美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

今話題の光脱毛とは?その仕組みとメリット・デメリットを徹底調査してみた!

脱毛にはさまざまな方法がありますが、その中でも代表的なのは光脱毛と呼ばれるものです。光脱毛はエステサロン取り入れており、痛みが非常に少ないのが特徴です。こうしたことから、脱毛の痛みに不安を抱えている方にも選ばれています。

しかし多くの人が利用している光脱毛ですが、その仕組みについて詳しく知っている人は少ないです。そもそもなぜ光で脱毛ができるの?と疑問に思う方もいるでしょう。

そこで今回は光脱毛の仕組みやメリット・デメリットについて詳しくチェックし、自分に合っているかどうか確認していきましょう。

目次

光脱毛とはいったい何?どうして光で脱毛できるの?


たとえば懐中電灯などの光で、気になるムダ毛を照らしても脱毛はできません。では光脱毛で使われている「光」とはどういったものなのでしょうか。

まずはその特性について、以下で簡単に紹介しましょう。

  • 光脱毛の光は黒の色素に(ムダ毛の色)に反応する
  • 毛根部からダメージを与えることができる
  • 毛根へ徐々にダメージを与え、毛が生えてこないようにする

まず光のエネルギーは特定の色に反応して、吸収する特徴があります。そのため光脱毛では黒色、つまりムダ毛に反応する特殊な光をしているのです。特に毛が作られている毛根部に照射して、ダメージを与えることができる光を使っています。

すると光を吸収した毛根部は温度が上がってダメージを受けます。こすうることで毛根が弱まり、徐々にムダ毛を作る働きを抑え、生えてこないような状態にしていくのです

光は私たちの日常で目にするものを創造してもわかる通り、広範囲に広がりやすい性質を持っています。この特性を生かして、一度に広範囲の脱毛ができるようになるのです。

気になる!光脱毛の効果とは?

ネットに掲載されている光脱毛に関する口コミの中には、「光脱毛をしているけど、なかなか効果が得られない…」といういような情報を目にしたことがあるかもしれません。こうした情報を見ると「無駄にお金だけがかかってしまうのでは…?」と心配になりますよね。

確かに光脱毛は、脱毛クリニックで使用されている医療レーザーに比べると、効果が出るまでに時間がかかります。しかし「光脱毛でツルツルの肌は手に入れることがきないの?」というと、そうではありません。

医療レーザー脱毛に比べて施術回数は増えますが、最終的に自己処理が必要ない程度のツルツル肌を目指せるのです。医療レーザー脱毛よりも回数は多くなりますが、自己処理が不要にツルツルの肌も目指せます。

そして光脱毛は毛と同時に美肌効果も期待できます。ムダ毛のない肌に加え、肌質改善も見込めるのです。そのため肌のお手入れを考えており過多からも選ばれています。

光脱毛って永久脱毛ではない?

一般的にサロンやクリニックで行われる脱毛というと、すべて永久脱毛だと思ってしまう人も多いようです。しかし光脱毛で永久脱毛はできないのです。

永久脱毛の定義そもそも永久脱毛とは何か、説明しますね。永久脱毛とは、施術後に永ムダ毛が久的に生えてこなくなる状態を指すことではありません。「脱毛の最終施術をした1か月後に、毛の再生率が20%以下になる脱毛」のことを永久脱毛といいます。

上記のような高い効果を出すには、出力の高い脱毛機を使用しなければなりません。医療機関で使われているレーザー脱毛やニードル脱毛は、高い効果が得られるため永久脱毛効果が認められています。

しかし光脱毛は確かに施術完了後、ほとんど毛が気にならない状態になる抑毛に分類されています。そのため永久脱毛としては認められていないのです。

光脱毛で使用されている光には2種類ある!


