美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

医療脱毛は医療費控除が受けられる!?契約前にちょっと待って!

脱毛の中でも医療機関であるクリニックで受けるのであれば、医療費控除に含まれるのではないか?といった疑問があるかもしれません。

確かに美容目的で行う脱毛だったとしても、施術を行うのはクリニック。

クリニックでの脱毛について調べたことがある方ならば、クリニックでの施術だったとしても健康保険が適応にならないのはご存知でしょう。

そこで、今回は「保険の対象にならなかったとしても医療費控除の対象になるのでは?」と思っている方がチェックしておくべき情報をまとめています

医療脱毛と医療費控除の関係について知りたい方は必見です!

そもそも医療費控除とは?

医療費控除というのは、支払った医療費の一部が確定申告で還元されるシステムのこと。国税庁のホームページでは次のように紹介されています。

自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができる

No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除): 国税庁公式サイト

 
これをみて、中には「医療費控除=1年間で10万円以上の医療費がかかったら、それを超える分は戻ってくる!」と思っている方もいるのではないでしょうか?

しかし、これは違います。ポイントになってくるのは、所得税・住民税の納付額に関することなのです。

10万円を超えた医療費が戻ってくるわけではない!

例えば、年収500万円の方がいたとしましょう。通常は、この500万円に対して年収をもとに金額が決まる所得税・住民税を収めなければなりません。

ですが、病院で年間110万円相当の治療をしたとすると、年間10万円を超える医療費は控除の対象になります。

そうなると、対象となる金額は100万円が年収からひかれた400万円で、その400万円に対して所得税・住民税がかかってくる形になります。

「戻ってくる」わけではなく、一定額を超えて支払った医療費の分の所得税・住民税を「調整してもらえる」ものだと理解しましょう

医療行為になる脱毛方法はどれ?

サロンやクリニックで行われている脱毛方法は大きく分けて3つ。

サロンで行われているのはフラッシュ脱毛器、クリニックなどの医療機関で行われているのがレーザー脱毛やニードル脱毛です。

呼び名が違うだけでなく、施術の内容も異なります。どの方法であれば医療行為にあたるのでしょうか?これらの脱毛方法には次のような違いがあるんです。

医療行為になる? できること
医療レーザー脱毛 脱毛・永久脱毛
医療ニードル脱毛 脱毛・永久脱毛
サロンのフラッシュ脱毛 × 抑毛・減毛

脱毛方法のうち、医療行為として認められるのはクリニックなどの医療機関で行うレーザー脱毛とニードル脱毛になります。

サロンで行われているフラッシュ脱毛は医療行為とは認められません。これは、医療機関に比べて弱い脱毛機を使っているためです。

クリニックなどの脱毛期間で行われている脱毛方法は医療行為ということもあり、医師免許を持った人、または医師の指導を受けた看護師しか行えません。

医療脱毛なら医療費控除の対象ってホント?

情報サイトなどで医療脱毛は医療費控除の対象になる!と紹介されていることがありますが、これは残念ながら間違いです。

医療費とは病院やクリニックでかかった費用全般のことを言うわけではありません。

クリニックでお金を支払えばどのような理由だったとしてもすべてが医療費になる、というわけではないんです。

医療脱毛でも控除の対象にはならない!

脱毛も、クリニックで行う医療脱毛だったとしても医療費控除の対象にはなりません。

「クリニックで行う脱毛はサロンよりも少し高いけれど、医療費控除が受けられるはずだから断然お得!」と考えている方は注意!

これは、脱毛サロンでの支払いに関しても同じことがいえます。

そもそも先述したように、サロンでは医療行為はできないわけなので、当然、医療費の対象にはならないんです…。そのため全額自己負担となります。

美容目的の脱毛は控除対象外!

そもそもなぜ、クリニックなどで行う医療レーザー脱毛やニードル脱毛は医療費控除の対象にならないのでしょうか?

