美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

マラソンやジョギングをすると胸痩せリスク大!走る時に心がけるべきこと

マラソンをバストアップに活かす方法、教えます。

マラソン人気でランニングをしている人増えましたね。マラソン大会も国内外を問わず活発で、本格的なものから気軽にエントリーできるものまで、さまざまなイベントが行われています。

マラソンは適切なウエアとシューズがあれば、気軽に始められるので、美容と健康、またダイエットやシェイプアップのために行っている人は多いのでは?

ただし、マラソンはバストアップにとってはNG要素もあるのをご存知ですか?知らずにいると「え?バストダウンしちゃった!」というショッキングな結果になってしまうかも。

バストへの弊害をなくし、逆にバストアップにつなげるためのノウハウをまとめました。

マラソンのメリットや魅力

バストアップのためのエクササイズや運動の基本は血行促進と代謝力のアップ。それには有酸素運動が最適です。身近で、またすぐに取り組みやすい有酸素運動としては、ウォーキングやランニングがあげられます。

ランニングでも短時間でスピードを追求すると無酸素運動になってしまいますが、長時間かけて一定ペースで行うマラソンはたっぷりの酸素を取り入れることができ、プロでは有酸素率90%、一般では60~70%と言われています。また四季の景色を楽しみながら走ることができるのもマラソンの魅力の1つ。大会にエントリーして記録に挑戦したり、マラソン仲間と走ったりする楽しみもあります。

長時間走るので、足腰の筋肉が鍛えられることで血行が促進され、脂肪燃焼効果もアップ。メタボ対策やダイエットにも効果があります。そんなメリットもあってここ数年マラソン人口はぐっと増えています。

マラソンがバストアップを妨げる理由

いいことづくめのようなマラソンですが、実はバストアップには大きなデメリットとなる要素もあるので要注意です。オリンピックなどのマラソン選手を見ているとわかると思いますが、選手の中に大きなバストの女性は見かけませんよね。それには以下の理由が考えられます。

バストの脂肪燃焼

ランニングをすると胸が揺れますが、上下の揺れがバストの脂肪を燃焼させてしまいます。特にマラソンは長時間走るので、揺れる時間も長く、それが9割を占めるバストの脂肪をダウンさせる原因となります。ランニングによって体温が高くなり、全身の脂肪燃焼効果も高まっているので、柔らかい胸の脂肪はより溶けやすくなるのです。

クーパー靭帯の伸びや切れ

「クーパー靭帯」は、コラーゲン線維で構成された束で、バスト全体に張り巡らされ、乳腺、筋肉、皮膚をつないで支え、バストを吊り上げる役割を持っています。それによって上向きできれいな、ハリのあるバストラインを生み出します。

クーパー靭帯は多少の伸縮性や弾力はありますが、重力や揺れなどによってバストに無理な力がかかると、伸びたり切れてしまうことがあります。

マラソンで長時間揺れることで、クーパー靭帯が伸びたり切れてしまうと、バストをつり下げることができず、ボリュームダウンしたり形が崩れたりしてしまいます。一度伸びたクーパー靭帯はなかなか元には戻りませんし、切れてしまうと手術をしないと二度と修復できないというリスクがあります。

マラソンでバストアップするために

マラソンによるバストアップ効果
前述のようなリスクはありますが、有酸素運動のマラソンには以下のようなバストアップ効果も期待できます。

血行促進

ランニングによって血流が促進されるので、酸素や栄養分が体の隅々まで届けられ、バストの成長やハリ、弾力アップを促します。また老廃物を排除しコリや冷えを解消するので、成長ホルモンや女性ホルモンの分泌も活性化させることができます。

筋力アップ

マラソンでリズミカルに腕を振って走ることで、バストの土台となる大胸筋を鍛えることができます。それによって上向きで美しいバストラインを作ることができます。

基礎代謝力のアップ

ランニングをすると、筋肉量や肺活量が増加し、基礎代謝を上げることができます。基礎代謝力があがると運動していない時にも余分な脂肪がつきにくくなります。余分な脂肪は身体を冷やし、老廃物をためやすくバストダウンにつながるので、その解消にもつながります。

マラソンでバストダウンしない方法とは?

マラソンのメリットを最大限に活用しながら、バストダウン要素を防ぐために大切なことは、走る時に「胸を揺らさない」ことです。そのためには自分の胸にあったスポーツブラをつけ、バストをしっかりと固定して胸痩せを防ぎましょう。

基本的にバストアップを目指すならノーブラはNG!寝る時も育乳ブラをつけるなど、上手にブラを使い分けてくださいね。

マラソン時には胸を揺らさないのが鉄則!

ランニングでバストが揺れることで、バストの脂肪が燃焼したり、クーパー靭帯の伸びや切れのおそれが生じ、バストダウンにつながります。

それを防ぐにはスポーツブラでしっかり胸を固定することが重要!きちんとケアをして走ることで、マラソンのメリットである血行促進や基礎代謝力のアップが期待でき、バストアップにもプラスに転じることができます。

シーンに応じたブラの着用で、胸痩せを防ぎ、ボリュームアップ効果を促進してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

諸外国と比較して日本が「貧乳大国」ってホント?

外国と日本のバストの差、何が原因なのか考えてみよう ストは実際のところどうなんで …

古いブラジャーはバストも運気も下げる!?これでカンペキ!ブラの捨て時&買い替えテクニック

ブラの捨て時を見極めてバストアップ!長持ちさせる洗濯・収納テクも♪ 身につけるも …

胸にしこりが…もしかして乳がん?間違われやすい病気と乳がん検診

胸にしこりを発見したら…自己判断せず病院で診断を受けましょう バストケアなどをし …

黒豆を有効活用して効果的なバストアップを目指そう!

黒豆ならではの「アントシアニン」はバストアップにも効果大! 豆乳や豆腐など、大豆 …

胸が小さいのに下半身デブ!その悩み一気に解消できます

つけたいところに脂肪がつかないのは何故?バストと下半身の関係 胸が小さい人って胸 …

乳首をピンクにする!最も確実で即効性のある“手術”という選択肢

乳首をピンクにする手術のメカニズムと、そのデメリットについてをお話しします。 乳 …

これ、一緒に飲んで大丈夫?知っておきたいバストアップサプリと薬との飲み合わせ

バストアップサプリを始める前に飲んでいる薬やほかのサプリをチェック! 理想のバス …

Aカップの人におすすめ!三角ブラの魅力とその理由

締め付け感なし、ファッション性あり、小胸でも女性度アップ 最近のブラジャー事情で …

写真5
自分至上最高のバストへ!ピーチ・ジョンの自信作「ボムバストクリームリッチ」

塗ってマッサージをすることで、バストにハリ・弾力をもたらしてくれる「ボムバストク …

貧乳でも楽しめるおしゃれがある!どんなファッションがおすすめ?

小さい胸に悩んでいる方のために体型を活かしたおしゃれ術を紹介! 自分は貧乳だから …