美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

疲れやすい季節の変わり目にもおすすめ!栄養たっぷり「シソジュース」で健康的にダイエット

栄養豊富なシソをたっぷり摂取できるシソジュースは手作りがおすすめ♪
1e625fac08cce315048f8be99b42d144_s
古くから親しまれてきたシソは、日本では薬味のひとつとしても欠かせない野菜です。かつてシソジュースブームがありましたが、近頃はその栄養や効能が見直され、また食の安全性を考え自家製レシピを楽しむ人が増えてきたことから、再び脚光を浴び始めているのです。美と健康に役立つシソの効能と、シソのよいところをたっぷりと摂取できるシソジュースのレシピをご紹介します。

実は緑黄色野菜!シソの栄養素と効能

日本では薬味としても親しまれているシソには、多くの栄養素が含まれています。体で必要な分だけビタミンAに変換されるβ-カロテンや、元気の素でもあるビタミンB1、女性に嬉しいカルシウムは、数ある野菜の中でもシソには多く含まれているのです。

そのほかにもビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ナイアシンのビタミン類、カリウム、マグネシウム、亜鉛のミネラル類が含まれており、健康にも美容にも役立つ栄養素が豊富なことがわかります。

シソ独特の香りは、シソが持つポリフェノールの一種・ペリルアルデヒドによるもので、このペリルアルデヒドには強い抗菌作用や防腐作用があります。さらに臭覚を刺激することで胃液の分泌を活性化させるので、食欲増進にも役立つのです。夏バテや季節の変わり目で疲れてしまって食欲がない、という体をいたわるのにも、シソはピッタリな食材なんですよ。

このようにたくさんのビタミンやミネラルを豊富に含むシソには、免疫力の向上、ストレスの軽減、疲労回復、貧血の予防、アレルギー症状の軽減といった、さまざまな健康効果も期待できます。古くからシソが薬味として親しまれてきたのには、このような健康効果があったからなんですね。

体によいということは、美肌作りや女性らしいスタイル作りにも役立ってくれるということ。そんなシソの栄養素を余すところなく摂取するには、そのまま食べるよりもシソジュースにして飲む方法がおすすめです。

かんたんにできるシソジュースの作り方

市販のシソジュースもよいですが、甘さや味わいを調節できる自家製シソジュースもおすすめ!手軽に作れてそのままストレートで飲むことができるレシピをご紹介します。かんたんに手に入る材料で作ることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

材料

赤シソ…40~50枚
砂糖…100g
水…1リットル
クエン酸…小さじ1(リンゴ酢などお好みのお酢を100~150mlでもOK)

作り方
1.シソは茎を取り除き、葉をため水の中でしっかりと水洗いし、汚れや土をきれいに落とします。

2.鍋に水1リットルを入れて沸騰させ、シソの葉を入れて3~4分程度煮出します。目安としては、赤シソの葉の色が緑色に変わるくらいです。

3.煮出したらシソの葉だけを取り出し、ザルなどに乗せて葉から煮汁をしっかり絞り出します。

4.煮汁だけになったところに、砂糖を加えてよく溶かします。

5.砂糖が溶けたら火を止めて粗熱を取り、クエン酸(またはお酢)を加えて、混ぜ合わせたらできあがり。

できあがったシソジュースは、容器に移して冷蔵庫で冷やして飲みましょう。酸味が苦手という場合はクエン酸の量を少なめに、甘くない方が好きという場合は砂糖の量を調節してみてください。

赤シソは買える時期が限られていますが、一年中手に入る青シソ(大葉)を使っても、同じようにシソジュースを作ることができます。赤シソジュースよりも、シソの香りや味が強いものが作れるので、シソの香りや味わいが好きなら、青シソのジュースがおすすめです。

自家製シソジュースの保存期間は?

先ほどご紹介したレシピで作るシソジュースは、作った翌々日までには飲みきるようにしてください。市販のシソジュースとは異なり、保存料などを入れていないため、冷蔵庫で保管していても傷みやすかったり、風味が損なわれたりするためです。

ネットなどで紹介されているシソジュースレシピの中には、ストレートでそのまま飲むものではなく、水や炭酸水などで割って飲むタイプのものがあります。その場合は、冷蔵庫で1年程度保存できます。作ったシソジュースは、きれいに洗ってしっかり乾かした容器に入れておきます。ガラス製の容器やペットボトル素材の容器などで保存しましょう。

古くから親しまれ続けているものには、やはり理由があるのですね。ジュースとして飲む以外にも、ヨーグルトと混ぜたり、ジュースを使ってゼリーを作るレシピなどもあります。家族みんなで飲めるシソジュースで、疲れた体をいたわって、健康的な体作りをおいしく楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

アナボリック状態をうまく利用して、効率よくきれいにダイエットしよう

運動と食事を見直すことで理想的な美しいボディを手に入れる! ダイエットというと、 …

MEC(メック)食は肉、卵、チーズを毎日食べるだけ!正しい方法をマスターしよう

筋肉をつけてバストアップ&ダイエットを行う高タンパク・高脂質食 最近、ダイエット …

海外セレブも夢中!?キックボクシングですっきりダイエット&ストレス解消!

ダブついた体もシェイプアップ!むくみ・肩こり解消にもオススメ♪ ちょっと変わった …

1週間で-5kg以上?!夏までにしておきたいダイエットは脂肪燃焼スープで!

食べながら健康的にやせられるからストレスが少ない! ダイエット中でもおなかがすく …

脳の唯一のエネルギー源「炭水化物」を過不足なく摂取しよう

自分の運動量に合わせて摂取量、タイミングを最適化! 「低炭水化物ダイエット」でダ …

今年は「果実酢」で、オシャレ&美味しいダイエット習慣をスタートさせよう!

ダイエット、美容、健康効果テキメン!お酢のパワーに、もっと今っぽくあやかろう! …

満腹感の強いこんにゃくで便秘も解消!おいしく食べてダイエット

「こんにゃくダイエット」でラクしてリバウンド知らず! ダイエット食としてよく知ら …

ツボ押しで効果的にすっきり下半身・足痩せを目指そう!

おなかや太もも、足首、足裏のツボは、アンチエイジング効果も大 おなかがぽっこりし …

カッピングで血行促進!お肌にも健康にもいいことづくめ

カッピングとは?その効果とは? 出典:joshi-spa.jp カッピングは吸玉 …

基礎代謝をアップさせて痩せやすい体に!ラジオ波痩身機のエステ

部分痩せ、セルライト対策にもオススメのラジオ波とは? エステサロンでは、さまざま …