美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

お尻のムダ毛で彼からがっかりされているかも!?

自力では難しいお尻の脱毛をして彼からほめられちゃおう
e799ab81cfaa2e13f5ac2a73d10d86e6_s

最近はVIO脱毛が定着してきて、格安脱毛サロンでお得にVIO脱毛ができるようになりました。VIOはデリケートな部分で毛が濃いので自分で処理するよりサロンにお任せしてキレイに整えてあるという女性の方も多いのではないでしょうか?

VIOにまで気を使う方なら腕や脚も脱毛されていると思うのですが、お尻となるとどうでしょう?

お尻は腰周りと同じように自分では見えないけれど彼氏からは丸見えの部分。例え産毛だろうとがっかりされている可能性があります。

「男性ががっかりする女性のムダ毛」にはお尻も含まれている

お尻と言ってもOライン(肛門周り)のことではなく、臀部と呼ばれている部分のこと。産毛程度しか生えていない女性が多いので、あまり気にしている方もいないのでは?と思います。

腰の脱毛に関する記事でも書きましたが、男性は「女性は全身つるつる」と思っている生き物で、ムダ毛の見た目の悪さはもちろん肌触りにも敏感です。男性いわく、産毛程度だろうと「触った時にふわっとする感じが嫌」なんだそうで、とにかく毛はないに越したことがないようです。

背中や腰はファッションによっては人目につくこともあるので自己処理している方もいますが、お尻の毛や背中や腰の毛と同じような濃さで生えています。もし背中や腰の毛も濃いならお尻の毛も濃い可能性が。彼以外にはめったに見られる場所ではありませんが、美肌女子を目指すのならお尻にも気を配ってみましょう。

お尻の毛は処理が難しい

お尻は腰同様に自分では見えにくく処理が難しい部位。

毛抜きは難易度が高すぎますし、カミソリでは手が滑って怪我をする危険性があり、デリケートゾーンとも近いので除毛クリームや脱毛ワックスを使うのはちょっと避けたいです。

一般的にはカミソリでムダ毛を処理する女性が多いですが、カミソリでお尻のムダ毛を処理して怪我をしたのを彼に見られるのは絶対に嫌ですよね。お尻の傷を見られて「どうしたの?」と聞かれたらなんて答えれば良いかわかりません。

VIOではなく、お尻の毛だからこそ気になる

VIOラインは、ビキニラインとも呼ばれる両脚の付け根部分のVライン、股間でショーツのクロッチ部分にあたるIライン、肛門周りのOラインの3つをあわせた総称です。

見た目の問題だけでなく、生理中も快適に過ごすため、普段のニオイを防ぐためなど、衛生面でのメリットもよく知られるようになり、サロン脱毛としてVIO脱毛を選ぶ女性は増えてきました。

VIOのムダ毛に関しては、こうして脱毛する女性が増えてきたこともあり、女性同士で相談できるという人、サロンでお手入れについて相談している人、実際に脱毛しているという人も多いと思います。しかし、お尻全体にあるムダ毛に関してはどうでしょう。

腕や脚と違って自分では確認しにくいパーツですし、ムダ毛処理をするにも手が届きにくく、カミソリを使うと肌を傷つけてしまう可能性も高くなります。

かといって肌にやさしい電動シェーバーを使おうとしても、直接目で確認しながら処理することが難しいので、そり残しができてしまう可能性があります。せっかくムダ毛処理をしても、そり残しがあるとかえってムダ毛が目立つことになってしまいますよね。

お尻のムダ毛は恥ずかしい・・

それに女性の体毛はとてもデリケートな問題。温泉やプールなどで友達のお尻のムダ毛をうっかり見てしまっても、その場で直接指摘できる!という人は少ないのではないでしょうか。それは自分が誰かのムダ毛を見てしまっても、自分のムダ毛を見られてしまっても同じこと。

自分では気づいていないだけで、もしかしたらお尻にあるムダ毛を誰かに見られてしまっている可能性があるというわけなんです。

自分で確認しにくい、手が届きにくい、人には言いにくい、そんなパーツだからこそ、ムダ毛のお手入れをしっかりしていくことが大切です。

顔の産毛を処理すると顔色がパッと明るく見えるように、体のムダ毛を処理することで体全体の印象も明るくなります。色白さんや日焼け対策をしている人でも、体毛をほったらかしにしていると、せっかくの白肌がくすんで見えることに。キレイなお尻を目指すならスキンケアだけではなく、くすみの原因にもなるお尻の毛についてもしっかりケアしていきましょう。

ツルツル美肌には脱毛が欠かせない

毛抜きは毛穴を傷つけて内部で炎症を起こすことが多く、除毛クリームや脱毛ワックスは化学薬品が含まれているので肌への負担が多きいです。これらに比べると、カミソリでの自己処理は簡単で肌への負担も小さいのですが、カミソリは肌の表面を毛と一緒に削り取っているのでしっかりスキンケアしてあげないと肌の乾燥や黒ずみへとつながります。

エステサロンで尻脱毛!ツルツル素肌を目指して

すでにお尻のムダ毛をのセルフ処理にチャレンジしたことがある場合や、仕事などの都合で座りっぱなしが多い場合、お尻の乾燥が続いている場合などは、色素沈着が起こっていることがあります。色素沈着は、肌が外部からの刺激やダメージを防ごうとして起こるもので、肌色が茶色っぽくなる原因は体内のメラニンによるものです。

サロンやクリニックで使われる光脱毛やレーザー脱毛の多くは、ムダ毛が持っているメラニン色素に反応し、脱毛を促します。そして脱毛器が反応するのはムダ毛のメラニン色素だけでなく、肌のメラニン色素でも同じなのです。

