美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

基礎代謝アップに役立つ!代謝を上げるツボとは

おへそ周りのツボに注目!ダイレクトに働きかけて代謝力をあげよう

「同じ食事量なのにウエストが増える一方」「年々ダイエット効果が出にくくなってきた」。年齢とともにそんな風に感じること、ありませんか?

年齢とともに落ちて行く代謝力。またアンバランスな食生活や睡眠不足、運動不足、過労やストレスなども代謝力を落とす原因と言われています。

代謝を高める方法としては、「筋肉量を増やす」「体温を上げる」などが一般的ですが、基礎代謝をアップさせるツボというものもあります。ダイエット効果も期待できる大注目のツボなので、ぜひ覚えておいてくださいね。

そもそも代謝力とは?

ダイエットでは必須ワードの「代謝力」。よく「代謝力を上げるのがダイエットの秘訣」、「代謝力が落ちると太る」とされていますが、その代謝力について今一度きちんとおさらい。

代謝というのは、身体の中で行われる化学反応で、体外から取り入れた食物などの物質を使って、新たな物質を合成したり、それに伴いエネルギーの出し入れを行うことです。

代謝力の働きは、大きくは以下の3つに分けることができます。

物質代謝 筋肉や骨などを作る働き
エネルギー代謝 摂取したカロリーを燃焼し、エネルギーに変える働き
新陳代謝 老廃物を排出する働き

その中で、呼吸をしたり、内臓を活動させたり、体温を維持したりするための、最低限の生命維持活動に使われるエネルギーを「基礎代謝」といいます。つまり何もしなくても消費されるエネルギーのことです。

体内で最もエネルギー消費が高いのは筋肉なので、筋肉量が多いほど、また筋肉の活動が活発なほど基礎代謝量も増加し、多くのエネルギーが消費されます。

1日の総消費エネルギーは、基礎代謝が約70%、歩いたり、家事や仕事をしたり、睡眠をしたりすることでの「生活活動代謝」約30%の合計で算出されます。

ダイエットは、摂取したエネルギーより消費したエネルギーの方が多いことで、脂肪が燃焼されやせていく仕組みなので、基礎代謝が高いほどやせやすく、逆に低いとダイエット効果の出にくい身体になってしまいます。代謝しやすい身体作りはダイエットの必須項目なのです。

ツボ押しで基礎代謝をアップしよう

人間の体にあるツボはエネルギーの通り道にあり、ツボ押しすることでエネルギー全体の循環が活性化され、また老廃物の代謝力も促進されるので、基礎代謝アップとダイエット効果が期待できます。

ツボには腎臓や肝臓などの特定部位を活性化させるものも多いですが、特に基礎代謝を上げる効果が高いツボというのもあり、腹部に数多く集中しています。

お腹のツボは、腸にダイレクトに刺激を与えるマッサージ効果もあり、他の部位より即効性あります。中でも「中脘(ちゅうかん)」と「気海(きかい)」「天枢(てんすう)」は、“ダイエットのツボ”としてよく登場しますので、ぜひチェックしてくださいね。

中脘(ちゅうかん)

中脘は、おへそを中心として指4本分上方向の身体の中心部にあります。ちょうどみぞおちとおへその中間に位置します。
「脘」という言葉は胃、肺、消化器官を意味していて、消化器官全般の働きを整える効果があるツボです。

特に胃腸にはたらきかけて、食べ過ぎや胃もたれ、食欲不振などの不調を解消。腸のぜんどう運動も活性化され、それによって基礎代謝が上がるのです。他にも下痢、便秘やむくみ解消、脂肪燃焼を高める効果があります。

気海(きかい)

「気海」はおへその下から指2本分離れたところにあります。気海は丹田(たんでん)と言われる多くの気が集まるツボで、気海を刺激することで腸の血流がよくなり活発に動くようになります。またそれによって基礎代謝が上がります。
他にも、倦怠感や気力低下を改善する効果があります。女性の場合、生理痛や生理不順、不妊にも効果があるとされています。

天枢(てんすう)

「天枢」は、おへそから指2~3本分外側の左右に二カ所あるツボです。中脘や気海と同じく内臓全般の働きを活性化させる効果があります。特に大腸との関係が深く、便秘に効くツボとしても有名ですが、下痢の解消にも効果があります。

基礎代謝アップのための効果的なツボの押し方

中脘、気海はおへそを中心として一直線上に、天枢は左右にあるので、見つけやすいですし、一緒にツボ押ししやすいポジションになります。

いずれのツボもお腹の表面から浅いところにあるので、力を入れて押す必要はありません。人差し指、中指、薬指の3本、もしくは人差し指と中指で小さな円を描く様にして、優しく3~5秒程度押してください。

ツボ押しのタイミングですが、お風呂上がりは血行が適度に活性化して代謝力もアップしやすいので、マッサージやツボ押しには適しています。ツボ押しは長く継続していくことが大切なので、習慣化を心がけて下さいね。

なお、以下の場合は自宅でのツボ推しは避け、専門家に相談してください。

  • お腹が痛い時や体調不良の時
  • 発熱時
  • 妊娠中
  • 飲酒後
  • 飲食後30分以内
  • サウナに入った直後 等

おへそ周りのツボ押しで基礎代謝をアップしよう

おへそ周りは、基礎代謝と強い関係のあるツボが集中しています。中でも「中脘」「気海」「天枢」は胃腸にダイレクトに働きかけるツボとして有効性が高く、要チェックです。

指でそっと押すだけなので、いつでも気軽にできるのも嬉しいですね。ただし、食後や体調不良の時などは無理はしないでくださいね。“就寝前”など時間を決めてツボ習慣を作って行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ダイエッターの強い味方!高野豆腐を取り入れて効率よくダイエット

食事の前に食べるだけ!食べ応え&満腹感で無理せずダイエットが続けられる 豆腐を凍 …

海外セレブも夢中!?「ホリスティック・デトックス」で痩せやすい体作り!

毒素を排出して自然治癒力アップ!体にやさしいデトックス 美容にうるさい海外セレブ …

デイリーフリーでセレブ風ヘルシー&ローカロリーダイエット!

乳製品を使わないデイリーフリーは、特に日本人にはメリット大! 最新のダイエット、 …

寝ぞうと体への影響は?仰向け・うつ伏せ・横向きのメリット・デメリット

睡眠時間は長いからこそ寝ぞうや姿勢にも注意!健康にも関係あり! 眠りに入ってしま …

8時間ダイエット!ノー食事制限・ノー運動のシンプルルールで、無理せず美ボディを手にいれよう!

簡単ルールのダイエット法で、今度こそ3日坊主卒業できるハズ!8時間ダイエットなら …

マヂパネェ!浜田ブリトニーさんの「ずぼらダイエット」は工夫がいっぱい

ポイントを押さえ、我慢も工夫で楽しくしちゃうブリトニー式ダイエット ギャル漫画家 …

冷えはデブの元?体を温める食べ物を積極的に摂りたいその理由

体を温める食べ物を意識して摂取することで、美容と健康に大きな効果が期待できます。 …

ダイエットに効果のある漢方とは?体質改善で痩せ体質に

太りにくく痩せやすい身体を作るのにおすすめ!ダイエットに効果のある漢方をご紹介し …

アナボリック状態をうまく利用して、効率よくきれいにダイエットしよう

運動と食事を見直すことで理想的な美しいボディを手に入れる! ダイエットというと、 …

食物繊維を賢く摂取して、ヘルシー・デトックス・ダイエットを成功させよう!

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を上手に組み合わせることがポイント! 便秘予防にい …