美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

ヤバい髪の毛切りすぎた!髪を早く伸ばす方法と切りすぎた髪のアレンジ法

切りすぎてしまった髪は戻らない…髪を伸ばしながら今のヘアスタイルを楽しもう!

美容室でカットをおまかせしていて、できあがったと思ったら想像以上に髪が短い…!?また、前髪をセルフカットしていたらうっかり切りすぎてしまった!そんな経験をしたことがある人は多いですよね。

思い切ってショートに挑戦したら、思っていたより短すぎたということもあるかもしれません。切ってしまった髪を戻すことはできませんが、切りすぎた髪は少しずつ伸ばしていくことができます。

特に女性はヘアアクセサリーやアレンジをかなり自由に選ぶことができますから、短く切りすぎた髪もアレンジで隠したり、思い切って遊んだりできるんです。

まずは切りすぎてしまった髪をなるべく早く伸ばす方法、そして切りすぎを隠すことができるアレンジ方法をご紹介します。

1.しまった髪を切りすぎた!髪を早く伸ばすには?

切りすぎた髪をどうにかしたいとき、真っ先に思いつくのが「髪を早く伸ばす」ということですよね。髪を早く伸ばすには、とにかく髪と頭皮にダメージを与えず、しっかりヘアケアをおこなうことが大切です。

頭皮マッサージやヘッドスパ

髪がしっかり成長するには、土台となる健康な頭皮が重要です。頭皮や毛穴に余分な皮脂が詰まっていたり、ベタベタと汚れていたりすると、すこやかな髪の毛も育ちにくくなります。

どんなに髪によい栄養素を摂取していても、頭皮環境がよくなければ髪まで栄養が届きません。指の腹を使ってやさしく頭皮をマッサージする習慣をつけると、頭皮がやわらかく血行もよくなるので、髪も成長しやすくなります。

自分で頭皮マッサージをする自信がないという人は、美容室などで定期的にヘッドスパを受けてもよいでしょう。

髪や頭皮によい栄養素を積極的にとる

髪はタンパク質から作られています。そして女性ホルモンのエストロゲンは髪の成長を促す働きがあります。それ以外にも、髪や爪などの成長を促す亜鉛やビオチン(ビタミンB7)も摂取するようにすると、髪の成長が早くなることがあるんです。

ただし、髪や頭皮によい栄養ばかりを摂取すると栄養が偏るので、あくまで積極的に摂る栄養素としてとらえておいて、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。髪を伸ばしたい間だけ、亜鉛やビオチン、大豆イソフラボンなどのサプリメントを飲むのもよいかもしれませんね。

ストレスはため込まず発散させる

ストレスは新陳代謝を低下させて、頭皮の血行を悪くします。頭皮の血行が悪くなると髪に必要な栄養が届かなくなり、髪の成長を阻害してしまうのです。

ストレスを感じたら適度に発散させ、強いストレスをため込まないようにしてください。

ドライヤーで髪を乾かしすぎない

もっとも髪を傷めやすいのがドライヤーの間違った使い方です。ドライヤーを使うときは髪から10~20cmは離し、1箇所に長時間当て続けないようにします。8割くらい乾いたら温風から冷風に切り替え、余熱と冷風で仕上げるようにしましょう。

実はこれらの方法は、きれいな髪を作るヘアケアの基本でもあります。髪を切りすぎてしまったときでも、基本のヘアケアがきちんとできていれば、髪も比較的早く伸びてくるはずですよ。

2.髪を切りすぎたときのアレンジ法

髪を早く伸ばす対処法を取り入れても、1日や2日で髪が伸びてくるわけではありませんよね。髪が伸びてくるまでに髪の切りすぎを隠したり楽しんだりするために、さまざまなアレンジ方法を取り入れてみましょう。

スタイリング編

分け目を変える

いつもとは逆の分け目に変えたり、真ん中の分け目を左右どちらかにしたりするだけで、髪にボリュームが出やすくなります。分け目を変えることで気分も変わるので、手軽に雰囲気を変えられますよ。

髪を耳にかけて耳を出す

分け目を変えるのと同じく、短くなってしまった髪を耳にかけると雰囲気が変わります。耳にかけることでスッキリした印象になり、耳にかかっていれば髪が短く見えることもありません。

ワックスでボリュームアップ

特にショートヘアの場合、髪全体にワックスを揉み込むことでボリュームを出すことができます。切りすぎてぺたんこになってしまったときにオススメ。

編み込み

サイドに編み込みを作ることで上品な雰囲気になります。短めの髪も編み込みの中に入れてしまえばそれほど気になりません。編み込んだ髪は耳にかけるとかわいらしさもアップ!髪がまとまりにくいときは、全体にワックスをなじませましょう。

