美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

眉毛脱毛は自宅でできる?医療脱毛は痛いって本当?

意外と面倒な眉毛の処理、みなさんはどうしていますか?整えるのに失敗すると、鏡を見るたびに気分が下がりますよね。また剃り跡のブツブツや赤みなども悩みのタネ。

たかが眉毛といっても、処理方法はとても重要なんです。

手軽な自己処理のほかに、最近ではプロの技術による「眉毛脱毛」もあります。でもワキや脚の脱毛と違って、顔のパーツでは不安も…。

そこで今回は、眉毛を整える方法として自己処理とプロに処理をしてもらうのとどちらがいいのか、プロの眉毛脱毛にはどんなものがあるのかについて説明します。

この記事を読めば、今のあなたの眉問題もいっきに解消できるはず!ぜひ参考にしてみてくださいね。

眉毛のバランスで印象が決まる!?他人から見ても気になるパーツ

眉毛を整えるのに失敗したとき、気にしているのは自分だけだと思っていませんか?

実は眉毛は、顔のイメージに大きく影響する部位。「顔の印象は眉毛で7割~8割が決まる」と言われているほどなんです。

つまり変な形やバランスだと、他人から見ても違和感があるということ。

非常に多くの方がとまどっている眉毛のお手入れ。その代表的なお悩みが、次のものです。

  • 眉毛が濃い、剛毛といった悩み
  • そもそも眉毛を整えるのが難しい

これ以外にも、眉毛の薄さ、左右対称にできないといった悩みもみられます。メイクで解決するにしても、アイブロウで足しやすい状態に整えておく必要がありますよね。

美人オーラが増したり、人に与える印象が良くなったり…そんな理想の眉毛にしていくためには、どうしたらいいのでしょうか。

眉毛を自宅で自己処理するにはどの方法がいいの?

美眉には、ムダな部分の毛を処理してしまうのが一番です。そんな眉毛の自己処理方法について、まずは代表的なものを見比べてみましょう。

カミソリ 電動シェーバー 毛抜き ハサミ
手軽さ
費用
所要時間
仕上がり ×
効果の持続 ×
肌への負担 ×
オススメ度 ×

それぞれ道具さえあれば、思い立ったときにすぐに処理できます。

ただこれらの方法では、オススメ度◎や○が見当たりませんよね。それは、どうしても以下のような欠点が存在するからです。

剃る方法
  • すぐに伸びてくる
  • 処理ごとにダメージが重なる
  • 剃り跡の短い毛が目立つ
  • 刃の交換が必要なのでコスパが悪い(カミソリの場合)
抜く方法
  • 毛根の組織が活動しているかぎりまた生えてくる
  • 処理ごとにダメージが重なる
  • 1本1本抜くのに時間がかかる
カットする方法
  • 根元までしっかり処理できないため形が整えられない
  • すぐ伸びてくる
  • 切った断面が目立つ

自己処理では眉全体の形を整えるのに失敗しやすいものですが、そのほか、肌の負担や見栄えの面でも問題があります

こうしたデメリットについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

剃る

処理した部分には毛根や根元が残っているので、すぐに伸びてきてしまいます。

毛質が濃く太い場合は、プチプチとした剃り跡が残ってしまうことも。また、皮膚が薄くデリケートなまぶたのシェービングには、以下のリスクも伴うんです。

デメリット
  • カミソリ負けやケガをしやすい
  • 毛が太いとプチプチした剃り跡が残ってしまう
  • 使い古しの刃から毛穴や傷に雑菌が入ると、赤みや炎症の原因になる

眉毛を剃って整えるなら、できれば肌を傷めにくい眉用・顔用の製品を選び、処理後はしっかり保湿しておきましょう。

毛抜きで抜く

毛根から抜くので、カミソリほど頻繁に処理する必要はありませんが、やはりこの方法にもいくつかのリスクがあります。

デメリット
  • 抜くときはどうしても痛い
  • 毛穴を傷つけ赤みや腫れを引き起こしやすい
  • 毛穴周辺の肌代謝が乱れると埋没毛や毛嚢炎の原因になる
  • 毛穴や傷に雑菌が入ると炎症をおこす危険もある

