美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

脱毛クリームで肌荒れ!?治療法は?肌荒れしないためにはどうしたらいい?

夏が近づくにつれて薄着になり、露出が増える時期になると、ムダ毛処理の頻度が増える女性が多いことでしょう。

カミソリや電気シェーバーで処理するのは手軽ですが、ムダ毛が生えてくる時に感じるチクチク感や黒いポツポツが見えるのがイヤだというひともいます。

そんな時に、「除毛クリーム」や「脱毛クリーム」を試してみたいと思うかもしれません。ですが、除毛・脱毛クリームは肌に負担がかかるという先入観があり、二の足を踏んでいる女性は少なくないようです。

そこで今回は、除毛・脱毛クリームの成分やメリット・デメリット、正しい使い方などについてお話しします。除毛・脱毛クリームを使ってムダ毛の処理をしたいと考えているひとは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

除毛・脱毛クリームは肌荒れを引き起こす!?使う前に成分を確かめよう

除毛・脱毛クリームとは、ムダ毛を処理したい部分に塗り、一定の時間そのままにした後で洗い流したり拭き取ると、除毛できるクリームのことを言います。毛根組織から脱毛できるわけではないので、除毛効果は一時的なものです。

除毛・脱毛クリームの主成分のほとんどが、「チオグリコール酸カルシウム」というアルカリ性の化学物質です。チオグリコール酸カルシウムは「メルカプト酢酸」と呼ばれることもあるのですが、たんぱく質を分解する働きがあります。

人間の髪の毛やムダ毛がたんぱく質でできているので、チオグリコール酸カルシウムを塗り、それが浸透することで分解されて溶け、除毛できるのです。

たんぱく質で構成されているのは毛だけではない

除毛・脱毛クリームを使うと、肌荒れして困ると感じている女性は少なくないでしょう。その理由は、皮膚もたんぱく質でできているからです。

除毛・脱毛クリームはムダ毛が生えている皮膚に塗ることになるので、どうしても影響が及んでしまいます。そのため、除毛・脱毛クリームを洗い流した後でも、肌が赤くなったりヒリヒリすることがあるのです。

こうした症状は、除毛・脱毛クリームを使った直後に出る場合と、継続的に使用していることで出てくるものに分かれます。

使い始めは何のトラブルがないからといって炎症とは無縁とは言い切れないので、除毛・脱毛クリームの継続使用には注意が必要です。

剃り跡はないけど肌荒れが…除毛・脱毛クリームのメリットとデメリット

除毛・脱毛クリームは、カミソリや電気シェーバーで剃毛した時のように剃り跡が残ることはありません。一度に広範囲の脱毛ができて、便利なセルフケア方法です。

一方で肌荒れのリスクもあるので、除毛・脱毛クリームのメリット・デメリットについて整理しておきましょう。

  • 短時間で広範囲のムダ毛が処理できる
  • 剃り跡が残らないのでキレイに仕上がる
  • ムダ毛が生えてきた時のチクチク感がない
  • 痛みが少ない
  • 効果が1週間ほど持続する
  • 肌へのダメージが大きく、トラブルになることもある
  • 永久脱毛することはできない
  • 肌が弱い場合、事前にパッチテストが必要になることもある
  • 長期的に見るとコストがかかる

先程も述べたように、除毛・脱毛クリームのメリットは、時間や手間をかけずに広範囲のムダ毛を一度に処理できることです。即効性があり、剃り跡が残らず、すぐに肌をツルツルにできます。

カミソリや電気シェーバーで剃毛すると、再びムダ毛が生えてくる時にチクチクしたり、黒いポツポツが見られることがありますが、除毛・脱毛クリームは毛穴の奥に成分が浸透し、皮膚の内部の毛先が丸く処理されるため、そうした不快感がありません。

