美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

安全に脱毛するならサロンとクリニックのどちらを選べばいい?副作用やトラブルを避けて安全に脱毛する方法とは

脱毛と安全

脱毛すればツルツル肌が手に入り、ムダ毛に悩まされなくなる…と聞くと、施術を受けたくなる反面、本当に安全かどうか不安になりますよね。

「脱毛って痛いって聞いたけど本当に大丈夫なの?」
「もしリスクがあるなら、早めに知っておきたい」

脱毛を検討するさい、このように慎重に考えている方もいるはず。

そこで今回はサロンやクリニックの脱毛について、しくみとその安全性、起こりうるトラブル、部位ごとのリスク、おすすめのクリニックを詳しくご説明していきます。

これを読めば不安が解消されて、安心して脱毛に通えるようになりますよ♪

サロンやクリニックでの脱毛は安全なの?

脱毛のカウンセリングへ行くにしても、健康に影響しないのか分からないうちは、気が引けてしまいますよね。

そこで安全性をたしかめるために、施術のしくみからお話ししていきましょう。

サロンで受けられるフラッシュ脱毛のしくみ

脱毛サロンでは光を肌に照射し、毛根の組織を弱めていく「フラッシュ脱毛(光脱毛)」を行っています。これは美容エステの一種。

フラッシュ脱毛では永久脱毛ができませんが、少しずつ抑毛・減毛していくことが可能です。

肌への負担が少ない上に、脱毛機から出た光には肌を整える作用があるので、美肌にもなれちゃいますよ♪

クリニックで行うレーザー脱毛のしくみ

医療脱毛とも呼ばれる、脱毛クリニックの「レーザー脱毛」。こちらは医師が在中している医療機関でしか行えません。

この施術では毛根の組織にたしかなダメージを与えて脱毛するため、永久脱毛の効果が得られます。

また効果が高いので、サロンよりも早い期間で脱毛が終わるのも特徴です。

サロンやクリニックで受ける脱毛の安全性は?

