美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

胸が小さいことを悩んでいる方、必見!胸が小さい人の共通点

胸が小さい人の共通点から原因解消、バストアップへ!

遺伝だからと悩んでいる10代、多忙だからと流される20~30代、年齢だからとあきらめる40~50代、実は年齢に関わらず胸が小さい人には共通の原因があるのです。

原因がわかれば解決方法もあります。早く問題点を知れば早く解消できてバストアップできるかも。胸が小さい人の共通点をまとめました。チェックしてみてくださいね。

バストダウンにつながる共通点

姿勢が悪い

姿勢が悪いとよく言われる、気がつくと猫背になってる、胸が小さい人の多くが経験していることです。最近はスマホやPCの影響で、前かがみの姿勢でいる時間が総体的に増えているため、若い時からの猫背率が増加しています。

姿勢が悪いと血行が阻害され、それによって代謝も落ちますし、栄養分が行き届かずバストダウンしてしまうのです。細胞のターンオーバーも悪化するのでハリや弾力も失われがちで、ボリュームが出ません。また猫背だとバストが下を向いて垂れてしまう場合も。

逆に姿勢を正すことで、バストの位置も上をむきますし、血行がよくなってバストアップのチャンスが生まれます。

冷え症

バスト小さめの女性の多くが冷え性で悩んでいます。冷え症は血行不良によって老廃物が溜まり、それがさらなる血行不良を招くという悪循環が主原因です。

血行不良になるとバストアップに必要な栄養が届けられません。また体が冷えることで自律神経が乱れる→ホルモンバランスが崩れるため、女性ホルモンの分泌が悪化しバストが成長できません。それだけでなく下半身デブやむくみの原因にもなります。

血行不良になる主要因として以下があります。

  • 短時間の入浴、シャワーだけの入浴
  • エアコンでの冷やし過ぎ
  • 露出度高めのファッション
  • 締め付けの強い下着やウエア
  • 運動不足
  • 冷たい食べ物・飲み物や糖分の摂り過ぎ
  • ミネラル・ビタミン不足
  • 便秘
  • 喫煙
  • 過度のストレス
前述の「猫背」も要因の1つです。

アンバランスな食生活やダイエット

食生活が乱れて十分な栄養素が摂れていないと、バストの成長を妨げます。特に乳腺が急激に発達する10代、まだまだ成長期の20代にとっては、栄養不足は重要な問題です。

忙しいために朝食を抜いたり、おやつが主食だったり、好き嫌いが激しかったり、ダイエットを頑張り過ぎたりすることで、栄養は偏ってしまいます。

栄養バランスが悪いと、健康も阻害してホルモン分泌にも悪影響が出るので、結果的に胸が成長できず、貧乳になってしまいます。冷えや血行不良にも関係します。

睡眠不足

成長ホルモンが最も活発になるのは22時~2時のいわゆる「睡眠のゴールデンタイム」。細胞のターンオーバーが活性化、代謝力がアップすることで、保湿や美肌、ダイエット、アンチエイジングなどプラスの効果が多々発揮されます。

逆に夜ふかしや睡眠不足によってホルモン分泌が悪化し、バストの成長を妨げてしまいます。また就寝前のPCやスマホのブルーライトは頭を興奮状態にし、熟睡できず睡眠の質が低下してしまいます。

運動不足

運動不足は血行不良や代謝力を低下させ、バストダウンにつながります。とはいえPCワークなどのデスクワークが増え、またデイリーにはなかなかまとまって運動する時間が取れないと言う方も。

特に家事や子育てに忙しい30代~40代は要注意。気がつくと出産で大きくなったバストが、出産前よりもボリュームダウンしてしまう恐れもあるんです。

合っていないブラ

胸が小さい人は、ブラの必要性を軽んじがち。「自宅や寝る時にはつけていない」という方も多いようです。でもそれはバストダウンの原因!

ブラがなかったり、バストにフィットしていないと、バストになる筈の脂肪が脇や背中に流れて、形が崩れてトップダウンしてしまいます。

バストアップにつながる改善ポイント

胸が小さい人の共通点を通してわかるのは、それぞれの要素がマイナスの相乗効果となりがちなこと。姿勢の悪さが血行不良を招き、冷え性につながり、そこに偏った食生活や睡眠不足、運動不足が拍車をかけて、合ってないブラがボリュームアップのチャンスを逃してしまっています。

該当項目が多い方はバストダウンの可能性大なので、胸が小さい方だけでなく、「今は大丈夫」という方も要注意です。

とはいえ、一度にあれもこれもは難しいので、簡単にできるところから改善していきましょう。「姿勢を正す」「身体を冷やさない、お風呂は湯舟にしっかりつかる」「血行促進のマッサージをする」くらいのことから始めてもいいと思います。

睡眠不足や運動不足対策は「わかってるけどなかなか難しい」という方が多いと思いますが、マイナス要因として意識することが大切。そしてできる時にはちょっと頑張りましょう。また寝ている間にバストを育ててくれる「育乳ブラ」もぜひ活用してください。

食事に関しては、栄養バランスを考えながら、イソフラボンやホロンなどのバストアップ成分、またたんぱく質やビタミンB群、ビタミンC等を積極的に取り入れてください。10代以外ならバストアップサプリを活用するのも方法の1つです。

胸が小さい人には共通の理由がある、そこを改善しよう

胸が小さい人には確かに複数の共通点が見られます。また、それぞれがぞれぞれの原因にもなってしまって、一気には解消できません。が、手を打たないと、ますますバストダウンしてしまいます。

少しずつでも改善していくことで、絡まった紐がほどけていくように、するするとバストアップへの道も開けます。あなたにとってトライしやすい項目から、まずはスタートしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ポイントはブラジャー!キレイな谷間の作り方紹介

ブラジャーの付け方や胸を支える大胸筋を鍛える方法をご紹介します。 女性はバストに …

薄着の季節…気になる胸ニキビを撃退したい!セルフケアでもダメなら皮膚科でレーザー治療も

目立つ胸ニキビの原因とセルフケア、それでもダメなら皮膚科で治療を受けよう 気温が …

バストっていつまで成長するの?大人になっても成長する?

乳腺、ラクトゲン受容体、そして胸の筋肉を鍛えよう 一般的にバストの成長のピークは …

肩こりがバストの成長や形に悪影響を与える!

肩こりとバストとの関係を説明。くわえて、バストアップの効果をパワーアップさせる対 …

胸にも妊娠線ができる?授乳線を目立たなくする出産前3つのケアと出産後4つのケア

目立つバストの授乳線は出産前からのケアが重要です 出産前後のボディケアとして、大 …

小学生からバストサイズが変わらない?その悩み解消できます

阻害要因を見直してきちんとバストケアしよう バストの悩みは人それぞれ。大き過ぎて …

カリスマ整体師が開発!「Reikaおっぱい番長の揺れにくい立体ブラ」

ワキのお肉も逃がさず集める、ノンワイヤーで楽ちんなバストアップブラ バストアップ …

バストアップサプリをより効果的に!タイミング・量・習慣で知る効果的な飲み方

せっかくバストアップサプリを飲むなら知っておきたい効果的な飲み方 「効率よくバス …

キレイな人から始めてる!酵素をバストアップに活かす仕組み

なぜ酵素がバストアップに良いと言われているのか!?その理由を説明します 「酵素」 …

ハリウッドセレブから火がついた!?話題のアーモンドミルクがバストアップの強い味方に

アーモンドの栄養素をしっかり吸収するならアーモンドミルクがベスト! ハリウッドの …