ゲット!

無駄なお肉を、バストに…。誰でも一度は憧れた妄想を、努力で実現させるマッサージ法 …

やっぱり遺伝?胸の大きさは努力でなんとかできないもの?

バストサイズは遺伝するって本当!?ウワサの真相とは? 自分の母親の胸とサイズが同 …

最強バストアップアイテム?それともバストアップの敵?ヌーブラのメリット・デメリット

ヌーブラを使うことのメリットとバストアップへのデメリット、おすすめのヌーブラ使用 …

ハイドロキノンが乳首の美白に使えるって本当!?

強力な美白成分「ハイドロキノン」を乳首の黒ずみ改善に使用する前に、知っておきたい …