美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

剃らずに毛を目立たなくできる「ムダ毛脱色」 気になる効果とお手入れ方法をご紹介

気になるムダ毛、どう処理していますか?一般的には自宅で、カミソリやシェーバーで剃ったり、毛抜きや脱毛テープで抜いたりでしょうか。脱毛サロンでプロに任せる方法もあります。

あまり聞き慣れないかもしれませんが、「ムダ毛脱色」という方法もあります。これは文字通り腕や脚などのムダ毛を脱色して色を薄くし、目立たなくする方法です。

そこで今回は、ムダ毛脱色の方法についてまとめてみました。抜くことや剃ること以外のムダ毛処理方法について興味がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

ムダ毛を剃る・抜くのに抵抗があるなら…「ムダ毛脱色」が強い味方!

日本人は髪の毛もムダ毛も黒いので、すごく目立つという特徴があります。外国人で金髪の産毛だと生えていても気にならなかったりしますよね。「ムダ毛脱色」はその効果を狙ったものです。

方法としては脱色クリームを脱色したい部位に塗って、一定時間放置しそのあと洗い流すだけと超簡単。黒い色素が分解され、色が抜けてムダ毛が茶色や金色になります。

「ムダ毛脱色」のメリット・デメリットとしては以下のような点があります。

  • 自宅で安価に手軽にできる
  • 色の抜け具合を確認しながら行える
  • 剃る・抜くことでの肌・毛穴へのダメージが少なく、色素沈着のリスクも低め
  • 剃り跡のぶつぶつや生え始めのチクチクがない
  • 1度脱色をするとそのムダ毛への色戻りはなく、1週間〜1ヶ月脱色効果が長続きする
  • ムダ毛がなくなるわけではない
  • 脱色クリームの薬剤は強めなので、かぶれたり肌荒れを起こす危険がある
  • 部位は脱色クリームを塗っても安全なところに限られる
  • 光の当たり具合で目立つことがある
  • 新しく生えてくる毛は黒いので、定期的に行う必要がある

どんな人に向いてるの?

「ムダ毛脱色」はムダ毛がなくなるわけではないので、見た目的に気になるワキなどには不向きですが、少しくらいならあってもいいかな、という部位なら自宅で気軽に&リーズナブルにできるのでピッタリです。

「ムダ毛がまったくないのはなんとなく不自然だけど、毛むくじゃらなイメージは避けたい」というケースに最適です。また、サロン通いの間のつなぎにも便利!

ただし人によって向き不向きがあるので注意してくださいね。

向いている人

ムダ毛脱色に挑戦するのであれば、しっかりと効果を実感したいですよね。では、どんな人が特に向いているのでしょうか。

毛量が少ない人

「ムダ毛脱色」は、もともとそんなに体毛が濃くない人の方が効果が活かせる方法です。毛が少ない方が少ない薬剤でしっかり脱色でき、肌ダメージも少なくて済みます。

毛量が多いと、どうしても薬剤も多めになりダメージが気になります。また脱色してもわさわさ感がありますし、光があたると金色の毛がキラキラして目立つ、ということがあります。

特に女性の場合はかえって逆効果になる場合も多いので要注意です。

色白の人

色白の方は、ムダ毛が黒いと肌との対比でとても目立ってしまいますね。「ムダ毛脱色」することで毛の色が薄くなって、肌色とのギャップがなくなるので、ほとんど目立たなくなります。

