美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

生理中はVIO脱毛できないの?VIO以外の脱毛でいつもより痛いのはなぜ?

脱毛の施術に通っている方のなかには予約日に生理がきてしまった、なんてことも珍しくはありません。

「生理中に脱毛しても大丈夫なの?」
「予約をキャンセルしたら、施術回数が減ったり、キャンセル料を取られたりするの?」

などと心配になった方もいるはず。

そこで今回は、生理中に脱毛ができるか、生理で予約をキャンセルした時のサロン・クリニックの対応などについてお話しします。

この記事を読めば、脱毛期間中に生理になってしまった時の疑問が一気に解消されるでしょう。

生理中に脱毛ってできるの?

生理中の脱毛は、ほとんどのサロン・クリニックで可能ですが、タイミング的にあまりおすすめできません。

さらに脱毛できるとしても、多くのサロン・クリニックがVIO以外という条件付きでおこなっています。

なかには、VIOも含めて全身の施術を受付けていないところもあるほど、サロンやクリニックでは生理中の脱毛はすすめていないのです。

なぜ、生理中のVIO脱毛や他の部分の脱毛をすすめていないのでしょうか。

その理由は、以下の4つです。

  • 肌トラブルが起きやすい
  • 痛みを感じやすい
  • 脱毛効果が低くなる
  • 不衛生

上記の理由から、サロンやクリニックで脱毛の施術がすすめられなかったり、断られてしまいます。

次からそれぞれの理由を、詳しく説明していきますね。

理由① 生理中は肌トラブルが起きやすい!

ホルモンバランスが乱れている生理時に脱毛をおこなうと、肌トラブルを起こす可能性が高くなります。

なぜなら、ホルモンバランスが乱れているときは、肌のバリア機能が低下しているときでもあるからなんです。

そのため、いつもなら問題なく受けることができていた施術で、赤みや炎症を起こしてしまうことも…。

デリケートなVIOはそうした影響を受けやすく、炎症や火傷を負ってしまうと治りにくい部分でもあるうえ、生活もしづらくなるでしょう。

このようなリスクがあるため、生理中のVIO脱毛は不可、それ以外の部分に関しても脱毛がおすすめされないのです。

理由② 生理中は痛みを感じやすくなる

生理中のホルモンバランスの乱れは、肌トラブルを起こす可能性を高めるだけでなく、痛みを感じさせやすくもします。

だから普段以上に施術を痛いと感じ、快適な脱毛を受けることができなくなるのです。

また、VIOはただでさえ刺激に弱い箇所。

施術の痛みが激痛になり、脱毛すること事態が嫌になってしまう可能性があります。

理由③ 脱毛効果が低くなる

女性ホルモンが乱れている生理時期に脱毛すると、脱毛効果が半減してしまいます。

ムダ毛を抑毛する効果を持つ女性ホルモンですが、生理時は分泌量が不安定になります。

そのため、生理時には体毛が濃くなったり、ムダ毛の量が増えたりしてしまい、脱毛効果が減少されてしまうのです。

もともと剛毛で脱毛効果が得にくいVIOの毛では、なおさら効果を望めなくなってしまうでしょう。

理由④ 生理中の脱毛は不衛生

サロン・クリニックが生理時にVIOの施術を受付けない理由は、生理時のVIOが不衛生だからというもの。

一般的に人の血液は非常に汚く、細菌感染を起こしやすいといわれています。

また、生理時のVIOはバリア機能が低下している状態です。

不特定多数の利用者が使用するベッドを使うだけでも、感染症のリスクが高まります。

なので自分や他の利用者、サロンやクリニックのためにも生理時のVIO施術は控えましょう。

生理6日目はセーフ?終わりかけならVIO脱毛してもいい?

たとえ生理が終わりかけであっても、脱毛を受けることは控えましょう。

その理由は簡単で、ホルモンバランスの乱れや出血がまだ続いているからです。

「6日目なら出血量も少ないしいいかな…」

と思う方もいるでしょうが、生理の日数で状態が変わることはないので、無理に脱毛を受けるのはやめましょう。

生理中でも黙っていればバレない?

