美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

光脱毛には副作用がある?薬を飲んでいても大丈夫?

エステで話題の光脱毛!実際に施術を受けたいと思った時に、「毛が抜けるほどの光を照射するならなにか怖い副作用があるんじゃ…」と思っている方もいるかもしれません。

確かに、強力な光を照射するわけなので、肌にとって悪いこともあるんじゃないかと不安ですよね。

そこで、今回は光脱毛で考えられる副作用についてご紹介しましょう。

副作用が心配でなかなか光脱毛を決意できない方もチェックしてみてくださいね。

光脱毛に副作用はあるの?

光脱毛といえば、主にエステで行われている脱毛方法の1つで、実際に多くの方がこの方法で脱毛を済ませています。

ただ、普通の光を肌に浴びせたとしても脱毛はできませんよね。つまり、光脱毛で使っている光は特殊な光だということ

ここで心配になってくるのが副作用の問題です。

「考えられる副作用としてどのようなものがあるの?」
「もしも副作用が出た場合はどうしたらいいの?」

といった疑問から解決します。

光脱毛の副作用にはどんなものがある?

まず、副作用が発生するリスクは非常に低いです。ただ、ゼロではありません…。

具体的にどのようなトラブルが発生する可能性があるのか?詳しく見ていきましょう。

皮膚トラブル

代表的な副作用といえば皮膚の炎症による赤みやかゆみ、むくみなどでしょう。

場合によっては火傷や硬毛化、毛嚢炎などに繋がってしまう可能性もないとは言い切れません。

また、埋没毛や発汗なども副作用の1つだといえるでしょう。

シミが濃くなる

女性にとっては大きな副作用になりがちなのがシミの問題です。光脱毛をしたところシミが濃くなった…という方も!

そうなんです。光脱毛すると肌の奥に潜んでいるシミに光が反応し、浮き上がってしまうことがあるんです…

他にも、脱毛後のケアを怠った場合には痕が残る可能性もあるので、いろいろと注意しておきたいことがあります。

打ち漏れ

副作用とは少し違いますが光脱毛を担当してくれる方の技術力が不足していた場合、打ち漏れが発生してしまう可能性もあります。

副作用の原因と対処法は?どうすれば治る?

ちょっと怖い副作用についてご紹介しましたが、こういったリスクを減らすためには対処法からチェックしてみましょう!

対処法を知っておけば、万が一トラブルが起きた時でも安心ですよね♪

トラブルが起きたとしてもすぐに最適な対応ができれば、小さく済ませることができるかもしれません。

例えば、次のようなポイントに注目してみてくださいね。
  

赤みが出るのは正常?数日たっても治らないときは?

光脱毛をしたところ、肌が赤くなってしまった…という場合、軽いものであればそれほど心配する必要はありません。

ほとんどのケースでは軽い火傷状態なんです。

ただ、数日経過しても全然赤みが治まらない…という場合、軽いとは言えない火傷になっているのかも。

施術後のお肌には保湿ケアや日焼け対策が重要

脱毛機器の照射レベルが高すぎた可能性もありますが、他にも施術前からの日焼けや色黒、肌が乾燥していたなどの理由で火傷をしてしまうケースも。

脱毛中は何かと肌が敏感な状態なので、保湿ケアやUVケア、日焼け対策はしっかり行ってくださいね。

もしも「これは火傷かも…」と思った場合はすぐにサロンに相談です!

クリニックと提携しているところも多いので、医師を紹介してもらえるはず。場合によってはサロンの負担で治療が受けられる可能性もありますよ♪

脱毛したのに毛が濃くなった…毛が増えるのはなぜ?