逆に地黒の方の場合、日焼けしたサーファーのようにキラキラが目立ちやすいので、毛の量にもよりますがあまりおススメできません。

剃刀などで肌が荒れてしまった人

手軽で安価なので、剃刀でムダ毛処理をしている人は多いですが、肌の表面を鋭利な刃で削っているわけなので、肌が傷つきやすいですし、乾燥しやすくなります。

また剃刀が古いと雑菌が繁殖して毛穴に入り込み化膿する危険も!すぐに生えてくるので処理回数が多いのも肌トラブルの原因です。

「ムダ毛脱色」は基本ムダ毛にだけ働きかけるうえ、脱色効果も剃刀より持続するので回数も少なくて済みます

ムダ毛ありでもOK、目立たなくしたい方

「ムダ毛」と呼んでいますが体毛には肌を外部の刺激から守る役割があり、温度調整や日焼け防止効果なども担っています。

外国人女性でムダ毛処理をしない人が多いのは、毛の色が薄いこともありますが、体毛があるほうが自然だと考えていることもあげられます。

なので「ツルツルにするのって不自然でよくないんじゃないかな」と思う方には、自然に目立たなくする「ムダ毛脱色」はぴったりです。

向いていない方

お手軽で比較的ダメージも少ないムダ毛脱色ですが、誰にでも適しているというわけではありません。不安な方は、該当項目がないか確認してから使いましょう。

ムダ毛が太くて多い人には不向き

ムダ毛が太くて多いと、脱色するのに時間がかかって肌へのダメージも心配ですし、脱色してもかえって目立つ場合があります。どの程度色を抜くか調整が必要です。

子供や肌が弱い人、妊婦さん

剃刀や脱毛テープのように肌を直接傷つける心配はありませんが、人によっては脱色剤の成分による肌ダメージがあります。使用前には必ずパッチテストをして、肌への影響がないかチェックしてから行ってください。

また、使用後はしっかり保湿して、肌の乾燥を防ぐ必要があります。子供や肌が弱い人にはやめておいたほうがいいでしょう。

妊娠中は肌が敏感になりやすいので、やはり避けた方がよいでしょう。

何回も脱色するのが面倒くさい人

剃刀よりは効果が長持ちしますが、新しく生えてくる部分は黒いので定期的な脱色が必要です。それが面倒な人はサロンでの永久脱毛を行う方がよいでしょう。

気になる効果や持続期間、そして脱毛可能部位は?

毛を目立ちにくくする方法としては、まだあまり知られていないムダ毛脱色。だからこそ気になる部分も多いかと思います。

ここではそんなムダ毛脱色の効果や範囲について説明していきます。

「ムダ毛脱色」の効果は?

クリームを塗ってからの放置時間によって抜け方にバリエーションがあり、ムダ毛の色が変わります。一番キレイに抜けると金色になり、肌と区別がなくなってほとんど目立ちません。

ただし、毛量や光の当たり方で目立つこともあるのでそこは要注意です。また触ったり、近くで見るとわかってしまうこともあります。

脱色効果の持続期間は?

毛の量や肌の色など個人差もありますが、新しく生えた毛が目立ってくる1週間程度が目安とされています。

口コミなどでは「1ヶ月持った!」という方もいるので、自分なりの期間を把握しながら定期的に脱色を続けることになります。

脱毛可能部位は?

腕や足、ワキ等、普段剃刀でムダ毛処理をする部分、また、うなじや背中、胸、おなかなどもクリームを塗るだけなので処理可能です。

ワキは女性の場合完全になくしたい方も多いので、他の脱毛方法と使い分けるケースが一般的です。

また、脱色剤は強い刺激成分が配合されているので、目や鼻、口元など顔全体やVIOなどのデリケートゾーンは絶対にNG!脱色剤が付着すると危険なので、くれぐれも注意してくださいね。

脱色クリームの簡単お手入れ方法

脱色の効果を最大限に活かすために準備段階からしっかり行うのがポイントです。薬剤が強いので、必ず事前にパッチテストを行ってください

また脱色剤を塗る部位に脂や汚れが残っていると、密着度が弱まってきれいに脱色できないことがあるので、事前にボディーソープなどでキレイな状態にしておきましょう。

脱色は以下の手順で行います。薬剤ごとの量や方法はきちんと守ってくださいね。

脱色クリームをよく混ぜる

多くの脱色剤が2剤に分かれたタイプで、2つを混ぜ合わせて使用します。ムラがあると染まりにくいので、しっかりまんべんなく混ぜてください。

脱色直前に混ぜる方が、脱色効果が高まるので混ぜたらすぐに塗布しましょう。

脱色したい箇所に塗布する

混ぜ合わせた脱色クリームは素手ではなく、付属のヘラや手袋をして塗っていきます。きちんと付着していないとムラができてしまうので、脱色したいムダ毛を包み込むように脱色剤をしっかりと厚めに塗ってください。