これらの脱毛施術で照射される光は、紫外線よりも人体に影響が少ない安全なもの。

目の近くに照射しなければ、健康上、とくに問題はありません。

ただサロンとクリニックでは、扱う脱毛機やスタッフの資格に違いがあるので、この点についても後ほど詳しく説明しますね。

脱毛で考えられるトラブル5つ

お伝えした通り、サロンとクリニックの脱毛で、人体に悪い作用が起こることはほとんどありません。

しかし完全にないとも言い切れないので、起こりうるトラブルと原因、起こりやすい部位について、ここでは説明していきますね。

肌の赤み

脱毛で起こるトラブルとして、1番ポピュラーなのが脱毛後の肌の赤み。

脱毛当日に入浴したり、運動や飲酒をして肌に赤みが出るケースが多いです。

またスタッフが脱毛機の威力を高くしすぎたまま脱毛すると、刺激で炎症を起こす場合も…。

こうしたトラブルが出やすい部位としては、皮膚の薄い顔や毛が密集しているVIOがあげられます。

だいたい2日~1週間以内で治っているケースがほとんどですが、長引く場合は医師の診察を受けましょう。

クリニックによっては、無料で炎症止めの薬を処方してくれるところもありますよ。

ヤケド

高出力で脱毛したときや、スタッフが誤ってホクロやシミを照射したときなどによく出る症状です。

日焼けや色素沈着で黒みが強い部位や、乾燥している部位ではヤケドのリスクが上がるので、脱毛中は美白や保湿をこころがけましょう。

もし脱毛でヤケドしてしまった場合は、すみやかに医師に相談してくださいね。

肌荒れ

脱毛した部位に痛みがあったり腫れていたりするのは、肌荒れのサイン。

これは照射により肌の乾燥が引き起こされていたり、毛穴に細菌が侵入したりすることで起こるので、どの部位にも考えられるリスクです。

程度によりますが、1日~1週間で治まることが多いですよ。

毛嚢炎

皮膚に赤い湿疹のようなポツポツができる症状を「毛嚢炎」と呼びます。この症状に痛みはありません。

これは毛穴の毛包が傷つくことで起こる症状。要注意なのが、汗がたまりやすい以下のような部位です。

  • 太もも
  • お尻
  • ワキ
  • デコルテ
  • 首の後ろ

毛嚢炎は早ければ1週間、なかには1ヶ月かかることも。長引いて心配な場合は、医師の診察を受けましょう。

毛嚢炎については以下の記事で詳しく説明しているので、参考にしてみてくださいね。

毛嚢炎になっても脱毛できる?陰部にできた場合はどうしたらいい?予防法や治療法を紹介

硬毛化・増毛化

今まで産毛ほどの薄さだったムダ毛が、男性のヒゲのように濃く太く生えてきたり、いきなり量が多くなったりすることを硬毛化・増毛化といいます。

この症状は、いまだ原因を断定することができず、はっきりとした対処法もありません。

ただ硬毛化・増毛化の症状が出る人は、脱毛利用者全体の10%程度。発症する割合は少ないといえます。

副作用のウワサでは信憑性がないものも

脱毛の影響で皮膚ガンになるなんて迷信がありますが、そういった危険性はないので安心してくださいね。

下記の記事でも脱毛とガンの関連性について説明しています。

脱毛エステ・クリニックでの施術は、ガンのリスクを高める?

脱毛部位や肌質による安全性も気になる!

脱毛自体に考えられる副作用については先ほどお話をしましたが、部位や肌質によっては、特に安全面の配慮が必要な場合があります。

その点もここから詳しくみていきましょう。

目に近い眉下

眉下は眼球にもっとも近い部分で、皮膚が薄く、刺激に弱いという特徴を持っています。

また万が一脱毛の光が網膜を傷つけてしまうと、失明のおそれも…。

そのため基本的に、医療機関ではない脱毛サロンでは眉下脱毛がおこなえません。

ただし一部のクリニックでは眼球から離れた部分に限り、眉下脱毛を扱っていますよ。

皮膚が薄いワキ

ワキは意外と皮膚が薄く繊細な部位で、たび重なる自己処理は避けたほうがいい…なんて言われているほど。

だから脱毛後に赤み、肌荒れが起きやすい箇所でもあります。

ちなみに「ワキを脱毛するとワキガになるのでは?」と心配する声もありますが、そのような副作用が出ることはありません。

脱毛とワキガにまつわる不安がある方は、以下のリンク先もぜひご覧ください。

脱毛でワキガになる!?ワキのニオイが脱毛で治るって噂とどっちが本当なの?

デリケートなVIO

VIOは粘膜に近いデリケートな部位なので、ヤケドや炎症といったトラブルが考えられます。

こちらに関しては、VIO脱毛時の痛みついて取りあつかっている以下の記事を参考にしてくださいね。

VIO脱毛で一番痛い箇所はIライン!脱毛時の痛みを減らす方法はないの?

ニキビ肌、アトピー肌、敏感肌

自分の肌質で脱毛できるか不安がある場合は、カウンセリングに行くと、そこの脱毛機で対応できるか判断してもらえますよ。

またニキビやアトピー、揺らぎやすい敏感肌でも問題なく施術できるサロン・クリニックが複数あります!

以下の記事でより具体的に紹介しているので、ぜひご覧くださいね。

アトピーで脱毛するならサロンとクリニックどちらがおすすめ?悪化した場合はどうしたらいい?

副作用や肌トラブルのリスクを減らせる!脱毛に通うときの注意点

脱毛に通うさい、以下で紹介するポイントに注意すれば、副作用や肌トラブルのリスクを軽減することができるんです。

逆にいえば、適さない状態で無理に通うのはハイリスク。絶対に避けてくださいね。

コンディションを整えることも忘れずに

脱毛を受ける際は、体調管理をしっかりしておきましょう。

体調不良のまま施術を受けると、さらに症状が悪化してしまったり、脱毛後の肌トラブルが起きやすくなったりします。

生理中の施術は避ける

生理中はホルモンバランスが乱れており、脱毛効果が上手く出ないだけではなく、肌が敏感になっているため痛みを感じやすいんです。

ですから生理が終わるまで、施術は控えるようにしましょう。

また生理中の施術をおこなっているところでも、VIO脱毛だけは断っているサロン・クリニックが大多数です。

さらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

生理中はVIO脱毛できないの?VIO以外の脱毛でいつもより痛いのはなぜ?