一口に光脱毛といっても、大きく分けるとIPL脱毛・SSC脱毛という2種類があります。種類があります。それぞれの違いについてチェックしてみましょう。

IPL脱毛 SSC脱毛
痛み あり なし
施術時間(両脇の場合) 約 5分程度 約 3分程度
効果が出やすい毛 太く濃い毛質 産毛のような薄い毛質
脱毛の仕組み 毛根を破壊 毛の成長を抑える
どんな人におすすめ? しっかり脱毛したい人 肌に優しい脱毛をしたい人

IPL脱毛とは

IPL脱毛はインテンス・パルス・ライトと呼ばれる、光エネルギーを使用した脱毛方法です。メラニン色素に反応して毛根にダメージを与えるのが特徴です。

もともと「シミやアザの治療法」として使われていたので、高い美容効果も期待できるでしょう。IPL脱毛の大きな目的は、毛を作るための組織にダメージを与え、破壊することです。そして施術にかかる時間は、SSC脱毛よりも少し長めと言えるでしょう。

SSC脱毛とは

SC脱毛とは、スムース・スキン・コントロールと呼ばれる方式です。こちらは施術前にジェルを塗って、光がジェルに照射するシステムを活用して効率よく抑毛が目指せる方法となっています。

痛みがほとんどないのが大きな特徴です。そのため施術で痛みを感じやすい顔やVIOにも向いているでしょう。できるだけ肌に優しい方法で抑毛したいと思っている方には、SSC脱毛の方が向いています。

どこで施術を受けるかによっても取り扱っている脱毛機の種類が違うため、事前に確認しておくのがおすすめです。

光脱毛と医療レーザー脱毛は違う?


続いて脱毛する方の多くが「光脱毛と医療レーザー脱毛」どちらを選ぶか、悩んでしまうしょう。そこで以下の比較表を確認しながら、双方の特徴について詳しく説明していきます。自分に合った脱毛方法を選んでみてくださいね。

光脱毛 医療レーザー
効果 毛の再生率が低い 抑える・減毛
仕組み ・複数波長の光を広範囲に照射
・光の出力が弱い
・単一波長で熱を集めて照射
・光の高出力が強い
完全脱毛期間(全身) 3~4年 1~2年
料金(全身) 25~35万 30~40万
永久脱毛 ×
痛み 少ない 多少の痛みがある

光脱毛と医療レーザーの違いは「永久脱毛できる・できない」のほかに、痛みの感じ方も異なります。また光の出力が医療脱毛のほうが強いため、脱毛完了スピードは早いと言えます。しかしながら効果が強いぶん、料金は光脱毛に比べて高くなるのです。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は医療機関でしか扱っていません。また光の出力が強いため、高い効果を得ることができます。しかし、その分強い痛みを伴ってしまいます。しかしクリニックによっては、麻酔を使用して施術行う場所も多いようです。

そして医療レーザーは再生率の低い脱毛を可能にするため、永久脱毛の効果を得られます。

光脱毛

一方で光脱毛は医療機関以外でも使用できるよう、光の出力を抑えた脱毛機になっています。そのため医療レーザー脱毛に比べると、痛みが非常に少なく、施術料金も大幅に抑えることができます。

効果としては減毛・抑毛としていますが、回数を重ねることで自己処理は必要ないレベルまで達する事が可能です。医療レーザーに比べ、脱毛効果を感じるまでに時間はかかります。しかしその分、費用削減や痛みの軽減をすることができるのです。

医療レーザーは効果が強いため短期期間で脱毛完しますが、痛みに弱い方は光脱毛が向いていると言えるでしょう。

実際に光脱毛で効果が出るのはどのくらい?

光脱毛は前述でも紹介したように、医療レーザーに比べ効果を感じるまでに時間がかかります。施術を受けたあと、しばらくすると毛がポロポロと抜け落ちて、再び生えてきたときは前よりも細くて弱い状態になります。そのため何度か繰り返し施術を行う必要があります。

ムダ毛の状態によって何回くらいで効果が期待できるかは異なりますが、一般的に4回から6回ほど行えばあまりにムダ毛が気にならない状態になるでしょう。ただ、ほとんど処理が必要ない状態まで効果を出すためには8回から10回ほど施術を受けなければなりません。

もともとの毛の濃さなどによっても必要な期間は変わるため、まずは無料カウンセリングで状態を確認してもらいましょう。

光脱毛で完全脱毛できるまでの回数とは?

