美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

気になる&目立つ顔イボ、どうやって治療する?

顔イボの種類と最適治療方法を知っておこう

イボが顔や首にできると、見えるところだけによけいに気になりますよね。ウイルス性イボの場合は移るので、シロウト治療だとかえって悪化する場合があります。

顔イボの原因や種類、治療方法について調べてみました。今はまだ大丈夫、という方も今後のためにもぜひチェックしておいてください。

顔イボの種類

ウイルス性の顔イボ

イボの原因となるウイルスの「ヒトピロマーウィルス(HPV)」は「ヒト乳頭腫ウイルス」とも呼ばれており、150種類以上もあります。爪のひっかき傷や、産毛をそる時の小さな傷、また顔にできたニキビや吹き出物が潰れたところから、ウイルスが侵入し感染することでイボができます。他の部位や第三者に移ることもあるので、早めに治療しましょう。

特に顔にできやすいイボとして以下があります。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

最も一般的な顔イボで、ヒトピロマーウィルス(HPV)の「2/27/57型」が、小さな外傷などから皮膚内に入り込んで発症します。擦り傷が多い手足や関節などにもできやすいイボです。

最初は小さい円形の半透明の盛り上りですが、次第に大きく突起して表面がざらついてきます。

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)

子供から中高年まで発生しますが、特に青年期に多くみられるので「青年性扁平疣贅」とも呼ばれます。

外傷からヒトピロマーウィルス(HPV)の「3/10/28型」が入り込むのが原因で、名前通り扁平に隆起した肌色?褐色のイボが一度に沢山できます。赤みやかゆみ等の炎症反応が起きることもあり、ニキビと間違えやすいです。炎症反応後2週間くらいで治ることが多いです。

老化が原因のイボ

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

「老人性疣贅」は、皮膚の老化が主原因の濃い肌色から茶褐色、黒色のイボで、「老人性角化腫」や「脂漏性角化症」とも呼ばれています。高齢者に多いのですが若い人でもできることがあります。

手のひらや足の裏を除く全身にできますが、特に紫外線を浴びやすい顔や手の甲、腕や肩に多く発症します。発生時は1~2ミリですが次第に大きくなります。形は平らなものから隆起しているものまでさまざまです。

良性でウイルス性のように移る危険性はないので、除去する必要はありませんが、放置すると年々大きくなって数も増えていきます。また悪性の「悪性黒色腫」や「基底細胞がん」と見分けがつきにくいので、気になる場合は、念のために医師に相談してください。

顔イボの原因・要因

ウイルス性や皮膚の老化現象以外の原因としては、以下が考えられます。

遺伝

生まれつき顔イボがある人、できやすい人は遺伝的な要因が考えられます。遺伝の場合は治療が難しくレーザーでの除去が必要となります。

免疫力の低下

顔は他の部位に比べ皮膚が薄く、紫外線、外気やホコリなどのダメージを受けやすい部位です。病気や睡眠不足、不規則な食生活による栄養バランスの乱れなどによって、免疫力が低下するとウイルス感染しやすくなります。

ホルモンバランス

妊娠中には女性ホルモンが急激に変化するため、顔イボができやすいといわれています。加齢やストレスによってもホルモン分泌が変化し、それによって肌の代謝力が低下するので要注意です。

喫煙

喫煙は血行を悪化させ、肌の再生に必要な栄養分が運ばれなくなります。またアンチエイジングやコラーゲン生成に必要なビタミンCを大量に消費し、肌トラブルが起こりやすくなり、顔イボができやすくなります。

乾燥肌

加齢や、外気、紫外線の影響によって、肌の保水力が低下し乾燥しやすくなります。乾燥肌は肌の弾力を奪い、刺激に敏感になるとともに、シミやしわ、たるみ、顔イボの原因にもなります。また、かゆみなどが生じて肌をひっかくとウイルス感染しやすくなります。

顔イボの治療方法

顔イボはウイルス性、老人性、どちらも確実な治療方法はまだ確立されていません。放置していると自然消滅するケースもありますが、ウイルス性などは感染・拡大する傾向もあります。

昔ながらの民間療法もありますが、自己流のイボ取りなどはかえって症状を悪化させる場合もあるので、治療に関してはまずはきちんと医師に相談したほうが安心です。

医療機関での治療

顔イボは症例ごとに治療方法が異なり、自然消退も含めてさまざまな方法があります。医師がカウンセリングを行い、顔イボや肌の状態などを把握したうえで原因を特定し、個々人に最適な方法で治療を行います。