また、毛を抜く処理を繰り返していると、毛根が弱って毛が生えにくくなる場合があります。これだけ聞くと「毛抜きいいじゃん♪」と思う方もいるかもしれません。

しかし自分でやるとバランスが難しく、いびつな眉毛のまま直せないなんてことも。

カットする

眉毛用のはさみを使ってカットする方法。長めの毛の処理に向いていて、カミソリや毛抜きのようなダメージはありません。

ですが根元まで処理できないので、眉の形を整えたい場合は別の方法が必要になります。

自宅での眉毛処理、他にはこんな方法も

実は家庭用脱毛器のなかにも、眉毛の処理にうってつけのものがあります。

一方で、絶対に眉や目のまわりに使ってはいけない危険な道具も…。それぞれご説明しますね。

「高周波脱毛器」は眉毛の自己処理に最適!

これは簡単にいえば電動式の毛抜き器。ピンセットのような部分で毛を挟んで、高周波の電流を流し込みます。

そうして毛の組織に刺激を与えていくと、眉毛が痛みなくスッと抜けるんです。もちろん電気のビリビリ感もないので安心してくださいね。

ただ、この便利な脱毛器も完璧ではありません。1本ずつ抜いていくので、どうしても時間と手間がかかります。

それに毛の組織を壊せるわけではないので、永久脱毛もできないんです。

失明の危険!?この脱毛器は眉毛処理にはNG!

上記で説明した高周波脱毛器と似たような家庭用脱毛グッズが、2種類あるのはご存知ですか?

  • 家庭用レーザー脱毛器
  • 家庭用光脱毛器(家庭用フラッシュ脱毛器)

どちらも家庭で好きなときに使用できるので人気です。

ただこの2つは、眉周りや目周りなど、皮膚が薄いところの脱毛に使うのは非常に危険!失明のリスクまであるんです

各製品の説明に、使っていい体の部位とダメな部位が書かれているので、必ずチェックするようにしましょう。

プロの眉毛脱毛、メリット・デメリットは?

自分で眉毛を整える方法についてお伝えしてきましたが、自己処理って結構デメリットやリスクがありますよね。

じゃあ、もっといい方法があるの?と疑問に思った方もいるはず。

実は脱毛サロンやクリニックで眉毛を整えれば、そんなリスクなんか気にせず、ラクにきれいな眉になれるんですよ。

例えばこういったメリットがあります。

  • プロの視点で整えてもらうとバランスが良くなる
  • 似合う眉毛の形を提案してもらえる
  • アフターケアが充実しているところが多い
  • 肌トラブルや失敗のリスクが少ない

こうした自己処理では解決されなかった問題が、一気に解消されますね。

ただ、サロンやクリニックで眉脱毛を行うといっても方法は複数あります。それぞれの方法の特徴を見ていきましょう。

糸脱毛(スレッディング)

最近注目の脱毛方法で、顔にパウダーを塗り、顔の産毛や眉を専用の糸2本を使って絡め取るというものです。

アラブや中国、台湾で昔から行われていますが海外セレブの間でも人気となり、日本に上陸しました。もちろんこの施術にも特長がいろいろあります。

  • 肌への負担が少ない
  • 毛根から抜ける
  • 産毛もOK!
  • 古い角質の除去、トーンアップと美肌効果
  • 自己処理で濃くなった毛も、徐々に薄く
  • 施術時間が早い
  • 施術後、肌に痒みや赤みが起こることがある
  • 肌が荒れている方は施術不可
  • 永久脱毛ではない
  • 毛を抜くときのチクチクした軽い刺激

スレッディングは一度の施術が7~10分と早いところが魅力的です。

頼めば顔全体も施術できますし、女性には嬉しい効果がたくさん。マッサージ作用もあり、血行促進も期待できます。

けれども、永久脱毛ではないのでサロンに通い続けなければなりません。そのぶんの費用を考えると、割高と思ってしまう方もいるかもしれませんね。

セルフでできる糸脱毛とは?ピーリング効果もあるムダ毛処理!

