美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

胸が小さくても美しく!結婚式やパーティーでのドレス選び

小さめバストならこんなデザインのドレスがお薦め

ドレス着用のフォーマルなパーティ(婚活パーティ含む!)に参加したり、結婚式に招待されたり、また自分自身のウェディングドレスなど、素敵なドレスを着るのは女性の喜びの1つですよね。

ただ、ドレスのデザインって胸の開きが大きいものや、胸元が強調されるものが多く、胸が小さいことであきらめてしまう方もいらっしゃるかも。

胸が小さいからこそ似合うドレスもありますし、上手にバストアップできる補整方法もあります。大切なのは自分のバストラインに合ったドレスを選ぶことです。チェックポイントをまとめましたので参考にしてみてくだいね。

胸元をカバーするデザインを選ぼう

今は、胸がなくても目立たない小さめバスト向きのデザインもたくさんあります。ポイントとしては以下のように胸元が自然にカバーできるものを選ぶこと。

  • 胸元にシフォンのフリルやレースがたっぷりとあしらわれたもの
  • 胸元がリボンになっていたり、襟がついているもの
  • 胸元がティアードになっていたり、ギャザーなどでふっくらさせたもの
上記なら胸まわりをふんわり見せる効果があって、胸もとに自然なボリューム感を出すことができ、バストの小ささもカバーできます。

ドレス自体もAラインなどふんわりしたものを選ぶと、可愛らしくまとめることができます。全体にふわっとした軽やかな素材は、女性の可愛さを引き立てて、可憐にまた初々しく見せてくれます。色は明るめの膨張色を選びましょう。

また、「ハイネック」や「ホルターネック」のように胸元が詰まったデザインで、露出が少ないドレスを選ぶのも方法の1つ。こちらは大人っぽいデザインも多く、バリエーションもあるので、自分の体型に合ったものを選んでくださいね。

同じハイネックでも肩から脇にかけて大きくカットされ、肩を大きく露出する「アメリカンスリーブ」は、胸が大きいと変に強調されてしまうため、胸が小さい方がラインが美しく出るデザインなので、要チェックです。

ドレス以外にもしっかり配慮

アクセサリーやスカーフなどを効果的に活用

コサージュなどの大きめのアクセサリーで、目線を胸元から誘導することも大切なテクニックの1つ。また、スカーフやショールをふんわりはおると、胸元を隠せるだけでなく女性らしい優雅さもプラスされるので高ポイントです。

チョーカータイプのアクセサリーは目線をデコルテに誘導するので、特にデコルテに自信がある方は是非トライしてみてください。

ヘアスタイルにも工夫を

ドレスを着る時に大切なのはヘアスタイル。特につややかな美髪は異性も同性も目がとまり、「髪がきれいな人」という好印象をゲットできます。

ロングにするならふわっとした巻き髪でボリュームを出すことで、胸元を含め全体をふんわりしたイメージでまとめることができ、バストの印象を分散させることができます。またドレスに合わせたヘアアクセサリーで目線を誘導するのも大切。

ショートなら凝ったイヤリングをつけると、そこに視線を誘導できます。

補整ブラでバストアップ

ウェディングドレスなど会場で着付けをお願いするなら、プロの着付けスタッフがいるので、早めに悩みを相談しておくとキレイなボディラインが出るよう詰め物などで補整してくれます。が、自分で着付ける場合は一工夫が必要。

胸元を隠すのではなく、しっかり谷間を作りたいなら、バストアップブラでサポートしましょう。パットの入った胸寄せバストなら、ボリュームアップできます。
サイズの合わないブラはデイリーにつけるのは血行不良になってかえってボリュームダウンする恐れがあるのでNGですが、パーティの時だけならカップのサイズをひとつ小さくすることで、バストのお肉を寄せてボリュームアップすることができます。

ただ鎖骨付近が痩せていると、ブラが浮いてしまったり、しゃがんだ時に中身が見えてしまうこともあるので、デコルテに自信がない場合は胸元を出すデザインは避けた方が無難です。強調し過ぎも不自然なのでNGです。

計画的にバストを育てる

バストをカバーするだけでなく「育乳」して、実際にバストを大きくする、という選択肢もあります。ただし時間がかかるので、婚活や結婚でドレスを着る場合、ドレスを着る日をゴールに計画的に頑張りましょう。

育乳には、以下のような方法が人気です。

  • 育乳ブラ:胸周りのお肉を正しい位置に持ってきて胸の形を整え、外した時もその形をキープできるブラ
  • 育乳サプリ:バストに関係する女性ホルモンをサポート
  • 育乳マッサージ:乳腺を発達させ、乳腺の周りに脂肪がつきやすくします
他にも「入浴で身体を温め血行を良くする」「きちんと睡眠をとってホルモンの分泌を促す」、「乳腺によい栄養素を食事で摂取する」といった、育乳習慣を日々心がけることで、胸を大きくすることができます。

ドレスのデザイン×育乳でドレス姿をかっこよく!

小さめバストの場合、胸元をカバーしボリュームを出す、ふんわり系デザインがお薦め。また胸元を見せない「ハイネック」や「ホルターネック」「アメリカンスリーブ」などもキレイに決まります。自分の見せたいイメージのドレスを選びましょう。一緒にアクセサリーやヘアスタイルなど全身のイメージで、ドレス力をアップすることも大切!

不自然にならない程度の補整でインスタントに谷間メイクしたり、逆に時間をかけてきちんと育乳したり、ドレスとのコンビネーションで最高に美しいドレス姿を目指してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

「ここぞ!」の時にオススメしたい高級ランジェリー8選

オススメしたい高級ランジェリーブランドを、選ぶ目的別に紹介します。 女性の“がん …

切らないバストアップ「プラズマジェルPPP豊胸」のトラブルを避ける方法

メスがいらないと話題のバストアップ!献血豊胸のメリット・デメリットとトラブル回避 …

ハトムギで若々しいバストをキープ!話題の効果をまとめました

ハトムギがバストアップにも効果があると注目を集めている様子…そのわけを説明します …

最強バストアップアイテム?それともバストアップの敵?ヌーブラのメリット・デメリット

ヌーブラを使うことのメリットとバストアップへのデメリット、おすすめのヌーブラ使用 …

大人女子こそアルギニン!そのパワーや副作用について…

バストアップに効果的!?アルギニンについて、作用やメリット、副作用を紹介します。 …

バストアップサプリを安く買うには定期購入!お得な3つの理由

定期購入を利用してバストアップサプリを安く買おう! バストサイズやたるみなど、胸 …

カリスマ整体師が開発!「Reikaおっぱい番長の揺れにくい立体ブラ」

ワキのお肉も逃がさず集める、ノンワイヤーで楽ちんなバストアップブラ バストアップ …

乳首をピンクにする!最も確実で即効性のある“手術”という選択肢

乳首をピンクにする手術のメカニズムと、そのデメリットについてをお話しします。 乳 …

種類別!豊胸手術の方法・金額、メリット・デメリットについて

豊胸手術の種類、金額、メリットとデメリットをまとめました バストアップの方法は様 …

ワインはバストアップに効果なし?バストアップを目指すときに選びたいお酒の種類は…

バストアップを目指しつつお酒を楽しむなら、種類と量に気をつけて 鶏肉やキャベツな …