美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

簡単な中に潜む落とし穴!? 脱毛テープで脱毛する時の注意点

脱毛テープで脱毛する時の注意点を知って脱毛効果を高めましょう
2015-07-10_161213

とても手軽に実践できる方法として、脱毛テープを使ってムダ毛を処理している方も多いのではないでしょうか。ですが、中には間違った方法で脱毛をしている方もいるようです。そこで、脱毛テープで脱毛する時の注意点を知っておきましょう。

脱毛テープを使った正しいムダ毛処理方法

脱毛テープといえば、ただムダ毛が気になるところに貼って力任せに剥がせばいいのでは?と思っている方もいるかもしれません。ですが、そのような使い方をしてしまうと肌への負担が大きいので注意が必要です。

脱毛テープで脱毛する時の注意点として、まずは入浴したり蒸しタオルをあてるなどして毛穴が開いた状態にしておきましょう。毛穴が開いていたほうが少ない力でムダ毛を引き抜くことができます。

肌が湿っている状態だとテープがうまく貼りつかないので水分はしっかり拭き取っておくのがコツです。

次に、脱毛テープを貼って密着させたら引き剥がすのですが、この時に毛の流れに沿って剥がすのか逆らって探すのかは商品によって違うので確認しておく必要があります。また、剥がす際には一気に剥がさなければうまくムダ毛が抜けないので注意しましょう。

処理が終わったらアフターケアをします。まず、無理やりムダ毛を引き抜いたことにより肌が熱を持っているので、冷却することから始めましょう。氷水に浸してから軽く絞ったタオルをあてるだけでも大丈夫です。

脱毛テープで脱毛する時の注意点として、アフターケアをせずにただテープを剥がして終わりにしてしまうと毛穴が開いたままの状態になってしまいます。当然ながら汚れや細菌なども入り込んでしまう可能性があるので、忘れずに引き締めましょう。

脱毛テープによる肌トラブル

脱毛テープはとても手軽に実践できる脱毛方法ではありますが、肌への刺激がとても強いということを理解しておかなければなりません。そのため、肌が弱い人が使ってしまうと思わぬ肌トラブルや大きな炎症に繋がってしまう可能性もあるので注意しましょう。

肌が弱い方は脱毛テープ以外の方法を選択するか、小さい範囲から試してみるといいですね。もし脱毛後に肌が赤くなってしまったということであれば、保湿クリームを塗って様子を見たほうがいいです。しばらくしても肌の状態が元に戻らない場合は皮膚科で相談をしましょう。

脱毛テープといっても商品によって粘着力や肌への刺激は全く違うので、初めて試す商品は小さい範囲で脱毛をしてみて問題がなければ広範囲に使うというようにしたほうがいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

トップアスリートを支える脱毛の力とは?

脱毛と世界記録と金メダルの密接な関係 金メダルと脱毛に関係がある、って知っていま …

漢方薬を使って女性ホルモンを増やそう!なにがおすすめ?

女性ホルモンを増やす目的で取りいれられることが多い漢方薬についてご紹介します。 …

倒産したエタラビ・ラットタット会員の救済措置!『ミュゼ優遇措置』って?

ミュゼの優遇措置を受けられる人・受けられない人、そして優遇措置の内容とは? 脱毛 …

ムダ毛に悩む方は確認!脱毛と抑毛の違いとは?

脱毛と抑毛では全く違います。それぞれの特徴などを紹介! ムダ毛が目立たないように …

脱毛クリームで肌荒れ!?治療法は?肌荒れしないためにはどうしたらいい?

夏が近づくにつれて薄着になり、露出が増える時期になると、ムダ毛処理の頻度が増える …

脱毛サロンで失敗した人から学ぶ!間違いのないサロンの選び方

脱毛サロンならどこでもいいは間違い!脱毛サロンで失敗した人を例にしてトラブルを紹 …

内緒だよ! Rポイントが使えるのはミュゼだけ! 貯まったポイントはどう使える?

ミュゼを利用するとRポイントを貯めることができます。その詳細についてご紹介します …

便利で手軽な脱毛テープで脱毛する時の注意点とは?

脱毛テープにもデメリットが…どんな危険性があるの? テープをはってはがすだけで一 …

【駆け込み脱毛するなら1日も早く!】8月の脱毛キャンペーンをチェック!

今年こそは脱毛してつるすべ素肌を手に入れるぞ! と思っていたらあっという間にもう …

全身脱毛専門店「C3(シースリー)」の脱毛方法や口コミについて

月額制全身脱毛が人気の「C3(シースリー)」って評判はどうなの? 目次1 「C3 …