美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

脱毛の個人サロン経営で失敗しないための4つのポイント

脱毛サロンを開業したいと思ったとき、個人経営するべきか、フランチャイズ経営するべきなのか迷いますよね。

「サロンを個人で開業しても、お客さんがきてくれるの?」
「やっぱり大手の力を借りて開業しないと、経営するのは厳しいのかな」

といった悩みを抱えている方も少なからずいるはずです。

そこで、今回の記事では個人経営とフランチャイズ経営のメリット・デメリットや、開業前に知っておきたい知識などをお伝えしていきます。

あわせて、経営を成功させるポイントも解説するので、これを読めばあなたの迷いが一気に晴れるでしょう!

脱毛サロンは個人でも開けるの?

脱毛サロンは大手サロンとのつながりや、特別な資格がなくても開業できます。

もっといえば、脱毛の知識があまりない人でも、脱毛サロンを開業することができるんですよ。

しかし、そうは言っても個人のサロン経営がうまくいくかどうか不安ですよね。

もし個人サロン経営が厳しいようなら、大手サロンのフランチャイズ経営をしたほうが良いのでは…と迷っている方もいるでしょう。

そこで、どちらの経営方法がより自分に合っているのか、比較しながら考えていきましょう。

また開業にあたって必要な手続きや設備については、以下の記事で徹底紹介しています!こちらも、ぜひご覧ください。

脱毛サロンを開業するには何が必要?疑問点を一挙解決!

脱毛サロンの個人経営とフランチャイズ経営、どっちがいいの?

まずは個人サロンとフランチャイズ経営、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

どちらの経営形態が合っているのか判断する際の参考にしてくださいね♪

個人経営のメリット・デメリット

まずは、個人で脱毛サロンを開業する場合のメリット・デメリットを紹介します。

  • サービス内容やコンセプトに個性を発揮できる
  • プライベートと両立しやすい
  • 開業資金がフランチャイズよりも安くおさえられる
  • ロイヤリティの支払いがいらない
  • お客様の要望にこたえやすい
  • 資金や物件、施術設備を自力で手配する必要がある
  • 経営もすべて自分でおこなうことになる
  • 大手の知名度や価格展開に対抗しにくい
  • 黒字になるまで時間がかかりがち
  • 経営について誰かに相談しづらい

個人開業の1番の魅力は、自由度の高さ!

自分らしい素敵なお店を作って、のびのびと運営していくことができるんです♪

ただ、全てのことを自力でおこなわなければいけないため、それによるプレッシャーや負担は避けられません。

そうした欠点が個人サロンにはありますが、それらを乗り越えれば長く安定した運営ができますよ。

プライベートとの両立もしやすい

個人開業はプライベートとの両立がしやすい、というのも利点の1つ。

お子さんがいる方でも育児と仕事の両立が、個人サロンならしやすいんです。

また自分の好きなときに休みをとることができるため、勉強の一環として美容セミナーなどに通う日程なども思い通りにたてられるでしょう。

フランチャイズ開業のメリット・デメリット

個人開業は自由に時間が使えたり、厳しいルールがないところがメリットとなりましたが、フランチャイズ経営はどうでしょうか?

以下で詳しいメリットとデメリットをみていきましょう♪

  • サロンブランドの知名度や信頼感、広告効果が得られる
  • 本部から開業や経営を支援してもらえる
  • メニュー展開やキャンペーンを本部で用意してくれる
  • 加盟金など開業資金が個人開業よりも高額
  • 毎月ロイヤリティの支払いが発生
  • 独自の個性や工夫を打ちだせない
  • 契約を終えても、数年間は同業での独立開業が許されないことがある

フランチャイズ経営の魅力は、大手ブランドを掲げながら経営でき、支援やサポートが受けられるところ。

しかし、本部から経営状態をこまかく指摘されたり、自分の方針とは真逆の運営を迫られることがあるため、自分の好きなようには動けないのがネックです。

ブランド愛がないとフランチャイズ経営は厳しい

個人開業にも上手く経営しなければいけないというプレッシャーがついて回りますが、それはフランチャイズ経営も同じです。

そのうえ開業資金が個人開業よりかかりますし、場合によってはフランチャイズ契約を終えても数年間独立できないなんてところも。

また大手サロンに大きな不祥事が発生したら、自分に関係がない事件でもイメージダウンの影響が避けられないことを覚悟しておかなければいけません。

こうした条件をみると、フランチャイズ経営にはデメリットが多くあるため大手サロンのことが好きでない場合、このような経営は難しいでしょう。

長期的に考えれば個人経営がオススメ!