「生理中でもタンポンをつけていればバレないはず」

と考えてしまう方もいるでしょう。

しかし、以下2つの理由からバレないはすがないので、生理が終わってから脱毛しましょう。

  • 生理時は独特のニオイで気づかれやすい
  • タンポンを入れていたら紐が出ているので、すぐわかる

もし生理だとバレた場合は、その時点で脱毛中止になってしまいますし、最悪のケースだと、そのサロンで脱毛できなくなってしまうでしょう。

無理は禁物なので、しっかり生理が終わってから脱毛してきれいになってくださいね。

生理周期による肌状態と脱毛に適したタイミング

生理中の脱毛が向かない理由を説明しましたが、どのような肌状態が脱毛に適しているのか知りたい方もいるはず。

ということで、生理周期と肌状態の関係から、脱毛に適した時期をわかりやすく解説していきますね。

そもそも脱毛に適した肌状態って?

脱毛に適している肌状態は、保湿がいきとどいた水分量の多い肌です。

水分量が多い肌は施術のレーザーや光が浸透しやすく、毛根や毛包にしっかりとダメージを与えることができます。

その逆に、乾燥肌は脱毛に適した肌状態ではありません。

乾燥していることによって施術時に痛みを感じやすく、肌がデリケートになっているのでトラブルを起こしやすいからです。

また乾燥肌はレーザーや光の浸透率が悪く、脱毛効果も減少してしまいます。

脱毛サロンのなかには、施術前の水分量を測って、30%以上でないと施術できないというところも!

生理と身体のメカニズム

脱毛するうえで重要な肌状態。このコンディションは、女性ホルモンから大きな影響を受けています。

女性ホルモンが安定していれば、肌状態は良くなりますし、悪くなれば肌状態も悪化します。

そんな肌の命運を握っているともいえる女性ホルモンは、生理周期で大きく変動します。

では、どういったメカニズムで女性ホルモンが変動するのか、以下で詳しくみていきましょう。

女性ホルモンと生理周期の関係

月経が開始した日から次の月経が始まる前日までの周期を、生理周期と呼びます。

このサイクルは、人によって異なるものの、正常な月経周期は25~38日とされています。

では、この期間に、女性ホルモンの分泌量はどのように変動するのでしょうか?

上記の図からもわかりますが、女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類が存在します。

エストロゲンは、体調を整えて女性らしさをつくるという特徴があり、生理終わり頃から卵胞後期にかけて増えます。

それに対しプロゲステロンは、女性の身体を守る働きを持つと同時に、心身共に不安定にさせてしまう特徴を持ちます。

プロゲステロンが増加傾向にあるのは、排卵後から生理にかけてです。

そのため、生理になると気分が悪くなったり強いストレスを感じやすくなるという方もいます。

このように、生理周期のタイミングによって増える女性ホルモンが異なり、それによって身体の状態も変化していきます。

生理周期による肌状態への影響

生理周期にあわせて、女性ホルモンがどう変わるかについて前章で解説しましたが、この生理周期は4つの段階で構成されています。

ここでは、段階別の肌状態を以下の表にまとめました。

段階 肌状態
月経期 着床せず、不要になった子宮内膜を排出する期間 水分量が減り、乾燥肌になる
卵胞期 排卵するために卵子が育つ期間 好調
排卵期 育てられた卵子が卵巣から子宮に飛び出す期間 比較的安定しているが、皮脂が増え始める
黄体期 受精のために子宮内膜を育てる期間 水分量が徐々に減り、皮脂も更に増える

表を見れば、生理期間中以外にも、段階ごとに肌状態に特徴があることがわかるでしょう。

生理中でなければ脱毛を受けることができますが、やはり肌状態がいいほど脱毛効果が高まりますし、痛みや肌トラブルの可能性もぐっと減ります。

そこで、この生理周期を理解して自分に最適な脱毛のタイミングがいつなのか、以下の章で把握していきましょう。

生理周期で考える脱毛のタイミング

前述した「生理周期と肌状態」に関する表からみると、脱毛に適しているのは、肌状態が好調となる「卵胞期」です。

では、その「卵胞期」とは、生理が終わってからどれくらいで訪れるのでしょうか?

生理後の1週間は脱毛に最適!

脱毛に最適なタイミングとなる「卵胞期」は、生理が終わってすぐにおとずれます。その期間は約1週間。

この時期はホルモンの状態も落ち着き、バリア機能の役割を担う抗菌ペプチドによって、肌状態も安定します。

そのため、この期間に合わせて施術を受ければ肌トラブルを減らせる可能性が高いんです♪

反対に、生理前2週間~生理がくるまでの時期にあたる黄体期は、肌から水分量が少なくなって肌トラブルが起きやすくなるので、注意しておきましょう。

生理不順の人はどうしたらいい?

