美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

美バストの条件「黄金の三角形」を保つために続けたい6つのこと

せっかく手に入れた美しいバスト、キープする努力も大切です

エクササイズやマッサージ、食事にサプリメント、下着選びと、いろいろな努力を続けて、バストアップに成功!キレイなバストとバストラインを手に入れたとしても、そこで終わりではありません。

せっかく美しいバストを手に入れたなら、バストがサイズダウンしたり、垂れたりしてしまわないよう、キープする努力を続けましょう。

あれだけ苦労したのに、まだバストのために苦労するの?と思うかもしれませんね。でも大丈夫!バストアップを続けて美バストを身につけた女性なら、美バストを保つためのポイントも、きっと続けることができますよ。

美バストの「黄金の三角形」をチェック!

まずは、今のバストが美しい状態にあるかどうか、カンタンにチェックできる方法をご紹介します。

バストには、もっとも美しく見えるという「黄金の三角形(ゴールデントライアングル)」という法則があります。バストが美しい状態を保っているかどうかは、この黄金の三角形がキープされているかどうかでチェックしましょう。

黄金の三角形(ゴールデントライアングル)のチェック方法

  • 上半身全体が映る大きな鏡を使い、ヌードで正面から体を映します
  • 鎖骨の真ん中、くぼみがあるところと、両方のバストトップの3点をを結ぶ直線が、それぞれほぼ同じ長さで、正三角形を描くことができれば理想的な美バストです
  • 鎖骨からバストトップまでの距離が長い、トップとトップの間が長いなど、二等辺三角形になるようであれば、バストが垂れていたり、離れていたりする証拠です

鏡で見るだけでカンタンにチェックできますね。鎖骨とバストトップを結ぶ直線の長さがわかりにくければ、メジャーや紐などを使うとわかりやすいですよ。

黄金の三角形が保たれていれば、今の対策や習慣がバストに悪影響を与えていないということです。もし三角形が崩れていたら、なるべく早めにバストアップ対策をしたほうがよいということですね。

美バストを保つためにしたい5つのこと

キレイなバストを保つためには、やはり日常での習慣やケアが大切です。美バストを保つために、特に気をつけておきたい5つのことをご紹介します。

バストマッサージ

バストを育てるため、一生懸命にマッサージする必要はありませんが、日頃からバスト周りのマッサージをしてあげることで、バストの血行がよくなり、老廃物を排出しやすくなります。

カンタンなバストマッサージの方法
  • 右手を左のワキに当て、バストラインをなぞるように、左のバスト下を通って、谷間から右のデコルテ・鎖骨までなで上げます
  • 右のバストも同じようにマッサージします
  • マッサージをするときは、なるべくクリームやオイルなどを使い、手と肌の摩擦を抑えましょう

特に、お風呂上がりで血行がよくなっているときにオススメです。お風呂上がりにボディケアをしているという人は、バスト周りにクリームやローションをつけるとき、マッサージの動きを取り入れるとよいですよ。

エクササイズ

筋肉は使わなくなると徐々に衰えていきます。バストを支えている筋肉を落としてしまわないよう、バストを保つためにもある程度のエクササイズを続けましょう。

合掌ポーズのエクササイズや、ヨガ、軽い筋トレなどがオススメです。

バランスのよい食事

健康的な体を作るためには、バランスのよい食事が欠かせません。バストアップのためにバランスのよい食事を続けてきたという人は、その食事を続けるようにしましょう。

食事面でストレスがたまるようなら、たまには思いっきり好きなものを食べるのもよいですよ。ただし、翌日からはまたバランスのよい食事を心がけてください。

正しい姿勢を保つ

猫背など悪い姿勢が続いてしまうと、せっかく作った美バストも、垂れたりサイズダウンしたりする原因に。バストアップを続けてきたときに覚えた正しい姿勢を、なるべく続けるようにしてくださいね。

眠るときはナイトブラを着用する

普段はノーブラやカップつきインナーなど、楽なスタイルが増えたとしても、眠るときのナイトブラはぜひ続けてください。眠っているときは動きや寝相を自分の好きなようにできないため、ナイトブラでバストの潰れや横流れを防いであげることが必要です。

これまでバストアップを続けてきたみなさんなら、今さら?と思うことばかりかもしれませんね。理想のバストを手に入れた後でも、これらのことを続けることで、理想の美バストをキープしていくことができますよ。

そのブラ、サイズあってる?ブラジャーを購入するたびにサイズを測ろう

美バストを保つために続けておきたい日頃の習慣に加え、ぜひ実践してもらいたいのが、ブラを購入するときには毎回サイズを測るということです。

習慣によってサイズが変わることがあるだけでなく、体調やホルモンバランスによってもバストのサイズは日々変化します。できれば下着売場や専門店のスタッフに測ってもらい、今のバストの状態にあったブラを選んでもらいましょう。

