美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

脱毛スポンジや除毛パフは本当に脱毛できる?どんな効果があるの?

近年、美容グッズを扱っているショップで「脱毛スポンジ」を目にする機会が増えています。

脱毛スポンジは「除毛スポンジ」「除毛パフ」などと呼ばれることもあり、手軽に使えそうと人気商品になっているんです。

脱毛スポンジという名称から、カミソリよりも肌にやさしい印象を受けますよね。

そこで今回は、脱毛スポンジとは何か、その使い方と使用時の注意点、効果、どんな方におすすめなのかについてお話しします。

デメリットについても触れますので、脱毛スポンジを使っている方、興味のある方はぜひ参考にしてくださいね♪

脱毛スポンジってなに?

脱毛スポンジとは、肌の上でクルクルと円を描くことで摩擦を生じさせ、除毛するアイテムのことです。

表面はザラザラしており、ムダ毛を絡めとります。脱毛スポンジの裏面が仕上げ面になっていて、肌をツヤツヤにするタイプもあるようです。

カミソリや電気シェーバーで剃ったり、除毛クリームでムダ毛を溶かすのと比べると、脱毛スポンジが肌に与える刺激はわずかなもの。

また、脱毛スポンジは乾いた肌でも使うことができるので、使用場所が浴室や洗面所に限定されません。

さらに、カミソリや電気シェーバーで自己処理する時のように、ジェルやムースを使わずに済むので、手間がかからないのも魅力です。

除毛後に洗い流す必要もありませんし、子どもでも使えます。娘さんがムダ毛を気にするようになったら、勧めてあげるのもよいでしょう。

脱毛スポンジはどうやって使うの?

一般的な脱毛スポンジの使い方は、以下の通りです。

  1. 脱毛スポンジを軽く肌に当てて、右側に5回転させる
  2. 肌に脱毛スポンジをつけたまま、反対の左側に5回転させる
  3. 仕上げ面がある脱毛スポンジの場合は、同じように左右それぞれに5回転させる

脱毛スポンジを使用する際のポイントは、左右両方の回転が終わるまで、スポンジを肌から離さないことです。

また、肌に強く押しあてたり、スポンジを回転させるスピードが遅いと、効果的に除毛ができません。

脱毛スポンジを試してみて、ムダ毛がかたまりになって除毛できない時には、あらかじめハサミでカットしておくとよいでしょう。

その点を理解したうえで、正しく脱毛スポンジを使ってくださいね。

脱毛スポンジを使うときに注意することは?肌トラブルは起きない?

脱毛スポンジは、使い方によっては肌を傷め、トラブルに発展するケースもあります。

そこで、脱毛スポンジを使う際に気をつけるべき部分について、整理しておきましょう。

使用するときの注意点を教えて!

脱毛スポンジ使用時のおさえておくべき内容は、以下の通りです。

  • 脱毛スポンジで肌を強くこすらない
  • 肌が濡れている時に脱毛スポンジを使わない
  • 入浴後など肌がやわらかくなっている時には使わない

使い方を間違うと、埋没毛や色素沈着することがあるので気をつけるようにしてください。そして、脱毛スポンジを使用した後におこなってほしいことがあります。

それは、脱毛スポンジで除毛した後に保湿ケアを行うことです。保湿効果の高いクリームや乳液を塗ることで、脱毛後の肌を守れます。

もしも肌トラブルが起きたら…

ザラザラした脱毛スポンジで肌をこするのですから、思わぬ事態が起こるリスクはあります。

具体的には、肌に赤みが出たり、力の強さによっては傷がつくことです。肌に赤みや腫れが出た場合は、保冷材などで冷やしてみましょう

傷がついた時に、アルコール系の保湿ケア用品を使うと痛みを感じます。保湿ケア用品も、低刺激なものを選んでください。

また、以下のような肌トラブルが起きた時には、皮膚科に相談するのがベストです。

  • 肌荒れが起こった
  • 毛穴が黒く見える
  • 毛穴が盛り上がってしまった

こういった症状をほっておいてもいいことはありません。気になったら、すぐ診察してもらうようにしましょうね。

脱毛スポンジは本当に効果があるの?どんなひとにおすすめ?

脱毛スポンジはリーズナブルで手軽に使えるので、その効果を疑問視したくなる方もいるはず。

そこで、脱毛スポンジの効果やどんなひとに向いているのか、使用する際のデメリットについて、詳しくお話ししておきますね♪

脱毛スポンジの効果って?どういうひとに向いてる?

