美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

ひざの黒ずみは摩擦・乾燥・紫外線が原因!理由を知ってしっかり対策しよう

ひざにも日焼け止めや普段のケアは必須です
d8faebf3f96a425c408f41fbc36a4516_s
これからの時期、短いスカートやショートパンツ、水着などでひと前で足を出す機会が増えますよね。普段パンツスタイルの人も就職活動などでスカートを履く必要があったりもします。足を出したときに気になるのが、ひざの黒ずみやごわごわです。黒ずんだひざはいかにも年齢がわかり、苦労している感じが出てしまうという意見もあります。

まずは原因を知ろう!膝はなぜ黒くなってしまうのか

ひざが黒ずんでしまう理由のひとつとして、ひざの皮膚はターンオーバーがゆっくりであるというのがあります。ターンオーバーとは、簡単に言うと新陳代謝のことです。肌のかたい部分はターンオーバーがしにくいために古い角質が新しいものになかなか代わらず、そのまま肌に残りやすいのです。

それなのにも関わらず、ひざは摩擦のかかりやすい部分です。ジーンズなどかたいパンツを履いたり、ひざをついて作業をしたりしますよね。これらの積み重ねがひざの皮膚に摩擦をかけているのです。摩擦が与えられると、擦れから肌を守るために皮膚が厚くなって角質となり、また色素沈着も起こります。色素沈着はメラニンの働きによるもので、摩擦の刺激で発生してしまうのです。

また、乾燥もひざの黒ずみや角質には悪影響です。乾燥することで紫外線からの刺激も受けやすくなります。紫外線によってひざの肌が焼け、焼けることでまた乾燥しやすくなって角質になるという悪循環になるのです。

ひざの黒ずみ解消にはスクラブケアが有効!

塩のもこもこ泡で黒ずみを治そう

ひざの黒ずみと角質を安く簡単に解消するケアとしては、粒の細かい塩を使います。体を洗う石鹸やボディクリームなどをもこもこに泡立てるときに、塩をまぜます。その泡でひざを洗うことでスクラブ効果が得られるのです。ここで面倒に感じて粒の荒い塩を使ったり、塩だけでこすってしまうと逆効果です。刺激が強すぎるので肌を痛めてしまいます。

スクラブ剤は粒の細かいものを!

塩を使うのに抵抗がある人は市販のスクラブ剤ももちろんおすすめです。香りのいいものがたくさんあるので、好みに合わせて購入してみてくださいね。その際、スクラブの目が荒いものより細かいもののほうが効果的です。使う時も、そのまま塗ってこすらずに、水に溶いてゆるくしてから使います。何よりも刺激を与えすぎないことが大切ですよ。

ケア後は保湿もちゃんとしましょう

塩やスクラブでケアした後の皮膚は敏感になっています。クリームなどでの保湿を忘れないようにしましょう。ヴァセリンやニベアのような安価で手に入りやすいもので十分ですが、おすすめは美白成分入りのクリームや尿素入りのクリームです。

黒ずみをしっかりとりたいなら美白成分入り、まずはごわごわになったひざの角質を治したいというのであれば尿素入りがつるつるになっていいですね。

毎日の対策が大切!黒ずませない方法とは?

原因をひとつずつ解消していくことで、ひざが黒ずんだりごわごわにならないようにしていきましょう。原因は、摩擦・乾燥・日焼けの3つでした。これらを避けることで、黒ずみと角質になりにくくなっていきます。

摩擦がかかる行動を避けよう

掃除などで膝立ちになることはもちろん、かたいジーンズなどを履くのを避けましょう。意外な生活習慣が摩擦の原因となるので注意が必要ですよ。
・膝をついて立ったり座ったりしないようにする
・お風呂の際にナイロンタオルでこすらない
・足を組まない(意外な摩擦となります)
床に座る生活をしている人はひざをついて動きたくなってしまいますが、ひざを出しているか出していないかに関わらずひざの摩擦に気をつけましょう。

保湿はしっかりしよう

乾燥すると紫外線や外界からの刺激に弱くなってしまいます。ひざはもともと汗もかくにくく乾燥しやすいパーツです。保湿することで、皮膚ががさがさに厚くなったひざを治してターンオーバーも正常されるので、しっかり保湿しましょう。
具体的なケアとしては、顔などと同じように扱ってあげることです。化粧水、乳液、クリームなどを塗って柔らかい肌を作りましょう。

日焼けはどのパーツも注意

ひざは足の中でも少し出ているので、日焼けにはとくに注意したいですね。短いスカートなどを履くことで紫外線を当ててしまわない、日焼け止めはしっかり塗る、などの対策が必要です。顔や首筋などと同じですね。

まとめ

露出の多い時期に向けたひざの黒ずみ・角質対策について紹介しました。問題は、ひざが摩擦を受けてしてしまうことなので、擦れを避けながらしっかりケアをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ミニスカートやショートパンツをはくならひざ上の処理も忘れずに!

ひざ上のムダ毛、意外と目立ってます! ミニスカートやショートパンツは女性ならでは …

ひじは絶対ついちゃダメ!刺激による角質化が黒ずみの原因です

やわらかいスクラブ剤を手作りしてケアしましょう 自分では見えないパーツだけにケア …

脚のぶつぶつ毛穴対策!原因は間違った処理にあった!

ムダ毛処理の方法を間違えると脚の毛穴が目立つようになるので注意! 脚の毛穴がブツ …

もみあげ脱毛は何回で効果が出る?失敗しないためにも形をしっかり決めておこう

「もみあげが濃いのが嫌」 「自分でお手入れしたら、逆に変になってしまった…」 と …

おでこを広くしたいなら脱毛するべき?失敗しないためにも形選びは慎重に

おでこの広さは美人の条件。おでこが広い人は心も広いなんて言葉が飛び交うほど、奥深 …

肩のムダ毛は肩脱毛にお任せ!肩のぶつぶつも改善できる?

肩のムダ毛は、意外と目立つ部分。 そこでムダ毛処理を考える女子たちは、 肩のムダ …

指毛脱毛は痛い?何回で効果を感じるようになる?サロンと医療脱毛の費用の違いも徹底調査

「指毛が生えていることを友達に指摘された…恥ずかしい」 「自分で指毛を抜いていた …

お尻のムダ毛で彼からがっかりされているかも!?

自力では難しいお尻の脱毛をして彼からほめられちゃおう 最近はVIO脱毛が定着して …

太もも脱毛はどのくらいの回数で効果が出る?医療脱毛とサロン脱毛どっちがおすすめ?

ショートパンツやミニスカートを生足で履いてたら、ワサワサしたムダ毛が太ももから見 …

男子ががっかりする女子のムダ毛上位「足の甲やつま先のムダ毛」

足の甲やつま先をケアしていればオープントゥも怖くない! ネットで「女性のムダ毛」 …