ブラジリアンワックス脱毛

人気海外ドラマ「SEX and the CITY」でも登場し、日本でも著名人やモデルが愛用しているブラジリアンワックス。

アンダーヘア脱毛の方法として人気ですが、全身や顔にも使え、眉毛脱毛でも活用されています。

脱毛したい部分に専用のワックスを塗り、引きはがすことで脱毛する、比較的シンプルな脱毛方法。

もちろんメリットやデメリットもあるので、そこを注意して行うのがポイントです。

  • 毛根から抜くため、剃り跡などが残らない
  • 細い毛でも抜ける
  • 2~3週間ほどは処理いらず
  • 古い角質がとれ、肌がきれいになる
  • 脱毛後は即ツルツルに
  • 次に生えてくる毛がチクチクしない
  • 引きはがす際、ひとによっては痛みが生じる
  • 肌荒れや炎症になる可能性がある
  • 永久脱毛ではない
  • 予約日までに毛を伸ばしておく必要がある

ブラジリアンワックスはサロンで行う他に、自宅用も市販されていて自分で処理することもできます。

ただし眉脱毛の場合、ワックスが目に入ったり、肌トラブルのリスクも高いので、専門サロンに行ったほうが安全でしょう。料金は1回約3,000円前後が多いようです。

即効性抜群の「ブラジリアンワックス脱毛」はVIOだけじゃない!効果や痛み、危険性まで気になる疑問を検証します

フラッシュ脱毛(光脱毛)

全身脱毛では一般的なフラッシュ脱毛ですが、実は眉毛脱毛を扱うサロンは少なめです。

そもそもフラッシュ脱毛では、黒い部分に反応する強い光を照射していきます。万が一その光が、正面から目の中に入ってしまうと、視力低下や失明の危険も。

こうしたリスクが高すぎるため、眉毛脱毛では施術可能な施設が限られているんです。

しかし、フラッシュ脱毛を選ぶメリットももちろんあるので、そこも踏まえてどうするか考えましょう。

  • 脱毛完了後は自己処理の手間いらず
  • 自己処理による肌ダメージを減らせる
  • 痛みが少ない
  • 脱毛部位の毛穴が目立たなくなる
  • 副作用の可能性が低い
  • サロンによっては美容効果も期待できる
  • 脱毛を行う回数が多い(8~12回程度)
  • 眉下はNG
  • 施術可能店舗が少ない
  • 一度整えたら、ずっと同じ眉の形
  • 日焼けした箇所、肌荒れ部分には照射不可
  • 産毛や白髪には効果がない

眉脱毛の一番の魅力はもちろん、自己処理の手間が省けるところ。お化粧の時間が短くなるのは本当に嬉しいですよね。

さらにフラッシュ脱毛なら、刺激に敏感な顔の皮膚でもレーザー脱毛よりも痛みが少なくて済みます。

ただ、施術をしてくれる店舗が少ないので、探すのは大変かもしれません。

今話題の光脱毛とは?その仕組みとメリット・デメリットを徹底調査してみた!

レーザー脱毛

フラッシュ脱毛より高い効果を得られるレーザー脱毛。

医療機関という信頼感や確実さから全身脱毛で人気ですが、一部大手クリニックでは、なんと眉下の脱毛までOKなんです!

  • 脱毛完了後は自己処理の手間いらず
  • 自己処理による肌ダメージを減らせる
  • 脱毛部位の毛穴が目立たなくなる
  • 眉下まで施術可能なクリニックもある
  • 医療機関だから安心
  • 痛みが強め
  • 料金が高めな傾向
  • 一度整えたら、ずっと同じ眉の形
  • 日焼けや肌荒れ部分には照射できない

最も気をつけておかなければいけないのは、一度整えた眉毛を違う形にすることができないというもの。

流行りの眉にしたくても、一度整えた眉の形から変化させるのは難しくなります。

そうしたデメリットを除けば、剃り跡の青いぶつぶつ感もなくなりますし、長くきれいな眉を楽しめるのでおすすめですよ。

眉間や、はみ出しが気になる余分な箇所だけでも、やってみてはいかがでしょう。

永久脱毛したい人必見!クリニックの医療脱毛はフラッシュ脱毛とどう違う!?

