美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

無理な食事制限はもう古い!満腹感を得て痩せよう!話題のわかめダイエット

食事制限が苦手という方にも向いているわかめダイエットについてご紹介します。
457d882a2c1d98d2c1d74f890c88ed24_s
わかめといえば、とても安くて美味しい食材です。それに、カロリーも低く、たくさん食べたとしても極端に太ってしまうことはありません。このわかめを使ったわかめダイエットというものが注目されています。

わかめダイエットとは?

ダイエットを成功させるためには摂取カロリーを抑えていくことが重要なのですが、できればお腹いっぱい食べたいという方がほとんどでしょう。そのときに活躍してくれる食材がわかめです。

カロリーの少ないわかめを取り入れ、満腹感を増やしましょう。

それだけでなく、わかめにはビタミンやミネラルも豊富に含まれているため、キレイに健康的にダイエットをしたいという方からも人気です。

わかめには食物繊維も豊富に含まれていることから総合的に食べる量を減らしたり、便秘を改善するにも役立ってくれます。それだけでなく、脂肪の蓄積を防ぐ効果もあるため、ダイエットをする際には積極的に取り入れていきたい食材だといえるでしょう。

わかめダイエットのやり方

わかめダイエットは、毎日はわかめだけを食べ続けていくダイエット方法ではありません。単品ダイエットとは違い、毎回食事の中で上手にわかめを取り入れていくというダイエット法です。

わかめのみを食べてしまうと栄養不足に繋がってしまうので避けましょう。それに、わかめにはヨウ素という栄養素が含まれており、過剰に摂取してしまうと甲状腺のトラブルに繋がってしまうケースがあります。

ヨウ素の摂取量は一日3ミリグラム以下に抑えた方が良いとされており、これは乾燥わかめ約40グラムで摂取できる量となります。そのため、わかめダイエットを実践する場合にも一日に乾燥わかめ40グラムくらいに抑えていくと良いですね。

乾燥わかめは水に戻すとかなりの量になるため、40グラムだったとしてもどんどん膨らみ、400グラムほどになります。仮に乾燥わかめ40グラムを食べたとしてもカロリーは40キロカロリー程度です。ここからもダイエットに最適な食材だということがわかるでしょう。

わかめは酢の物や炊き込みご飯、スープ、サラダなど様々な形で取り得ることができるので、レシピの幅も広いです。

ダイエットの効果を実感するためには、継続することが何よりも重要だと言われています。同じレシピばかりを食べてしまうと飽きてしまうので、いろいろな形でわかめを取り入れていきましょう。

それから、わかめは非常に安いため、金銭的な面でも無理なく続けられる方法だといえます。お金がかかるダイエット方法は実践できないという方もわかめダイエットであれば安心ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

肌の引き締め、めぐり、産後のケア…すべておまかせ!スリミングジェル「アドール セリエ スクイーズ」

たるんだ体のケアはスピード勝負!アドールで早期対処しましょう♪ 運動や食事制限だ …

ダイエットを成功させたいなら!覚えておきたい内臓脂肪について

皮下脂肪よりも実は隠れた内臓脂肪の方が怖かった!見た目にわからない脂肪を確実に落 …

女性が筋肉サプリを使うとヒゲが生えて男みたいになるって本当ですか?

女性が美しく身体を鍛え上げるには? 筋肉を鍛えたいという女性は今増えています。バ …

「朝だけ」行う最短ファスティングで、健やかボディをゲットしよう!

朝だけのファスティングには、意外な健康・美容効果が盛りだくさん!明日の朝からスタ …

高橋真麻の置き換えダイエットで-20kgも夢じゃない?!自分にあった置き換え食を見つけるのが大事

置き換えるだけだから長続きするのが成功の秘密 ダイエットの目的は人によって違いま …

ダレノガレ明美さんの“おいしく食べながらやせる”美味しいダイエット

スイーツもあきらめない!運動は毎日きちんと続けることが重要 2016年8月に人気 …

動的ストレッチってなに?運動前に行って効果アップ&ケガ予防

動的ストレッチで期待できる効果や具体的なやり方を紹介します。 動的ストレッチとは …

ビタミンEの50倍から100倍の高い抗酸化作用を持つ「セレン」

ガン予防、生殖機能の活性化などに有効、ただし過剰摂取には要注意! 「セレン」って …

ぬか漬けブーム到来!注目を集めるダイエット効果とは?

ブームとなっているぬか漬けのダイエット効果について、わかりやすく説明します。 突 …

「鉄分」を十分に摂取して、身体のすみずみまで酸素を届けよう

女性に多い「鉄欠乏性貧血」を防ぐために正しい鉄分摂取を! 女性にとって特に不足が …