  • ワキなど毛が濃い場所 …約14回
  • 腕など毛が薄い場所 …約10回~12回

光脱毛は永久脱毛できませんが、繰り返し施術を受けることにより、ほぼ処理をしなくてもムダ毛が気にならない状態にすることも可能です。一般的に毛の濃い両ワキで12回から14回程度、毛が薄い腕などでも10回~12回はみておきましょう。

光脱毛のメリット・デメリットとは?

光脱毛とその他の脱毛方法を検討する場合、光脱毛のメリット・デメリットを理解しておくことで自分への向き不向きを判断しやすくなるでしょう。また人によってメリット・デメリットの感じ方も異なるため、自身の場合はどうなのか、詳しくチェックしてみましょう。

光脱毛のメリットとは?

  1. 痛みが少ない
  2. 美肌効果を得られる
  3. 施術時間が短い
  4. 脱毛コースの途中解約ができる

まず医療レーザー脱毛に比べて痛みが少ないというのが大きなメリットです。中には効果の高さを期待して医療レーザー脱毛を選択したけど、痛みが強すぎて継続できなかったという方もいるようです。一方で光脱毛は痛みが少ないため、痛みに弱い方は光脱毛から始めてみるのがおすすめだと言えます。

さらに美肌効果も得られるため、ムダ毛を処理したついでに肌が引き締まる方もいます。ジェルを使う光脱毛の場合には、ジェルに美容成分が含まれているところも多いので、美肌作りに力を入れたい方にとってもメリットが大きいでしょう。

また一度の施術で広範囲に照射できることもあり、施術時間が短く済むのも嬉しいですね。

そして脱毛クリニックの場合だとクーリングオフ制がないため、継続中のコースを途中で中断することが出来ないケースがほとんどです。その点、脱毛サロンでは脱毛コースの途中解約について、残りの回数分に対する返金対応を行っている場所が多いようです。

以上のことから、突然何かしらの理由で施術を受けられなくなってしまった場合の対応も安心できますね。

光脱毛のデメリットとは?

  1. 効果を感じるまでに時間がかかる
  2. 日焼け・色黒肌は施術を受けられないこともある

メリットの大きい光脱毛ですが、医療レーザー脱毛に比べると1回あたりの効果がそれほど高くありません。そのため通う回数が多くなってしまうのです。クリニックの場合は半年程度で脱毛が完了するところもありますが、光脱毛の場合は基本的に1年以上通わなければならないでしょう。

回数が多くなると費用的にも損をするのでは?思われることもありますが、1回あたりの施術費用は光脱毛の方が安く済みます。そのため最終的な金額はそれほど変わらないと言えるでしょう。しかしVIOやワキなど、毛が太くて濃い部分は何度も通わなければ思うような効果は得られません。

費用について比較する際は、総合的にかかる料金を計算して検討してみましょう。

また光脱毛は照射して施術を行うため、日焼け肌や色黒肌には施術できないこともデメリットのひとつです。まずは施術前のカウンセリングで肌の状態を確認し、施術可能かどうか相談してみましょう。

光脱毛を受けることが出来ない人もいる?その条件とは?

光脱毛はムダ毛に含まれている黒い色素に反応するため、以下のようなケースは断られる場合があります。

  • ホクロが多い
  • 染みの範囲が広い
  • ひどい日焼け、色黒肌

など

もしシミやホクロなど、ピンポイントであれば白いシールを貼って保護し、施術をすることは可能です。また近年では、日焼けしていても脱毛ができる光脱毛機を取り入れているところもあります。そのため日焼け肌の方であっても諦めず、まずはカウンセリングを受けてみるのがおすすめです。

サロンやクリニックだけじゃない?自宅でも光脱毛はできるの?

ここまでは脱毛サロンでの光脱毛に関するご紹介をしてきました。しかし家庭でも手軽に光脱毛が行える方法があるのをご存知でしょうか?その方法は「家庭用脱毛器」による脱毛です。

家庭用脱毛器の仕組みとは?


光脱毛は、自宅で使える家庭用脱毛器でも採用されています。その基本的な仕組みは、クリニックやサロンで使われている脱毛機とほぼ同じです。ムダ毛に含まれている色素に働きかける光を照射してムダ毛を抑えます。

ただしクリニックやサロンで使われている脱毛機に比べると、安全性の問題から出力が抑えられているものが多いです。とはいえ継続して使うことにより、家庭用でもしっかりとした効果を発揮するものばかりだといえるでしょう。

家庭用脱毛器のメリット・デメリットとは?