毛抜きや家庭用脱毛器で抜く時のような痛みを感じないことも、メリットと言えるでしょう。

一方でたんぱく質を溶かす成分が配合されていることで、使用後に肌荒れや炎症を起こす可能性があり、永久脱毛はできないのでずっとセルフケアを続けると考えると、それなりにコストがかかる点がデメリットとしてあげられます。

安全に処理しよう!除毛・脱毛クリームの正しい使い方

除毛・脱毛クリームの主成分はたんぱく質を溶かす成分だと聞くと、使わない方がよいのでは?と心配になるひともいるようです。

最近は、敏感肌のひと向けのものも増えていますし、正しく使えば除毛効果を発揮してくれます。そこで、除毛・脱毛クリームの安全な使い方について、まとめておきますね。

まずはパッチテストで肌に合うかをチェック!

除毛・脱毛クリームを使うと、ムダ毛だけでなく皮膚表面に影響が及ぶ可能性があります。そのため、肌に合うかどうか心配な時は、パッチテストをするようにしましょう。

では、自宅でパッチテストをする方法を説明しましょう。

  1. 除毛・脱毛クリームを100円玉の大きさ程度、二の腕など皮膚のやわらかい場所に塗る
  2. そのまま5~10分ほどおく(説明書に指定された時間)
  3. 5~10分後に除毛・脱毛クリームを洗い流し、赤みやかゆみ、ヒリヒリ感がないかを確認する
  4. 24時間経っても異常がないことも確認する

パッチテストは、除毛・脱毛クリームを使って炎症が起きないかどうかを確かめるために行います。そのため、脱毛したい日の前日には終わらせておくのが基本です。

パッチテストはクリームを使う前に毎回行うとより安心!

正確に判断したい場合は、除毛・脱毛クリームのパッチテストを毎回行うのがベターです。というのも女性はどうしても生理期間は女性ホルモンの分泌バランスが変わり、肌荒れしやすくなるため、一時的に除毛・脱毛クリームが合わなくなる可能性があるからです。

生理時に限らず、体調の悪い時に除毛・脱毛クリームを使うと、使い慣れたものであっても肌トラブルが起こることがあるので、こまめにパッチテストをするとよいでしょう。

敏感肌で心配な時は、皮膚科でパッチテストをしてもらうという方法もあります。汗や水をはじくパッチテスト専用の絆創膏を使って調べ、専門医に診断してもらえば、安心して継続使用できそうです。

正しく使うには説明書に目を通すことが大切

パッチテストで問題がなくても、除毛・脱毛クリームを間違った方法で使うと炎症が起こる可能性があります。

除毛・脱毛クリームは使用前に必ず説明書を読み、そこに書かれた方法で使いましょう。除毛・脱毛クリームの正しい使い方とともに、前後のケア方法についてお話しします。

  1. 除毛・脱毛クリームで脱毛する前日までにパッチテストを終える
  2. 入浴するなどして脱毛する部位を清潔な状態にする
  3. 肌の水分をきちんと拭き取る
  4. 除毛・脱毛クリームを肌に均一に塗り、説明書で指定された時間はそのままおく
  5. 所定の時間が経過したら、洗い流すか拭き取る
  6. 除毛・脱毛クリームが肌に残っていないことを確認する
  7. 低刺激のローションや乳液で保湿ケアする

除毛・脱毛クリームを安全に使うために何よりも大事なのは、説明書を読んでその指示通りに使用するということです。

自己流でクリームを使用すると肌荒れの原因に

除毛・脱毛クリームを塗った後で放置する時間は、製品によって異なります。指定された時間より長く肌に塗ったままにしておくと、皮膚のたんぱく質を溶かして炎症が起こる確率がアップしてしまいます。

また除毛・脱毛クリームを取り除く方法も、洗い流すか拭き取るか、製品によって指示が異なるものです。除毛・脱毛クリームを別のメーカーに切り替える時などは、特に注意しましょう。

説明書には、使用後に避けた方がよいスキンケア商品に関する記述もあるので、必ず目を通してから使いましょう。どんなアフターケアをしたらいいかは後の項目で説明していきますね。