ハーフアップ

長めの髪でも短めの髪でもやりやすいのがハーフアップです。ヘアゴムやシュシュ、パッチン留めなどヘアアクセを変えれば印象や雰囲気も手軽に変えられます。

ポンパドール

特に前髪を切りすぎたときにオススメ!思い切って前髪を上げてしまえば、切りすぎたこともわかりません。おしゃれなピンを選んでポンパドールを楽しみましょう。

ヘアアクセ編

大ぶりアクセで印象アップ

髪の薄いほうなどに大ぶりなヘアアクセをつけると、髪が少ないことに目が行かなくなります。髪が短い、少ないときだから楽しめるアレンジとして遊び心を盛り込んでもOK。

ターバンやヘアバンドで前髪・トップを隠す

手軽に髪を隠したりまとめたりできる便利なアイテムです。特に太めのヘアターバンやヘアバンドは、前髪からトップにかけて全体的に隠すことができるので、アレンジがめんどくさい!というときにオススメ。

カチューシャやピンで思い切ってアップに

ポンパドールと同じように、短い前髪は思い切ってアップにしてしまいましょう。おでこを出すのが恥ずかしいというときは、前髪の中央だけをピンで留めたり、前髪をサイドに流してピンで留めてみてくださいね。

エクステやハーフウィッグも

どうしても髪の短さがガマンできないというときは、エクステやハーフウィッグを使うのもよいでしょう。エクステは必要な分だけつけることができますし、ハーフウィッグは前髪用や後ろ用を選ぶことができます。使い方に慣れてくれば、いつものヘアスタイルをほとんど変えずに生活できますよ。

思い切って大胆にイメージチェンジ

ヘアカラーをチェンジ

思い切ってヘアカラーを変えてみると、意外としっくりくることもあります。いつも明るい髪色なら暗めの色で短い髪に重さを出したり、より明るい髪色にして軽さを追求するのもよいでしょう。

メイクをチェンジ

ヘアスタイルにあうようなメイクに変えてみると、顔全体の雰囲気がまとまります。思いっきり短くしてしまったならナチュラルメイクもよく似合います。眉の色を変えるだけでもイメージが変わりますよ。

伊達メガネで目線を集める

切りすぎた髪を目立たなくさせるなら、髪に目線を集めなければいいのです!伊達メガネを使って視線を髪からメガネに集めるようにすれば、髪の切りすぎに気づかれないかも!?

切りすぎた髪をなんとかするアレンジはいろいろあります。せっかくだから切った髪を楽しめるようなアレンジやを楽しんでみてくださいね。

3.髪を切りすぎても気にしない!ストレスを感じないことも大切

髪を切りすぎてしまったことを悔やむあまり、毎日髪を引っ張ったりいつまでも悩んだりしていては、頭皮にダメージを与えてストレスもたまってしまいます。

先ほどご紹介した通り、頭皮へのダメージやストレスは髪の成長にとっては大敵です。髪を早く伸ばして理想的なヘアスタイルを楽しむためには、切りすぎてしまった髪も一緒に楽しんでしまうくらいの気持ちでいましょう。

自分では短いヘアスタイルを見慣れていないだけで、周りの人から見れば「意外といける」「似合ってるじゃん」と軽く受け入れられることもあるでしょう。

失敗した!と感じるのは「見慣れていない」という部分も大きいので、切ってしまった髪を悔やみ続けるのではなく「これでまた髪を切りすぎたときも大丈夫!」と思えるくらい、アレンジやヘアアクセを楽しんでみてください。

髪を切りすぎたと思ったら、それを後悔し続けるのではなく、逆に今しかできないスタイルやアレンジを楽しみましょう。そして髪を早く伸ばすために基本のヘアケアをていねいに続けて、また次のヘアスタイルを楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

髪にツヤがないのはなぜ?潤いのある髪の毛を作るには?

パサついてハリのなくなった髪の原因は?ツヤツヤにする方法とは 美髪になるための原 …

リンス・コンディショナー・トリートメント…それぞれの違いと使う順番

コンディショナーやトリートメントを使い分けて自分にあったヘアケアを いつも何気な …

育毛サプリメントで体毛まで濃くなる?髪以外への働きは大丈夫なのか

髪が濃くなっても体毛が濃くなるのはイヤ! 育毛サプリメントといえば、薄毛の悩みを …

日々のヘアケアを見直して、傷んだ髪をケアしよう!

健康美髪はシャンプー、シャワー、ドライヤーに秘訣あり! 健康な髪は、艶やかでまと …

美髪ケアするならドライヤーで髪を乾かすのがマスト!

自然乾燥は髪へのダメージ要因がいっぱい!今日からドライヤーにしよう シャンプー後 …

美髪ケアの極意は毎日のシャンプーにあった!

一手間かけた正しいシャンプーで髪は生まれ変わる 美髪ケアの基本中の基本は、「洗い …

シャンプー・育毛剤・サプリメント・クリニック…育毛方法比較!

育毛方法はいろいろあるけれどどの方法が良いのか比較! 髪のボリュームが減り、何と …

雨の日に髪の毛がぺったんこになるのはなぜ?原因と対策を紹介!

ぺったんこ髪は対策が取れる!ボリューム不足に悩んでいるなら。 雨の日は髪の毛がゴ …

気になる頭皮の臭い…。その原因と対策とは?皮脂の増えすぎに注意

自分でも知らないうちに発生している頭皮のイヤな臭い…対策は? しっかりシャンプー …

くせ毛を活かしたセットでおしゃれにヘアアレンジ!

まずは、セットしやすいくせ毛ケアをマスターしよう 思うようにスタイリングできず、 …