これはなぜかというと、医療費の対象になるのは病気やケガの治療を目的としたものだけだから!他にも例をご紹介します。

医療費控除の対象になる?
脱毛 ×
予防接種 ×
疲労回復治療 ×
健康増進治療 ×
歯科治療 咀嚼改善治療
歯並び改善 ×

ここからもわかる通り、それをしなければ体に支障をきたしたり、健康的に問題が発生するようなものでなければ医療費控除の対象にはなりません。

例えば、咀嚼障害の治療のために咀嚼改善治療を受けた場合は医療費控除の対象になります。

健康や命にかかわるもの以外は控除の対象にならない

しかし、ただ「見た目が気になるから」といった理由で歯列矯正を行っても控除の対象にはならないんです。

ムダ毛のせいでコンプレックスを感じていて…といったものも対象になりそうな気もします。

ですが、脱毛しなくても日常生活が送れなくなることはありませんし、命に別状はありませんよね。こういったことから医療費の対象にはならないんです。

皮膚科の脱毛なら控除対象になる?

皮膚科で脱毛を行えばさすがに対象になるのでは?という考えもありますよね。

一般的に美容クリニックといえばその名の通り美容目的で行う治療がほとんどです。

しかし、皮膚科であれば皮膚疾患の治療なども行っているため、対象になるようなイメージがあるかもしれません。

皮膚科での脱毛も控除の対象外

まず、一般皮膚科と美容クリニックでの脱毛の施術についてですが、同じレーザー脱毛であれば治療自体に違いがあるわけではありません。

ただ、一般皮膚科は主に皮膚疾患の治療実績が多く、反対に美容クリニックは脱毛などの実績が多いと判断できます。

そのため、美容目的で行う脱毛は実績が豊富な美容クリニックの方が向いていますよ♪

ちなみに、一般皮膚科の脱毛だったとしても先述したように「病気やケガの治療目的で行うものではない」ため、医療費控除の対象にはなりません

多毛症など、病気の治療では例外も

絶対に100%脱毛は医療費控除の対象にならないのか?というと、実はそうではないんです。

何度も繰り返しになりますが、美容目的ではなく、皮膚の病気などの治療目的で医師が必要と判断して脱毛する場合は医療費控除の対象になります♪

具体的にはホルモンの分泌異常などが原因で発生している多毛症など。この場合も100%対処になるとは限らず、あくまで医師の判断ということにはなります。

しかし、場合によっては医療費控除の対象として認められることもあります。

こういった情報によって「医療機関で脱毛すれば控除してもらえる」と勘違いをしている方もいるかもしれませんが、勘違いしないようにしましょう。

なかには誤解を誘う悪質な表現もあるので注意が必要です。

多毛症かも?女性の太毛の原因と治療法は?

少しでも安い医療レーザー脱毛はどこ?

ご紹介してきたように、残念ながら医療機関での脱毛だったとしても医療費控除の対象にはなりません…。

そこで、どうせ対象にならないのであれば、できるだけ安いクリニックを探してみましょう♪

クリニックによって料金設定は違うので、よく確認してから決めないと損をしてしまう可能性があります。

特に安いクリニックについてご紹介するので参考にしてみてくださいね。

レジーナクリニック

所在地 池袋/札幌/表参道/渋谷/銀座/大阪梅田/福岡
全身
(顔・VIOを除く26ヶ所)
5回 189,000円
分割払い 月々6,800円

レジーナクリニックの大きな魅力ともいえるのが、全身脱毛が安いということ。全身脱毛は脱毛する部位が多いため、どうしても高い料金がかかりがちです。

レジーナクリニックは他のクリニックに比べると10万円近く安い料金設定となっているので、全身ツルツル肌を目指したいと思っている方はぜひ検討してみましょう♪

しかも嬉しい事に麻酔代やシェービング料などの追加費用がかかりません。

基本費用が安かったとしてもこういった費用ではあれこれ追加料金がかかるところもあるので、そういったものもないのはレジーナクリニックの大きな魅力ですね。

クレアクリニック

所在地 新宿/渋谷
全身脱毛 顔・うなじ・VIOは別プラン 3回 155,520円
5回 233,280円
6回 259,200円
8回 345,600円
Myセレクト全身脱毛 制限なしに部位を選べる
施術時間に応じて料金が変動
3回 最安98,820円
5回 最安148,230円
6回 最安164,700円
8回 最安219,600円
ベストチョイス3部位 ワキ/ひじ下/ひざ下/手の甲/
足の甲/指 より3ヶ所
3回 65,880円
5回 98,820円
6回 109,800円
8回 146,400円

