美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

「一人鍋」で健康的に痩せる!満足度が高い鍋ダイエット

一人暮らしの方必見!冬ならでは、美味しくダイエットをしよう

鍋といえば大勢で囲むものといったイメージがあるかもしれません。ですが、近年注目されているのが健康にも美容にも良いとされている一人鍋!しかもダイエットにも効果的なのでぜひとも実践してみましょう。

鍋にはいろいろな具材が入ることになるわけですが、ダイエット中は食事にも気を遣わなければならないため、毎日の食事が楽しめない…という方もいるのではないでしょうか。一人鍋はそういった方にこそおすすめです。

芸能人の中にも一人鍋ダイエットを実践し、大きなダイエット成果を得ている方がいます。

例えば、歌手の倖田來未さんは妊娠中に体重が15キロ増えたそうですが、鍋ダイエットを実践して16キロものダイエットに成功しました。他にも美容と健康に気を使っている多くの芸能人が実践している方法です。

1.なぜお鍋はダイエットに効果的なの?

そもそも太ってしまう原因は人によって違いますが、早食いが食べ過ぎにつながって太ってしまった方も多いです。ゆっくり食べなければ…と思っているものの、それに気づくのはいつも食べ終わった後…。という方もいるのではないでしょうか。

鍋を使ったダイエットは熱いので早食い防止につながります。
温かい鍋を食べると体がポカポカしてきますよね。これは血流を良くすることにもつながり、代謝も上がります。すると、体脂肪が燃えやすい体になるのです。

また、ダイエット中はできるだけカロリーと糖質の低い野菜類を取り入れたいと思っているけれど、サラダを食べるのは飽きてしまった…という方もいるはず。鍋ならばスープやだし、調味料を変えることにより同じ野菜を使ったとしても様々な表現が楽しめます。

野菜が苦手な方でも鍋ならば食べやすいでしょう。しかも熱を加えることによって全体のかさが減るので、たくさんの野菜を食べるきっかけにもつながります。

2.食べていい食材とダメな食材

一人鍋ダイエットは鍋を食べるのならば何でも食材を入れても良いわけではありません。食材選びをしてしまうとかえって太ってしまう可能性もあるのです。

ただ、使っても良い食材とNGの食材を覚えてさえおけば後はアレンジしやすいダイエットメニューともいえるので、どのような食材が良くて何がだめなのかをチェックしてみてくださいね。

一人鍋ダイエットのために具材選びをする際には次のようなことに注目してみましょう。

2-1.ダイエット効果のあるOKな食材

基本的に葉物野菜は取り入れて問題ありません。キャベツや白菜、春菊などはしっかり取り入れてみましょう。

また、便秘改善に効果的な水溶性の食物繊維を含んだゴボウやほうれん草などもおすすめです。

他にはキノコ類も取り入れてみてくださいね。キノコ類はカロリーや糖質が少なく、栄養素がたっぷり含まれているので一人鍋ダイエットに非常に向いている食材だといえるでしょう。

魚類もおすすめです。魚を選択する際には低脂肪の白身魚を選びましょう。豆腐なども良いですね。

肉類も糖質が少ないので入れてOK。ただしその際に脂身の多い肉は脂肪とカロリーが高くなってしまうので避けておきましょう。鳥肉を中心に考えていくのもおすすめです。

ダイエットの基本は低カロリー、低糖質、高タンパク質となっているのでそれに該当するものを選んでみましょう。

2-2.逆に太る原因に!?NG食材

できるだけ避けておきたいのが糖質とカロリーの多い食材です。春雨はダイエットに向いていると思って鍋に入れる方が多いですが、糖質が高いので避けておきましょう。白滝ならば問題ありません。

それから、牛肉や豚肉類も脂肪分が高いので入れすぎないように注意しておいてくださいね。

一人鍋としておでんをしようと思った場合、練り物には注意が必要です。特に魚を主原料として作られている練り物ならばダイエットに最適なのでは?と思うかもしれませんが、焼きちくわやさつま揚げ、がんもなどは糖質が高く避けておいたほうが良い食材だといえます。

他に注意しなければならないのが調味料の問題です。いくら食材に注意していたとしても砂糖を大量に使うような鍋だと糖質もカロリーも増えてしまうので十分に注意しておきましょう。

3.お鍋はほかにもこんなにうれしい効果が!