まずメリットとしては、自宅で使えるため手軽であるということ。例えばサロンやクリニックのスタッフが相手でも、ワキやVラインを見せるのはちょっと…と感じている方も多いでしょう。そういった場合も自己処理できるのです。ちょっとした空き時間にできるのも嬉しいですね。またサロンやクリニックは予約が取りづらいことも多いため、忙しい合間に自分で簡単に脱毛することができます。

家庭用脱毛器のデメリットも確認しておこう!

サロンやクリニックで行っている光脱毛よりも効果が出るまでに時間がかかります。光脱毛は医療機関で行われている医療レーザー脱毛よりも出力が弱く、家庭用脱毛器はさらに出力が抑えられているのです。ある程度時間と回数が必要になることについては、理解しておかなければならないでしょう。

実際に試してみよう!おすすめの家庭用脱毛器3選を紹介

実際に上記で紹介した家庭用脱毛器のメリット・デメリットをふまえて、おすすめの家庭用脱毛器をご紹介していきましょう!

脱毛器ケノン トリアパーソナルレーザー
脱毛器4x
ブラウン シルクエキスパート
本体価格 73,800円 49,800円 73,224円
脱毛方法 フラッシュ式 レーザー式 フラッシュ式
痛み 感じない 暖かさを感じる程度 多少の痛みあり
照射費用(1回 ) 0.15円 0.13円 2.9円

脱毛器ケノン

とても人気の高いIPL脱毛による家庭用脱毛器です。脱毛と同時に美顔スキンケアができるのも魅力です。これ一台で脱毛器と美顔器の2役をこなしてくれます。カートリッジが交換できるので、家族と共用しやすいのも魅力ですね。利用者満足度も高い商品です。価格は高めですが、クレジットカードを持っていない場合は分割払いにも対応しています。

トリアパーソナルレーザー脱毛器4x

家庭用としては珍しいレーザー脱毛器です。クリニックで使われているダイオードレーザーの技術を活用したレーザーの専門家が開発しました。日本でいうと厚生労働省にあたる、アメリカの食品医薬局「FDA」の認可を受けている唯一の家庭用レーザー脱毛器です。そのため安全性や信用度も高いでしょう。ただレーザーといっても家庭用ということもあり、クリニックで使われているものに比べると出力は弱めとなっています。

ブラウン光美容器シルクエキスパート

フラッシュ自動調節システムがついている光脱毛器です。家庭用だと出力レベルの調整が難しいのでは?と不安に思っている方でも検討しやすいでしょう。連続フラッシュモードも搭載しているため、照射間隔も短いです。処理速度が速い家庭用脱毛器を探している方にも向いています

光脱毛を受ける際にサロンの選び方はどうする?

光脱毛は医療レーザー脱毛に比べると肌への刺激が少ないということもあり、サロン選びにはあまり力を入れていない方もいるようです。しかし刺激が少ないといってもゼロではありません。そのため万が一肌トラブルが起きた場合に備え、しっかりとしたドクターサポートが用意されているところを選択しておいたほうがいいでしょう。

サロンによって、ドクターサポートへの取り組みには違いがあります。肌トラブルが起きた場合にはどこで対応してもらえるのか、具体的にしっかり確認しておきましょう。

ドクターサポート体制のあるサロン4店舗を紹介!

  1. エピレ
  2. 銀座カラー
  3. ジェイエステ
  4. プリート

ここではサロンでも安心して施術を受けるために、ドクターサポート付きのおすすめサロンをご紹介しましょう。

エピレ


  • エピレは大手サロンTBSがプロデュースする脱毛サロン
  • 8つの安心保証がついている
  • ドクターサポート完備!
  • はじめての方には「全額返金保証」と「期限なし保証」を導入

エピレは大手サロンTBSがプロデュースしている脱毛専門サロンです。リーズナブルな価格で、TBSと同様の信頼できる技術を受けられることが人気となっています。

エピレはお客様が安心して施術を受けるために、8つの安心保証を用意しています。その中に、万が一に備えた「ドクターサポート」を用意しています。脱毛後に肌トラブルが起こってしまっても、エピレが提携している病院をすぐに紹介してもらえるので安心ですね。