生理不順で生理周期が安定しない方は、産婦人科やクリニックで生理周期を安定させる薬を処方してもらいましょう。

というのも生理不順の場合も、女性ホルモンが乱れ、肌状態も好ましくない可能性があるからです。

そのため、いつ施術しても思ったような効果を得られない場合があるので、女性機能の不調は早めに治しておきましょう。

VIO脱毛が生理に影響することってあるの?

脱毛ではレーザーや光を照射することから、

「VIO脱毛をすると何らかの影響があるのでは…」

と心配している方もいるでしょう。

そんな方のためにVIO脱毛が生理に影響を与えるのか否かを、以下で解説していきますね。

VIO脱毛の施術自体が生理に悪影響を及ぼすことはない!

VIO脱毛が生理に影響を及ぼすことはありません。

脱毛後に来るはずの生理がこないと、脱毛が原因なのではと不安に思う方もいるでしょう。

他にも、脱毛後に生理痛がひどくなったと感じている方もいるようですが、脱毛が直接影響しているわけではありません。

このような女性機能の異変は以下の3つなどが原因とされ、脱毛は関係ないのです。

  • 脱毛以外の生活習慣の乱れ
  • 過度なダイエット
  • 睡眠不足

そのためVIO脱毛そのものが生理不順や生理中の症状に影響を与えるということはないので、安心してくださいね。

ただ、毛を全部脱毛するのはお勧めできないかも…

生理の異変に関してVIO脱毛に直接的な原因はありませんが、お腹が冷えることはあるでしょう。

なぜなら保温効果があるアンダーヘアをなくすことで、子宮が冷え血行が悪くなってしまうからです。

そうなると、内蔵機能が低下してしまう可能性もあり、女性ホルモンのバランスを乱す原因にもなります。

もし全て毛をなくす必要がないのであれば、適度な量のアンダーヘアを残しておきましょう。

VIO脱毛が生理中のメリットにも!

上述のとおり、VIOの毛を全部脱毛することはお勧めできません。

ただ、適度なVIO脱毛ならデリケートゾーンのムレやニオイが少なくなるというメリットがあります。

ムレることによって発生するデリケーゾーンのトラブルも、アンダーヘアがすっきりすれば起こりにくくなります。

またムレはニオイのもとにもなるため、こちらも解消することができるでしょう。

そのためデリケートゾーンを衛生的に保ちたいと思っている方に、VIO脱毛は適しています。

生理が理由でのキャンセルはもったいない!損をしないための対策をとろう

ここまで、生理になったらなぜ脱毛をおこなわないほうがいいのか、VIO脱毛が生理に影響しないかなどをお伝えしました。

では脱毛予約当日に生理になってしまったときは、どう対処すればいいのでしょうか?

急にきてしまった生理で慌てることがないよう、ここでは事前にサロンやクリニックへ確認しておくポイントなどを説明していきます。

カウンセリングは重要!生理時の対応をしっかり聞きましょう

生理時の対応は、各サロンやクリニックで異なります。

そのため、もしも生理になってしまったときのためにも、以下2つのことを契約前に聞いておきましょう。

  • 生理中は施術ができるのか?
  • キャンセルする場合は、いつまでならキャンセル料が発生しないか?

生理中はVIO以外であっても施術不可なところや、キャンセル料が必要なサロン・クリニックが多数あります。

なかには、施術回数を1回消化するといったところもあるので、気をつけましょう。

突然の生理で、お金や施術回数をムダにしないためにも上記の質問を契約前には必ずするようにしてくださいね。

生理周期を記録して被らないように心がけることも大切

脱毛に通うさい、生理で困ったことにならないために、あらかじめ自分の生理周期を把握しておくといいでしょう。

いつ生理がくるかわかっていれば、その日程を避けて脱毛の予約をすればいいだけですからね。

生理周期が乱れがちな方は、スマートフォンのアプリなどを使って生理周期を管理するといいでしょう。

このようなアプリは生理開始日を入力するだけで、次回の生理日を予想してくれるので便利ですよ。

施術可能であっても、生理痛がひどいならキャンセルすること!