除毛・脱毛クリームを使う際に気をつけたいポイント

これまで除毛・脱毛クリームを使うにあたって、脱毛前にパッチテストを行う、説明書を熟読しその指示に従うことを注意点としてあげてきました。

ですがこのほかにも、気をつけてほしいことがあります。そこで、除毛・脱毛クリームを使用する際に気をつけるポイントについて、まとめておきますね。

敏感な顔やデリケートゾーンへの使用は避ける

まず、除毛・脱毛クリームはVIOラインや顔など、デリケートゾーンには使用しないようにしましょう。

顔やVIOラインの皮膚はほかの部位よりも薄く、とても敏感です。そのため、除毛・脱毛クリームを使用した後で炎症が起こる可能性が高いのです。

そうしたデリケートゾーンに万が一肌トラブルが発生すると、不快感や見た目の問題で外出できなくなったり、皮膚科での治療が必要になるケースもあります。

一部の除毛・脱毛クリームはVIOラインの使用ができるものもありますが、ヒリヒリした痛みが出やすい部分なので、使わないでおく方が安心です。

肌トラブルのリスクが高まる!長時間の放置はしない

除毛・脱毛クリームは、説明書に書かれている時間以上に、肌に塗っておいてはいけません。これは、たんぱく質を溶かすという性質を利用している除毛・脱毛クリームが、ムダ毛だけでなく皮膚表面まで溶かしてしまうリスクがあるからです。

除毛・脱毛クリームを塗ったまま長時間放置すると、肌がかぶれたり、痛みを感じるなどのトラブルにつながります。どんなに長くても、塗布したままにする時間は10分以内にとどめましょう。

デリケートな生理中や妊娠中は使わない

妊娠中や生理中の女性は、ムダ毛処理に除毛・脱毛クリームを使うこと自体をおすすめできません。それは、どちらも女性ホルモンの分泌バランスが乱れる時期なので、肌荒れが起こりやすい状態だからです。

それまで継続使用して問題がなかった除毛・脱毛クリームでも、妊娠中や生理中は肌荒れするリスクが高まります。この時期にセルフケアするなら、皮膚に刃が直接あたらない電気シェーバーでの剃毛で行うようにしてください。

肌への影響がある毛の処理はなるべく控えた方がいいのですが、気になってしまう場合は除毛・脱毛クリーム以外の方法で、除毛しましょう。
 

使用後の保湿も忘れずに!

除毛・脱毛クリームを使用すると、皮膚のたんぱく質も溶かすことになるので表面の油脂が流れ出て、バリア機能が低下します。

そのため、除毛・脱毛クリームを使用した後はしっかり保湿して、肌の水分が逃げないようにケアすることが不可欠です。

除毛・脱毛クリームはアルカリ性なので、保湿ケアをする際には低刺激の弱酸性のローションや乳液、クリームなどを使いましょう

ムダ毛のなくなった毛穴を引き締めたいからアルカリ性のスキンケア商品を使いたいと考える女性もいますが、皮膚が敏感になった状態で使うとかゆみや炎症を起こすことが多いので使用してはいけません。

また、紫外線も皮膚を刺激するので、除毛・脱毛クリームの使用後は日焼けに十分気をつけてくださいね。

もし肌が荒れてしまった場合は?気になる症状があれば皮膚科へ!

使ってみたら肌に合わずに荒れてしまった!という場合はどうすればいいのでしょうか。またパッチテストを行っていたとしても、除毛・脱毛クリームの継続使用や体調によって、肌荒れを引き起こ可能性は0ではありません。

肌に違和感がある時の対処法も、紹介しておきますね。

すぐに水で洗い流して保湿する

もし除毛・脱毛クリームを塗っていて肌がヒリヒリしたり、かゆみや痛みを感じた時は、すぐに水で洗い流します。それから、除毛・脱毛クリームを塗った部分を流水や保冷剤で冷やし、痛みやかゆみを和らげるとともに毛穴を引き締めてください