そのほかにもエピレは、初めての方に嬉しい2つの保証を用意しています。それは「全額返金保証」と「期限なし保証」です。もし脱毛完了後、施術に満足できないかった場合は全額返金してくれます。そして既に購入しているコースが全て終了するまで、期限なく脱毛を提供してもらえるです。

以上のようにエピレは安心して脱毛できる配慮が行き届いているので、脱毛サロンに不安を感じている人も気楽に脱毛できますね。

エピレの公式ページはこちら

銀座カラー


  • 美肌に徹底している脱毛サロン
  • 7つの安心宣言ではじめての脱毛サロンでも気楽に通える
  • 医療機関との連携(ドクターサポート)を導入
  • 利用者のことを第一に考え、使用機器の雑菌消毒に配慮

銀座カラーは脱毛だけでなく、美肌を目指したい人にもおすすめのサロンです。保湿ケアをしながら肌をサポートする「赤ちゃん肌脱毛」なども行っているため、肌が弱い人も脱毛に挑戦できますよ。

そして銀座カラー7つの安心サポートを用意しています。その一つに、肌トラブル時の対応として医療機関との提携も含まれているのです。

また器具の雑菌消毒など、衛生面への心掛けも徹底しています。利用者が安心して施術を受けることために、使用する機器はすべて雑菌消毒しているようです。

以上のように、銀座カラーは敏感肌の人でも問題なく脱毛ができるようなサービス提供を行っているのです。

銀座カラーの公式ページはこちら

ジェイエステティック


  • 創業36年の歴史を誇る脱毛サロン
  • スタッフの高い技術力やコストパフォーマンスに定評あり
  • 15歳から脱毛できる!肌に負担の少ない脱毛技術
  • 万が一のトラブルに備えて安心のドクターサポート付き

ジェイエステティックは地域密着のエステサロンとして、創業36年の歴史を誇っています。その歴史によって培った技術により、スタッフのスキル向上や高いコストパフォーマンスが人気を呼んでいるのです。

こうした高い技術を誇るジェイエステティックでは、ドクターサポートも徹底しています。ジェイエステティックは15歳のお子様から施術可能なほど、肌に負担のかからない脱毛を行っています。しかし万が一のトラブルに備えて、医療機関との連携を心掛けているのです。

高い技術をリーズナブルな値段で提供しているジェイエステティックは、はじめて脱毛を受ける方でも、徹底した配慮で安心して施術を受けることができるのでおすすめですよ。

ジェイエステの公式ページはこちら

プリート

  • プリートはVIOを専門とする脱毛サロン
  • 12年の長期にわたってドクターサポートを導入!
  • 顧問医師が脱毛時の悩みについて、適切な指導を行っている
  • 施術スタッフにも顧問医師が指導を徹底している

プリートはVIO脱毛やハイジニーナを専門とした脱毛サロンです。アンダーヘアの脱毛に特化しているので、通常の部分脱毛で行うビキニラインに比べて広範囲の脱毛が可能になります。

またプリートは脱毛サロンでドクターサポートをいち早く導入したといっても過言ではありません。その歴史は12年以上の長期にわたります。

さらにプリートは顧問医師制度を導入しています。これは脱毛の際に考えられる肌トラブルや、薬の服用中や通院中による脱毛について、顧問医師から適切な指導を受けることができるのです。そしてお客様への指導だけでなく、施術スタッフへも顧問医師が徹底した指導を行っています

このように、より安全に安心して施術を受けるためのサービス提供が充実しているのです。何かあった場合や、不安や悩みを抱えている時も、サロンの顧問医師に相談できるので安心ですね。

プリートの公式ページはこちら

医師が常駐しているほうが安心!と感じる方はクリニックがおすすめ!

サロンの中にもドクターサポートを大なっていない場所があります。そうした場合には、医師が常駐しているクリニックを選ぶのがおすすめ。クリニックであれば肌トラブルが発生した時に、その場ですぐに医師が最適な対処をしてくれます。

ドクターサポートが用意されていないと火傷など、トラブルが発生した時にすぐに対処ができません。すると大きなケガにつながる恐れもあるので注意したいですね。

>>医師が常駐しているから安心!おすすめの脱毛クリニックをチェック!<<

ぴったりな脱毛クリニックがきっと見つかる!見逃せない6つのクリニック

光脱毛を受ける際の事前準備はどうすればいい?