カミソリや電気シェーバーで除毛すると、再びムダ毛が生えてくる時に、チクチクすることが多いです。

ですが、脱毛スポンジの場合は摩擦でムダ毛を擦切るため、毛の断面が丸くなり、生えてくる際の不快感がありません。

また、電気シェーバーや除毛クリームと比較すると、価格もリーズナブルです。

さらに、脱毛スポンジに仕上げ面がついているものを使えば、肌の角質除去もできます。

  • 安全な方法で子どもの除毛をしたい
  • もともとムダ毛が薄い
  • 医療脱毛や光脱毛で残った部分だけ処理したい

こういう希望を持っている方にも、脱毛スポンジはおすすめ。

また、脱毛スポンジは小型で、肌を濡らさずに使うことができるため、旅行や出張、部活の合宿の際に持っていくと便利です。

濃い毛は抜けない…脱毛スポンジのデメリットと不向きなひとは?

指の毛など除毛する範囲が狭い時にはすぐに除毛できますが、腕や脚など広範囲の部位を脱毛するには、かなりの時間が必要です。

また、アトピー肌や敏感肌の方が使うと、刺激が強すぎて肌荒れが起こることがあります

使い方に慣れるまで時間がかかることも、デメリットといえるでしょう。

そして、脱毛スポンジは誰でも同じ効果が得られるわけではありません。

  • ムダ毛が濃い
  • ムダ毛が太い

こうした特徴がある方が脱毛スポンジを使っても、思うように除毛できないという口コミが届いています。

さらに、当然ですが脱毛スポンジで永久脱毛はできないので、定期的なケアが必要となります。

そうしたデメリットも理解したうえで、脱毛スポンジを試してみましょう。

脱毛スポンジを使うならこれ!

脱毛スポンジとひと言で言っても、さまざまなメーカーから販売されています。

そこで、脱毛スポンジの中でも特に人気のある商品の特徴を、いくつか紹介しておきますね。

ケナッシー

脱毛スポンジの人気商品といえば、やはり「除毛パフ ケナッシー」でしょう。

なんとこの商品、販売累計が3,000,000個突破している驚異の脱毛グッズなんです。

ピンク色のスポンジは除毛専用となっており、脱毛したい部分の肌にのせ、あまり力を入れずに手早くクルクル回すことでムダ毛を処理できますよ。

裏側のグリーン面は仕上げ用となっており、除毛した部分にのせてクルクル回すと、古い角質も除去してくれます。

扱いやすいので、お子さんの除毛にもよいと評判です。

除毛パフ ケナッシーとは?効果やメリット・デメリットを紹介!