つまり、肌の色素沈着が起こっていると、脱毛するときに肌にも反応してしまい、痛みを感じる可能性があるんですね。色素沈着の状態によっては、その部分の脱毛を断られてしまうということも。色素沈着が起こる前に脱毛できればベターですが、色素沈着による痛みが心配な場合は、まずはお尻のスキンケアに力を入れて色素沈着の解消を目指しましょう。

ただ脱毛器の種類によっては、色素沈着のある肌や日焼け肌でも脱毛することができます。まずはサロンやクリニックで、お尻の脱毛ができるかどうかをチェックしてもらうとよいかもしれませんね。

ツルツル美肌を目指すのであれば、やっぱり脱毛エステへお願いするのが一番。脱毛エステで使用されている光脱毛(フラッシュ脱毛)は毛に含まれるメラニン色素に反応して脱毛していくので、肌への負担がほとんどなくツルツルのお尻に仕上がります。これならムダ毛に厳しい男性陣も文句の言いようがないどころか、「肌がつるつるだね」とほめられること間違いなしです。

さらにツルツルを追求するならクリニック

脱毛効果をさらに追求するなら、クリニックでの脱毛もオススメです。クリニックでは脱毛エステの脱毛器よりも出力の高い、レーザー脱毛を利用することができます。出力が高いということは、脱毛するパワーが強いということです。エステの脱毛器では効果を発揮しにくい細い毛や産毛でも、クリニックのレーザー脱毛なら効果を実感しやすいということがあるんです。

クリニックのレーザー脱毛は「料金が高い」という印象があるかもしれませんね。しかし近年ではクリニックでの脱毛も少しずつ安価になってきて、利用するコースによっては脱毛エステとそれほど変わらない価格で利用できるようになりました。

特に大手クリニックでは、回数無制限の脱毛コースや月額制で支払いやすい全身脱毛コースを取り扱うところが増えているだけでなく、脱毛エステや他クリニックからの乗り換え割引をおこなっていることもあるので、お得にクリニック脱毛を体験できるかもしれませんよ。

そしてクリニックはその名の通り医療機関です。医療機関ということは、常に医師や看護師がいるということでもあります。

脱毛で万が一トラブルが起こったとしても、その場で必要な処置をしてもらうことができますし、脱毛の痛みが気になる場合は麻酔クリームなどを利用することもできます。

安全性と効果の高さを重視するなら、クリニックでの脱毛も選択肢に入れてみてください。

カミソリでの自己処理だと、どうしても処理後に伸びた毛の断面で毛が太く見えたり、生えてきた毛がチクチクジョリジョリしてしまうので、脱毛で毛根からツルツルにするのがおすすめ。しかも、毛が生えていないことで毛穴もきゅっと引き締まって、肌の白くキレイに見えるので美肌作りに脱毛は欠かせません。

お尻とセットで脱毛しておきたい箇所

もしお尻脱毛をされるなら、腰と背中も脱毛するのがおすすめ。背中からお尻までは範囲が広く、つながっているので、脱毛した部分としていない部分の境目がはっきりしやすいんです。お尻はツルツルなのに腰や背中はふさふさにならないように、思い切って背中からお尻まで全部脱毛をお願いしてしまいましょう。

普段自分では確認しにくいパーツ、そして温泉やプールなどで人の目に触れることもあるパーツだからこそ、気をつけておきたいのがお尻です。

ムダ毛でイメージダウンさせないようにするのはもちろん、間違ったセルフ処理でお尻を傷つけてしまわないよう、お尻のケアをするならサロンやクリニックの専門家も頼ってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

女子人気の高い足(ひざ上、ひざ下、指)脱毛!押さえておきたい脱毛方法とサロンを決める前の注意点

自己処理負担から解放され美脚をゲット! 夏はもちろんですが、冬でもロングブーツに …

顔脱毛にはシミを薄くする効果がある?逆にシミになる心配は?

顔脱毛をするとシミができる?今あるシミは薄くできる?そんな悩みを解決! 肌トラブ …

女性なのに口ひげが!剃ると濃くなるってほんと?キレイに脱毛するには

ひげといえば男性に生えるもの。ただし、女性の場合も目立つ口ひげが生えてしまうこと …

腕毛フサフサ女子はNG!だけど剃ると毛が濃くなっちゃう?

ワキや脚と同じく、夏場人目につく部位といえばやっぱり腕。目の前にいつもあるので、 …

背中のムダ毛、セルフケアで薄着も大丈夫

見えない背中、実は見られてる? 自分では見えない部分のムダ毛処理、どうしています …

ミニスカートやショートパンツをはくならひざ上の処理も忘れずに!

ひざ上のムダ毛、意外と目立ってます! ミニスカートやショートパンツは女性ならでは …

【ざらざらぶつぶつ】気になる二の腕!ホームケア、治療、脱毛、改善方法を徹底調査

二の腕のブツブツが気になるという方は諦めないで!しっかりケアをすればつるつるにな …

お腹の毛が濃い…女でお腹の毛が生えていると嫌われる?処理の仕方は?

わきや手足の脱毛はこまめに行っている方が多いと思いますが、お腹のムダ毛は大丈夫で …

おでこを広くしたい!おでこ脱毛で広くできる?飽きたら戻せる?

おでこの広さは美人の条件。おでこが広い人は心も広いなんて言葉が飛び交うほど、奥深 …

男子ががっかりする女子のムダ毛上位「足の甲やつま先のムダ毛」

足の甲やつま先をケアしていればオープントゥも怖くない! ネットで「女性のムダ毛」 …