日焼けや色素沈着を防ぐ

一般的な、毛根の黒い色素に反応させるタイプの脱毛機は、日焼け肌に不向き。色素沈着(黒ずみ)やほくろ、タトゥーといった部分も同様です。

こうした脱毛機の光は肌の黒い部分にもダメージを与えるため、ヤケドのリスクが高まってしまいます。

また日焼けした肌は乾燥と炎症を起こしている状態なので、肌に負担がかかる脱毛はなおさら危険。

このタイプの脱毛機を使っているところでは、カウンセリング時に必ず日焼け対策を指導されるので、日頃から守ってくださいね。

ただし最近は、色素に関係なく脱毛できるマシンを採用しているところも増えつつあります。それなら以下に当てはまる方も大丈夫!

  • 日焼けしやすい体質、または濃く日焼けしている方
  • 脱毛したい部位にほくろが多い方
  • 傷跡や刺激で色素沈着が起きやすい方
  • タトゥーがある方

また、そうした方でも脱毛可能なサロンやクリニックについて、リンク先の記事で詳しく調査しています。ぜひご覧ください。

タトゥーが脱毛するときにNGな理由!また、施術OKな脱毛方法とは?

前日の飲酒はNG

前日にお酒を飲んだ状態で脱毛すると、体に回ったアルコールの影響で体温が上がり、脱毛後に赤みやかゆみなどが発生してしまいます。

やっかいな肌トラブルを引き起こさないためにも、脱毛前の飲酒は控えましょう。

また脱毛前は飲酒以外にも、日常的な行動の中に行ってはいけない行為が複数あります。

下記の記事で紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。

脱毛前日にやってはいけない9つの行為と事前処理のコツ、当日の注意点

安値と安全は両立できる!サロン・クリニック選びに重要な3つのコツ!

サロンやクリニックの価格を調べてみると、格安の脱毛プランやキャンペーンが増えています。

ただ、そうしたところでは「安かろう悪かろうで、技術が不十分なのでは…」と心配になる方もいるはず。

ですが、多くのサロンやクリニックは、企業努力によって安値を実現しています。けっしてサービスが粗悪なわけではないんですよ。

また以下の3つのポイントを守れば、お手頃価格と脱毛技術を両立したサロン・クリニックを選ぶことができますよ。

1.実績の多さをチェックする

実績が多いほどスタッフのベテラン度が上がり、それだけ脱毛技術も高くなっていると考えられます。

また、そのサロンやクリニックが大勢の利用者から信頼されている証ともいえますよ。

2.肌トラブル時のサポートを確認しておこう

肌トラブル時の対応を聞いてみると、その店舗や医院の良し悪しが判断できます。

以下のことを契約前に質問しておきましょう。

サロンの場合 ・相談先や対処方法をアドバイスしてもらえるのか
・提携の皮膚科等を紹介してもらえるのか
クリニックの場合 ・すみやかに診察してくれるのか
・処方薬や処方箋を出してくれるのか

こうした確認をおろそかにすると、万が一の場合に適切に対応してもらえない心配があります。

3.カウンセリングの丁寧さも重要

カウンセリングのさい、面倒がらずに親身になって話を聞いてくれ、丁寧に説明してくれるサロン・クリニックは信頼がおけます。

逆に勧誘だけ熱心で、細かいことを聞いても上手く答えられないといったところは避けたほうがいいんです。

そのような場合、かんじんな施術やトラブル対応がいい加減な可能性も…。

通ってから後悔しないように、しっかり納得できた場合にだけ契約するように心がけましょう。

リスクが不安な人にはクリニックで脱毛するのがオススメ!