おかしな話に思うかもしれませんがサロンで脱毛の施術を受けたところ、施術前より毛が濃くなった!と感じる人もいるんです。

サロンではクリニックに比べて弱い光を使って施術をするんですが、この中途半端な強さの光が毛根のはたらきを活性化させるためにこういった現象が起こります

脱毛前よりも毛が濃くなったと感じたらサロンやクリニックに相談を

毛が増えたり、太い毛が生えたりする硬毛化や増毛化がみられることも…。

しかも厄介なことに施術後すぐに気づくのではなく、毛が生えてきた1か月から3か月ほど経ってから気づきやすいトラブルなんです。

もしも、「え!施術前より毛が濃くなった!」と感じる場合、スタッフの方に相談してみましょう!

照射レベルを調整してくれたり、場合によってはニードル(針)脱毛等の医療脱毛に切り替えることも検討してみてくださいね。

毛嚢炎になってしまったら?

肌がブツブツ状になった場合は、もしかしたら毛嚢炎かも!

毛嚢炎とは雑菌が感染して起こる肌トラブルのことで、主に脱毛の刺激によって肌のバリア機能が低下したり、毛穴が傷ついてしまったことが大きな原因です。

もしも毛嚢炎になった場合は、雑菌がそれ以上繁殖しないように肌を清潔な状態に保ちましょう

汗をかいたらこまめに拭く、清潔感のある服装で過ごすことも大事ですよ♪

たかが毛嚢炎と考えて適当にケアしていると状態が悪化してしまう可能性もあります。

自己判断で塗り薬を塗るとかえって肌への負担になり、状態が悪化する可能性もあるので早めに病院で相談しましょう。

いつまでたっても毛が抜けない…打ち漏れがあったら?

サロンでの脱毛に限ったことではないんですが、脱毛時の「打ち漏れ」についても知っておきましょう。

これはそのままの意味で、本来であればきちんと照射しなければならない部位に光があてられず、毛が残ってしまう状態のことです。

うち漏れに気づいたら3週間以内に相談しよう

施術箇所の毛はしばらくすると抜けてくるんですが、「あれ…他は抜けたのにここは抜けない…」という毛があった場合はもしかしたら打ち漏れかも…。

スタッフの方の技術力不足などが原因で脱毛機の照射口を肌に当てる際に角度が適切ではなかったり、照射間隔の判断に誤りがあった場合には打ち漏れの可能性も高くなるんです。

高いお金を払うわけなので、「少しくらい仕方ないか」と考えるのではなく3週間以内に施術したサロンやクリニックに相談しましょう!

自己処理はしないで抜けない毛の状態を確認してもらってくださいね。

肌が黒い…埋没毛ができてしまったら?

普通、毛は毛穴から出てきて伸びますよね。ですが、何らかの理由で毛穴がふさがれた場合、行き場を失った毛が肌の中で成長してしまうことがあるんです…!

これが埋没毛と呼ばれる状態ですね。

肌にボツボツした黒いものがあり、よく見たら肌の中で成長している毛だった!という場合は無理やりピンセットなどでほじくり出すのではなく、肌を清潔な状態に保ちましょう。

余計な刺激を与えるとかえって埋没毛がひどくなることもありますよ~。

埋没毛が発生している部分を蒸しタオルなどでしっかり温めてそれから保湿ケアを行いましょう

あまりにもひどい場合は自己ケアではなかなか変化が実感できないこともあるので、施術を受けたサロンに相談すると安心です。

脱毛したら汗をかきやすくなった…

よく聞く話ですが、「脱毛したら汗が出やすくなった!」と感じる人がいます。でも、実はそうではないんです。

普段、毛があると汗は毛にからみ付きます。でも脱毛すると毛がなくなってツルツルの状態になるため、汗が直接肌を伝うことで汗の存在を感じやすくなるのです。

脱毛したからといって汗をかきやすくなるわけではないので安心ですね♪汗が気になる場合は制汗スプレーを使ったり、こまめにハンカチで拭きましょう。

薬を飲んでいると副作用が出やすい?

