美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

頭・足・デリケートゾーンのムレが体臭を発生させてるかも

ニット帽・ブーツ・タイツで秋冬も体臭が!?
b4caa84798414a957a1bbc162ce27c57_s
女性にとって秋・冬こそ体臭に気を付けたい季節だとご存知ですか?

夏は汗をかくので制汗剤を持ち歩いたりこまめに汗を拭きとったりと体臭に気を配る女性が多いですが、実は冬も汗は意外とかいています。その上、分厚いコートなどで蒸発を防いでしまうのでムレによって体臭がキツくなりやすいのです。

コートやブーツはめったに洗うものではないのでニオイが染みついていることもあり、普段から気をつけていないと体臭で人に迷惑をかけているかもしれません。秋・冬に気をつけたい体臭パーツとムレの原因になるファッションを6つずつまとめました。

秋冬に気をつけたい体臭パーツ3つ

ニット帽をかぶりっぱなしの頭

ニット帽は一気に季節感のあるコーディネートになるし、カジュアルでかわいい使いまわしのできる万能アイテムですが、暑い時はちゃんと脱がないとムレて体臭の原因になります。頭皮は顔からつながり皮脂分泌の多い部分。汗と皮脂が混じって酸化するとすっぱい感じのイヤなニオいになります。また、ニット帽を洗わずにヘビーローテーションしていると今まで染み込んだ汗や皮脂によって既にクサクなっている可能性も。こまめに洗ったり抗菌効果のある消臭剤でニオイの原因を取り除いておきましょう。

長時間ブーツでおおわれた足

女性だろうが男性だろうが、1日中ブーツをはいた足は正直言ってクサいです。足の裏は思っているより大量の汗をかく上にブーツ内は汗を蒸発させられずに常に湿ってムレているので雑菌が繁殖し放題。また、これまでに染み込んだ汗によってブーツや中敷き自体がクサく、ブーツをはいた足にニオイがついているケースもあるのでこちらも定期的にクリーニングや消臭スプレーでニオイ対策をしておきましょう。

タイツでムレやすいデリケートゾーン

秋冬だってスカートやショートパンツを楽しみたい女性の強い味方・タイツ。最近はタイツも発熱素材でできたものや、裏地が起毛になっていたりと防寒アイテムとして非常に優秀なアイテムです。しかしこのタイツがデリケートゾーンをムレさせ、ニオイの原因を作っています。とは言え、タイツはブーツやニット帽と違って「ムレるからいらない!」というわけにもいかないアイテムです。

寒い日はタイツが本当にありがたいのです。けれどムレるんです。この矛盾を解決策に、VIO脱毛をするという方法があります。デリケートゾーンがムレでニオイが気になるのは、汗だけでなく毛に絡みついた汚物なども原因の一つです。VIO脱毛をすると毛量が減って毛質も細く薄くなるのでムレにくくなり、絡みついた汚物によるニオイがぐっと軽減されます。キレイに整えられたVIOは男性からも受けが良いので、ムレ対策に思い切って脱毛するのもおすすめです。

マフラーで保温された耳の後ろ・首

秋や冬は首元も寒さを感じるため、マフラーやストールを活用する機会が増えますよね。その際に、首元をすっぽり覆ってムレやすい形になっている方も多いはず。マフラーやストールを取り外した際に「何となく臭う…」と感じているのであれば、体臭が発生しやすい耳の後ろや首に原因があるのかもしれません。

ストールやマフラーを身につけることによってちょっとしたニオイでもムレて悪化しやすくなるので気をつけましょう。うなじの毛が濃いと汗をかいた際に細菌が繁殖しやすくなります。うなじの脱毛に対応しているサロンやクリニックもあるので、ニオイ対策のために脱毛するのも一つの選択肢だといえるでしょう。

通気性の悪いコートでニオイがこもる背中

人によっては背中にかなり汗をかきやすい体質の方もいますよね。コートを着てバッチリ防寒対策をした状態で少し走ったりするだけで背中を伝うほどの汗をかいてしまう方もいます。その汗をすぐに拭き取ることができれば良いのですが、背中は汗を拭き取りにくい部位です。