ここまでお伝えしたように、脱毛がきっかけにトラブルが起こる可能性は0とは言い切れません。

そうしたリスクが怖くて「たしかな安心感がほしい」という場合は、脱毛クリニックで施術を受けることをおススメします。

クリニックが肌トラブルの対処で優れている理由について、ここから説明していきますね。

どうしてクリニックがいいの?サロンとの違いは?

まず脱毛クリニックと脱毛サロンの違いを、以下の表で比較してみましょう。

脱毛クリニック 脱毛サロン
脱毛方法 レーザー脱毛 フラッシュ脱毛(光脱毛)
効果 永久脱毛 抑毛・減毛
施術担当 医師免許や看護師免許が必要 医師免許や看護師免許は不要
使用機材 国から安全性と脱毛効果を認められている医療機器 国からの認証はないが、安全性・脱毛効果のある脱毛機
肌トラブル発生時の対応

  • クリニック内にいる医師がすぐに対応してくれる
  • 処方薬や処方箋を出してくれる

  • 医師がいないため診察や処置ができない
  • 後日自分で医師に相談に行く必要がある
  • 医療機関と提携し、肌トラブル時に紹介してくれるサロンもある

まず最初にお伝えしておきたいのは、脱毛サロンでの施術が良くないわけではないということ。

ただ脱毛サロンだと、何かあったときに、その場で治療や薬の処方をおこなうことができません。

だから医師が常駐するクリニックの方を推奨しているわけなんですね。

ただし、こんな場合は脱毛サロンを選ぼう

クリニックの脱毛は、永久脱毛効果は魅力的なものの、

  • サロンに比べて痛みが強い傾向
  • 平均価格も高い

以上が難点。痛みについては部分麻酔で解決できますが、有料オプションになっている場合がほとんどです。

こうしたクリニックのデメリットを避けたい方には、サロンが向いているでしょう。

もしサロンの脱毛が気になったら、下記のランキング記事もぜひチェックしてくださいね。評判のいい人気サロンを集めていますよ♪

脱毛サロンランキング

クリニックで脱毛するときの価格・回数の相場は?

ではクリニックで脱毛した場合、効果が出るまでにかかる費用や期間はどのくらいなのでしょうか?

気になる人気部位の相場をまとめたのがこちら。

価格 回数 期間
両ワキ 1万円 5回 10ヶ月
10万円 6回 1年
ヒザ上下 15万 6回 1年
VIO 10万円 6回 1年
全身 25万 5回 10ヶ月

クリニックは5~8回のプランを組んで、1年~1年半ほどかけて脱毛していきます。

約10万円前後かかる部位が多いので、複数箇所のムダ毛が気になるなら、全身脱毛を契約したほうがお得でしょう。

またレーザー脱毛では基本的にどの部位も、ゴムで弾かれたような痛みを感じるもの。

なかでも痛みが強くなりやすい部分がVIOなので、耐えられるか心配な方は、部分麻酔が安いクリニックを選ぶのが無難ですよ。

料金の安さやサポート体制からピックアップ!おすすめのクリニック3選

ここまで脱毛クリニックのメリットについて詳しくお話しましたが、どこに通うべきなのか決めかねている方もいるでしょう。

そこで、以下の条件に当てはまるクリニックを3件ご紹介します!

