美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

栄養豊富な押し麦ダイエットでストレスなく痩せる!やり方は?

押し麦は普通のお米と同じようにおいしく食べてお気軽ダイエット!
0c7236a972785912685e23d47e87a399_s
押し麦といえば、お米が十分に取れない貧しい時代に食べていたイメージがあるかもしれません。ですが、近年押し麦の持っているダイエット効果が注目されているのです。

そもそも押し麦とは何なのかというと、大麦の外皮を剥いたものを加熱し、平らになるようにローラーで押しつぶしたもののことをいいます。

ビタミンB群や水溶性の食物繊維が豊富に含まれており、ダイエットだけでなく便秘の改善にも効果的なのでぜひ取り入れてみてくださいね。

押し麦ダイエットの効果

押し麦を食べることによりダイエット効果が期待できる大きな理由は食物繊維によるものです。

水溶性の食物繊維を100g中6gも含んでおり、ここまで多くの食物繊維を含んでいる食材はめったにありません。

ダイエット効果を得るためには食事の最初に野菜を食べた方が良いと言われますよね。これは、野菜に含まれる食物繊維に食事で摂取する糖の吸収を抑える働きがあるからです。

そのため、食事に押し麦を取り入れることにより、直前に野菜を食べたのと同じ効果が期待できます。それだけでなく、満腹感も与えてくれるため、食べ過ぎを防ぐことにもつながるのです。

押し麦ダイエットのやり方

難しいことは一切なく、通常の食生活に押し麦をプラスしていくだけです。

とても簡単で麦初心者の方でも始めやすいのが、お米8割、押し麦2割という割合で炊いて食べるということ。これだけでも簡単に押し麦の持っているダイエット効果を取り入れることができます。

お米と混ぜて炊いても麦っぽさが気になってしまうのでは…と心配に思う方もいるかもしれませんが、目をつぶって食べればどれが白米でどれが押し麦なのかわからないほど自然です。

独特な味がするわけでもありませんし、とても美味しく食べることができます。

ある程度押し麦に慣れたら茹で押し麦を作り、様々なレシピにアレンジしてみましょう。スープに入れたり、サラダにまぜるのも人気のレシピです。

大量に茹でて冷凍保存をしておけば毎回茹でる手間も省くことができるので、気軽にダイエットを継続できるでしょう。

押し麦ダイエットの注意点

いくら栄養素が豊富だからといって押し麦だけですべての栄養素をまかなえるわけではありません。あくまでダイエットをサポートするためのものとして考えると良いですね。

「お米に混ぜて炊くのが良いのであれば、慣れてきたらを押し麦だけで炊いて食べたら更に良いのでは?」と思うかもしれませんが、押し麦は食物繊維が非常に豊富であるため、これだけを大量に食べるとお腹を壊す可能性があります。

2~3割を押し麦にするくらいであれば毎食食べても問題ないので、食べ過ぎに注意しながら取り入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

これからのダイエットは血液型も関係してくる?食事と血液型の関係がすごい!

ダイエットで一番つらいのはやはり食事制限。しかし、自分の血液型にあった食材を取り …

食べてるつもりなのに満足できない…それって食べることに集中できていないかも?

ながら食べ、人工甘味料には気をつけて満足できるダイエットを! 普通に食べているは …

ダイエットのための遺伝子検査?簡単キットで自分のタイプを知って効率よくダイエットしよう

検査結果であなたにあったダイエット方法がわかります どんなにダイエットをがんばっ …

まさに全身運動!人気のポールダンスで“魅せる”カラダを作る!

女性らしい、しなやかで魅力的なボディライン作りにピッタリ♪ 海外セレブがエクササ …

お尻歩きで下半身だけでなく全身ダイエット!やり方や効果は?

道具を使わずに家で簡単にできるお尻歩きダイエットが人気! 何となく下半身が太く見 …

ファスティング【基本のステップ】リバウンドを予防し、ダイエットを成功させよう!

ファスティングのダイエット効果と、基本的なステップを紹介します。 目次1 ファス …

これだけは気をつけたい!酵素ダイエットの落とし穴

酵素を味方にして健康的にキレイ痩せしよう 一大ブームになった「酵素ダイエット」。 …

ダイエッターの強い味方!高野豆腐を取り入れて効率よくダイエット

食事の前に食べるだけ!食べ応え&満腹感で無理せずダイエットが続けられる 豆腐を凍 …

単品ダイエット、〇〇だけダイエットのここが危険!

もしトライするなら短期間、もしくは1日1回置き換えで! 単品ダイエットとは、基本 …

空腹に負けないために食欲をコントロールしてダイエット成功?!

低カロリーのものを食べるのはOK!美容にいいものも! ダイエットの敵は「食欲」で …