肌荒れした状態のままにしておくと雑菌が侵入しやすいので、ローションや乳液での保湿ケアも忘れずに行いましょう。

皮膚科で正しい処置をしてもらう

除毛・脱毛クリームを使って皮膚が炎症を起こすと、以下のような症状があらわれることがあります。

  • 除毛・脱毛クリームを使った部分がジュクジュクする
  • 除毛・脱毛クリームを使った部分から出血がある
  • ヤケドをしたような状態になる
  • 市販の軟膏では改善しない

こうした症状があらわれた場合は、すぐに皮膚科を受診して治療を受けましょう。治療が遅れると、痕が残る可能性が高くなります。

というのも、除毛・脱毛クリームに含まれている成分でアレルギー症状を発症している場合、保湿ケアだけでは改善されないからです。

また、原因となった除毛・脱毛クリームは使わずに処分するようにしましょう。そのまま使い続けると、再び肌トラブルが起こるリスクがあるからです。自分の身体を優先してくださいね。

市販の薬を使って炎症やかゆみを抑える

除毛・脱毛クリームを自宅で使用するのは、夜間や病院が休みの休日という女性も多いことでしょう。その場合は、除毛・脱毛クリームを塗って肌に炎症があらわれても、すぐに皮膚科を受診するというわけにはいきませんよね。

そんな時は薬局やドラッグストアに行き、湿疹やかぶれに効く軟膏を購入して塗ってください。購入前に薬剤師の方に相談すると、より症状に合った軟膏を勧めてくれるはずです

ただし、市販の軟膏を塗って症状が軽減されても、完治できるとは限りません。回復が遅いと感じたら、あらためて皮膚科を受診し、きちんと治療するようにしてくださいね。

敏感肌やアトピーでも除毛・脱毛クリームは使える?

敏感肌とは、化粧品や紫外線といった外的な刺激に弱く、それが原因でほてりやかゆみ、痛み、かぶれなどの症状が起きることを言います。

除毛・脱毛クリームは医薬部外品の中でも刺激が強いものなので、敏感肌の女性が使用をするのを躊躇する気持ちはわかります。

しかし最近は、敏感肌のひとでも使えるような低刺激タイプの除毛・脱毛クリームが増えています。そこで、含まれている成分の中で刺激が強いものを覚えて、それが含まれない除毛・脱毛クリームを探すようにしましょう。

敏感肌やアトピーのひとが避けた方がいい成分は?

敏感肌のひとが、刺激が強いと感じる成分には以下のものがあります。

  • チオグリコール酸カルシウム
  • パラベン
  • フェノキシエタノール
  • メントール

チオグリコール酸カルシウムは除毛・脱毛クリームの主成分なので、それを避けることはできません。

ですが、パラベンやフェノキシエタノール以外の防腐剤を使っているもの、あるいは含有量が少ない除毛・脱毛クリームであれば、刺激は感じにくいです。

また、ミントの一種であるメントールは刺激が強いので、含まれていない除毛・脱毛クリームを探しましょう。

除毛・脱毛クリームの肌荒れが気になる…そんなときはサロンやクリニックでの脱毛が最適♪

脱毛はしたいけれど、大事な肌が荒れたり、痒くなってしまうのはなんとしても避けたいですよね。事前のパッチテストに、時間をさかれたくないという人もいるでしょう。

除毛・脱毛クリームは短い期間ですぐに毛が生えてきてしまうのも考えもの。こういった様々なトラブルや、面倒くさい事前準備、すぐに毛が生えてきてしまうのが嫌だと感じるなら、サロンやクリニックで施術を受ける方が安心です。