クレアクリニックでは3回コース、5回コース、6回コース、8回コースと複数のコースが用意されているのが魅力です。

全身脱毛では顔と同じ、VIOが含まれていないのですが、こういった部位の脱毛をしたいと思っているのであれば、全身すべての部位から選べるMyセレクト全身脱毛もおすすめ!

ベストチョイス3部位に含まれているのは、脇、腕(ひじ下)、脚(ひざ下)、手の甲、足の甲、指となっています。

コース設定やプラン設定がかなり細かくわかれているので、不要なコースしか用意されていなくて無駄な費用がかかってしまった…といった心配も必要なし!

自分にとって本当に必要なものだけを取り入れることができるのは大きな魅力です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

脱毛で医療費控除が受けられればかなりおいしいのに…と思っていた方もいるかもしれませんが、ご紹介したように控除の対象にはなりません。

ただ、医療脱毛は高いといっても各種キャンペーンなどを行っているところも多く、金銭的にムリのない範囲で脱毛できるところも増えています

最後にこの記事の内容をまとめておくと、以下のようになります。

ここがポイント
  • 脱毛はどこで受けても医療費控除の対象にならない
  • 多毛症などの病気の治療なら対象になることもある
  • キャンペーンで安く医療脱毛できるクリニックも増えている

医療脱毛をすると、お手入れの手間が減ったり、セルフ処理をするよりも肌へのダメージが少ないといったメリットがあります。

医療費控除の対象にならないからといって簡単にあきらめず、ぜひメリットの多い医療脱毛を検討してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

医療脱毛が皮膚の色素沈着や発疹に繋がることがある?

皮膚トラブルが発生しやすい人が医療脱毛をする際の注意点などをご紹介します。 医療 …

光アレルギーの人でも医療脱毛できる?注意点も紹介!

紫外線や光にアレルギーを持っている方の医療脱毛についてご紹介します。 エステやク …

脚は医療脱毛で「剛毛女子」を卒業しよう!

安全に・キレイに・早く・確実に脚の脱毛を行いたい方は医療脱毛 ムダ毛処理の中でポ …

「LPIR(ロング・パルス・アレキサンドライト・レーザー)」について知っておきたいポイント

日本人の肌に適したロングパルスで、広範囲の照射が可能なLPIR アレキサンドライ …

大阪在住の方必見!口コミで高評価!サクラアズクリニックの脱毛ってどうなの?

3種類から選べる月額制全身脱毛が人気のサクラアズクリニック サクラアズクリニック …

医療脱毛でも施術後は湯船はNG?入るとどうなるの?

お風呂は一日の疲れを癒す大切な時間だから… 医療脱毛のあとも湯船はNG?その理由 …

ケロイド体質ならばエステより医療脱毛がおすすめ!脱毛と同時に治療も!

ケロイド体質でも医療脱毛ならばキレイに脱毛できる? 体質によってケロイドができや …

毛根にダメージはもう古い!?新説浮上!バルジ領域とはなに?

脱毛と深い関係があると考えられ始めているバルジ領域についてご紹介します。 バルジ …

医療レーザー脱毛機「ソプラノ」の特徴について

弱めのレーザーを連射ショット、痛みのない脱毛が可能な脱毛機「ソプラノ」 医療レー …

アトピーで脱毛するならサロンとクリニックどちらがおすすめ?悪化した場合はどうしたらいい?

女性は年頃になると、日常的にムダ毛処理をするようになるものです。 カミソリや電気 …