レーザー治療

個々人の最適レベルに調整したレーザーを使って、イボをくりぬいて除去する方法です。イボ治療では最も一般的で、出血が少なく痛みも感じにくいうえ、傷跡が残りにくく再発も少ないのがメリットです。

治療期間は平均で3か月?半年程度です。価格は1mmあたり2000円~5000円と差があるので、きちんと相談し納得してから治療に入りましょう。

液体窒素

昔からある治療方法で、マイナス196度の液体窒素を使って、肌の表面に低温火傷を起こしイボを焼き取ります。基本的に保険が適応されるので価格面でも安心です。

低温火傷は強い痛みを感じることがあり、また火傷跡から雑菌やウイルスが入る危険もあります。皮膚の奥底まで除去するには期間をあけながら数回の治療が必要です。治療期間は3か月から、長い時には1年位となります。

外科手術

患部に麻酔をかけてイボを切り取り、その後縫い合わせ1週間くらいで抜歯します。術後は痛みがあります。イボを根から取り除くことができるので、治療面ではもっとも確実性があります。多くの場合保健が適応されます。

ただし手術跡が残るリスクがあり、また再発した場合は除去手術が困難になる場合があります。

自宅ケア

市販薬

貼るタイプや塗るタイプ、内服するタイプなど数多くの種類のイボ治療薬があります。病院へ行くより手軽で安価なのが魅力ですが、合う合わないがあり、シロウト判断だと難しい場合もあります。

代表的なのは「ヨクイニン」で、古くから顔イボの内服薬として使われています。原材料のハトムギは、タンパク質やビタミン、ミネラルなど栄養素が豊富で、免疫力を向上させることでウイルスの力を弱めます。「青年性扁平疣贅」によく処方されますが、イボの種類によっては効果が出ない場合もあります。また速効性はなく治療には時間を要します。

民間療法

イボの民間療法は非常に多くあります。ひまし油、杏仁(きょうにん)オイル、いちじくの実や葉の汁、ゆずの種を椿油に漬け込んだものなどを顔イボに塗るという方法ですが、効果は人それぞれで確実ではありません。肌質や使い方によってはかえって肌荒れを起こす場合もあるので要注意です。

ウイルス性の顔イボは、自分で処置せず必ず医療機関へ

顔イボはウイルス性のものと老化が原因のものがあります。ウイルス性のものは自然治癒する場合もありますが、移る場合もあります。いずれにしてもシロウト治療は危険です。

医院での治療方法はレーザー治療や液体窒素、外科手術などがありますが、個人差があるので、保険適用の有無も含めて、専門医に相談してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

今年こそ『美しい二の腕』を手に入れよう

「魅せる二の腕」になるには 夏真っ盛り…あなたは堂々と「二の腕」出すことはできま …

秋冬の乾燥ケアにオススメ!美容オイルの紹介

トレンドのオイルケアで、秋・冬も無敵の乾燥知らず肌に!オススメのオイルや、効果的 …

間違いだらけのショーツ選びは垂れたおしりの原因に!

サイズもそんなに気にしないで選ぶことも多いショーツ。デザインも大切ですがショーツ …

今すぐ実践したい!芸能人のバストアップ術

芸能人の素敵なバストラインは、私たちもついつい目がいってしまいますよね。そんな綺 …

お尻ニキビの3つの原因とスベスベのお尻をキープする7つの対処法とは?

ブツブツ・ざらざらのお尻は卒業!おしりニキビの原因と対処法 よっぽど毎日チェック …

基礎代謝をアップさせて痩せやすい体に!ラジオ波痩身機のエステ

部分痩せ、セルライト対策にもオススメのラジオ波とは? エステサロンでは、さまざま …

二の腕をほっそりさせるペットボトルエクササイズのやり方

ぷるぷるの二の腕を解消するためにはペットボトルを使ったエクササイズが効果的です …

胸クサッ!ワキガは有名だけどチチガって?判別方法や原因について

胸がにおう…もしかしたらチチガがかもしれません チチガという言葉を聞いたことはあ …

小顔のためにはエクササイズとマッサージが必須です!

指や美顔ロールですっきり美人 顔の大きさで悩んでいる女性は多いのではないでしょう …

水虫がうつらないために!水虫になったときのケアと予防法

水虫は「病気」です 水虫菌は暖かくて湿った環境で繁殖しやすくなります。春過ぎから …