たとえ脱毛したくても、生理痛がひどい場合はキャンセルしましょう。

体調が悪い時に、慣れないサロンやクリニックなどの場所にいると、さらに症状が悪化する場合があります。

自分だけが苦しいならいいのですが、周りにも迷惑をかけてしまうこともあるため、ムリは禁物です。

またサロン・クリニックによっては、生理痛を和らげる痛み止めを飲んでいると、施術できないところもあるので気をつけてください。

今通っているサロンやクリニックは生理中でも脱毛OK?

この記事を読んでいる方のなかには、すでに脱毛に通っているという方もいるでしょう。

しかし、自分の通っているサロンやクリニックが、生理中にどんな対応をしてくれるのか分からない方もいるはず。

そこで、ここからは各サロンやクリニックに通っている間に、生理がきてしまった場合各サロン・クリニックがどう対処してくれるのかを解説します。

各脱毛サロンにおける生理中の対応

人気の脱毛サロンの生理中の対応について、VIOとそれ以外の部位に分けて表にまとめました。

表中の〇×は施術の可否を示しています。

サロン名 VIO以外の部位の施術 VIOの施術
銀座カラー 〇(ヒップは不可) ×
ミュゼ ×
ディオーネ ×
ジェイエステ ×
エピレ ×
TBC ×
キレイモ × ×
脱毛ラボ × ×
シースリー × ×

脱毛ラボは生理期間中とその前後3日間で全身脱毛ができません。

またシースリーは、生理開始から5日目まで、全身脱毛が不可となっています。

では、各サロンの生理時に発生するキャンセルの対応に関しては、どうなっているのでしょうか?

各脱毛サロンのキャンセル対応

サロンだと、キャンセル時の対応は厳しいところが多いのですが、前日のキャンセルであれば融通が利く場合も。

そのため、生理がきたら早めにサロンに連絡しましょう。

次の表は、回数制限があるコースを選択した場合の各人気サロンの対応になるので、参考にしてください。

サロン名 前日までのキャンセルの場合 当日キャンセルの場合
銀座カラー 19時までの連絡で予約変更可 1回分消化
ミュゼ 予約日時の24時間前まで予約変更可 1回分消化
ディオーネ 18時までに連絡すれば予約変更可 1回分消化
ジェイエステ 営業時間内に連絡がすれば予約変更可 1回分消化
エピレ 予約変更可 予約変更可
TBC 営業時間内に連絡がすれば予約変更可 キャンセル料1,000円
キレイモ 予約変更可(電話対応は20時まで) 1回分消化
脱毛ラボ キャンセル料1,000円 キャンセル料はないが1回消化
シースリー 予約変更可 予約時間の1分前までの連絡で変更可

回数制限ありのコース以外を選択していると、サロンの対応が表とは異なるケースがあります。

また、規則が変更されることもしばしばあり、ルールが安定していない場合も。

既に利用しているコースのキャンセル対応について、詳しく知りたい方は通っているサロンに問い合わせてみましょう。

各クリニックにおける生理中の対応

脱毛サロンと同様に、各クリニックでの生理時における対応も、以下の表でみていきましょう。

クリニック名 VIO以外の部位の施術 VIOの施術
湘南美容外科クリニック 〇(条件:タンポン使用)
渋谷美容外科 〇(条件:タンポン使用)
アリシアクリニック ×
中央クリニック ×
フェミークリニック ×
城本クリニック ×
リゼクリニック 〇(ヒップは不可) ×
共立美容外科 〇(対応部位不明) 〇(条件:タンポン使用)
聖心美容クリニック × ×

脱毛サロンに比べると、生理中でも施術してもらえるところは多いですね。

ただ、聖心美容クリニックは生理中だけではなく生理の前後3日間の脱毛も受付けていないので、注意してください。

では、キャンセルへの対応はどうなのでしょうか?キャンセル料についてもみていきましょう。

各クリニックのキャンセル対応

クリニックは、サロンに比べるとキャンセルに対するペナルティーがゆるい傾向にあります。

クリニックが決めている前日・当日キャンセルのペナルティーは以下のとおり。

クリニック名 前日までのキャンセルの場合 当日キャンセルの場合
湘南美容外科クリニック 3,000円
(ワキ脱毛のみの場合は500円)
3,000円
(ワキ脱毛のみの場合は500円)
渋谷美容外科 キャンセル料不要 キャンセル料あり
(費用は医院によって異なる)
アリシアクリニック キャンセル料不要 キャンセル料不要
中央クリニック ペナルティなし
※一部対象外の院あり
ペナルティなし
※一部対象外の院あり
フェミークリニック 施術予定時間30分あたり1,000円 施術予定時間30分あたり2,000円
城本クリニック キャンセル料不要 当日の状況による
リゼクリニック キャンセル料不要 キャンセル料不要
共立美容外科 1回分の施術代金と同額 1回分の施術代金と同額
聖心美容クリニック キャンセル料5% キャンセル料10%