特に、寒さ対策のために着込んでいたりすると汗を拭こうと思ったタイミングではすでに衣類に汗が染み込んでいることもあり、ニオイ対策が難しくなります。できるだけ通気性の良いインナーを選ぶなどして対策をとりましょう。寒い季節でも万が一たくさん汗をかいてしまった時のために着替え用のインナーを一枚持ち歩いておくと安心です。

厚着で汗をかいた両ワキ

本来、汗そのものにはほとんどニオイはないのですが、インナーに汗がつくと汗と一緒に流れ出た皮脂などをエサにする細菌が繁殖しやすく、嫌なニオイの元になります。冬場は夏場に比べると厚着で通気性の悪い服を着ているため、汗をかきやすい夏と同じく両ワキのニオイがひどくなりやすい季節だといえるでしょう。それに加え、寒い季節は夏に比べてワキ毛の処理が甘くなっている方もいるはず。

ワキ汗をかいた際にワキ毛があると細菌が繁殖しやすくなります。これによってワキ毛が生えている方は脱毛している方に比べてワキのニオイが濃くなってしまうので、しっかり脱毛するのがおすすめです。

冬場に限った事ではありませんが、体臭が発生する大きな原因は汗をかいたことによって細菌が繁殖し、嫌なニオイを発生させていることにあります。だからといって汗をかかない対策はなかなか難しいので、細菌が繁殖しないように対策を取ってみましょう。

特に効果的でおすすめしたいのが脱毛です。ワキやデリケートゾーンなどのニオイがひどくなりやすい部位はムダ毛が多いですよね。汗をかいた際に毛があると汗の乾燥に時間がかかり、その間にニオイの原因菌が繁殖しやすくなるため、ニオイも強くなります。

つまり、汗をかきやすい部位でも毛がなければニオイ抑える効果が期待できるということ。冬場は自己処理も甘くなりやすいので、思い切って脱毛するのがおすすめです。ムダ毛のないツルツルの肌は女子力も高めてくれるので、冬場のニオイ対策だけでなく、露出の多い夏場に肌にも自信が持てるようになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

「脱毛しておけばよかった!」と女性が思うシーン6選

急なお誘いや電車の吊革。処理しきれてないムダ毛に気付いて冷や汗…女性ならこんなこ …

【保存版】脱毛サロン選びのポイントを16項目に分けて徹底調査!どこで脱毛するか迷ったら注目!

脱毛サロンデビューを考えた時、意外とネックになるのが脱毛サロンの数の多さです。脱 …

デリケートゾーンのあらゆる悩みに!ジャムウ石けんを今こそ使ってみるべき!

デリケートゾーンのムレや匂いが気になる人必見!ジャムウ石鹸が解決してくれるかも …

エタラビ営業禁止に学ぶ!脱毛サロン選びでは、こんな広告表現には気をつけろ

大手だからって安心はできない!?エターナルラビリンスの業務停止命令についてと、脱 …

脱毛サロンで失敗した人から学ぶ!間違いのないサロンの選び方

脱毛サロンならどこでもいいは間違い!脱毛サロンで失敗した人を例にしてトラブルを紹 …

人気の家庭用脱毛器「デピタイム」でムダ毛をさっと熱処理!

3つの安全設計、持ち運びもできる使い勝手で高評価! デピタイム(depiTime …

ゲンメツされたくない!急なデートのお誘いがきた時の正しいムダ毛処理方法

アンダーヘアはどう処理する?ドン引きされないムダ毛対策 普段はきっちりお手入れし …

ちょっと気になる!脱毛中、スタッフさんと話す? 寝る? どう過ごすのが正解なの?

脱毛施術中にはスタッフと会話をしたり眠ってしまう人もいますが、一体どうするのがベ …

食べもので女性ホルモンを増やす!効果を高める食事の取り方は?

女性ホルモンを増やすのにおすすめの食べものなどについてご紹介します。 女性ホルモ …

裸足は厳禁!ひび割れる前にかかとケアと対策を始めよう

専用のケア剤でなめらかなかかとになりたい! 角質や黒ずみのできるパーツの中で最も …