美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

バストアップ効果の高い「肩甲骨はがし」をマスターしよう!

肩甲骨の動きを良くすることでバストアップ効果大!その他のメリットも

バストアップに効果があるマッサージですが、さまざまな種類がある中、ぜひチェックしていただきたいのが「肩甲骨はがし」です。

“はがす”という言葉の響きから、「え?なんか痛そう」「たいへんそう」というイメージが浮かぶかもしれませんが、自宅で比較的簡単にできるうえ、バストアップだけでなく女性に嬉しい効果がいっぱい!

「肩甲骨はがし」の効果や方法をまとめてみましたので、トライしてみてくださいね。

肩甲骨とは?知っておきたい基礎意識

肩甲骨は肩の下方にある、左右対になった逆三角形の骨のことです。両手を背中に回すと、肩の下部に骨が出っ張っているのがわかると思います。その形状から天使の羽とも呼ばれていて、外側から見ると「ハ」の形をしています。

肩甲骨は胴体とは直接つながっておらず、自由度が高くて、腕を上下や内側・外側に動かしたり、前後に回す動きを周辺の筋肉とともにサポートする役割をもっています。

肩甲骨周辺には非常にたくさんの筋肉が集まっていますが、姿勢が悪かったり動きに偏りがあると、その影響を受けて、筋肉が固くなったり癒着したりして、「腕が上がらない、回らない」という四十肩、五十肩になったり、バストダウンを含む心身の不調の原因となります。

肩甲骨チェック

普段は、肩こり等があっても肩甲骨までは意識しないと思いますが、以下のような兆候があれば要注意です。

  • 右の手を上から、左の手を下から背中に回して指先が触れるかどうか
  • 目の前で両手を合わせたまま、ひじとひじをつけて手を上げ、ひじが鼻の高さまで上がるかどうか
  • 腕を後ろに回し、腕とひじが45度になるようにして腰にあてます。反対側の手で後ろに回した手をつかみ、そのまま真横に腕を引っ張ります。どの段階でも少しでも痛みを感じたら危険あり

肩甲骨のデメリット

肩こり 肩甲骨の周囲の筋肉が固まり筋肉の動きが鈍って、リンパや血行不良でコリや痛みを引き起こします。
頭痛・片頭痛 血流が悪化すると脳に酸素が回りにくくなり、頭痛や片頭痛が起こる原因となります。
猫背 肩甲骨が外側に広がり上にあがった状態で固まってしまった状態です。
むくみ 筋肉が固まることで、ポンプの機能が低下し、水分や老廃物がスムーズに排出できなくなるので、むくみが生じやすくなります。
冷え性 血流が悪くなって末端まで血液が行かなくなり、防衛反応として手足の抹消血管が収縮して冷え性になってしまいます。

肩甲骨とバストの関係

肩甲骨が固くなってコリができると、血液やリンパの流れが悪くなってしまい、バストに栄養分がいかなくなってしまいます。肩こりや冷えなど、他の部位にもマイナスの影響が出て、バストにマイナスの影響を与えます。

代謝力も低下するので、ホルモン分泌にも支障が出て乱れやすくなります。また筋肉が萎縮するため姿勢も悪くなりがちで、ますます血行不良になるという悪循環に陥ります。

逆に肩甲骨をマッサージすることで、血行の流れやリンパの流れが良くなり、バストまで酸素や栄養分が行き届くので育乳効果をできます。バストアップサプリなどの栄養分も届きやすくなりますよ。バストアップを妨げる冷えやコリも解消するので、老廃物もたまりにくくなり、ますますプラス循環となります。

また、マッサージやストレッチを行うことで、猫背などの姿勢面も改善されるので、バストトップが上がりバストラインがキレイに見える効果もあります。

他にも代謝力がアップするのでダイエットにも有効です。肩甲骨は背骨を通じて骨盤にも連動してるので、骨盤の引き締めや歪みの解消にも役立ちます。

簡単にできる肩甲骨はがし

肩甲骨はがしにもいろいろな方法がありますが、ここでは自宅やオフィスで簡単にできるマッサージやストレッチを集めてみました。

オフィスで簡単!マッサージ&ストレッチ5選
  • 手を肩において大きく肩をまわしたり、肩の上げ下げを行います
  • 両肘を後ろに動かし、左右の肩甲骨を寄せます
  • 顔の前で肘から上の部分をくっつけます。そのままなるべく上の方までに動かします
  • 両手の指を組んで腕を上に伸ばして、そのまま前後・左右に動かします
  • タオルの両端をつかみ、背筋を伸ばし両肘を曲げないで、真っ直ぐ頭の上へ持っていきます。持っているタオルが後頭部から首の後ろの位置にいくまでゆっくり曲げて行きます。ゆっくり最初の状態に戻ります

肩甲骨はがしで、バストだけでなく全身の血流と姿勢のゆがみを改善

バストアップというと胸のことばかり考えてしまいますが、実は肩甲骨も重要なチェックポイント。腕を自由に動かすための骨で、それに伴うたくさんの筋肉の動きによって、上半身~下半身までの血行やリンパの流れに関わっています。

デスクワークなどで腕の動きが少なく、肩甲骨が固まってしまうと血行不良やコリ、冷えなどが生じ、バストダウンにつながってしまいます。「肩甲骨はがし」によって動きをよくすることで、バストアップにプラスなだけでなく、ダイエットや猫背解消、肩こり解消など、たくさんの恩恵あり!

簡単にできる「肩甲骨はがし」で肩甲骨の動きを活性化して、血流のよい、エネルギー循環のよい身体づくりを目指してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

バストアップサプリは中学生・高校生の10代女性に悪影響!?10代にオススメのバストアップ方法

10代でバストアップをするならサプリ以外のこんな方法がありますよ 中学生・高校生 …

これ、一緒に飲んで大丈夫?知っておきたいバストアップサプリと薬との飲み合わせ

バストアップサプリを始める前に飲んでいる薬やほかのサプリをチェック! 理想のバス …

カイロプラティックでバストアップ!?2つはどう関係しているのか

カイロプラティックとバストアップの関係について、基本的なところからわかりやすく説 …

負担の少ない乳がん治療が可能に?ロボットを使った乳がんの治療方法

バストを温存しながら、身体的にも精神的にも負担の少ない乳がん治療の実現へ 乳がん …

豊胸手術の後遺症って?知っておきたい豊胸手術の失敗とリスク

豊胸手術後遺症のリスクを避けるには信頼できる医師とのカウンセリングが重要です 手 …

「とろろ昆布」が、バストアップ+ダイエットの両立を支える!

とろろ昆布が持つバストアップ効果が注目されている様子…。その理由について説明しま …

自分の胸はまだまだ育つ!育乳ブラを今すぐ手に入れよう!

普段のブラを変えるだけで、バストアップはもちろん形も整えてくれると人気の育乳ブラ …

ザクロにはバストアップ効果が「ある」「ない」どっち?

バストアップ効果以外にも女性には嬉しい成分がぎっしり! ザクロは、原産国である中 …

夏の下着選びで重視したいポイントを紹介!涼しく快適に過ごすコツ

夏はインナーや下着選びにこだわって涼しく過ごそう! 夏といえば薄着の季節です。何 …

キレイなバストを目指すなら自分にあったカップタイプのブラジャーを選ぼう!

カップの違いがバストの違いを生む!カップを選んで理想のバストメイクを ブラジャー …