一定時間放置する

製品によって放置時間が異なるので説明書をに書かれている時間を守って放置します。適正時間より長くても脱色効果が高まることはなく、肌荒れのリスクが高まるので時間は守ってくださいね。

初めて使用する場合は、クリームを塗った個所を少し拭き取って、脱色の進み具合を確認してください。自分の思う脱色具合だったらそこでストップしてOKです。

規定以上の時間放置すると、肌への負担が大きくなるのでやめておきましょう。

「水」で洗い流す

所定の時間放置したら、余分なクリームをヘラでなどで取り除き、その後洗い流します。お湯だと毛穴が開いて薬剤が残る場合があるので、できれば水か、なるべく低い温度のぬるま湯で

また洗い残しがないよう塗った部位はしっかり洗い流してください。

しっかり保湿ケア

脱色後は肌に赤みやかぶれなどの異常がないかを確認してください。処置後は肌が敏感な状態なので、冷やしたタオルなどで肌をひきしめ、保湿系のローションやクリームなどで優しく保湿ケアをしてくださいね。

脱色クリーム使用時のよくある「NG行動」をチェック!

脱色クリームは使い方を間違えるときちんと脱色できないだけでなく、肌荒れにもつながります。市販の脱色クリームの場合、説明が書かれているのでしっかり守って使うことが大切です。

慣れて来たからといっても製品ごとに特徴は異なりますし、肌や体調の変化もあるので、自分の感覚だけに頼るのはNG!

というわけで、「NG行動」をまとめておきますね。

肌に合うか確認せずに使ってトラブル発生

脱毛クリームは、簡単にムダ毛を目立たなくできる便利なアイテムです。一方で強い成分も含まれているため、効果を最大限に発揮するためにも、自分の肌質に合うかしっかりと確認してから使う必要があります。

しっかりパッチテストをしてから使おう

脱色クリームはブリーチ剤など強い成分が配合されています。脱色クリームで「肌が荒れた」というケースはほとんどが、パッチテストを省いて、自分の肌に合うかどうか確認せずに使って起こったトラブルです。

面倒だなと思っても、毎回きちんとパッチテストを行い、なんらかの支障があったらやめておきましょう。少しの手間が肌を守り、キレイな脱色を成功させます。

専用クリーム以外のもので代用は危険

ムダ毛の脱色を専用の脱色剤ではなく別のもので代用する人もいるようです。「オキシドール」が有名ですが、他にもビールやコーラ、酢などがあげられています。

ただし、脱色効果は今ひとつで、調整もしにくいようです。また、食品は肌に塗ることが前提ではないので、肌ダメージのリスクもあります。

「髪の毛用のブリーチ剤が余ったから」等でムダ毛処理に使うのもNG!髪の毛用は含まれている成分・量が全く異なります。他の部位だと効果がなかったり、悪影響が出る場合があります。

きちんとボディのムダ毛脱色の専用品を使ってくださいね。ボディ用を頭に使うのも同じくNGです。

ボディ用は顔には絶対使わない!

繰り返しになりますが、脱色剤は刺激が強い薬剤が使われています。皮膚が薄くデリケートな顔に使うのはNG!その時は影響がなくても肌が傷んで、あとあとシミやシワの原因にもなります。

眉毛の脱色に利用している人もみかけますが、万が一目に入ると激痛を感じますしとても危険です。眉ブリーチには専用剤が出ているので、そちらを使いましょう。

最近は顔専用の脱色剤もありますが、間違ってボディ用を顔に使わないようくれぐれも注意してくださいね。

いざ脱色クリームを使ってみよう!人気の脱色クリームはコレ

脱色クリームといっても、今は男性用、女性用、兼用といった種類から、使い切りタイプや置いておけるもの、敏感肌用、香りのあるものなど、たくさんの種類が市販されています。トライしようと思ってもどれを選べばいいのか迷ってしまいますね。