ここまで個人経営・フランチャイズ経営のメリットとデメリットをご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

比べてみると、特に大手サロンに思い入れがないなら、自由度の高い個人経営のほうが無難ですよね。

個人経営ならフランチャイズ経営と違ってロイヤリティを払い続ける必要もありませんし、本部の指示を気にせず運営していけます。

また、自分が結婚や妊娠をしたときでも臨機応変に仕事の対応ができますよ。

このように自由度が高く、継続的な費用の負担が少ない個人経営のほうが、自分らしい素敵なお店を作れるためおすすめです♪

開業するのにこれが必要!脱毛サロンの設備をそろえよう

個人サロンをいざ開業するとなると、それなりの準備がいります。

では脱毛サロンに必要な設備とは、一体どんなものがあるでしょうか?一緒に確認していきましょう♪

施術用の部屋

脱毛サロン経営に不可欠な施術スペース。

実は脱毛サロンは自宅や賃貸マンション内でも運営が可能なんです。だから高いお金を払ってテナントを借りる必要はないんですよ。

ただ、自宅や賃貸マンションで脱毛サロンを運営するなら、以下3つの条件を自治体や大家さんに事前確認しておかなければいけません。

自宅や賃貸でのサロン開業ではこれを確認!
  • 商業利用してもいい場所(建物)なのか
  • 外に看板を置いてもいいのか
  • 広告に住所を記載しても問題ないのか

上記の内容をしっかり確認し、承諾を得られたらそこでサロン運営ができるようになります。

個人開業はチラシや看板といった地域密着型で宣伝すると成功しやすいので、上記の条件が通るような物件を探しましょう。

脱毛機

施術スペースと同じくらいに大事な設備が脱毛機です。質の高い脱毛を提供していれば、自然と来店者が増えますよ♪

ただ脱毛機は安い商品ではないため、選ぶなら以下3つの点に注目するようにしてください。

  • 高い脱毛効果と施術スピードの速さ
  • 低いランニングコスト
  • 経営サポートがついているかどうか

次に上記のポイントを満たす、おすすめの脱毛機3機種を比較していくのでぜひ、見比べてみてくださいね。

個人サロンに最適な脱毛機はどれ?

ここでは数多くの脱毛機の中から、とくに個人サロンにおすすめの脱毛機を3機種ピックアップしてご紹介しますね。

性能やサポート面などがそれぞれ違うので、比較する材料にしてください♪

バイマッハ ルミクスツイン エピアスV
ランニングコスト(1ショット) 0.3円 0.1円 1.2円
脱毛スピード(全身) 15分 12分 60分
脱毛以外の機能 ・脱毛と同時にイオン導入
・美容エステ
・美容エステ ・美容エステ
保証期間 2年 1年 1年
サポート体制 永久無料 2年以降有料 無料

3機種ともに最新の脱毛機能と美容エステを完備していますが、唯一バイマッハは脱毛と同時に「イオン導入」もできるのが嬉しいところ♪

さらに保証期間については、バイマッハは2年間の保証があります。

そんな機能・保証ともにバランスがとれたバイマッハが、個人脱毛サロンにおすすめの機種だといえるでしょう。

次にバイマッハの保証内容を詳しく紹介していくので、ぜひ読み進めてくださいね!

脱毛機「バイマッハ」なら開業のリスクが大幅ダウン!

バイマッハには、主に以下3つの保証やサポート体制があります。

  • ワンイヤー返品保証制度
  • 無料のセミナー
  • 経営サポート

では、詳しく見ていきましょう!

