美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

話題のケトルベルを使って、効果的にバストアップしよう!

バストの筋肉だけでなく全体をバランス良く鍛えて、美バスト実現

最近の筋トレの中で、注目株が「ケトルベル(kettlebell)」です。ダンベル系の一種ですが、効果的にインナーマッスルまで鍛えることができ、アメリカではジェニファー・ロペスやペネロペ・クルスといった超有名女優などセレブを中心に幅広く愛用者がいます。

このケトルベルがバストアップにも有効ということなので、さっそくチェックしてみました。

ケトルベルの基本情報

「ケトルベル」とは、鉄製の丸い球に取っ手が付いていて、ケトル=やかんのようなフォルムのトレーニング器具です。広い意味ではダンベルの一種ですが、ダンベルとは違った筋肉の使い方ができさまざまな効果があります。

ケトルベルのミニヒストリー

ケトルベルの起源についてはいろいろな説がありますが、ローマ帝国時代から使用されていた「計り用の石」が、スコットランドで競技に用いられるようになり、その後トレーニング用の器具としても活用されるようになった、というのが有力とされています。競技用としても現役で、「Girevoy Sport」というウエイトリフティング競技種目として行われています。

19世紀になるとトレーニング器具として使わるようになり、ソ連やヨーロッパでは軍や特殊部隊のトレーニングにも活用されていました。1998年には旧ソ連軍特殊部隊教官のパベル氏がケトルベル専門のインストラクターを養成するなど、世界中でケトルベルの普及につとめました。その記事がアメリカの雑誌に掲載され、そこから人気に火がついてアメリカでケトルベルブームが起きました。あのブルース・リーも愛用者だったそうですよ。

ケトルベルの種類

ケトルベルは重量別に種類があります。運動歴や筋トレ経験の有無などにより個人差はありますが、一般的な日本人男性の場合で8~12Kgから、女性の場合は、4~6Kgから始めるのが推奨されています。ちなみにケトルベルの男性中級者では24kg、上級者で28kgくらいが目安とされています。

表面がラバー加工されたものが一般的ですが、全面がプラスチックで覆われたものなどもあります。重量を変えることができる可変ケトルベルもあります。また女性向けに水を入れて重量を調整するタイプもあります。重すぎると怪我のリスクが高まるので気をつけて活用してくださいね。ケトルベルよりぐっと軽量な「イチゴベル」も女性に人気があります。

ちなみにケトルベルは重心が球体の中心部にあるので、同じ重さのダンベルより重く感じるそうです。持ってみないと体感はわからないので、購入する際にはお店などで実際に体験してみてください。2つあるとトレーニング幅が広がりますが、初心者の場合、まずは1つからスタートするのが無難です。

トレーニング器具としてのケトルベルの特徴

ケトルベルは取っ手をつかんで動かす分、ダンベルとは異なって重心位置にズレがあり、バランスがとりにくく動かしにくくなっています。そのために腕だけとか、脚だけといった単一の部位の筋肉だけでなく、周囲の筋肉、腱、関節など連動して刺激を与えことができます。

筋肉そのものを大きくするというよりは、筋肉同士、筋肉と神経系の連携をよくすることで、今ある身体の能力を引き出す・高めることが可能となります。バランスを保つために自然と細やかな筋肉の動きや調整が求められ、体幹やインナーマッスルも鍛えることができます。

ダンベルとは違って、振り回したり持ち上げたりと、トレーニングメニューにもバリエーションがあり、慣れてくると楽しくトレーニングできます。重いバッグを持ち上げたり持ち運んだり、といったデイリーな動きにもリンクするので、特殊な筋肉を鍛えるのではなく、日常生活に役立つ身体づくり・筋肉作りができるのも魅力です。

トレーニング自体は「ケトルベルスイング」のようにシンプルでわかりやすい動きなので、初心者でも取り組みやすいのも大きなメリットです(慣れるまでは使い方を守って行ってください)。

ケトルベルとバストアップの関係

ケトルベルを活用することで、バストの土台となる大胸筋や小胸筋を効果的に鍛えることができます。バストを支える土台が強化されるので、バスト崩れを防ぐことができます。また血流が改善されバストの隅々まで栄養分が行き渡ることで、バストの成長を助けます。

また、ウエイトトレーニングをしながら脂肪燃焼が可能になるので、シェイプアップしたいアンダーバストや、脇腹などの余計な脂肪を解消することができ、バストの形をカッコよく整えることができます。

バストだけでなく周辺の筋肉も鍛えられ、全身の血行が促進され代謝力がアップ。ホルモンの分泌もよくなるので、間接的にもバストアップに効果があります。
大胸筋と同時に背中側の筋肉も鍛えることができるので、バストアップを妨げる要因である「猫背」などの姿勢も矯正できます。

バスト周り以外にも、二の腕やウエストのシェイプアップにも効果があります。消費カロリーも高いのでダイエットにも効果的。筋肉を鍛えることで脂肪燃焼効率や血流のよいメリハリボディを作ることができるのは、女性には見逃せませんね。

全身の筋肉を連動させバストアップとシェイプアップを両立!

ケトルベルは、ボディビルダーのようなむきむき筋肉を作るのではなく、全身の筋肉を使って脂肪燃焼効果や代謝力を高めながら、体幹やインナーマッスルを鍛えることができ、全身のシェイプアップが目指せるトレーニング器具です。大胸筋や周辺筋肉を強化し血流をよくすることでバストアップにも効果があります

ダンベルより自然な動きで扱えるので、口コミでは「楽しい」「続けやすい」という声も多いようです。邪魔にならないフォルムながら本格的なツールで、初心者向けもプロ仕様も基本は重量の違いだけなので、自分に合った重さを選ぶのがポイント。

海外セレブもはまっている筋トレ、一度せひ店頭でチェックしてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

バストアップサプリに発ガン性があるって本当?危険があるといわれる理由とは

バストアップサプリで発ガン性が高まるのは、摂取量や品質に原因があった!? バスト …

フルーツで美味しく手軽にバストアップできる!お薦めはコレ!

バストアップ成分を手軽に丸ごと取り入れよう! ビタミンが豊富で、美肌やダイエット …

胸が小さいことを悩んでいる方、必見!胸が小さい人の共通点

胸が小さい人の共通点から原因解消、バストアップへ! 遺伝だからと悩んでいる10代 …

要チェック!バストアップによくない食べもの、食べてませんか?

胸が小さくなる原因は食べ方にもあり!マイナス要素は撃退しよう バストアップによい …

Aカップの人におすすめ!三角ブラの魅力とその理由

締め付け感なし、ファッション性あり、小胸でも女性度アップ 最近のブラジャー事情で …

種類別!豊胸手術の方法・金額、メリット・デメリットについて

豊胸手術の種類、金額、メリットとデメリットをまとめました バストアップの方法は様 …

シールでバストアップ!?たれ胸・小胸さんに朗報のバストアップシール

バストアップがシールを貼るだけで簡単にできちゃいます。 バストアップに効果のある …

ココアのすごい育乳効果!美味しくヘルシーにバストアップ

冷え・便秘・活性酸素を解消!女性に嬉しい育乳ドリンク 寒い夜や疲れた時などに飲む …

バストアップサプリを飲むと太る?太らずバストアップを目指す方法

バストアップサプリの性質と体の働きを知ることで肥満は防げます バストアップサプリ …

美容大国・韓国のバスト事情、日本とどう違うの?

韓国美人が実践しているバストアップノウハウをチェック! 世界的に見ると、アジア女 …