光脱毛を実際に受ける前に、必要な事準備は以下のような項目になります。

  1. シェービング
  2. スキンケア
  3. 日焼け対策
  4. 体温を上げる
  5. 光脱毛を受ける前は飲酒をしない
シェービングをする

まず光脱毛を受ける場合、まずはシェービングをしなければなりません。ムダ毛が伸びている状態で行っても施術を受けることはできないので注意が必要です。シェービングをしていないとサロンやクリニックによっては、シェービング代金が発生することもあります。ただし自分で処理をするのが難しい部位については、無料で処理してくれるところもあるので確認してみましょう。

スキンケアを徹底しよう

肌が乾燥していた状態だと脱毛の効果が十分に出ないため、スキンケアをしっかり行うことも大切です。そして普段の生活では特に日焼け対策に力を入れてみましょう。肌が日焼けした状態だと、光の刺激が反応して火傷のリスクがあります。そのため場所によっては、施術を断られることもあるようです。

脱毛前は飲酒や激しい運動は控えよう

施術前に体温が上がるような行為は避けましょう。例えば激しい運動、サウナ、マッサージも避けておきましょう。体温が上がると肌が乾燥しやすくなるだけでなく、施術後に赤みが出やすくなってしまいます。そして前日に飲酒をするのも避けておいたほうがいいです。

お酒をたくさん飲んで寝た翌日は、妙に喉が渇くと感じたことがある方もいるはず。これはアルコールを分解する際にたくさんの水分が使われるからです。体内から水分が失われると肌の乾燥を招きます。肌が乾燥していると光脱毛時の刺激を受けやすくなるだけでなく、十分な効果が出なくなる可能性もあるので注意しておきましょう。

カフェインが多く含まれた飲み物にも注意!
さらにお酒のほかにも、カフェインが含まれるものも避けておいたほうが安心です。カフェインには神経を覚醒させる働きがあり、脱毛の刺激を感じやすくなることがあるからです。前日にはこういったポイントにも注意してみてくださいね。

光脱毛を受ける前に準備しておくといい持ち物とは?

  • 日焼け止め
  • サングラスやカーディガン(紫外線対策)
  • 拭き取りシート
  • メイク落とし

脱毛後は肌が敏感な状態になり、普段はなんでもないような刺激でも肌に負担を与えることがあります。紫外線は肌に与える負担が大きいため、紫外線対策ができる持ち物を忘れないようにしましょう。顔脱毛をする場合はサングラスや帽子、暑い時期でも肌が紫外線にさらされないようにカーディガンや上着を持っていくことも大切です。

そして日焼け止めも持っていきましょう。この時、普段使っているものを持って行ったほうがいいです。施術後の敏感な肌は普段使い慣れているものを選択したほうがトラブルを避けられます。

肌が日焼けしていると施術が受けられないため、サロンに行く前にしっかり塗っていく方も多いですが、日焼け止めの成分が毛穴に詰まったままで光を照射しても十分な効果が得られないことがあります。そのた拭き取るためのウェットティッシュも持っていくのがおすすめです。顔脱毛をする場合はメイクを落とさなければならないため、メイク直しもアイテムも忘れないようにしてくださいね。

光脱毛は誰でも受けるとこができる?

光脱毛は、日焼けをしていなかったとしても状態によっては施術を断られることがあります。次のような場合は施術を断られることがあるため注意しておきましょう。

  • 妊娠中、産後や授乳中のママ
  • アトピー肌や敏感肌

上記のような場合には注意が必要なケースもあります。判断に関しては各サロンによって基準が違うため、わからないことがあれば直接問い合わせてみたほうがわかりやすいです。

妊娠中・授乳中のママも光脱毛を受けることができる?

