美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

海外でのハイジニーナ処理事情とは?国別に調査

77a2287a3b2a2de2bbc5949c0f53a52d_s

・日本は衛生後進国?世界の常識とギャップあり
ハイジニーナ処理というのは、VIOライン、いわゆるデリケートゾーンのアンダーヘア脱毛のことです。

ハイジニーナの語の由来は「hygiene」=「衛生」を意味しています。

海外のセレブや有名歌手、また日本でも有名女優がハイジニーナ処理しているということで認知が広まっていますが、もともと海外では清潔志向の観点から、多くの国で普通に行われています。

アンダーヘアがあると雑菌が繁殖しやすいですし、生理時のムレやかゆみも気になります。

またにおいもこもりそうですね。実際「生えているというだけで臭そう」という男性の口コミもあります。

そういえば、欧米では男性でもハイジニーナ処理は常識らしく、日本から海外に移籍したスポーツ選が処理を求められるケースも多いようです。

集団行動をする場合は「清潔」重視なのは当然ですね。同じ観点から交際している恋人にアンダーヘアがあるのは、かなりの確率でNGのようです。

日本の女性とつきあっている外国人男性の口コミでも、アンダーヘアが手入れされていなくてショックを受けたという意見が多いです。

ワキや手足にムダ毛がないだけに余計にギャップがあるのかもしれませんね、特に日本人は毛の色が黒いので肌との対比でインパクトも大きいようです。

欧米

ハイジニーナ脱毛は前述のように、エチケットとしてもファッション面からも処理している方がハイレベル。

スリムジーンズの前がこんもりしているのは許されないようです。

アメリカ

United-States-of-America
ワキ毛は完璧!アンダーヘアはボーボー、という日本人と対照的な常識を持つのが、アメリカ人です。

アメリカでは、ワキ毛の処理よりも優先してVIOケアを行う方が多いと言われています。

世界でも初めてアンダーヘアのケアをしたのがアメリカ人なんだとか。

カナダ

カナダではVIOを脱毛処理するのは普通と考えられています。

日本とは若干考え方が違い衛生やエチケットとして処理されていることが多いです。

もちろん見た目も大切でカナダでは露出したファッションなども多いためビキニや下着から毛がはみ出ていては恥ずかしいので処理されます。

主にカナダで使われている方法はワックス脱毛です。

ここ最近日本でも手軽に購入できるブラジリアンワックス。

カナダではエステサロンで脱毛をしたり、ワックス脱毛専門店があるほど主流になっています。

日本ではフラッシュ脱毛や医療レーザーなどが普及していますがカナダでは様々な人種の方が住んでいるため肌の色に合わせて脱毛の機材を用意するのが難しいのでワックスが主流になっています。

また日本とは違ってあちらの男性はほとんどの人が全て処理をしてほしいと回答しているほどですのでかなりの浸透ぶりが伺えます。

イタリア

ヨーロッパ圏の方はわき毛を処理しない人が多い印象がありますが、美容のための脱毛は意外とナチュラル志向の方にも浸透してきているようです。

欧米の方々は毛が細いのと色も薄いため日本人ほど黒くて目立つ毛ではない処理をしなくても目立ちにくいという理由もありそうです。

ヨーロッパの方々が熱心に処理するのがアンダーヘアできちんと処理をしている方が清潔感があると感じられているようです。

それ以外はひざ下のムダ毛処理をする人は多いそうです。

普段見えやすいところは処理されるのは日本人と同じ感覚なのかと思います。ハイジニーナというとツルツルに処理するイメージがありますが、毛が薄い欧米人の方々はそれほどまででなく、短く切りそろえたりする処理もあるようです。

南米

ブラジリアンワックス発祥の地であり、サンバで有名なブラジルをはじめ、Tバックなど露出の高いファッッションを着ることが多いのでアンダーヘアーのお手入れは当たり前。

ビキニラインだけでなく、I〜Oラインもツルツルなのが女性の常識なのです。

中東/イスラム圏

Iraq
男女ともにアンダーヘアーを全部剃るのが常識のエジプトをはじめ、意外にもイスラム圏ではハイジニーナ処理は義務。

イスラム教の聖典であるコーランには預言者の教えとして、V・I・Oラインの毛を剃ることと、ワキ毛を抜くことが明記されています。もしエジプト人とつきあうとしたらVIOラインのムダ毛処理はマストです!