普段何かしらの薬を飲んでいる方もいるでしょう。

薬といってもいろいろな種類がありますが、花粉症の薬や風邪薬などが代表的です。持病の薬を飲んでいる方もいるはず。

この時に気になるのが、薬を飲んでいるときに光脱毛を受けるとなにか問題があるのでは…ということ。

普段飲んでいる薬があっても光脱毛は問題ないの?薬を飲む場合はいつ飲めば良いの?といった疑問を解決します。

どんな薬がダメ?

薬全般がダメというわけではなく、光に過敏に反応してしまう副作用のある薬は避けておいたほうがいいかもしれません。

脱毛の施術が受けれなくなる可能性がある薬

次の薬を飲んでいる場合、施術を断られることがあります。

代表的な薬
  • 風邪薬
  • 花粉症の薬
  • 鼻炎薬
  • 抗うつ剤
  • 血圧の薬
紫外線に反応しすぎてしまう可能性がある薬

それから、次の薬を飲んでいる場合は光脱毛で使う紫外線に反応しすぎてしまう可能性があるので、注意しなければなりません。

代表的な薬
  • 抗生物質
  • 抗がん剤
  • 抗真菌薬
  • 解熱鎮痛剤

絶対に自己判断で「きっと大丈夫なはず!」とは決め付けないようにしてくださいね。必ず医師に確認した上で施術を受けるかどうかを決めましょう

ステロイドを使用中に施術を受けるとトラブルがおきる可能性が!

それと、ステロイドは疫抑制作用があるんですが、ステロイドを使っている最中に光脱毛で肌が刺激を受けた場合、ニキビなどのトラブルが発生することもあります。

医師の許可があれば別ですが、例え処方せんがなくても購入できる市販の薬だったとしても施術直後や前後に飲むのはNG!

薬について全く聞いてこないようなサロンは安全配慮にかけていると判断できるので、他のサロンを選択するのがおすすめです。

ピルの服用は大丈夫?

女性でピルを飲んでいる方の場合、飲んでいない時に比べて普段とはホルモンバランスが崩れやすくなっています。

生理前などもホルモンバランスが乱れますが、こういったタイミングって肌荒れが発生しやすいですよね。

ここからもわかる通り、もしもピルを飲みながら光脱毛を受けると、肌トラブルに繋がってしまう恐れがあるんです…。

施術が受けられるかどうかはサロンによって違いますが、専門的な知識を持っている医師に確認をした上で検討したほうが安心です。

サロンの中には低用量ピルならOKとしているところも多いみたいですよ。

服用のタイミングは?施術後なら問題ない?

どうしても飲まなければならない薬がある…といった場合、まずは医師に相談です。

光脱毛が問題ないと判断された場合も、どのタイミングで服用するのか?についてはよく考えておきましょう。

サロンによって指導内容は異なるものの、一般的には施術前後5時間以上は服用を禁止しているサロンが多いです。

もし、施術前に間違って飲んでしまった場合は必ずスタッフに報告しましょう!

うっかり薬を飲んでしまった場合はどうしたらいい?

ただ、人によってはうっかり施術後に薬を飲んでしまうこともあるかもしれません。

この場合も「もしかしたら肌や体調に変化が出てしまうかも…」と疑うようにしましょう。

そして、普段以上に肌の状態を気にかけておくことが大切。万が一異常が発生してしまった場合にはすぐに病院に行きましょう!
   

家庭用光脱毛機器も副作用の危険がある?

サロンでの光脱毛の副作用についてご紹介しましたが、「家庭用脱毛機なら関係ないでしょう?」と思った方もいるかもしれません。

家庭で気軽に使える脱毛機も登場していますが、こちらの副作用のリスクについてもチェックしてみましょう。

よくある副作用や万が一副作用が起きた場合の注意点などについてご紹介します。

家庭用光脱毛機器ってどんなもの?

家庭用脱毛機とは、自分で行える脱毛機のことです。

自宅で自分の空き時間を活用して簡単に脱毛ができるということもあり、人気が高まっています。忙しくてサロンに行けない!という方でも安心ですね。

しかも美肌効果のある脱毛機もあるので、ツルツル肌とすべすべ肌が同時に目指せるのも魅力!