妊娠中・授乳中については基本的に断られるものだと思っておいたほうがいいでしょう。とはいえ光脱毛自体が胎児や母乳に何らかの悪影響を与えるわけではありません。光脱毛は安全性が高く、もし妊娠に気づかず施術を受けたとしても大きな問題にはならないのです。

ただし妊娠中や出産後は肌が敏感な状態ということもあり、光脱毛の刺激が肌トラブルを引き起こすことがあります。そのため、ほとんどのサロンではNGとしています。もし通っている最中で妊娠がわかった場合、すぐに知らせなければなりません。多くのサロンは妊娠中の施術を中断し、落ち着いてから再開できるようになっています。

アトピー肌や敏感肌、紫外線アレルギーの人は受けることができる?

アトピー肌や敏感肌だと肌に刺激のあるものは、避けておかなければなりません。しかし光脱毛が肌に与える刺激はほとんどないため、アトピー肌や敏感肌だったとしても問題なく施術を受けることができます。

ただ肌荒れの状態がひどく、炎症を起こしている場合などは断られることもあるので相談してみましょう。またステロイドを使っている場合はNGとしているサロンもあるのでこちらも確認が必要です。

次に紫外線アレルギーですが、どれほどの症状があるのかによって異なります。日光にあたると肌が腫れる、痛みを感じるなどの場合は施術を断られることもあります。日常生活を送れる程度の症状であれば、受けてもらえる可能性も高いようです。

>>アトピーや敏感肌でも脱毛できる?もっと詳しく知りたい人はチェック!<<

アトピーや敏感肌でも脱毛は受けられる!

アトピーやアレルギーなど、敏感肌の人が光脱毛するときの対処法はある?

アトピーやアレルギーの方ができるだけ肌への刺激を抑えようと思った場合、まずは乾燥対策に力を入れてみましょう。肌の水分量が少ないと刺激が強くなるため、しっかり保水と保湿をして肌状態を整えておくことが大切です。

またステロイドに関しても、サロンによっては脱毛時に使わないことを前提で受けてくれるところもります。そういったところを探してみましょう。

肌トラブルを防ぐために!光脱毛後の正しいケアを抑えておこう!

脱毛では肌に熱を与えることになります。そのため特に発生しやすいトラブルが赤みです。肌の水分が失われることによって乾燥することも多いです。あまりにも熱の刺激が強く出てしまった場合、火傷につながることもあるでしょう。

肌の乾燥がひどいとそれが原因で肌が硬くなることもありますし、刺激によってかゆみが出ることもあります。ただ光脱毛は、数ある脱毛方法の中でも刺激が少ないと言われています。レーザー脱毛に比べるとトラブルが発生するリスクは高くありません。

光脱毛を受けた際に考えられるリスクは?

光脱毛によるリスクとして、硬毛化・多毛化のトラブルです。これは脱毛をしているのにかえって毛が濃くなったり、硬くなるというもの。原因はまだはっきりしていませんが、脱毛の刺激が関係しているといわれています。

特に弱い熱量で照射した場合に毛の細胞が活性化してしまい、硬毛化・多毛化につながることがあるようです。

そして一時的ではありますがシミが増えることがあります。光の刺激により肌の奥に眠っていたシミが反応し、浮き出てしまうことが原因なのですが、いずれ肌の代謝によって見えなくなるため心配する必要はないでしょう。

肌トラブルが起こった場合の対処法とは?

  1. 肌を冷やす
  2. 保湿クリームを塗る
  3. 紫外線対策をする

など
肌トラブルの危険性については事前にパッチテストなどで肌への反応を確かめてくれるサロンがほとんどです。そのため、多くのケースでは心配いらないといえるでしょう。

しかしトラブルが起きてしまった場合、時分でできる対策について知っておくことも大切です。例えば、肌の炎症が起きた場合、肌が熱を持っている状態なのでしっかり冷やしましょう。タオルで包んだ保冷剤を使って肌を冷やします。

脱毛の刺激によって肌が乾燥することによってトラブルが発生するケースもあるため、しっかり保湿をすることが大切です。保湿クリームを塗り、対策を取りましょう。

肌トラブルは紫外線が原因だったり、紫外線によって悪化することもあるため、紫外線対策も忘れてはいけません。できるだけ紫外線量が少ないタイミングで外出したり、日傘や帽子も活用しましょう。

