美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

女性も薄毛に注意!髪が細く痩せてきたら女性向け育毛剤を使おう

ボリュームのある美しい髪を保つための女性向け育毛剤の選び方

薄毛や抜け毛というと男性がなるもので女性は無縁だと思っている方も多いようですが、実は女性でも薄毛や抜け毛といった髪のトラブルに悩まされるのはよくあることなんです。女性の髪が豊かな量とツヤがあるのは女性ホルモンのおかげで、妊娠・出産直後や閉経時期はホルモンバランスが乱れがちになり薄毛・抜け毛に加えて髪のうねりやパサつきなどさまざまなトラブルが現れます。

最近では女性向け育毛剤が次々登場し、30・40代の若い女性でも美しい髪を保つために育毛剤を愛用している方が増えています。ここでは女性向け育毛剤に期待できる効果や、選び方などについて詳しくご紹介します。

女性向け育毛剤に期待できる3つの効果

女性向け育毛剤には以下のような3つのうれしい効果が期待できます。

乾燥や皮脂で荒れがちな頭皮環境を健やかに整える

年齢とともに顔や手足が乾燥するのと同じく、頭皮も乾燥します。乾燥するとカサついて、炎症を起こしてしまったり、乾燥によって皮脂分泌量が増えベタつきや毛穴のつまりができたりと、さまざまな頭皮トラブルの原因になります。また、女性ホルモンには皮脂分泌量をコントロールする効果があるのですが、更年期には女性ホルモンが減少し頭皮がベタつきやすくなります。

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ

なども女性ホルモンを減らしてしまう原因となるので、若いから大丈夫と油断しているのは危険です。女性向け育毛剤には、ホルモンバランスを整える作用のある成分の他に、炎症を抑える成分も配合されており、ふけやかゆみといった頭皮のトラブルを予防・改善し健やかな状態に導いてくれます。

血行を促進して栄養を髪に届けてくれる

多くの女性向け育毛剤には、血行促進作用のあるビタミンEなどが配合されています。育毛剤に含まれた血行促進成分が頭皮のこりをほぐして血流を改善し、頭皮や髪までしっかり栄養が届くようにしてくれます。

健康な髪を育ててくれる

健康な髪が育つために欠かせない2つの条件が、

  • 頭皮環境が正常であること
  • 血流が良く栄養がきちんと届いている

というもの。前述した2つの効果が健康な髪の育つ環境を整えてくれるというわけです。

髪の毛はすでに死んでしまった細胞でできているため、外側からのケアでハリ・コシ・太さを改善することはできません。美しい髪のためには、頭皮を健康にしてこれから伸びてくる髪の毛がしっかり育てるようなケアをしてあげる必要があります。女性向け育毛剤は髪を育てることに着目している商品なので、髪がだんだん細くなったり根本のボリュームが減ったりするような髪のトラブルに最適なのです。

女性向け育毛剤に含まれる主な成分6つ

4f8bd02fa51f3fd8478e1d5c8c680acf_s
女性向け育毛剤は各社さまざまな独自成分を配合しており、選ぶ時は迷ってしまうことも多いですが、成分の持つ作用ごとに6種類のジャンルに分けることができます。

保湿成分

ヒアルロン酸、コラーゲンなど。頭皮の乾燥を防いで頭皮環境を健やかに保つ。

髪の栄養成分

ビタミン、ミネラル類。髪を作る元になり、健康で丈夫な髪を育ててくれる。

抗酸化分

ビタミンA,C,E、植物性ポリフェノール(ダイズイソフラボン、緑茶エキスなど)など。ストレスや加齢による頭皮ダメージの予防・改善。

血行促進成分

ビタミンEなど。血液をサラサラにして血流を改善し、頭皮のすみずみまで栄養が行きわたるようにしてくれる。

抗炎症成分・抗菌(殺菌)成分

グリチルリチン酸ジカリウム(カンゾウ根エキス)など。頭皮のかゆみ、ふけ、炎症などのトラブルを防いで頭皮を健やかに保つ。

ホルモンバランス調整成分

イソフラボン、フラボステロン(ダイズ種子エキス)など。女性ホルモンとよく似た働きがあり、女性らしいつややかで豊かな髪を育ててくれる。

この他に、脱け毛の原因の一つである男性ホルモンを抑制するチョウジやオウゴンリキッドなども女性向け育毛剤に使用されることがあります。

女性向け育毛剤は副作用の心配なし!

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s
頭皮に塗布するタイプの女性向け育毛剤は、女性のデリケートな肌に合わせて刺激の少ない成分を使っているものがほとんど。体調が悪くなるような重い副作用は一切心配ありません。ただし、化粧品と同じく肌に合う・合わないがあるので、使ってみて異常が出た場合は使用を中止して様子を見るようにしてくださいね。

特に妊婦さんの場合は、皮膚が敏感になっている上に、妊娠中は普段ならなんともない香りでも気分が悪くなることがあります。女性向け育毛剤は男性向けと違い育毛剤らしい特徴的な香りはありませんが、成分由来の香りが合わないこともあります。苦手なニオイだとだと感じたら無理せず使用を中止してください。

育毛剤の効果的な使い方・3つのルール

育毛剤はただ頭皮につけるだけでも多少の効果は期待できますが、できるだけ早く確実に髪の毛の変化を実感するのなら3つのルールを守って正しい使い方をするのがおすすめです。