1. ワンイヤー返品保証制度

バイマッハの特筆すべき保証のひとつに、「ワンイヤー返品補償制度」というものがあります。

これはサロン開業とともにバイマッハを購入した場合、1年間で本体価格分の売上が上がらなければ、脱毛機代を全額返金してもらえる保証なんです。

また、その場合無料で返品もできるので、自分のサロンにずっと置いておく必要もありません。

こうした点からみて、バイマッハは高性能なのに、低リスクで導入できる脱毛機といえるのです。

2. 開業や集客のアドバイスが無料

バイマッハを開発・販売しているレナード社が開催するセミナーは参加費無料。過去に3,000人以上が受講して96%という高い満足度を誇っていますよ。

経営改善はもちろん、新規開業に向けての内容も盛り込まれており、これからサロン開業する方は必見です♪

レナード社の手厚いサポート体制は、初めて脱毛サロンを開業する人の強い味方となってくれるでしょう。

3. その後の経営サポートも永久に無料

バイマッハを購入するとレナード社自体からも、サポートを受けることができます。

レナード社は脱毛機販売の傍ら、脱毛サロンを数多く経営しています。

その全店舗が売上目標を達成・更新し続けているので、話を聞くだけでも勉強になるでしょう。

さらに、こうしたサポート費用は永久無料のうえ、専任のコンサルタントもつけてくれるので、気がねなく相談することができますよ。

バイマッハの保証・サポート制度について、もっと詳しく知りたいと思ったら、下記のボタンから公式サイトを確認してくださいね。

公式サイトはこちら

施術部屋と脱毛機以外に用意しておきたいもの

サロン開業に必要な施術部屋と脱毛機が揃ったら、待合スペースや施術で使用する備品をそろえましょう。

どんなものが必要か細かい内容がわからない人もいるはずなので、ここで主に使用する道具・備品類をご紹介しますね。

施術部屋の備品

お客様をご案内してから脱毛の施術を終えるまでに、使用する備品がいくつかあります。

以下の表をご覧ください♪

  • 施術用のベッド
  • タオルウォーマー
  • 施術用具をのせるワゴン
  • 体を隠すガウンや毛布
  • メイク直しや着替えをする際に使う鏡
  • 服や荷物をしまう場所

上記の備品を揃えておくと施術がスムーズです。

またメイク直しや着替えに必要な備品は、用意しておかないとお客様に気が利かない店という印象を与えてしまうので気を付けましょう。

こうした脱毛サロン向けの備品は、ネット通販で簡単に購入できます♪

受付・お客様の待機用の備品

受付にはお客様情報や予約の管理、脱毛サロンの経営に関する設備を整えましょう。

  • 電話
  • 決済用の設備
  • 受付台
  • お客様用のイスとテーブル
  • 顧客情報の管理と経理用のパソコン、タブレット

これらに加えて、お客様用のドリンクカップもあるとカンペキです!契約の手続きや施術を待つあいだにお出しするといいですよ。

消耗品

施術につかう消耗品は今後も買い足すものなので、使用感以外にコスパも重視して選びましょう。

消耗品をおおまかに分けると以下の表のようになります。

  • タオル
  • 消毒剤
  • コットンパフ
  • 施術用のジェルや拭き取りシート

またVIO(デリケートゾーン)の施術を予定されているお客様には使い捨てショーツが必要です。

下着が施術で汚れないように履き替えてもらうものなので、ベッドの上などに置いて用意しておきましょう。

また拭き取り不要の脱毛機にしておけば、タオルやシートにかかるコストが減らせますよ。

もちろん使用する脱毛機によって必要な消耗品は変わるので、事前に調べておいてくださいね。

家電類

サロンの清潔を保つために、以下2つの大型家電は開業前に用意しておきましょう。

  • 洗濯機
  • 掃除機

洗濯機はタオルやガウンを洗う際に必要となるため、

  • 一度に洗える容量に余裕があるもの
  • 仕上げ時間も短めのもの

という条件に当てはまる機種を選びましょう。そうすれば回転率が絶好調になったときに「タオルが足りない!」なんてことが避けられます。

また掃除機は、脱毛機が置いてある施術部屋でも取り回しやすいものを選ぶようにしましょう。

脱毛サロン経営が失敗する4つの原因とサロン経営を成功させる4つのポイント

自分のサロンを開業するために使った時間や費用を考えると、絶対経営に失敗したくないと思いますよね。

そこで、ここでは潰れてしまったサロンと同じ道を歩まないように、経営が失敗する原因を把握していきましょう。

また脱毛サロンの経営を成功させるためのポイントも、こちらで解説します♪

脱毛サロンの経営が失敗する4つの原因

現在、脱毛サロンを開業して1年で店舗をたたむ確率は約60%といわれています。

そうした多くのサロンが経営に失敗した主な原因は、以下の4つ。

  • 月々の固定費が経営を圧迫した
  • 無計画な経営のせいで黒字にならなかった
  • 突発的なトラブルに対処できなかった
  • お客様が集まらない、または定着しなかった