ニードル脱毛

プロの手でやってもらう脱毛には、フラッシュやレーザー以外に「ニードル脱毛(針脱毛)」もあります。

これは毛根に針を刺し、そこから電流を流して行うという方法。ただしリスクもそれなりにあるので、扱うクリニックは少なめです。

  • 脱毛完了後は自己処理の手間いらず
  • 自己処理による肌ダメージを減らせる
  • 1本単位で脱毛、減毛ができる
  • 白髪や産毛もOK!
  • 日焼けした肌でも施術可能!
  • 電流を流した毛をそのまま抜くため、施術後の毛残りなし
  • 痛みが強い
  • 本数が多いほど料金が高くなる
  • 火傷など肌トラブルのリスク
  • 1本ずつ抜くので時間がかかる
  • 一度整えたら、ずっと同じ眉の形

痛みを伴うニードル脱毛。しかし、クリニックによっては麻酔を使ってくれることもあるので、痛みに弱い場合は事前に確認してみましょう。

一番の魅力は即効性とピンポイントで脱毛できるところ。細かい注文にも対応できるので、自分の理想の眉毛に仕上がりますよ。

ニードル脱毛は永久脱毛?痛みは?ワキガが治るって本当?

眉毛を定期的に処理しなくてもいい方法はどれ?

実は、眉毛は約2ヶ月くらいの毛周期で生え変わります。

表面に出ている眉毛は全体の1割に過ぎず、残りの9割が皮膚内にあり、次々と表面に出て、1日におよそ0.15ミリ伸びるからです。

ここまで紹介した脱毛方法のなかには、処理しても再び、眉のムダ毛が生えてしまうものもありましたね。

それだと毎回サロンに出向かなくてはいけないので、面倒に感じる方も多いでしょう。

もし眉毛をキレイな形のまま維持し続けたいなら、長期間の効果が期待できる次の3つの方法をおすすめします

  • フラッシュ脱毛
  • レーザー脱毛(医療脱毛)
  • ニードル脱毛(医療脱毛)

これらは一度脱毛完了すれば長期間、新しい毛が生えにくくなるんです。

せっかく素敵に整えた眉ですから、そのまま維持していきたいなら、このどれかを選びましょう。

眉毛の脱毛がしたい!眉下まで脱毛OKなのは一部クリニックだけ!

そもそも眉毛脱毛自体とりあつかっているサロンやクリニックが少なめです。特にサロンにいたっては、眉下は施術できないところがほとんど。

目はとても繊細な体の一部です。施術中に事故が起こったら、失明などの取り返しがつかない事態が引き起こされる可能性があるため、対応できるところが限られているのです。

眉下も脱毛できるクリニックを紹介

クリニックであれば眉上だけでなく、眉下まで脱毛してくれる店舗がありますよ。

しかも、大手のクリニックもその中に含まれているのが嬉しいですよね。

ここでは、眉毛脱毛対応クリニックを複数ピックアップ♪ぜひ参考にしてみてくださいね。

アリシアクリニック

アリシアクリニック
眉毛(眉下を含む) 5回 22,000円
眉間 5回 16,500円
全顔脱毛コース
(眉下を含む)
5回 144,300円
月額 4,600円

価格、仕上り満足度ともに2年連続NO.1のアリシアクリニック。顔全体の脱毛を行っているので、もちろん眉毛全体も可能。

さらには、本当に価格が安いんです。ここまで価格を下げて大丈夫なの?というほどなので、医療脱毛は高いと思っていた方でも気軽に通うことができますね。

関東に15店舗展開しており、毎回どこのクリニックでも照射OKなので引越しなどがあったときも安心です。

補償のサービスが充実しているので、眉脱毛だけではなく、普通の医療脱毛としても評判がいいというのも分かる気がしますね。

渋谷美容外科クリニック

女性:眉毛
(眉下を含む)
初回1回 7,000円
初回3回 14,250円
初回5回 23,750円
初回8回 38,000円
初回12回57,000円
男性:眉毛
(眉下を含む)
初回5回 45,600円
初回10回 34,200円