無理な食事制限を伴うダイエット法を実践するなど、キレイになるどころか肌が荒れて髪はパサパサになり、風邪をひきやすくなったり免疫力の低下を招くものもありますよね。それではダイエットに成功したとは言えないでしょう。

一人鍋の嬉しいポイントはダイエット効果が高いことだけではありません。他にも様々な美容効果や健康効果が得られるのです。キレイに痩せてついでに美肌を手に入れたい、健康的な体も手に入れたい!と思っている方には特におすすめのダイエット法です。

3-1.美肌効果

つるすべの肌を作りたいと思っている方にも一人鍋ダイエットがおすすめです。特に向いている具材としては、トマトが挙げられます。トマトにはリコピンという美容成分が入っており、美肌作りに効果的です。

スープにトマト缶とコンソメスープ、塩、こしょうを入れるだけで良いのでとても簡単ですね。シメにリゾットを作ってもおいしいですが、ダイエット期間中は控えておきましょう。

女性の間では豆乳鍋も人気です。豆乳には女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれており、肌荒れなどの改善にも役立ってくれます。他にもビタミンEや鉄分も含まれているので取り入れてみましょう。

魚類や野菜、キノコなどの材料とも相性が良く、1人分だと水1カップと豆乳2分の1カップを基本のスープにし、あとはめんつゆで味を整えるだけなので難しくありません。

他には手羽先を入れるとコラーゲンが取れるのでプルプルの肌を目指せます。ただ、入れすぎは脂肪分を取り過ぎることにもつながるので注意しておいてくださいね。

3-2.筋肉増強

ダイエット成功させるためには効率よく体脂肪を燃やすことが大切なのですが、そこで役立つのが基礎代謝をアップさせるということ。基礎代謝が高いと何もしない時でも使われるエネルギー量が増えるため、ダイエットも効率よく行えます。

体の中、最も代謝をアップさせる効果が高いのは筋肉なので、一人鍋で筋肉を増やすタンパク質を取り入れてみましょう。

タンパク質が多くて一人鍋に取り入れやすいおすすめの食材は、卵や豆腐、お肉、お魚類です。お肉と魚を選ぶ際にはできるだけ脂肪分が少ないものを選びましょう。

もも肉よりも胸肉、ささみなどを選んでみてくださいね。鶏肉を入れる際には脂肪分が多い皮を取り除くようにしましょう。お魚類は白身魚がおすすめです。

ダイエット中は食事制限をする方も多いですが、その中でタンパク質の摂取量が不足すると筋肉量の低下を招きます。すると、食事を元に戻した時に急激なリバウンドにつながってしまう恐れがあるので注意しておきましょう。

3-3.風邪予防

一人鍋は風邪予防にも役立てることができます。とても簡単でぜひとも入れて欲しいのが生姜です。生姜には体を温める効果があるので、風邪をひいて寒気を感じる…というときにも生姜を入れた鍋を取り入れてみましょう。

また、ここでもトマト鍋がおすすめ。トマトには美容に効果的なリコピンだけでなく、抗酸化成分やビタミン、ミネラルなども豊富に含まれているのでぜひとも取り入れてみましょう。

また、鶏肉を入れた水炊きもおすすめです。鶏肉には風邪やインフルエンザの細菌と戦ってくれる抗体を増やすビタミンB6が含まれています。他にもビタミン系やミネラル成分も含まれているので体調を崩しがちな時期にも食べてみてくださいね。

また、キムチ鍋もおすすめ。キムチに含まれている唐辛子が代謝を高め、乳酸菌は免疫力をアップさせる効果があります。キムチ鍋に使う豚肉には疲労回復に効果的なビタミンB1が含まれているなど、風邪の予防や改善に効果的な成分や栄養素が多数含まれているのでチェックしてみましょう。