たとえば、お客様との間での突発的なトラブルなどは、しっかり対応しないとサロンに悪評が広まり、客足が遠のくでしょう。

また月々の設備投資に資金が追いつかなくなったり、集客する工夫をしなかったせいで赤字が続き経営破綻したという例もあります。

では、そうした問題を引き起こさないようにする方法はあるのでしょうか?次で詳しく解説していきますね。

個人サロンを成功させるための4つのポイントとは

失敗例を考えてみれば、サロン経営が成功する秘けつも見えてきます。そのポイントは次の4つ。

  • 初期費用・毎月の固定費の見積もり
  • 事業計画の作成
  • サロン向け損害保険への加入
  • 集客をする努力・工夫をする

以上をしっかり押さえることができれば、個人サロンの飛躍的な成長が期待できますよ。

ではここから、さらに掘り下げて解説していきましょう。

1. 初期費用にくわえ、毎月の固定費の見積りをする

初期費用と毎月の固定費がいくらになるのか把握することは、経営をしていくうえで大事なことです。

持ち家の自宅開業なら賃料や保証金などのお金はいりませんが、備品や設備投資にはお金がかかりますよね。

そのため毎月の支出が総額いくら必要なのかなどを計算し、把握しておきましょう。

そうすれば、思いがけない出費に悩まされることなく、安定した経営をしていくことができますよ。

2. 事業計画書をつくり、現実的な価格設定をする

初期費用と毎月かかる固定費の計算が大事なことは前述しましたが、それと同じくらい大切なのが事業計画。

人手も資金も少ない個人経営では、大手サロンのように激安な価格競争ができません。

ですから、収益をふまえた適切な価格設定をするにあたって、事業計画書が必要になってくるのです。

またこれを信頼できるコンサルタントや経営者に見せることで、より的確なアドバイスがもらえるでしょう。

3. サロン向けの損害保険に入っておく

脱毛サロンを開業するなら、損害保険に入っておきましょう。

例えば、脱毛サロンでは以下3つのようなアクシデントが顧客との間で起こる場合があります。

  • 機械や備品が当たって怪我をさせてしまった
  • 脱毛機で火傷を負わせてしまった
  • 預かっていた荷物が盗まれてしまった

損害保険に加入していれば、上記のようなトラブルにしっかり対応できますよ。

しかし、未加入であれば損害金を自分で払わなければいけなくなるため、大変な費用と負担がかかります。

そうならないためにも、脱毛サロンを開業するなら損害保険には加入しておきましょう。

4. 集客の努力、工夫を欠かさない

最後に、脱毛サロン経営で大切なのが、集客をする努力を欠かさないこと。

例えば、集客するなら以下3つの方法が効果的です。

  • ブログ
  • SNS
  • 紹介

ブログやSNSに店内写真などをアップすれば、信頼感が高まり、お客様が足を運びやすくなります。

また利用者からサロンを知人に紹介してくれたら、無理な宣伝をせずに済みますし、1人の口コミだけで10人以上が来店することもあるんですよ。

大手サロンのように大規模なCM展開ができないぶん、個人サロンならではの宣伝方法でお店の知名度をあげていきましょう。

個人サロンの経営戦略に自信がないなら専門家を頼ろう

成功するポイントを把握できても、まだ経営していく自信が持てない…という方もいるでしょう。

そんなときは、的確なアドバイスと戦略を練ってくれる経営コンサルタントを雇うのがおすすめ。

毎月の費用が1回2時間の相談で大体10万円かかりますが、とても頼りになりますよ。

もし、こうした費用がない場合は脱毛機についている経営サポートを利用しましょう。これなら的確なアドバイスを、無料でしてくれます。

例えば、この記事内でおすすめしたバイマッハならそうしたことが可能なので、ぜひ以下の公式ボタンから詳細を確認してみてくださいね。

公式サイトはこちら

人気店に学ぶ!個人サロンが支持される4つの理由

大手サロンに劣らないほどの人気がある個人サロンは、多く存在します。

それらのお店が支持される理由とは、一体なんでしょうか?人気サロンに共通するポイントを、一緒にみていきましょう!