通販を利用する場合など、スタッフにバストサイズを測ってもらえないときは、自分でバストサイズを測ってみましょう。

自分でブラのサイズを正しく測る方法

バストトップを測る
  • ブラを外し、上半身を前に倒して90度のおじぎをします
  • 背中からメジャーをトップのほうに回し、トップでメジャーを合わせます
  • メジャーの位置が背中からトップまで垂直で、メジャーが曲がったりひねったりしていなことを確認して、サイズを測ります
※垂れ気味、離れ気味のバストの場合

バストが垂れ気味、離れ気味という場合は、90度にお辞儀する方法でサイズを測ると、実際より大きいサイズになってしまうことがあります。垂れ・離れが気になる人は、ブラを着用する採寸をしてみましょう。

 1.もっとも違和感のないブラを着用します。
 2.直立したまま背中からメジャーを回し、トップの前でメジャーを合わせます。
 3.メジャーの位置が背中からトップまで水平で、メジャーが曲がったりひねったりしていないことを確認して、サイズを測ります。
 4.パッドが入っていると正しく測れないこともあるので、パッドは取り外すか、パッドのないタイプのブラを選ぶとよいでしょう。

アンダーバストを測る
  • ブラを外し、直立した状態で背中から前にメジャーを回します
  • バストの膨らみの下ギリギリでメジャーを合わせたら、メジャーが曲がったりひねったりしていないことを確認し、背中からアンダーバストまで水平にします
  • メジャーが重なったところに指を1本入れ、ゆっくりひと呼吸します
  • 指を入れて呼吸したところで止まっているのが、アンダーバストのサイズです

アンダーバストを測るときに、わざわざ指を入れて呼吸するのは、キツすぎるサイズのブラを選ばないようにするためです。見栄を張って細い数値を出してブラを選ぶと、締めつけによってかゆみや痛みが出やすいだけでなく、肌に黒ずみが出ることもあります。

健康を害さないサイズ選びも大切です

カップ数の算出方法

トップとアンダーのサイズが分かったら、その差からカップ数が割り出されます。

たとえば、トップサイズが90cmでアンダーサイズが75cmの場合、その差は15cm。Aカップから2.5cm刻みで1カップ上がっていくので、トップとアンダーの差が15cmの場合はCカップということです。

トップとアンダーの差によるカップ数の判別表
10.0cm    Aカップ
12.5cm    Bカップ
15.0cm    Cカップ
17.5cm    Dカップ
20.0cm    Eカップ
22.5cm    Fカップ

 
(以降、2.5cm刻みで1カップアップ)

しかし、トップとアンダーの差が、きっちり2.5cm刻みになるという人は少ないものです。たとえば、トップとアンダーの差が13cmだった場合はBカップを選ぶなど、ハンパな数値になったら、判別数値により近いカップを選ぶとよいですね。

ただ、メーカーやブラの種類によって作りに差があるので、トップとアンダーの差でカップ数を割り出せても、なるべく試着してから購入することをオススメします。

美バストキープのために

美バストを保つために続けたい習慣は、バストアップのために努力を続けてきた人なら、いずれもその延長線上にあるものばかりです。せっかくのキレイなバストを長続きさせるためにも、美バストを保つための習慣も続けてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

バストアップだけじゃない!美肌にもダイエットにも役立つ「おから」のパワー

高タンパクで食物繊維もたっぷり♪「おから」は女性のキレイを叶える身近な食材です …

ホント!?マシュマロを食べてバストアップできるウワサ

マシュマロでバストアップの理由には成分にヒミツがありました バストアップさせて美 …

バストアップサプリに含まれる「ワイルドヤム」の作用や効果とは?

「ワイルドヤム」は胸を大きくしてくれるって本当? バストアップサプリではおなじみ …

美容大国・韓国のバスト事情、日本とどう違うの?

韓国美人が実践しているバストアップノウハウをチェック! 世界的に見ると、アジア女 …

使い続けるとバストが小さくなる…?ブラトップ(カップ付きキャミソール)の危険性

バストアップを目指すならブラトップを毎日使うのは避けましょう ブラトップは、つけ …

簡単筋トレで崩れにくく垂れにくい美バストを作ろう!

バストアップのサポート効果大な筋トレをご紹介します バストアップ、というと食事や …

Aカップの人におすすめ!三角ブラの魅力とその理由

締め付け感なし、ファッション性あり、小胸でも女性度アップ 最近のブラジャー事情で …

負担の少ない乳がん治療が可能に?ロボットを使った乳がんの治療方法

バストを温存しながら、身体的にも精神的にも負担の少ない乳がん治療の実現へ 乳がん …

胸が小さいことを悩んでいる方、必見!胸が小さい人の共通点

胸が小さい人の共通点から原因解消、バストアップへ! 遺伝だからと悩んでいる10代 …

胸が張るのは生理前だけじゃない!それってもしかして妊娠初期の症状かも

生理前と似ている妊娠初期の症状…知っておきたい妊娠の兆候 生理前に胸が張るという …