韓国

他国ではハイジニーナ脱毛は男女問わず多くの人が行っており、毛があると不潔だと思われてしまい、VIOの脱毛はエチケットとなっています。

しかし他国であっても、日本に近い韓国ではアンダーヘアが不潔という認識はない様で日本と変わらずハイジニーナ脱毛よりも、脇や腕などの普段人目に付きやすい場所の脱毛が一般的です。

肌の露出がおおい韓国人の方はやはり目に付く場所から優先的に除毛するのですが、全くハイジニーナの脱毛をしない国ではない為韓国にも日本の様な脱毛サロンがあり、日本と同じようにVIOのハイジニーナ脱毛のコースもあるようでレーザーでの除毛をします。

しかし、やはりハイジニーナ脱毛でも全部処理はせずに少し残し整える程度の人が多いです。

中国

China
他国はハイジニーナ脱毛をしている人の方多いイメージですが、中国は少し違います。

世界的にも、体毛の処理に無頓着な方が多いようです。アンダーヘアはもちろん、ワキ毛も生えっぱなしだ、という女性も珍しくありません。

中国には脱毛をするという文化がないので、ハイジニーナ脱毛どころか腕や足、脇の毛すらも処理しません。

中国には脱毛サロンというものがほとんど存在していないので、処理をするにしても自宅で少し長さを整える程度です。

中国の方々はある意味で美意識が高いため、肌を傷つけるような脱毛はせず自然のまま肌を保つことを優先にする様です。

まとめ

これらの国々と比較すると、確かに日本の女性はアンダーヘアにまだまだ無頓着かもしれません。

よく考えれば湿度の高い日本だからこそ、ムレ・かゆみ防止にハイジニーナ処理は有効ですね。

またトイレや脱衣場だけでなく、ベッドや自室などで黒い縮れ毛が落ちている、という状況からも解放されそう。

グローバルな視点からも、レディの身だしなみとして、VIOライン脱毛はますます普及していきそうです。

VIO脱毛の方法やメリット・デメリット、おすすめのサロン・クリニックついては下のページで解説しています。ぜひ参考にしてください。

VIO脱毛を大特集!範囲や形の違い、おすすめのサロン・医療脱毛を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

美人ホルモンとしても知られるエストロゲンを増やす方法

女性なら是非チェックしてほしいエストロゲンを増やす方法をご紹介します。 女性の美 …

女性の色気はどこで感じる?知っておきたい男性心理

男性が感じる女性の色気、そのポイント 色気、って難しいですよね。「お色気」でも「 …

もしかして私浮いてる? ヒソヒソされる女子の特徴3つ

いろんな意味で自分が見えていないと、人からつっこまれがち 彼氏でなくても、異性に …

楽天ポイントが使えるのはミュゼだけ!貯まったポイントはどう使える?

ミュゼを利用するとRポイントを貯めることができます。その詳細についてご紹介します …

ちょっと気になる!脱毛中、スタッフさんと話す? 寝る? どう過ごすのが正解なの?

脱毛施術中にはスタッフと会話をしたり眠ってしまう人もいますが、一体どうするのがベ …

脱毛中の人こそ、夏の保湿が大切な理由とは?

ベタつかない夏の保湿対策を伝授! 日焼けは軽いやけどをしている状態です。角質層が …

倒産したエタラビ・ラットタット会員の救済措置!『ミュゼ優遇措置』って?

ミュゼの優遇措置を受けられる人・受けられない人、そして優遇措置の内容とは? 脱毛 …

ムダ毛が濃くなったのならホルモンバランスの崩れをチェック!

ホルモンバランスとムダ毛には深い関係があります。女性ホルモンを増やす方法をご紹介 …

【特集】気になる「除毛石鹸・脱毛石鹸」がまるわかり!ムダ毛が抜ける?効果ナシ?

脱毛石鹸(除毛石鹸)の成分と効果、選ぶポイントまですべてご紹介 除毛石鹸とは?気 …

自己処理後にできたシミ…もしかしたら色素沈着かも?

ムダ毛がなくなっても色素沈着があると美肌にはなれない!対処法は? 画像出典:エル …