美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

寝る前に行うストレッチが快眠を招く!嬉しいダイエット効果も!

寝る前に行うストレッチの効果や具体的なやり方とは?

体の疲れを翌日に持ち越さないためには寝る前にストレッチを行うのが効果的です。実は寝る前のストレッチには様々な嬉しい効果があります。

寝る前に行うストレッチの魅力や具体的なやり方、注意点などについてご紹介しましょう。

寝る前に行うストレッチの効果

睡眠の質が良くなる

寝る前にストレッチを行うと質の高い良い睡眠に繋がります。体をしっかり揉みほぐすことによりリラックスモードになると自律神経が整い、布団に入った際に寝つきが良くなるのです。

普段からなかなか寝付けなかったり、睡眠の質が悪いと感じている方も寝る前のストレッチを実践してみましょう。

基礎代謝がアップする

寝る前のストレッチを日課にすると徐々に体全体の筋肉がやわらかくなってきます。これにより何もしなくても消費されるエネルギーである基礎代謝がアップするのですが、これはただじっとしているときでもカロリーを消費しやすい体になれるということ。

たくさん食べても太りにくい方がいますが、そういった方は基礎代謝が高い傾向にあります。少し食べただけでも太ってしまう…と悩んでいる方は基礎代謝が低い可能性があるので、ストレッチをして基礎代謝アップを目指しましょう。

ダイエット効果が期待できる

ダイエットするためには食事制限や運動を行わなければならないイメージがありますよね。ですが、寝る前に行うストレッチでもダイエット効果が期待できます。

ここにも寝る前のストレッチによって睡眠の質が良くなることが関係しているのです。質の良い睡眠は脳や体もしっかり休ませることに繋がります。すると成長ホルモンが盛んに分泌されるようになり、体重が増えるのを抑える働きを持ったレプチンというホルモンの分泌量も増えるため、痩せたいと思っている方も寝る前のストレッチを実践してみましょう。

他に日中の食欲を抑制する効果もあるので、様々な働きによってダイエットに繋がります。

むくみ改善効果がある

一日中立ちっ放しの方や座りっ放しの方はむくみがひどくなることがあります。むくみはその日のうちに解消しましょう。翌日に持ち込むと更にひどいむくみに繋がることもあります。

ストレッチをすると血液や老廃物の循環が良くなり、むくみ解消効果が期待できるのです。

寝る前に行うストレッチの注意点

寝る前のストレッチには睡眠の質を良くする効果があるとご紹介しましたが、これはあくまで適度なストレッチを行った場合の話です。運動と呼べるようなハードなストレッチを行うと脳が覚醒状態になり、なかなか寝付けない状態になります。

自分にとって無理のない範囲で行うことが重要です。また、ストレッチをする際には呼吸を止めないようにしましょう。

明るい部屋で行うよりも少し薄暗い部屋でテレビも消して行うと更に眠りに落ちやすくなります。

寝る前に行うストレッチのやり方

ポイントともいえるのが、難しいものは行わないということ。ストレッチのやり方は事前に調べておきましょう。

寝る前にスマホを見ながらストレッチのやり方を確認すると脳が興奮状態になり、寝付けなくなります。
しっかり体が伸びればストレッチ効果は得られるので、あまり考え過ぎる必要はありません。簡単にできるストレッチについていくつかご紹介しましょう。

ゴキブリ体操

むくみを取るのに特に効果的とされているストレッチです。仰向けの状態になり、両手と両足を天井に向かって上げましょう。あとは30秒ほど両手と両足をブラブラさせるだけの簡単なストレッチです。

毎日この体操を実践したところ、むくみの悩みが解消した方もたくさんいます。

股関節のストレッチ

股関節が凝り固まった状態になっていると老廃物が蓄積しやすくなります。これを改善しましょう。

まず、仰向けの状態になって床に寝ます。右手は肩の高さでまっすぐ右に、左手は頭上に向かってまっすぐ伸ばしましょう。膝を曲げて両足の裏を合わせたら股関節まわりが伸びるようにかかとを股関節側に軽く近づけます。

続いてゆっくり息を吐きながらかかとと肩で体重を支えるようにしてお尻と背中を持ち上げましょう。無理のない位置まで持ち上げたら10秒ほどキープして元の状態に戻り、反対側も行います。

背中のストレッチ

背中には大きな筋肉があるため、ここが疲れていると腰痛や肩こりなど様々な不調に繋がりやすくなります。背中のストレッチは、正座をした状態から両手をまっすぐ前方に伸ばし、胸を地面に近づけるようなイメージでゆっくり息を吐くと効果的です。

お風呂上がりの習慣にしよう

寝る前のストレッチは体が温まった状態で行うと更に効果があります。入浴後は体が温まっているので、このタイミングで継続してみてくださいね。

ただ、お風呂で体が温まっている状態でストレッチを行うと更に体が温まります。人間は体温が下がるタイミングで眠りにつく特徴があるため、お風呂に入ってストレッチを行った直後に布団に入っても寝つくまでに時間がかかる可能性があるのです。

布団に入る1時間ほど前にストレッチができるように調整してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

話題のスーパーフード タイガーナッツとは?ダイエットに効果的!食べ方は?

美容&健康にも効果的なタイガーナッツとは? 出典:supkomi ダイエットに取 …

美容・健康・デトックス…そのすべてが叶う「バナナ酢」で健康的にダイエット!

1日大さじ3杯だけ!美容にも健康にも効果◎なバナナ酢ダイエット お酢ダイエットや …

脱・背中ブスのケアで、薄着シーズンを楽しむ準備を!

後ろ姿をブスにする、背中のお肉とムダ毛問題の解決策を紹介します。 自分ではなかな …

寝ぞうと体への影響は?仰向け・うつ伏せ・横向きのメリット・デメリット

睡眠時間は長いからこそ寝ぞうや姿勢にも注意!健康にも関係あり! 眠りに入ってしま …

今すぐできる超簡単な【頬ヤセ】ダイエット法!

最速頬ヤセダイエットで、この夏のイメージダウンを食い止めろ! お顔は、第一印象に …

どれくらい通えばいいの?パーソナルトレーニングで効果が出るまでの平均期間

どのくらい続けるの?通う頻度は?そんな疑問にお答えします! パーソナルトレーニン …

いつもの運動をさらに効果的にするピルビン酸の秘密とは?

アメリカではすでに一般的に浸透しているダイエット成分ピルビン酸の効果を大公開! …

女性が筋肉サプリを使うとヒゲが生えて男みたいになるって本当ですか?

女性が美しく身体を鍛え上げるには? 筋肉を鍛えたいという女性は今増えています。バ …

巻くだけで痩せる?麻ひもダイエットが簡単で効果的と話題!

自宅でできる簡単なダイエットを探しているなら麻ひもダイエットがおすすめ♪ 腹八分 …

“血のミネラル”「モリブデン」のデトックス効果とは?

貧血を予防し、尿酸の生成やさまざまな代謝を促進する必須ミネラル モリブデンは肝臓 …