もし生理周期が不安定だと感じるなら、突然のキャンセルにも柔軟に対応してもらえるクリニックを選択するのも一つの手でしょう。

また、脱毛サロンにもクリニックにも言えることですが、脱毛は1回だけではなく、長期間通って行うもの。

無断キャンセルや当日キャンセルを頻繁に行うと、後々脱毛に通いにくくなるから注意が必要ですよ。

生理を気にせず脱毛したい方におすすめのサロンやクリニック6選

生理不順だったり、自分で計算した生理周期に不安があったりする方もいるでしょう。

そういう方でも安心して通える、以下の3つの条件が揃ったサロン・クリニックをご紹介します。

  • キャンセル対応が良い
  • 口コミ評価が高い
  • 技術力がある

ぜひ、快適なサロン・クリニック通いをするために参考にしてみてくださいね。

もしものときキャンセルしやすい脱毛サロン3選

脱毛が完了するまで、定期的にサロンへ通う必要があります。

その最中、生理のことを考えて施術日程を悩むのは時間のムダですよね。

そんな問題を気にせず通える3つのサロンが、以下になります。

エピレ

エピレ

利用者が脱毛サロンへ自由に、行きたい時に行けるよう配慮している「エピレ」。

前章の表でもあったとおり、エピレでは前日・当日キャンセルのペナルティーがありません。

そのため、突然の生理時のキャンセルにも柔軟に対応可能。

しかも利用者の脱毛効果がしっかり出るようサロン独自に開発した脱毛機を使用しています。

施術中の痛みはなく、日本人の肌に適した脱毛施術をしてくれるので満足いく結果の脱毛ができるでしょう。

また、キャンペーンを使えば980円で脱毛できちゃうなんてことも…。

生理のときにも柔軟に対応してくれるだけではなく、脱毛の効果が感じやすいサロンを探しているならエピレへ行ってみてくださね。

シースリー

シースリー

脱毛業界唯一、脱毛の生涯メンテナンス保証を提供している「シースリー」。

納得いくまで一生通い放題で、長い期間脱毛を休んで再開しても追加料金は一切かからないシステムです。

さらに、こちらも前日・当日キャンセル料不要。生理がくるかこないかで悩む必要がありません。

また使用している脱毛機は最新式。通常1時間以上かかる全身脱毛が、なんと45分で終わっちゃいます。

仕事などで忙しく、あまり時間がとれないという方にシースリーはぴったりです。

コロリー

コロリー

大手女性フェッション誌にとりあげられた実績をもつ「コロリー」。

上記2サロン同様、前日・当日のペナルティーはありません。

また、こちらのサロンでは肌に優しいS.S.C方式で脱毛しているので、施術が終わったあとは肌がすべすべに♪

そのうえ施術時にプラセンタエキス配合のミルクローションを使うため、どんどん美肌になっていけます。

そんなコロリーで人気な脱毛プランは、なんと月々990円の支払いで利用可能。

肌に悩みがあったり、低価格なサロンを探していた方にとって、コロリーは最適な脱毛サロンといえるでしょう。

もしもの時に心強いクリニック3選

もし肌トラブルが発生しても、医師がいるクリニックならすぐに柔軟に対応してもらえるので安心!

生理時のキャンセル対応や、トラブルの対応に定評があるクリニックは次の3つです。

アリシアクリニック

アリシアクリニック

「アリシアクリニック」は楽天リサーチで全身脱毛おすすめブランドに選ばれたことがあるほど、実力、口コミともにトップレベルのクリニックです。

こちらのクリニックが人気の理由のひとつに、前日・当日キャンセル料が不要ということがあげられます。

施術価格が高いクリニックで、さらにキャンセル料を取られたくない方には、うってつけのサービスでしょう。

また14ヶ月で全身脱毛が終わるスピードプランがあるのも魅力的。時間がない方ほど、こうしたプランがあると嬉しいですよね。

しかも、全身脱毛1回の施術が月々9,100円で行えるので、クリニックの脱毛が高額で悩んでいたという方からも支持されています。

クリニックの脱毛を安く済ませたい、普通の医療脱毛よりも早く脱毛できるところがいいという方は、アリシアクリニックを検討してみてはいかがでしょうか?

