美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

唐揚げがバストアップフードとして人気な理由

胸の土台を強化し、上向きバストでボリュームアップを実現

バストアップに効果的な食べ物として必ず名前があがるのが「唐揚げ」です。もちろん唐揚げを食べたらいきなりバストアップするわけではありませんが、モデルや有名人でバストアップのために食べている人がけっこう多いことから注目の高い食品です。

鶏肉は牛肉や豚肉より安く買うことができ、お財布に優しいのもポイント。唐揚げならボリュームもあっておかずとしての存在価値も大です。なにより美味しいですし、また味付けによってバリエーションも出せます。

お総菜や外食のメニューにも多いので、いざという時は自分で作らなくても摂取しやすいのも、忙しいときにはありがたいですよね。というわけで、唐揚げのバストアップ効果についてまとめました。

唐揚げがバストアップにつながる理由

一般的にバストアップフードは、大豆製品のように「女性ホルモン」に働きかける成分を持つものが多いのですが、唐揚げの材料である鶏肉にはそうしたダイレクトな効果はありません。ただし、バストアップに不可欠な成分が豊富です。

動物性タンパク質

唐揚げで大切なのは、鶏肉が良質の動物性タンパク質であること。タンパク質は血液や、身体の臓器や筋肉、骨、髪、爪などを作り出す材料になる必須栄養素です。生命維持に必要な、脂質、炭水化物、無機質、ビタミンと並んで「5大栄養素」ともいわれています。

バストを大きくするのは脂肪ですが、タンパク質はバストの土台となる「大胸筋」や「小胸筋」を強化することで、バストの形を整える効果があります。

また動物性タンパク質には、体内では合成できない9種類の必須アミノ酸がバランスよく豊富に含まれています。動物性タンパク質は、植物性タンパク質に比べ、体内に吸収されやすいという特徴も持っているので、効率よく活用できます。

コラーゲン

唐揚げの鳥の皮にはコラーゲンが豊富に含まれています。コラーゲンは、高い保湿成分を持ち、肌にハリや弾力を与える美肌成分として有名ですが、バストの重要な皮下組織である「クーパー靭帯」を強化する働きも持っています。

ビタミン

鶏肉には、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンK等、複数のビタミンも豊富でとす。ビタミンはアミノ酸の働きを助けるので、ビタミンとアミノ酸を同時に摂取できる唐揚げはとても優秀です。

脂肪

バストアップは乳腺を増やし、その周囲の脂肪も増やすことが重要です。唐揚げなら鶏肉と油から適度な脂肪分を摂取できます。

バストの構造とバストアップの関係

大胸筋・小胸筋

バストは1割の乳腺と9割の脂肪でできていますが、バストのふくらみの土台となっているのが大胸筋、それを下から支えるのが小胸筋です。大胸筋・小胸筋の2つの筋肉を鍛えることで、土台がしっかり作られ、バストアップしやすくなります。またたるみや下垂を防ぎ、上向きの形のいいバストを作ることができます。いくら胸に脂肪をつけても、大胸筋がしっかりしていないとバストの形が崩れて、ただの上半身デブになってしまいます。

加齢や血行不良が原因で筋肉が衰えると、バストはどんどん崩れます。唐揚げでタンパク質をしっかり補充して、筋力低下を防ぎましょう。適度な筋トレで筋肉を鍛えるとより効果的です。

クーパー靭帯

クーパー靭帯は、コラーゲンが主成分で、乳腺を皮膚や筋肉につなぎ止め、バストにボリュームとハリを与えます。もし肌にハリがないと、胸に脂肪が付いた場合、垂れたりたるんだりしてしまいます。

またクーパー靭帯は、外敵な衝撃などで伸びたり切れてしまうことがあり、元には戻らないためバストの形がどんどん劣化します。唐揚げでコラーゲンを補充し、クーパー靭帯を強化しましょう。

唐揚げの上手な食べ方

唐揚げで気になるのが油の摂り過ぎだと思いますが、他の揚げ物と比較して唐揚げは意外と油を吸いにくいのです。天ぷらが15~25%、フライが10~20%であるのに対し、唐揚げ6~8%となっています。もちろん食べる量にもよるので、食べ過ぎには注意してください。

自宅で作る時は、抗酸化作用がありミネラルも豊富なオリーブオイルを使って揚げ、余分な油をクッキングペーパーなどでしっかり切るようにすると、よりヘルシーです。

また、唐揚げのつけ合せにキャベツを合わせると、キャベツのバストアップ成分の「ボロン」も摂取できるのでますます効果的です。ここに味噌汁があれば完璧といえそう。逆にビールなどお酒のつまみとして食べると、脂肪を貯め込んで肥満につながるので、要注意!

唐揚げにレモンをかけると、レモンに含まれるクエン酸が消化・吸収を促進し、ビタミンCが血中のコレステロールを下げる働きをします。

唐揚げで大胸筋・小胸筋やクーパー靭帯を鍛えよう

有名人にも人気の高いバストアップフードの唐揚げは、良質な動物性タンパク質とコラーゲンで、大胸筋・小胸筋や、クーパー靭帯を強化することができます。バストそのものを成長させるというよりは、形をキレイに整えて上向きのバストを作ります。

バストアップ効果はありますが、油で揚げる分カロリーが高いので、食べ過ぎには要注意です。食べる量やつけ合わせなども考えて、バランスよく摂取してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

種類別!豊胸手術の方法・金額、メリット・デメリットについて

豊胸手術の種類、金額、メリットとデメリットをまとめました バストアップの方法は様 …

【アンダーバストのサイズダウンに速攻】短期間バストアップhow-to

バストアンダーは習慣でサイズダウンできる!肋骨を閉じるエクササイズで、短期間のサ …

バストがサイズダウンしちゃう!?ジョギングするときに気を付けること

ジョギングを楽しみながらバストのサイズダウンを防ぐことは可能です! ダイエットや …

胸が小さいことを悩んでいる方、必見!胸が小さい人の共通点

胸が小さい人の共通点から原因解消、バストアップへ! 遺伝だからと悩んでいる10代 …

バストアップだけじゃない!美肌にもダイエットにも役立つ「おから」のパワー

高タンパクで食物繊維もたっぷり♪「おから」は女性のキレイを叶える身近な食材です …

ブラジャーにはえた黒カビ…どうする?原因・予防・対策を紹介

お気に入りブラをもっと長く楽しむために!黒カビリスクから下着を守る方法と、はえて …

定番スイーツ・アイスクリームでバストアップできるって本当?

アイスクリームでバストアップには向き・不向きもありました 甘い物が好きという女性 …

古いブラジャーはバストも運気も下げる!?これでカンペキ!ブラの捨て時&買い替えテクニック

ブラの捨て時を見極めてバストアップ!長持ちさせる洗濯・収納テクも♪ 身につけるも …

私のサイズはどうなの?乳輪が大きい原因と乳輪の平均・理想サイズ

大きいの?小さいの?人には聞けない乳輪についてのあれこれ バストサイズに次いで気 …

バストの大きさが左右非対称になる原因と対策!

バストのサイズを左右対称に近づける方法を、原因別に紹介します 女性のセックスシン …