もちろん、肌トラブルが発生した場合はすぐに施術を受けたサロン・クリニックに相談し、対応について確認してみてくださいね。

脱毛後には控えておくべき行動もチェックしておこう

  1. 飲酒
  2. 運動
  3. 予防接種
  4. 制汗スプレーなどの使用
  5. ムダ毛の自己処理

など

飲酒や激しい運動は控える

脱毛後は肌が熱を持ちやすい状態になっています。そのため体温が上がるような行為は避けておきましょう。お酒を飲むと身体がポカポカしますが、これも体温が上がっている証です。当日は飲酒を控えておいたほうが安心です。運動も同じく血行を良くし、体温を上昇させます。

予防接種とサロンの予約日確認

サロンによって扱いは異なりますが、脱毛の前後10日間は予防接種を避けるようにお願いしているところも多いです。予防接種をした場合、少量でも体内にウイルスを入れることで通常の健康状態とは異なるため、思わぬ不調につながる可能性があるります。そのため脱毛施術日と予防接種の日程を事前に確認しておきましょう。

制汗スプレーの使用はNG

これは施術後の敏感な肌に制汗スプレーを使うと、スプレーの成分が敏感な肌に反応して炎症や黒ずみを引き起こしてしまうためなので気を付けておいてくださいね。

脱毛後のセルフケアは×

そして絶対にやってはいけないのがムダ毛のセルフケアです。特に毛抜きや脱毛ワックス・クリームを使った処理は毛の生えてくる周期が変わり、効果的に施術が受けられなくなってしまいます。次の施術までは電気シェーバーなどを使い、肌への負担を抑えることが重要です。シェーバーを使う場合も施術直後は肌が敏感なので避けましょう。

まとめ

光脱毛は痛みが少なく、美肌効果も期待できる脱毛方法です。取り扱っているサロンの数も多いため、近くでも光脱毛を行っているサロンが見つかるでしょう。

ただしデメリットがまったくないわけではないので、今回ご紹介したデメリットや注意点などについてもチェックしたうえで検討してみてくださいね。

光脱毛は医療レーザー脱毛に比べると脱毛が完了するまでに時間はかかりますが、痛みに弱い方や肌への負担が少ない方法で施術を受けたいと思っている方におすすめです。ほとんどのサロンでは無料カウンセリングを行っているため、まずはカウンセリングから始めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

何を着て行くべき?脱毛サロンに行く時の服装を選ぶポイント3つ

脱毛する日はどんな服を着て行けばいいの? 脱毛サロンへ行く時は、基本的にどんな服 …

発毛サイクルとは脱毛プランの最重要項目

生えるスピードをダウン、抜けるスピードをアップ 脱毛未経験者がよくする勘違い=「 …

小学生もできるキッズ脱毛!ディオーネの脱毛なら子供でも痛くない

ディオーネはどうして子供も安心して脱毛ができるの? ディオーネは子供もできる脱毛 …

脱毛サロンの契約時、どんなものが身分証明書として認められる?

脱毛サロンで契約する時は身分証を忘れずに! 脱毛サロンで契約する時には、身分証明 …

脱毛サロンの「ドクターサポート」って具体的には何をしてくれるの?

安心して通える脱毛サロンなら「ドクターサポート」付きがオススメ 脱毛サロンを選ぶ …

人気の脱毛サロンは予約が取りにくい?あっと驚く予約の取り方・裏技

サロンとの戦い<自分との戦いかも? 「よし、脱毛サロン頑張ってみよう!」とコース …

脱毛と除毛の違いを確認!どちらがおすすめ?

脱毛と除毛の違いについて知っておきましょう。肌に与える負担はどちらが大きい? ム …

脱毛の痛みについてのチェックポイント

絶対絶対痛い脱毛はイヤ!という人のために 脱毛を予定してる友人によく聞かれるのが …

脱毛サロンに行く時のメイクはしていて良いの?すっぴんにするべき?

顔脱毛をする時ってメイクはどうするの? 脱毛サロンに行く時のメイクは普段と同じで …

これって脱毛のせい?脱毛による皮膚トラブルの内容と対処方法

赤み、やけど、しこり…脱毛後の皮膚トラブルはこんなにある!? ツルスベ肌になるた …