美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

ダイエット効果が高いL-カルニチン。サプリ以外にはどうやって摂取する?

L-カルニチンがダイエットに役立つ!豊富な食材とは?
8c76c4354c9d0d0b947dc8f51e5d774c_s
L-カルニチンといえば脂肪燃焼に役立つ成分として知られています。肝臓によって体内で生成されるアミノ酸の一種なのですが、 L-カルニチン自体が脂肪を燃焼させる働きを持っているわけではありません。

脂肪の燃焼に関わってくるのはミトコンドリアという物質で、L-カルニチンはそのミトコンドリアに脂肪を運ぶ働きを持っているのです。

体内のL-カルニチンが不足するとミトコンドリアに脂肪を届けることができなくなり、取りやすい体になってしまいます。すると、脂肪をエネルギーとして燃焼させることができず、脂肪として蓄積されてしまう形になるわけですね。

そこで、L-カルニチンをダイエットに役立てるにはどうすればよいのかについてご紹介しましょう。

L-カルニチンでダイエット

一般的な生活をしていたとしても、体内ではL-カルニチンが生成されています。しかし、体内で自然に生成されるだけでは摂取目安量に足りません。

L-カルニチンをダイエットに役立てたいと思っているのであればなおさらです。一日の摂取目安量は70mgから100㎎とされているため、L-カルニチンを豊富に含む牛肉などを取り入れて食事から賄っていきましょう。

ただ、牛肉のみでL-カルニチンの摂取目安量をクリアしようと思った場合、一日に100g以上の牛肉を食べなければならないことになります。毎日それを継続するというのは大変なので、他にもL-カルニチンを豊富に含む牛乳やトマトなどの野菜を取り入れると効果的です。

それでも毎日十分な量のL-カルニチンを食事から摂取していくのは大変な話であるため、L-カルニチンを効率よく摂取できるサプリメントを取り入れることも検討してみましょう。

L-カルニチンを取り入れるだけで痩せられる?

残念なことに、十分な量のL-カルニチンを摂取したとしてもそれだけで痩せられるというわけではありません。というのも運動をしなければのも、L-カルニチンがミトコンドリアに脂肪を運ぶという作業が効率よく行われないからです。

ただ、言い換えれば運動をする際にL-カルニチンを取り入れれば効率よく脂肪燃焼が行われるということでもあります。ダイエットのために運動しているのになかなか効果が出ないという方は運動の前後にL-カルニチンを取り入れましょう。

L-カルニチンが摂取できるサプリメントには運動を組み合わせるように推奨されているのはこのためです。

L-カルニチンと運動、そして適度な食事制限を組み合わせれば短期間で大幅なダイエットを目指すことも不可能ではありません。

自分にとって無理のない範囲でダイエットに取り組んでみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

骨盤ダイエットに取り入れたい3つのグッズに注目

家でも気軽にできる骨盤ダイエットですが、便利な矯正グッズを利用すれば効果もアップ …

基礎体温は女性のキレイに活用できる超有用データ!脱毛のタイミングにも…

妊活目的だけじゃない!全ての女性に知ってほしい、基礎体温の美容活用方法を紹介しま …

レコーディングダイエットのすごい効果とは?自分の食事を全て書き出せ!

実際に毎日たべたものを全て紙に記録していくといった行為だけでダイエット効果がある …

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた最高のプログラム、ビリーズブートキャンプの魅力とは?!

今日からあなたもキャンプの隊員!激しい動きで脂肪を燃やせ! ダイエットに興味があ …

お尻歩きで下半身だけでなく全身ダイエット!やり方や効果は?

道具を使わずに家で簡単にできるお尻歩きダイエットが人気! 何となく下半身が太く見 …

ストレッチチューブを使ってさらに効果アップ!おすすめのやり方は?

1本のチューブでいろいろなストレッチが効果的にできる! ストレッチは自分の体一つ …

これだけは気をつけたい!酵素ダイエットの落とし穴

酵素を味方にして健康的にキレイ痩せしよう 一大ブームになった「酵素ダイエット」。 …

単品ダイエット、〇〇だけダイエットのここが危険!

もしトライするなら短期間、もしくは1日1回置き換えで! 単品ダイエットとは、基本 …

夜食に食べるならこれ!夜中に食べても太らないコツ教えます

食習慣を見直して食べても太らない体に! 仕事が長引いたり夜更かししたり、遅くまで …

高橋真麻の置き換えダイエットで-20kgも夢じゃない?!自分にあった置き換え食を見つけるのが大事

置き換えるだけだから長続きするのが成功の秘密 ダイエットの目的は人によって違いま …