  • 実績の多さ
  • 料金が安い
  • 充実のサポート

それぞれの魅力を解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね♪

レジーナクリニック

「レジーナクリニック」はお客様満足度アップのために、サービスを徹底している優良クリニックです。

こちらでは予約キャンセル料やシェービング代が無料なうえ、その他の脱毛料金以外の費用が一切かかりません。

さらに特徴的なのが全身脱毛の値段。全身脱毛ライトというプランなら、5回の脱毛が20万以下の料金でできちゃうんですよ。

サービス面がしっかりしていて、料金が安いクリニックを探していた人は、レジーナクリニックへ足を運んでみてくださいね。

アリシアクリニック

アリシアクリニック

美容皮膚科専門の「アリシアクリニック」は、脱毛以外の肌悩みも受け付けています。

そのため肌の状態を改善しながら脱毛を受けることも可能。ニキビ肌やアトピーなどの相談にのってくれますよ。

また痛みを感じにくい脱毛機を使用している点でも好評なクリニックです。

自分の肌質に合った出力で施術してくれるので、肌トラブルも避けやすいでしょう。

クリニックで行う脱毛の痛みが怖いという人にとって、アリシアクリニックは最適なところといえますね。

湘南美容外科クリニック

SBC

「湘南美容外科クリニック」は脱毛の症例数が270万件を超える有名クリニックです。

こちらのクリニックは、美肌に特化した独自の脱毛機を使用しています。

そのため「顔脱毛で肌がきれいになった」と喜んでいる人もいるんですよ。

また脱毛保証期間が無期限なので、なかなか脱毛に時間がとれない人も通いやすいでしょう。

脱毛と同時に美肌ケアまで叶えたい方は湘南美容外科クリニックへ♪

施術後は自宅でのアフターケアも忘れずに!

脱毛に安全に通うためには、施術後のアフターケアも重要ということを覚えておきましょう。

脱毛後の肌は乾燥しがちで、肌の赤みやかゆみ、炎症などの肌トラブルを誘発しやすい状態。

そうした肌トラブルを予防するためにも、保湿を忘れないようにしましょう。

刺激が少ない化粧水や乳液を塗って、肌にしっかり水分を与えるようにしてくださいね。

また施術当日だけでなく、脱毛に通っているあいだは日常的な保湿ケアを習慣づけましょう。

まとめ

今回の記事ではサロン・クリニックで行っている脱毛のしくみと安全性、クリニックで脱毛した場合の平均価格やおすすめの3医院をご紹介しました。

以下3つのポイントをみながら、記事の内容を簡単におさらいしましょう。

ここがポイント
  • 脱毛が体へ悪影響を与えることはほとんどない
  • クリニックでは何かあってもすぐに医師が対応してくれる
  • 脱毛前後の注意点を守ってリスクを下げよう

脱毛が完了すれば、その後は自己処理が必要なくなります。

さらにはムダ毛がなくなることで、毛穴が引き締まった美肌にもなれるので一石二鳥ですよ。

どこに通うか迷ったときは、ぜひこの記事を活用して、素敵な脱毛ライフを送ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ニードル脱毛は痛い?ワキガが治るって噂は本当?回数や料金についても紹介します

脱毛方法の一つに、「ニードル(針)脱毛」があります。かつては脱毛の主流でしたが、 …

脚は医療脱毛で「剛毛女子」を卒業しよう!

安全に・キレイに・早く・確実に脚の脱毛を行いたい方は医療脱毛 ムダ毛処理の中でポ …

永久脱毛の真実とは?医療脱毛のおすすめ度と脱毛サロンのムダ毛再発の可能性を検証

脱毛のすべてが永久脱毛というわけではないことをご存知でしょうか?脱毛方法の種類に …

「LPIR(ロング・パルス・アレキサンドライト・レーザー)」について知っておきたいポイント

日本人の肌に適したロングパルスで、広範囲の照射が可能なLPIR アレキサンドライ …

「APOGEE ELITE(アポジーエリート)」について知っておきたいポイント

2種類の波長を使い分け幅広い毛質に対応、冷却装置で肌にも優しい >>アポジーエリ …

医療脱毛は医療費控除が受けられる!?契約前にちょっと待って!

脱毛の中でも医療機関であるクリニックで受けるのであれば、医療費控除に含まれるので …

光アレルギーの人でも医療脱毛できる?注意点も紹介!

紫外線や光にアレルギーを持っている方の医療脱毛についてご紹介します。 エステやク …

医療ローンを利用すれば無理なく脱毛の支払いができる!特徴は?

脱毛したいけれど医療ローンとはどんなもの?誰でも利用できる? 医療脱毛を受ける際 …

医療脱毛後は家で行うアフターケアが大事!肌トラブル防止にも!

医療脱毛を行った後は家でできるアフターケアをしっかり行おう! のような方法でアフ …

大阪在住の方必見!口コミで高評価!サクラアズクリニックの脱毛ってどうなの?

3種類から選べる月額制全身脱毛が人気のサクラアズクリニック サクラアズクリニック …