ムダ毛パッド スムースアウェイ

ムダ毛パッド スムースアウェイは、モデルさんが使用しているとテレビで話題になったことから、一躍有名になった商品です。

軽く肌にのせて短時間クルクルこするだけというしくみは変わりませんが、その特徴は微粒子研磨紙であるマイクロクリスタルが採用されていることです。

毛先を丸くカットすると同時に、他の商品と同じく古い角質まで除去してくれます。

ムダ毛パッド スムースアウェイは水洗い不要で、何度でもくり返し使用可能です。ミニパッドも用意されています。

百均の除毛パッド

最近は百均でも、除毛パッドを販売しています。百均の除毛パッドは円形の手のひらサイズのものが多く、ダイソーの場合は日本製のものを扱っています。

値段が安いので心配な方もいるでしょうが、除毛効果に問題はありません。費用をかけずに見える部分のムダ毛処理をしたい方には、ピッタリといえるでしょう。

脱毛スポンジで満足できなければ脱毛サロン・クリニックへ

脱毛スポンジは手軽で、お子さんでも安全に使えるというメリットがあります。

ですが、長期的な脱毛効果は期待できないので、定期的なケアが必要

また、研磨剤で肌をこすることになるので、肌が敏感な方に向いているとはいえませんし、手のとどかない部分のケアは全くできません。

自分で毎回処理するのが面倒、ツルすべ肌を長い期間保っていたいと思うなら、本格的に脱毛サロンやクリニックに行くことも検討してみましょう。

それぞれ特性は違いますが、自分でケアするよりも遥かに手軽に毛をなくしていけます。

脱毛完了すれば、自分で処理するなんてこともほとんど必要なく、時間を有意義に使うことができますよ。

では、サロンとクリニック、2つの違いを簡単に解説していきますね♪

脱毛サロン

施術時の痛みをほとんど感じず、費用を安く抑えられる脱毛方法といえばサロン脱毛。

さらに、機械から出る光の成分が毛の抜けを促進、抑毛するうえに、美肌効果まで肌に与えてくれるんです。

そのぶん脱毛効果が弱く、永久脱毛はできませんが長くきれいな肌を保つことは可能ですよ。

価格の安さが自慢な店が多く存在し、なかには300円で脱毛できるサロンも。

美肌効果を得ながら、痛みと費用を最小限におさえて毛をなくしていきたい方におすすめです。

どんなサロンがあるのか興味がある方は、下部のランキングボタンを押してチェックしてくださいね♪

ランキングで脱毛サロンを比較する

脱毛クリニック

抜群な脱毛効果、安全性を誇るのがクリニック脱毛。名前の通り、医師が在籍している場所でしか施術を行うことができない医療行為にあたります。

毛根をレーザーで破壊して、半永久的に毛の再生力をなくす永久脱毛はここでしかできません。

施術の効果が高いので、少ない回数で脱毛を完了できますが痛みが強いため、肌が敏感な方は事前にクリニックへ相談しておきましょう。

何かトラブルがあってもその場に医師がいるので、すぐ処置してくれるから心強いんです。

サポート体制がしっかりしたところで短期間で脱毛したい方は、こちらを検討してくださいね。

どんなクリニックがあるのかは、下にあるランキングで確認してみるといいですよ。

ランキングで脱毛クリニックを比較する

まとめ

いかがでだったでしょうか?今回は脱毛スポンジについて紹介してきました。

気温が上がり、露出が増える季節は、除毛処理が不可欠です。日常的なケアを手軽に行いたいなら、やはり脱毛スポンジが便利。

脱毛スポンジには以下の5つのようなメリットがあります。

ここがポイント
  • 単価が安い
  • 手軽にどこでも除毛できる
  • 子どもでも使える
  • 除毛した部分のムダ毛が生えてきてもチクチクしない
  • 肌の古い角質まで除去できる

こうしてみると、カミソリや電気シェーバーで自己処理するより良さそうですよね。

ドラッグストアや美容グッズを扱う店、ネットショップなどで手軽に購入できるので、興味がある方は一度試してみることをおすすめします

確実にキレイに脱毛したい場合は、脱毛サロンやクリニックに行くこともあわせて考えてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

要チェック!各脱毛サロン6月のキャンペーン情報を大調査!!

キャンペーンのお得な内容をいち早くまとめました お得に脱毛をしようと思ったら、キ …

モテテク以前に清潔感はマスト! そのムダ毛処理大丈夫?

特に女性は要注意!モテテク以前に絶対にチェックすべきこととは? 異性からモテたい …

脱毛サロンで失敗した人から学ぶ!間違いのないサロンの選び方

脱毛サロンならどこでもいいは間違い!脱毛サロンで失敗した人を例にしてトラブルを紹 …

サロンも倒産する時代…でも月額制なら安心!料金制度で選ぶ脱毛サロン倒産対策

万が一の倒産でも安心できる月額制と便利な回数制のメリットとデメリット 大手脱毛サ …

【保存版】除毛クリームはデリケートゾーンにも使える?効果や注意点、脱毛との違いを解説

家で手軽につるつる肌を作りたいなら「除毛クリーム」がオススメ! ムダ毛を処理する …

女性ホルモンと深い関わりがあるエクオールとは?

大豆イソフラボンととても近い関係のエクオールについてご紹介します。 エクオールと …

ひじは絶対ついちゃダメ!刺激による角質化が黒ずみの原因です

やわらかいスクラブ剤を手作りしてケアしましょう 自分では見えないパーツだけにケア …

若いうちからチェックしておきたい!肌の老化防止について

紫外線はとても危険!ムダ毛処理が肌の老化に繋がってしまうことも…。 年を取って肌 …

【保存版】お尻のトラブル”痔”でもOライン脱毛できる?治療法などもご紹介

痔の症状がある方は、とにもかくにもまずは治療を。 Oラインの脱毛をしたいと思って …

女性のデリケートゾーンのための石鹸がすごい

悩みが尽きないデリケートゾーンのデオドラント問題、そのためにデリケートゾーン用の …