美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

脱毛サロンのメニュー「ワンショット」って何?どんな時に利用するの?

ちょっと残ったムダ毛はワンショットでツルツルに!
gf01a201501280100
脱毛サロンのメニューに「ワンショット」というものがあるのはご存知でしょうか?

脱毛というと回数コースや月額制が一般的ですが、それ以外にワンショットというメニューを用意しているサロンもあります。今回はこのワンショットについて、どんなものなのか?どんなメリットがあるのか?をご紹介します。

「ワンショット」は?

ワンショットとは、光脱毛やフラッシュ脱毛の機械で1度照射することです。脱毛をやったことのある方ならわかると思いますが、「ピッ」と音がしますよね。あの音1回分が1照射=1ショットになります。

ワンショットを通常のメニューとして置いているところもありますし、脱毛が初めてで不安という方のためにテスト照射として行っているサロンもあります。テスト照射は無料または100円~500円程度でやってくれるところが多いです。

1ショットの範囲と値段

1ショットの範囲は使っている脱毛器の種類にもよりますが、大体5cm×5cmや2cm×3cmというものが多いです。ごくごく小さな面積の脱毛をする時にすごく便利なメニューなのです。

サロンによって値段は変わりますが、1ショットあたり500~1000円程度で提供されていることが多いようです。

「ワンショット」のメリットとは?

どうしても残るしつこいムダ毛に

脱毛サロンの脱毛は毛周期に合わせて行うものです。しかし、毛周期にはばらつきがあり、年単位で休止期に入り生えてこなくなるムダ毛も珍しくありません。ツルツルにしたつもりでも、後から数本太い毛が生えてくる…ということもよくあるのです。

また、埋没毛、傷、ニキビなどがあると、ヤケドなどの肌トラブルを防ぐためにその部分を避けて施術していきます。そうすると、脱毛効果にばらつきが出て残ってしまうムダ毛もあります。そんな時、また部位ごとの契約をするのは面倒だし、何よりお金がかかりますよね。そこで役にたつのがワンショットです。気になるムダ毛のある部分だけに照射でき、ピンポイントで脱毛できます。

肌が弱い方や痛みに弱い方はお試しとして

「肌が弱くて脱毛の影響が心配」「痛みに弱いから耐えられるか不安」という方は、ぜひお試しとしてワンショットを利用することをオススメします。

顔やデリケートゾーンは手足より皮膚が薄いため刺激に弱く、すねやヒザなどの肉が薄いところは骨に響いて痛みを強く感じやすいです。こういった刺激や痛みを感じやすい場所を1ショットでお試ししておけば、回数コースの契約をしてからトラブルが起こったり面倒な返金手続きで後悔せずに済みます。

今回はワンショットというメニューについてご紹介しましたが、ワンショットのメリットが伝わっていればうれしいです。

最初からワンショットがあるサロンを選んでも良いですし、他サロンで脱毛しきれなかった部分をワンショットがあるサロンでお手入れするというのもアリです。自分にあった方法で、自己処理の必要なツルツルな肌を目指してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

脱毛サロンが倒産したらどうなる?

料金を一括払いしたものの半年通って倒産…なんてことになったら!? せっかく通い始 …

これって脱毛のせい?脱毛による皮膚トラブルの内容と対処方法

赤み、やけど、しこり…脱毛後の皮膚トラブルはこんなにある!? ツルスベ肌になるた …

夏の脱毛、日焼けに要注意! 効果的な日焼け対策とは?

日焼け止めはデイリーとレジャーで使い分ける! 脱毛中の日焼けは厳禁!日焼けしてし …

【超保存版】人気脱毛サロンの解約方法をまとめました。

脱毛サロンに通っていると、引越しや妊娠などのやむを得ない状況で解約しないといけな …

SSC方式脱毛はどうして痛くないの?

SSC方式脱毛の痛くない理由とメリットとは? SSC方式ってどんな脱毛?どうして …

脱毛サロンの契約時、どんなものが身分証明書として認められる?

脱毛サロンで契約する時は身分証を忘れずに! 脱毛サロンで契約する時には、身分証明 …

子供の脱毛はいつからできる? 効果はずっと続く?おすすめの脱毛方法についても教えて

ムダ毛が気になるのは大人だけではありません。 特に最近は小さいうちからおしゃれに …

ハイパースキン脱毛のディオーネなら痛くない脱毛ができる

痛みも肌への負担もなしディオーネの脱毛とは? >>今すぐディオーネのHPをチェッ …

卵を食べ過ぎると体毛が濃くなる!?気になるウワサの真相を調査!

男性ホルモンを増やす卵の食べ過ぎがムダ毛を濃くする 多くの女性にとってムダ毛処理 …

毛嚢炎になっても脱毛できる?陰部にできた場合はどうしたらいい?予防法や治療法を紹介

肌トラブルの種類は実にさまざま。そして、その1つに「毛嚢炎(もうのうえん)」と呼 …