口コミやランキングなどでも人気の脱毛クリームを3つご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

安心品質と高コスパ!エピラット脱毛クリーム

クラシエホームプロダクツの「エピラット脱色クリーム」は、アマゾンや有名通販サイトなどでも1位を獲得している脱色クリームです。

うるおい保護成分のカモミールや海藻エキス+ローヤルゼリー、植物性スクワランなど、肌のうるおいをガードする成分が複数配合されていて、敏感肌の方でも使用できます。

大手メーカー製品ということで安心感もありますし、敏感肌用なのに700円~800円前後とお手頃価格なのも評価されています。無臭タイプなので独特の嫌な匂いもしません。

およそ10分で脱色でき、「あっという間」「足の色がワントーン明るくなった」「肌がしっとり!」と口コミでも人気です。

「エピラット脱色クリーム」には、他にも価格がもう少し安い普通肌用や「スピーディータイプ」もあるので、自分のニーズに合わせて選んでくださいね。

きれいに眉毛脱色できる!JOLEN

海外でも大人気のアメリカ製の「JOLEN(ジョレン)」。眉毛のセルフ脱色用として、日本でもロングセラーです。明るく染めることができ、口コミでも「太い眉毛が目立たなくなった」「メイク映えする」と評価が高く、リピーターも多いです。

2,000円前後と値段はちょっと高めですが、モデルに愛用者が多いのも注目ポイント。

パウダーとクリームを混ぜて使うタイプで、放置時間は10分~20分です。ノーマルタイプとマイルドタイプの2種類があり、マイルドタイプはアロエ成分が配合されているので、肌荒れが気になる方は後者を選びましょう。

日本代理店の正規品と海外直輸入があり、後者の方が安いですが時間がかかります。偽物も出回っているので購入時は注意してくださいね。ドンキ・ホーテやサンドラッグでも入手できます。

男性だけでなく女性も使える!メンズボディ むだ毛脱色クリーム

男性のムダ毛脱毛剤として有名なのが「メンズボディむだ毛脱色クリーム」です。Amazon、楽天、ヨドバシドットコムなどの有名ネット通販でも星が4つ以上で、「きれいな金色になる」「見た目が軽やかになった」と口コミも高評価です。

価格も500円~600円前後とリーズナブルなので、リピーターも多い製品です。

男性用ですが、安価で手軽なので女性でも愛用者がいます。また、保湿成分「スクワラン」配合なので、肌をいたわりながら脱色を行えます。

使い方はA剤とB剤を混ぜて付属のヘラで塗るだけ。放置時間は10分ですが、脱色効果には結構個人差があり、「染まりにくい」という口コミもあるので、自分の毛の量や太さも考慮して使ってくださいね。

ムダ毛をなくしたいなら除毛クリームという選択肢も

ムダ毛をなくしたいなら「除毛クリーム」を使う方法もあります。毛を抜くのではなく毛を溶かして取り除く方法で、脱色クリーム同様、肌に塗って一定時間放置したあと洗い流すだけ。

毛穴の中まで入り込んで溶かすので、剃刀などより効果が長持ちします。値段も安く、自宅で手軽に行えるのもポイントです。

ただし成分が強いので肌ダメージのリスクはあります。マイルド成分のものを選んだり、除毛後しっかり保湿ケアすることが必要です。敏感肌用もあるので肌質に適したものを選びましょう。

【保存版】除毛クリームはデリケートゾーンにも使える?効果や注意点、脱毛との違いを解説

根本からムダ毛を解決するなら脱毛サロンやクリニックで脱毛しよう

脱色クリームや脱毛クリームは便利である反面、一時的な効果しか得られず、毛周期に合わせて毎回処理を行う必要があるため、時間も手間もかかってしまいます。

完全にムダ毛をなくすのであれば、やはり脱毛サロンやクリニックにお任せするのが一番です。

自己処理に比べて値段が高かったり何度か通院する必要はありますが、その期間を終えればムダ毛ケアから解放されるので、長い目で見るとメリットはたくさんあります。部位も全身から選べるので、他のムダ毛処理と使い分けるのもいいかもしれません。