使うのは夜8~10時の間がベスト

髪や肌を健康で若々しく保つ作用のある成長ホルモンは、PM22~翌AM2時の間が最も分泌量が多い時間です。成長ホルモンの分泌が始まる直前に育毛剤を使うことで、成長ホルモンとの相乗効果で育毛剤の効果が最も引き出されます。

使う前はシャンプーをする

髪の毛を作る毛母細胞などは毛穴の中に存在しており、育毛剤の成分を髪の毛に届けるためには毛穴の中にしっかり浸透させないといけません。1日分の汚れや汗・皮脂のつまった毛穴は育毛剤をはじいてしまうため、使う前には必ずシャンプーをするようにしましょう。シャンプーはスカルプケアタイプを使うのがおすすめです。

育毛剤を付けた後は指先で軽くマッサージ

シャンプーした後の頭皮は傷つきやすいので、指の腹を使って優しく揉むようにマッサージしましょう。マッサージによる刺激で血流が促進され育毛剤の成分が浸透しやすくなります。

育毛剤の購入時にチェックするべき3つのポイント

1bdc02948197c0352782ba338c1c27e1_s

コストパフォーマンス

育毛剤は化粧水や乳液と同じで基本的に毎日使い続けるものですし、頭皮全体に行きわたるようにするとけっこうな量が必要です。高いから気になって少量ずつ、数日おきにしか使えない、これでは効果はなかなか実感できません。毎日続けても苦痛に感じない程度のコストパフォーマンスであることが、育毛剤選びでかなり重要なポイントです。

無添加処方で安心

女性の頭皮は自分で思っているよりもずっとデリケートです。できるだけ無添加・低刺激処方のものを選びましょう。

ボトルのデザイン

いかにも育毛剤というデザインだと洗面所へ出しておいたり旅行先へ持って行くなど人前に出す気になれず、奥にしまっているうちに使うのがおっくうになってしまうことも多いです。また、ボトルデザインがきれいな方が使っていて楽しい気分になれるので、自分が好きだと思えるオシャレなデザインを選びましょう。

人気の女性向け育毛剤はどれも育毛剤とは思えないオシャレなデザインで、誰にもバレずに育毛剤を使うことができます。

ボリュームのないぺたんこの髪に悩んだら女性向け育毛剤でケアしよう!

女性の薄毛や脱け毛はびまん性脱毛症と良い、時間をかけてゆっくりと髪が細くなりコシ・ハリがなくなっていくのが特徴で、髪の変化に気付いた時点で早目に対処すれば元のようなボリュームとコシのある髪を育ててあげることが十分にできます。しかし、何もケアしなければ脱け毛が目立つようになり、髪全体が薄くスカスカになってしまいます。

髪にハリやコシがなくなりボリュームダウンしたように感じたら、ヘアケアの一環として女性向け育毛剤を試してみてはいかがでしょうか?

妊娠中は女性ホルモンの作用で一時的に髪の成長がストップし産後に一気に抜け毛が増えて薄毛になることがあります。産後の薄毛予防にも女性用育毛剤はおすすめのアイテムです。いつでもきれいなママでいたい方は産前から女性向け育毛剤で頭皮と髪の毛をケアしてあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

うっとうしい髪の静電気!その場でできる応急処置と髪質・体質から変える静電気対策

乾燥しがちな秋冬が来る前に!緊急対策とデイリーケアで静電気とサヨナラしよう 髪が …

本当のところどうなの?ヘナカラーのメリット、デメリット

自宅で安全・ヘルシーな白髪染め、ヘナカラータイムを楽しもう! カラーリングや白髪 …

20代女性なのに薄毛に…!原因や効果的な対処法は?

若いからといって薄毛は他人事ではない!20代の薄毛対策とは? 薄毛の悩みに直面し …

ヤバい髪の毛切りすぎた!髪を早く伸ばす方法と切りすぎた髪のアレンジ法

切りすぎてしまった髪は戻らない…髪を伸ばしながら今のヘアスタイルを楽しもう! 美 …

美容室帰りのさらツヤ髪は作れる!さらツヤをキープ&作る3つのポイント

サラサラ髪を長持ちさせるためのケア方法とすぐにできるワンポイントアドバイス 美容 …

気になる頭皮の臭い…。その原因と対策とは?皮脂の増えすぎに注意

自分でも知らないうちに発生している頭皮のイヤな臭い…対策は? しっかりシャンプー …

日々のヘアケアを見直して、傷んだ髪をケアしよう!

健康美髪はシャンプー、シャワー、ドライヤーに秘訣あり! 健康な髪は、艶やかでまと …

美髪ケアするならドライヤーで髪を乾かすのがマスト!

自然乾燥は髪へのダメージ要因がいっぱい!今日からドライヤーにしよう シャンプー後 …

ブラッシングやシャンプーでぷつぷつ切れる「切れ毛」の原因と予防法

こんな習慣が切れ毛を作る!見直したいのはヘアケア・食事・生活習慣 髪をかき上げた …

枝毛や切れ毛が多い!その原因と対策は?ドライヤーのかけ方も重要

できてしまった枝毛や切れ毛は治せない!対策を取って予防が大切 枝毛や切れ毛が発生 …