ただ、自分で行うものということもあり副作用のリスクは高いです。

サロンだったら「ちょっと肌状態が悪いので今日は脱毛できませんね…」と言われるような状態でも自己判断で脱毛してしまうこともあるかもしれません。

家庭用光脱毛器でおこる副作用って?原因は?

家庭用光脱毛器でトラブルが起きる大きな原因は素人が適当に脱毛してしまうからです。

家庭用脱毛器は業務用に比べて出力が抑えられているうえに、使い方は簡単です。

しかし、肌状態が悪かったり出力を高めると赤みやかゆみ、火傷などの副作用が起きてしまうこともあるんです…。

トラブルを回避するために注意すべきこととは?

リスクを減らすためにもまずは一度目立たない部分でテスト照射をしましょう。初回は一番弱い出力にすることも忘れずに!

「痛いけど我慢できるし…!」とムリをすると思わぬ肌トラブルに繋がるので気を付けてくださいね。

もちろん、説明書をよく読んで理解した上で使うことが大切。

簡単だからといってさっと済ませてしまうとあて漏れが発生したり、中途半端な刺激で毛根が活性化して太い毛が生えてくることもあるので注意が必要です。

保湿準備やアフターケアも怠らないようにしましょう。

副作用が起きたらどうすればいい?

もしも家庭用脱毛器を使っていて副作用や肌トラブルが起きた場合、自己判断は絶対にやめてください。

もしかしたら自分で思っている以上に深刻な肌トラブルかも…。

やっぱり病院でしっかりと診察を受けたほうが安心ですよ。

それと、トラブルが起きたということは何か原因があるわけなので、家庭用脱毛器の使い方が間違っていなかったか一度よく確認してみましょう。

確認したところやっぱり間違っていない!という場合は、その家庭用脱毛器自体が肌に合わない可能性が高いです。

使用し続けるのは危険なので、他の脱毛機も検討してみましょう。

光脱毛したのに顔に毛が!これって副作用?

光脱毛後に顔に目立つ毛が生えてきた場合、もしかしたら「硬毛化」と呼ばれるトラブルかもしれません。

顔にはたくさんの産毛が生えているので、硬毛化するリスクもそれだけ高くなるんです…。

硬毛化してしまったらどうしたらいいの?

もしも硬毛化してしまった場合はスタッフの方と相談してどう対処するか決めてくださいね。

一般的に照射のレベルを調整したり、硬毛化した毛をニードル(針)脱毛等医療脱毛で処理するなどの方法があります。

そもそもそのサロンが自分の肌質に合っていなかった可能性もあります。

顔など目立つ部分の脱毛をしようと思っている場合は事前に体験コースなどで他の部位の脱毛を行い、様子を確認してみると安心です。

それと、「一度硬毛化したけど気にせずそのまま何度か施術を受けていたらいつの間にかなくなっていた」という方もいるので、特に対策を取らなくても自然に治るケースもあります。

このあたりについてはスタッフの方に相談してみましょう。

光脱毛の副作用を防ぐには?

脱毛に限った事ではありませんが、なにかトラブルが発生してから「しまった…!」と後悔することってありますよね。

光脱毛の副作用を防ぐためには、あとから後悔しないように事前にしっかりと確認しておくことが大切!

カウンセリングや体験コースでしっかり確認

例えば、施術前のカウンセリングでしっかりと質問をして心配なことを確認したり、薬を服用している場合はサロンだけでなく医師に確認してから決めることも重要です。

体験コースを受ければ自分の肌に合っているかもある程度わかります。

気になることはスタッフに相談

通い始めてからもその日の体調や肌質で気になることがあったら、都度スタッフに相談をしましょう!

自分でできる対策はしっかりやろう

自分自身でできる対策としては、普段からケアを怠らないことも大切。

日焼けをしないための対策を取ったり、副作用が出やすい体調不良時は施術を休むことも忘れてはいけません。

施術後も抜かりなく

施術後に血行が良くなるとそれが原因で肌に赤みが出ることもあるので、施術後は熱いお風呂に入ったり、激しい運動をするのはNGです。

光脱毛は施術後のケアが大切!