そこで、脱毛サロンとクリニックの特徴とそれぞれのおすすめポイントをご紹介します。

脱毛サロン

脱毛サロンで行われるのは、「光脱毛」「フラッシュ脱毛」という施術です。

複数の波長を含んだ光を、脱毛したい部分に広範囲に照射することで毛根組織にダメージを与え、ムダ毛を細くしたり、生えにくくするという方法です。

そのため、減毛や抑毛には効果がありますが、永久脱毛することはできません。ですが、施術費用が安く、施術の際の痛みが弱いというメリットもあります。

しかも、施術のマシンから発せられる光には肌を整えてくれる効果が含まれているので、美肌にもなれちゃうんです。

脱毛もできて美肌にもなれる、一石二鳥なサロン脱毛が気になったら、こちらのランキングをチェックしてみるのがおすすめ♪

いろんな店舗の最新情報も手に入るから楽しみながらサロン選びができますよ。

ランキングで脱毛サロンを比較する

脱毛クリニック

単一の波長のレーザー光を、脱毛したい部分に広範囲に照射することで毛根を破壊し、ムダ毛が生えないようにしてくれます。

実は脱毛は医療行為で、永久脱毛は脱毛クリニックでしか施術を受けることができません。確実にムダ毛を処理したいなら、レーザー脱毛が向いています。

医師のもとで安全かつ迅速に施術を受けたいと思ったら、ぜひ下部のランキングでどんなクリニックがあるのか確認してください。

細かい料金やそれぞれのクリニックの特徴を素早く把握することがきますよ。

ランキングで脱毛クリニックを比較する

まとめ

いかがでしたか?今回は除毛・脱毛クリームによる肌荒れについての疑問について紹介してきました。

自宅でできる脱毛方法で、仕上がりがキレイになるものといえば、除毛・脱毛クリームの使用です。ですが、ムダ毛のたんぱく質を溶かすという性質上、肌に負担がかかるリスクは避けられません。

この記事で説明してきたことを挙げると以下のようになります。

ここがポイント
  • 脱毛の前日までにパッチテストを終える
  • 使用説明書の注意書きを守る
  • 脱毛する際は部位を清潔にする
  • 脱毛後は保湿ケアを必ず行う

こうした使用上の注意を守れば、安全にセルフケアをすることができます。自分の体調も考慮して、上手に除毛・脱毛クリームを活用してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

家庭用脱毛器は効果があるの?人気の3器種を徹底比較

センスエピ、ケノン、トリアはどんな人におすすめ? 脱毛サロンでお手入れしたいとい …

除毛パフ ケナッシーとは?効果やメリット・デメリットを紹介!

除毛パフ ケナッシーは本当に効果があるの? 家庭でのムダ毛処理と言えばカミソリや …

芸能人御用達の脱毛サロンやクリニックはどこ?そこがおすすめの理由とは?

芸能人の肌ってムダ毛1本ないうえに、とてもきれいですよね。あれって脱毛しているの …

ムダ毛処理、男性はどこまでしてほしいと思っているのか?

男性と女性でこんなに違うムダ毛意識 面倒なムダ毛処理から解放される快感、ムダ毛が …

後悔したくない!おひとりさまのうちにしておきたい贅沢

未来のためにも自分にたくさん投資しよう! 結婚したらあんなところに行って、こんな …

光美顔器ニ―ドでサロングレードの美顔と脱毛を実現!

バルジ脱毛で肌を傷めず発毛命令をストップ! 「光美顔器ニ―ド」はもともと業務用と …

20代、サロンでケアするなら脱毛&ニキビケア!

20代はまだまだ若い!けれどエステを有効活用して自分磨きをするのもおすすめです。 …

急なデートのお誘いがきた時の正しいムダ毛処理方法とは?ゲンメツされたくない人は要チェック

アンダーヘアはどう処理する?ドン引きされないムダ毛対策 普段はきっちりお手入れし …

自己流だとムダ毛処理に失敗する可能性が…どんなミスが多い?

自己処理でムダ毛ケアをするのは危険!やってしまいがちな失敗例を紹介します。 ムダ …

脱毛の施術を断られるかも!?花粉による肌荒れの対処法5つ

肌荒れしやすい花粉の季節、せっかく施術に行っても断られないようにしよう! だんだ …