美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

ワックス脱毛の方法やメリット・デメリット、注意点まとめ

肌が強い人にはワックス脱毛もおすすめ。エステで行う方法も人気です。
79d59f15304a5f8491b33bda317644ad_s
自宅で簡単に脱毛できる方法として人気があるのがワックス脱毛というものです。これは他の方法と比べると比較的安価でしかも効果が長持ちするとしてたくさんの人から選択されています。

ワックス脱毛とは?

ワックス脱毛は脱毛テープを使った方法と似ています。脱毛テープの場合はムダ毛が気になる箇所にテープを貼りつけて剥がす方法ですが、ワックス脱毛の場合はテープの代わりにワックスを塗るのです。まず水あめのような状態のワックスをムダ毛が気になる部分に塗り、しばらく待って固めます。次に商品に付属されている専用シート貼り、一気にシートを剥がしてムダ毛を処理しましょう。

注意しなければならないこととして、ワックスをムダ毛に密着させて引き抜く方法であるため、ムダ毛が短いと脱毛ができません。最低でも5ミリ以上は伸ばしておきましょう。

先に効果が長持ちするとご紹介しましたが、確かにカミソリや電動シェーバーを使った方法と比較すると効果は長持ちするものの、2~4週間もすればまたムダ毛が目立つ状態になってしまいます。そのため、月に1~2回ほど繰り返さなければムダ毛の目立たない肌を維持することは難しいと言えるでしょう。

ワックス脱毛のメリットとして挙げられるのが、ムダ毛を根元から引き抜くことができるということ。ただ、濃くて太いムダ毛よりも産毛の処理に向いている方法だと思ったほうがいいかもしれません。ワックス脱毛を使っても太い毛は残ってしまうことがあります。

ワックス脱毛の効果

ワックス脱毛は毛根からムダ毛を抜いてしまうお手入れなので、つるつるの状態は少なくとも2週間は続きます。

生えてきても毛先が細く目立ちにくいので、自己処理をしなくても綺麗な状態が1か月ほど続きます。

施術後すぐツルツルの状態になる即効性もワックス脱毛の特徴です。

レーザー脱毛などの場合、施術してからムダ毛が抜け落ちるまでに2週間ほどかかるので、今すぐツルツルにしたいという時はワックス脱毛がオススメです。

また、ワックスにはハチミツなどの美肌成分も使われており、美肌効果も期待できます。カミソリや毛抜きで頻繁に自己処理を繰り返すより肌へのダメージが少ないと言われています。

ワックス脱毛のデメリット

脱毛と言ってもレーザー脱毛やフラッシュ脱毛のように半永久的な効果があるわけではないので、 綺麗な状態を保つには1か月に1度ほどの頻度で通う必要があります。

また、ムダ毛を一気に引き抜くのでそれなりの痛みを伴います。痛みに弱い方にとってはこれが一番のデメリットでしょう。

ワックス脱毛はどこでできる?

ワックス脱毛はだんだんと人気が高まっており、都内を中心に専門店が増えています。また、メニューにワックス脱毛を取り入れるエステサロンも増えています。

その他、バラエティショップや通販で脱毛ワックスを購入することもでき、自宅で自分でワックス脱毛をする女性も少なくありません。

自分でできるというと手軽に感じますが、しっかりと脱毛効果を実感するならサロンでプロにお任せするのが一番です。

肌やムダ毛の状態に合わせたワックスを選んでくれるので肌トラブルが少なく、脱毛効果も高くなります。

通販などで購入するワックスの場合、手軽さを重視すると脱毛効果が低くなり、脱毛効果を重視すると少し面倒な準備や手順が必要になります。

また、コツを掴むまではなかなか抜けないということもあり、いきなりセルフで始めるより最初はプロにお任せするのをオススメします。

エステでのワックス脱毛

自宅で気軽にできるワックスも販売されているのですが、エステサロンでもワックス脱毛を取り入れているところがあります。

エステで行えるワックス脱毛の中でも人気があるのはブラジリアンワックスと呼ばれるものです。

これはアンダーヘア全般の処理をさすのですが、脱毛する範囲を細かく設定することもできるので、完全につるつるになるのは困るという方でも安心できます。

ブラジリアンワックス以外でも様々な箇所をワックス脱毛できるエステがあるので、気になるエステでワックス脱毛を取り入れていないかチェックしてみてはどうでしょうか。

ただ、自宅で行った場合と同じように痛みが強い方法であるということは理解しておかなければなりません。

エステであれば専門的な知識を持ったスタッフが担当してくれますが、自分で行う場合は正しいやり方を確認したうえで実践しましょう。

また、皮膚へのダメージも小さいとは言えません。毛抜きを使った方法ではムダ毛のみに的を絞って処理することができますが、ワックス脱毛では皮膚も引っ張る形になってしまいます。

ただ、その時に古い角質も一緒に剥がすことができるので、ワックス脱毛をすることによって角質の処理も行うことができるのはうれしい点です。

永久脱毛ではないということもあり繰り返す必要があるので、毎回エステでワックス脱毛をする場合は費用の問題も考えておきましょう。

まとめ

ワックス脱毛について詳しくご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

ワックス脱毛は施術してすぐツルツルになるというところが人気で、一度やったらハマってしまったという女性も多いです。一度試してみてはいかがでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

手軽に自己処理したいけどカミソリ負けを防ぎたい!コツは保湿とカミソリの刃にあります

お風呂で剃るのはOK?それともNG? おしゃれに気を使っていると直面するのがムダ …

わき毛を生やして染める?新しすぎるポップカルチャーわき毛カラーとは?

欧米でわき毛カラー女子増殖中? 出典:BRIGITTE わき毛といえば、言ってし …

自己流だとムダ毛処理に失敗する可能性が…どんなミスが多い?

自己処理でムダ毛ケアをするのは危険!やってしまいがちな失敗例を紹介します。 ムダ …

ヴィーナスベールの口コミとは?アンダーヘア用ウィッグでパイパンの恥ずかしさを解消

VIO脱毛の普及とともに注目を集めるアンダーヘア用ウィッグ。自然さ・コスパの良さ …

ベビーオイル活用術!シェービングクリーム代わりにして美肌作り

ベビーオイルはムダ毛処理だけでなくいろいろな使い道が! キレイにムダ毛処理をして …

脱毛中の人こそ、夏の保湿が大切な理由とは?

ベタつかない夏の保湿対策を伝授! 日焼けは軽いやけどをしている状態です。角質層が …

VIO脱毛したらチャレンジしたい下着って?

女性にとってはデリケートゾーンの脱毛はいまでは普通。脱毛するといろんな下着を迷わ …

後悔したくない!おひとりさまのうちにしておきたい贅沢

未来のためにも自分にたくさん投資しよう! 結婚したらあんなところに行って、こんな …

女性の色気はどこで感じる?知っておきたい男性心理

男性が感じる女性の色気、そのポイント 色気、って難しいですよね。「お色気」でも「 …

抑毛剤は効果がない!?正しい使い方で効果を高めよう!

抑毛剤といえば、その名の通り、毛が生えてくるのを抑えるために活躍してくれるアイテ …