いろいろ副作用についてご紹介したので、心配になってしまった方もいるかもしれません。でも、サロンでの肌トラブルは滅多にないんです。

サロンでも「あそこのサロンで光脱毛したら肌トラブルが起きた!」なんて口コミを寄せられると大変。

なので、しっかり冷却ジェルを使ったアフターケアなどで肌トラブル防止の対策を取ってくれています。

アフターケアをしっかりしてもトラブルが収まらない場合は?

光脱毛の刺激でシミが浮き出てしまうこともありますが、これは保湿を徹底することで残るのを防げますし、自分で行うケアも大切です。

また、光脱毛後に肌が赤くなったり、ヒリヒリするのは副作用ではなく正常な反応なので心配しすぎないでくださいね。いつものスキンケアをすれば数日で治ります。

ただ、赤みや異常が1週間続いた場合は何らかの肌トラブルが発生している可能性もあるのでスタッフや医師に相談しましょう

気になることがあった場合も遠慮なく相談してみてください。

まとめ

いかがでしたか?光脱毛の副作用や肌トラブルについてご紹介しました。

最後に光脱毛の副作用についてまとめると次の通りです。

ここがポイント
  • 肌トラブルのリスクは高くないものの、ゼロではない
  • 代表的な肌トラブルは赤みやかゆみ、腫れなど
  • 肌トラブルを避けるためにはきちんとしたスキンケアも大事
  • トラブルが起きた場合は早めにスタッフ・医師に相談!

トラブルの可能性はそれほど高くありませんが、どのようなトラブルがあるのか知っておくとすぐに気づきやすいはず

光脱毛の仕組みについては光脱毛の仕組みとメリット・デメリットという記事を参考にしてください。

しっかりと対応を確認し、安心して施術が受けられると最適ですね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

【2018年最新版】格安キャンペーンで人気の脱毛サロン8選!!一番お得に脱毛できるところは?

普通に通うと高額になる脱毛価格も、キャンペーンを利用すれば格安になりますよね。 …

小学生もできるキッズ脱毛!ディオーネの脱毛なら子供でも痛くない

ディオーネはどうして子供も安心して脱毛ができるの? ディオーネは子供もできる脱毛 …

生理中はVIO脱毛できないの?VIO以外の脱毛でいつもより痛いのはなぜ?

脱毛の施術に通っている方のなかには予約日に生理がきてしまった、なんてことも珍しく …

脱毛しながら美肌が目指せる!IPL脱毛とは?

脱毛だけでなく美肌効果も得られるとして話題のIPL脱毛についてご紹介します。 サ …

脱毛サロンの「ドクターサポート」って具体的には何をしてくれるの?

安心して通える脱毛サロンなら「ドクターサポート」付きがオススメ 脱毛サロンを選ぶ …

子供の脱毛はいつからできる? 効果はずっと続く?おすすめの脱毛方法についても教えて

ムダ毛が気になるのは大人だけではありません。 特に最近は小さいうちからおしゃれに …

保湿+抑毛ケアで脱毛中の肌もツルスベに♪

脱毛に通っている間は保湿ケアが欠かせないというのは今まで説明した通りですが、保湿 …

人気の脱毛サロンでも予約を取りやすくする方法・裏技とは?

サロンとの戦い<自分との戦いかも? 「よし、脱毛サロン頑張ってみよう!」とコース …

たまに目にするけれど…。絶縁針脱毛とはどんな脱毛方法?

ニードル脱毛よりも痛みを抑えつつ確実な効果があるとして人気の絶縁針脱毛 脱毛には …

未成年がサロンで脱毛するための方法と手続きとは?お父さんお母さんと一緒にチェック!

脱毛は何歳から出来るの? 親の同意って絶対必要? 脱毛サロンで脱毛して、キレイな …