渋谷美容外科クリニックでは、性別で料金やコースが変わるのが印象的。しかも、とても明確な料金表示なのでわかりやすいです。

また、休日診療や夜診療も行っているので、ぜひ公式サイトを見て比較してみて下さい。それから、予約がとりやすく管理を徹底しているのも大きな魅力♪

ずっと先まで予約でいっぱいで入れない…という心配もなくなりますね。平日は23時までの営業なので遅い時間まで診療可能。仕事帰りに行きたい方にはピッタリです。

聖心美容クリニック

聖心美容クリニック
眉周囲(眉外1cmまで) 1回 7,500円
5回コース 30,000円

眉下脱毛1回の料金が安い聖心美容クリニック。他の部分の金額も明確に出ているから信頼性があります。

しかもここは、日本初導入の脱毛機器を使って施術をしてくれるのですが、それがほぼ無痛という驚きの内容。

時間と回数も今までの半分に収められるうえ、痛みを感じた時の返金制度もあります。

顔脱毛は痛みが強そうでクリニックは嫌だなと思っていた方も、安心して通うことができますよ。

シロノクリニック

シロノクリニック
眉周囲
(眉外1cmまで)
1回 15,000円
1年間フリーパス 50,000円
顔全体
(眉下を含む)
1回 40,000円
1年間フリーパス 126,000円

公式サイトで眉脱毛の詳細を紹介しているシロノクリニック。眉を整える自己処理の方法なども細かく載せていて、親切な印象を持てます。

多くのメディアに取り上げられるなど、今注目の脱毛クリニックですね。眉脱毛以外に、アートメイクも行っているので、気になる方はチェックしてみてください。

まとめ

眉毛は自宅で処理している方が多いと思いますが、カミソリや毛抜きでは肌へのダメージが大。

自宅でのケアではできれば専用のシェーバーを使い、脱毛後にしっかり保湿ケアをするなど、アフターケアにも気をつけましょう。

しかし、どんなに自分でケアしていてもすぐに生えてきてしまう眉毛。

そんな眉の悩みから解放されるには、やはりプロの手を借りるのが一番ですね。

その理由は大きく分けて3つ。

ここがポイント
  • サロンやクリニックで脱毛すれば、自己処理の手間が減る
  • ニードル脱毛なら施術直後も毛残りなし
  • 医療脱毛なら効果は永久!眉毛の悩みが解消できる

忙しい方こそ、こうしたプロに任せる脱毛方法にトライしてほしいですね。

素敵な眉を手に入れて、自信を持った日々を過ごしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

胸のムダ毛が濃くなる原因はホルモンバランスにあった!産毛程度でもNGな男性も多いので要注意

女性にとって胸やデコルテは女性らしさを引き立てる箇所。それゆえに、温泉や、彼との …

腕毛脱毛の回数や費用はどのくらい?効果が高いのは医療とサロン脱毛のどっち?

ワキや脚と同じく、夏場人目につく部位といえばやっぱり腕。目の前にいつもあるので、 …

お尻のムダ毛で彼からがっかりされているかも!?

自力では難しいお尻の脱毛をして彼からほめられちゃおう 最近はVIO脱毛が定着して …

鼻下の産毛は剃ると青くなる?脱毛するなら何回で効果がでるかサロンとクリニックで徹底比較

顔の産毛をきちんと処理しないと、メイクのノリが悪くなるものですよね。中でも気にな …

おでこを広くしたいなら脱毛するべき?失敗しないためにも形選びは慎重に

おでこの広さは美人の条件。おでこが広い人は心も広いなんて言葉が飛び交うほど、奥深 …

男子ががっかりする女子のムダ毛上位「足の甲やつま先のムダ毛」

足の甲やつま先をケアしていればオープントゥも怖くない! ネットで「女性のムダ毛」 …

シミやほくろがあっても顔脱毛できる?顔脱毛の疑問を調査

顔脱毛でシミやほくろが濃くなるって本当? 顔脱毛をすると、産毛の処理の手間がなく …

お腹の毛の処理はどうしてる?脱毛するなら医療脱毛の方がいいの?回数や費用も徹底調査

わきや手足の脱毛はこまめに行っている方が多いと思いますが、お腹のムダ毛は大丈夫で …

乳輪のムダ毛は自己処理と脱毛どっちで処理するのがいいの?乳首の内側や乳首の毛も脱毛できる?

自分の乳輪周りに毛が生えていて、 「なんでこんなところに毛が生えてるんだろう」 …

背中の毛の処理ってどうしてる?背中を脱毛するなら何回ぐらいで効果がでる?

気温が高くなるにつれて露出の多い服を着る機会が増えるのではないでしょうか? 「背 …