親身でアットホームな接客

個人サロン経営で、とくに気を付けたいのが接客内容。なぜなら個人サロンを選ぶ理由として、

「自分の話や要望を覚えてくれている」
「施術中の会話が楽しく安心感がある」

といった声が多いからなんです。

真心を込めて施術や接客をすることが、お客様にとってもサロンにとってもプラスになるんですよ♪

安定した技術力への信頼感

大手サロンと違って、人員の限られた個人サロンなら「毎回違うスタッフが担当して、施術に当たりはずれがある」なんてことが避けられます。

そんな施術の確実性の高さに魅力を感じて、来店する利用者が多くいるんですよ。

どうせお金を払って脱毛するなら、技術がしっかりしていて信用できる人に施術してもらいたいと思うのは当然ですよね。

人気個人サロンのなかには指名制度で好評なところもあるので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょう。

強引な勧誘や露骨なセールストークがない

個人サロンでは、一部の大手サロンにみられる強引な勧誘やセールスを行わないことが多く、そこに惹かれているお客様も少なくありません。

お客様の望まないコースの押し付けや、ケア用品の押し売りがないから、断るのが苦手という方も安心して利用できるんですね。

逆に個人サロンであっても、勧誘が激しいと避けられてしまいます。

親身になって、お客様のニーズに合わせたサービスを提供していけば、信頼と人気を得られますよ。

予約が入れやすくて順調に脱毛できる

大手サロンよりも予約が取りやすいところが、個人サロンの長所です。

来店者数が多い大手サロンは、予約がとりづらいので利用者の不満がたまります。

希望通りの、曜日・時間に予約がなかなか取れず、それが嫌になって大手サロンに通うのを辞めたという利用者もいるほど。

人気個人サロンはそうした予約の取りやすさにも気を使っているので、顧客から不満の声が上がることはほぼありません。

このように個人サロンならではの強みをいかしてお店を運営していけば、きっと長く愛される立派な店舗にしていけるでしょう。

個人サロン成功のカギは大手との違いを活かすこと!

ここまで人気サロンが支持される特徴をいくつか挙げましたが、もう気づいた方もいるでしょう。

実は大手サロンがやっていない、またはできないことを個人サロンで行うのが成功の鍵なのです!

もし、あまり違いが出せないと思ったら、これだけは他サロンに負けないという強みを持つように努力しましょう。

接客や脱毛の技術、その他の分野で格差をつけることができれば、それだけであなたのサロンの価値がはね上がりますよ。

まとめ

今回の記事では、個人経営とフランチャイズ経営のメリット・デメリットや開業に必要な道具、経営成功のポイントなどをお伝えしました。

この記事内で、注目したいポイントは以下の3つ。

ここがポイント
  • フランチャイズ経営より個人経営の方がおすすめ!
  • 経営サポート付きの脱毛機を選ぼう
  • 経営成功の鍵は他サロンと格差をつけること

初めての個人サロンを開業するにあたって、まだまだ不安なことがたくさんあるでしょう。

この記事を参考にしっかり基礎から準備していけば、きっと素敵なお店をオープンすることができますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

家庭用脱毛器ケノンは楽天の週間脱毛器ランキングで堂々の1位!

よりリーズナブルに脱毛をしたいなら家庭用脱毛器にも注目 >>ケノンの公式ページは …

ときには「I」ときには「T」、ちゃんとパーツでカミソリを使い分けてる?

カミソリって、どれも同じじゃないの?カミソリを選ぶ際のコツ あし、うで、わき、口 …

写真5
パイナップル豆乳除毛クリームは本当に効果ある?成分や使い方までチェック!

とくに夏場に私たちを悩ませるのがムダ毛処理。毎日カミソリや毛抜きで悪戦苦闘するの …

ひじは絶対ついちゃダメ!刺激による角質化が黒ずみの原因です

やわらかいスクラブ剤を手作りしてケアしましょう 自分では見えないパーツだけにケア …

人気の家庭用脱毛器「デピタイム」でムダ毛をさっと熱処理!

3つの安全設計、持ち運びもできる使い勝手で高評価! デピタイム(depiTime …

カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理は血が出る危険性が!

出血のリスクが高いムダ毛処理方法は避けたほうが無難 間違ったムダ毛の自己処理をし …

【トレンドの家庭用脱毛器解説】熱線式は、今あるムダ毛を焼き切る即効性がポイント

熱線式の家庭用脱毛機のメリット・デメリット 画像出典:デピタイム 家庭用脱毛機に …

ミュゼプラチナムのイメージキャラクターが4月23日から変更!CMに出てるあの美女は誰?

Who is that girl? ミュゼプラチナムと言えば、長年トリンドル玲奈 …

毛抜きでおすすめはどれ?おすすめ商品や痛みの少ない使い方をご紹介

ムダ毛を処理する方法はいろいろありますが、手軽に実践できるのが毛抜きを使った方法 …

【保存版】今年の水着はどうする?安くてかわいいのにコンプレックスもカバーしてくれる水着の選び方!

安い!カワイイ!体型カバー!の3つを妥協しない、水着選びのポイントを紹介します。 …