リゼクリニック

リゼクリニック

常に利用者と同じ目線に立って行動することに努めている「リゼクリニック」。

その言葉通り、こちらも前日・当日のキャンセル料は発生しません。

また、肌トラブルが起こっても完全保証制度があるので追加料金は一切なし。

とにかく利用者が安心して通えるクリニック作りを目指しているんです。

そんなリゼクリニックは脱毛機を3種類用意しています。そのため、肌質、毛質によって機器を使い分けることができますよ。

もし、色黒肌に悩みがあってもそちらに対応している脱毛機があるから大丈夫!

徹底的に利用者目線で寄り添ったサービス提供と、高い脱毛効果を求めるならリゼに足を運んでみてください。

品川美容外科

 
数々のメディアで取り上げられ、人気クリニックとなった「品川美容外科」。

キャンセル料は前日・当日ともに不要なだけではなく、安心保証制度を完備しているため、医療脱毛に不安がある方でも気軽に通うことができます。

また、施術費用が安いというところも、品川美容外科が多くの利用者に選ばれる理由のひとつ。

品川美容外科の会員になれば、全施術が25%OFFの価格で受けることができるんです。

さらにこちらのクリニックの脱毛は都度払い制なので、まとまったお金がなくても、すぐに施術をすることが可能ですよ♪

コース契約ではなく、その都度気分が向いた時に脱毛したいと思う方にとっては、ピッタリのクリニックでしょう。

まとめ

今回は、生理中に脱毛ができるか、生理になった時の各サロン・クリニックの対応や、おすすめサロン・クリニックなどをご紹介しました。

この記事でおさえておきたいポイントは3つ。

ここがポイント
  • 生理中の脱毛はおすすめできない
  • キャンセル対応がいいサロン・クリニックを選ぼう
  • 生理中でも脱毛できるクリニックがある

ぜひここまでの内容を参考にして、ムダなお金や施術回数消化をすることなくマイペースな脱毛ライフを送ってくださいね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

毛周期を把握して脱毛すれば効果UP!脱毛にぴったりのタイミングは部位ごとに違う?

効率よく脱毛を進めていきたいと思っているのであれば、毛周期について知っておくこと …

脱毛回数によって効果はどれだけ変わる?

ツルスベ素肌になるまでにかかる脱毛回数とは? ムダ毛が一本もなく、生えかけのムダ …

脱毛サロンの「ドクターサポート」って具体的には何をしてくれるの?

安心して通える脱毛サロンなら「ドクターサポート」付きがオススメ 脱毛サロンを選ぶ …

ニキビがあると脱毛できない?顔脱毛でニキビができにくくなるって本当!?

顔脱毛には化粧のノリが良くなる、肌がワントーン明るく見えるなど、女性に嬉しいメリ …

脱毛サロンのメニュー「ワンショット」って何?どんな時に利用するの?

ちょっと残ったムダ毛はワンショットでツルツルに! 脱毛サロンのメニューに「ワンシ …

【保存版】秋から脱毛を始めるメリットとその理由を徹底解説!

隠れた脱毛の季節、到来です お肌の露出が増える夏は、どうしてもムダ毛が気になるも …

子供の脱毛はいつからできる? 効果はずっと続く?おすすめの脱毛方法についても教えて

ムダ毛が気になるのは大人だけではありません。 特に最近は小さいうちからおしゃれに …

思わぬ落とし穴も!? 脱毛エステの契約書をチェックしよう

読むのが面倒だから、もらってポイ!じゃダメ 文字は細かくて難しい言葉がならんでい …

安くても安心して通える脱毛サロンならル・ソニアがおすすめ!

フレンドリーな接客と丁寧な施術が人気のル・ソニア ル・ソニアは脱毛、フェイシャル …

脱毛エステ施術の流れとは?WEB予約から施術までの手順

脱毛サロンのカウンセリングや施術はどんなことをするの? イメージ出典:エターナル …