4.一人鍋ダイエットのやりかた

お鍋でダイエットをするといっても、一日3食鍋を食べるのはきつい…と感じる方もいるでしょう。大切なのは無理のない範囲で取り入れていくということ。

例えば、お昼に食べ過ぎてしまった…と感じる日の夕食は低カロリー・低糖質な一人鍋にするなどの対策を取ってみてくださいね。

食べながら痩せられる方法をということもあり、2~3日行っただけで何十キロも痩せるようなダイエット法ではありません。ゆるやかに健康的に痩せられる方法となっているので、まずは1週間程度試してみたいですね。

一人鍋ダイエットに失敗してしまう方の多くは、途中で味に飽きてしまっているようです。鍋といってもレパートリーはたくさんあるので、飽きないように工夫をしましょう。スーパーなどで販売されている鍋用のスープを使うと飽きずに楽しめます。

それから、いくら一人鍋ダイエットをしているからといって食べ過ぎてしまっては意味がありません。一人用の鍋を購入し、おかわりをしたり、シメの雑炊やラーメンは避けましょう。

野菜類をたくさん食べるとお腹もいっぱいになるので主食となるご飯を減らしたり、カットしたりすると更に効果が高まります。

また、お鍋を食べると代謝も上がるので、日頃から体を動かすように心がけると更に効率よく脂肪が燃えやすいといえるでしょう。ぜひとも運動も取り入れてみてくださいね。

まとめ

痩せたいと思っているけれど、何も食べない食事制限はどうしても続けられない…という方にとっても様々の食材の選択肢がある鍋ダイエットは非常におすすめです。特に寒い時期は体を温めながら効率よく痩せられるので、お気に入りの具材を探してみましょう。

具材選びさえ間違わなければしっかり食べて痩せられるダイエットでもあるので、食べるのが好きで太ってしまった…という方にも最適です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

【初回500円】ゆんころ愛用女性専用HMBサプリ「クイーンズスリムHMB」を実際に飲んでみた

最近ではほどよい腹筋をつける女性も多くなりましたが、私もそんな女性に憧れる1人。 …

ダイエットのための遺伝子検査?簡単キットで自分のタイプを知って効率よくダイエットしよう

検査結果であなたにあったダイエット方法がわかります どんなにダイエットをがんばっ …

ダイエットに!体型維持に!女性専用パーソナルトレーニングジムを選ぶ6つのメリット

ダイエット、部分痩せ、体型維持、ウェディング…パーソナルトレーニングだからこそで …

カロリー制限ダイエットでしっかり効果を出すために気をつけたい4つの注意点

カロリー制限ダイエットで痩せない、リバウンドするのには理由があった! 目に見えて …

体の機能をアップさせる簡単白湯ダイエットとは

芸能人やモデルがこぞって口にする白湯。お湯を飲むだけなのにどうしてそこまで美容効 …

めざせ「くびれ」!ボディライン作りにオススメのカーヴィーダンス

カーヴィーダンスで引き締まったボディラインを手に入れた女性が続々! 効果的なエク …

リダイレクト済み:ダイエットで胸から落ちるのを防ぎたい!原因を知って対策を練ろう

胸まで痩せたくない!バストをキープしながらダイエットするには ダイエットしている …

2人も産んだママとは思えない!土屋アンナさんの産前・産後ダイエットがスゴイ!

食×運動×産後ベルト、意識を高めて継続を頑張る ポーランド系アメリカ人の父と日本 …

間違っていませんか?炭酸水ダイエット成功のコツとポイント

炭酸水は適正量を守って、正しいタイミングで飲もう! 炭酸水を飲むだけでダイエット …

2016年のトレンド朝ごはんは、美容も健康もダイエットも妥協なしの「グレインズサラダ」!

注目が集まる新顔トレンド朝ごはん「グレインズサラダ」のメリットと、基本のレシピを …