医療レーザーとフラッシュ脱毛、それぞれの特徴を紹介しますので、自分にはどちらの脱毛方法いいのかチェックしてみてくださいね。

医療レーザー脱毛

クリニックで行われている脱毛方法です。医療機関ということもあり、何か問題があったときに医師に相談できるのが心強いですよね。

出力の強いレーザーを使用しているので、5~8回程度の短期間で施術が終了します。

また、レーザー脱毛では毛根自体を破壊するため、高い効果を期待できます。

脱毛サロンよりも費用はかかりますが、少ない回数で効果を得たい!という方にはおすすめです♪

こちらのランキングでは、そういったクリニックをいっきに比較できるような表が作られています。

見ただけですぐにクリニックの特徴がわかるようになっているので、ぜひ参考にしてくださいね。

ランキングで脱毛クリニックを比較する

フラッシュ脱毛

サロンで脱毛をする場合はフラッシュ脱毛になります。医療レーザーと比べると回数は多めで、2倍近くの期間が必要です。一方でメリットもたくさんあります。

低い出力のマシンを使用しているため、レーザー脱毛よりも痛みや肌への刺激は少なく、1回の施術時間も短めです。脱毛箇所によっては10分程度で終わることも!

また、料金が比較的安いのもうれしいポイントです。 キャンペーンなどを利用すれば、かなりお得に脱毛することもできますよ♪

そんなお得情報を確認するには、下をクリック。魅力的なサロンが満載で自分に合うプランがすぐに見つかるでしょう。

ランキングで脱毛サロンを比較する

まとめ

今回は、ムダ毛脱色についてご紹介してきました。少しくらいムダ毛があってもいい部位や、つるつるは不自然、という時に役立つのが「脱色クリーム」です。塗って流すだけという手軽さで、黒い毛が金色になって気にならなくなるので、男性にも人気のムダ毛対策です。

ここがポイント
  • ブリーチの成分が強めなので、使い方には注意が必要
  • 使用前にはパッチテストを行おう
  • 専用クリーム以外は使わないようにしよう

以上のポイントに注意して脱色クリームを使えば安全に脱色することができます。

しかし脱色クリームは、毛が多い&濃い人など不向きなケースもあります。また、ムダ毛がなくなるわけではないので、ワキは永久脱毛、腕や脚は脱色など部位別に使い分けてもいいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

【レビュー】7週間で50万DL突破!ミュゼのアプリ「ミュゼパスポート」の使いやすさはどう?お得に利用できる裏技も紹介

ミュゼを利用している方にもそうでない方にもチェックしてほしい便利なアプリ情報をご …

夏に間に合う全身脱毛!『脱毛娘。』の応援する脱毛ラボとは?

3ヶ月で全身の脱毛ができるって本当? 脱毛ラボのキャンペーンユニット「脱毛娘。」 …

ムダ毛処理、男性はどこまでしてほしいと思っているのか?

男性と女性でこんなに違うムダ毛意識 面倒なムダ毛処理から解放される快感、ムダ毛が …

接近しても大丈夫な肌へ!顔脱毛は毛穴対策にもなる。同時に美肌も目指そう

顔脱毛をすることによって毛穴トラブルの改善が期待できます 毛穴に関する悩みを抱え …

家庭用脱毛器センスエピGの機能と価格をチェック!

センスエピGのグッドポイント ここでは、低価格で気軽に試せるホーム・スキノベーシ …

卵を食べ過ぎると体毛が濃くなる!?気になるウワサの真相を調査!

男性ホルモンを増やす卵の食べ過ぎがムダ毛を濃くする 多くの女性にとってムダ毛処理 …

食べもので女性ホルモンを増やす!効果を高める食事の取り方は?

女性ホルモンを増やすのにおすすめの食べものなどについてご紹介します。 女性ホルモ …

美人ホルモンとしても知られるエストロゲンを増やす方法

女性なら是非チェックしてほしいエストロゲンを増やす方法をご紹介します。 女性の美 …

内出血ができる原因とムダ毛処理時の注意点について

間違ったムダ毛処理が内出血に繋がることも… 内出血が起きてしまうと触れた時に痛み …

「Vライントリマー&シナヤカウォッシュ」はヒートカッター初心者さんも簡単!アンダーヘアの悩みをバッチリ解消♪

ショーツから飛び出るアンダーヘアを卒業!ワンランク上の女らしさを目指しましょう …