美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

手足カサカサの乾燥肌はNG!保湿効果抜群のボディクリームの選び方・使い方

乾燥しやすい季節は顔だけじゃなく手足も保湿してスベスベ肌に!
hand
乾燥する季節、お顔の保湿はばっちりでも手足など首から下の保湿はしていないという方は多いのではないでしょうか?また、ボディクリームをぬっても乾燥してしまうという方もいると思います。

化粧水や乳液と同じように、ボディクリームも自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。今回はボディクリームの選び方と、保湿効果を高める使い方についてご紹介します。

ボディクリームの選び方


ドラッグストアや通販サイトなど、色々なところで種類豊富なボディクリームがありますよね。かわいいパッケージのものを選んだり、好きな香りから選んだことのある方もいると思います。そういう楽しみ方ができるのもボディクリームのいいところですが、乾燥が気になる時は保湿効果が高いものを選ぶのがおすすめです。乾燥肌を予防・改善したい時は、ボディクリームに含まれている保湿成分から選んでみましょう。

油分

首から下は顔よりも皮脂腺が少ないため、カサカサ肌を改善するには油分が大切です。油分はフタの役割をして、皮膚のうるおい(水分)が逃げないようにしてくれます。化粧品に使われている油分にも色々なものがあるのですが、その中でも特に以下のような天然由来の油分がおすすめです。

  • オリーブ油
  • 椿油
  • ホホバ油
  • アボカド油
  • シアバター

保湿成分

乾燥肌には何と言っても保湿成分が欠かせません。油分がうるおいにフタをする役割をしているのに対して、ここで紹介する保湿成分は角質層にうるおいを届けてみずみずしくしてくれるものです。
保湿成分の中でも特におすすめなのが、以下のような成分です。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド

尿素

尿素とは、元から人の皮膚に存在する成分の一種で、皮膚の元になるタンパク質を分解する働きをしています。古い角質の排出を促して、ターンオーバーを正常化させる効果があります。尿素は浸透率が高く、ガサガサの肌にもしっかり浸透して、古い角質を分解して肌を柔らかい状態に戻してくれます。

尿素の注意点
尿素は角質をはがすようなものなので、固い角質が取り除かれて皮膚が柔らかくなったら使用を中止して油分や保湿成分を配合したボディクリームに切り替えましょう。そのまま使い続けると皮膚が薄くなって、刺激を感じやすくなったり、炎症を起こしやすくなります。

敏感肌の方は肌に優しいクリームを選ぼう

ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまう敏感肌の方は、できるだけ敏感肌向けの肌に優しい処方でできたボディクリームを選びましょう。乾燥している時は肌のバリア機能が低下しているため、普段は大丈夫な成分にも刺激を感じやすくなります。敏感肌向けの製品には、肌の負担になりやすい、アルコール、香料、着色料などが除かれており、敏感肌の方も安心して使うことができます。

ボディクリームの使い方

ボディクリームの保湿力が足りないと感じた時は、別の製品を探すのもいいですが、まずは使い方にちょっとした工夫をしてみることをおすすめします。ボディクリームは使うタイミングや塗り方で保湿力を高めることができます。どんな方法なのか、1つずつご紹介します。

お風呂上がりがベストタイミング


>>藤井リナさんも愛用しているミューラグジャスのボディクリームをチェックする

ボディクリームを塗るなら、お風呂上がりの濡れたままの肌が最適です。お風呂上がりの濡れた肌は水分量が最も高い状態、タオルで水気をふき取る前にボディクリームを塗ることで油分のふたができて乾燥を防ぐことができます。お風呂上がりの15分が勝負!それ以上時間が立つと、乾燥が始まってしまうのでお風呂から出たらできるだか素早くボディクリームを塗るようにしましょう。

また、水気をふき取る時はタオルでゴシゴシこすらず、肌を抑えるように軽くふいていきます。乾燥しやすいひじ、ひざ、かかとはタオルで拭いてから重ね塗りするとしっとりが長時間持続します。

乾燥がひどい時は朝や出かける前にも塗る

夜にボディクリームを塗っても朝や日中には乾燥してしまう場合は、朝や出かける前にもう一度ボディクリームを塗ることをおすすめします。服を着替える時にささっと塗るだけでも、日中のうるおいが全く違うので乾燥がひどい時はぜひ試してみてくださいね。

ボディクリームを使うのは手足が中心

背中、胸、お腹は皮脂腺が多いので、特に乾燥していたりかゆみやヒリヒリなどの異常がなければボディクリームを使わなくても問題ありません。ボディクリームは皮脂腺が少なく乾燥しやすい手足を中心に使っていきます。

背中などの乾燥が気になるけれどボディクリームだとベタつくという場合は、ボディクリームより油分が少なく水分を中心に配合されているボディミルクやボディローションを使うのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

お尻がざらざらしてしまうのはなぜ?対処法は?

つるつるのお尻を手に入れる方法についてご紹介! つるんとしたお尻はとてもかわいら …

触れてどきっ!女性らしいふっくらした手を作るポイント

脱毛してツルツルでも、カサカサでシワのある手は歳を感じさせます。若々しい手を作る …

太もものセルライト撃退方法を紹介!うっとり美脚になろう

太ももが太くて悩んでいるという方は、セルライトがないかチェック! 足が太いと感じ …

鼻パックはもう古い!毛穴の目立たないつるりん小鼻の作り方

毛穴パックではきれいにできない小鼻の黒ずみ解消法 いちごの種のようになった小鼻の …

気になるデリケートゾーンは「インティマ」でインティメイトケアする新習慣!

専用ソープ「インティマ」でデリケートゾーンを優しくケアして毎日心地よく 出典:w …

美ボディのマスト!毛穴レス肌になるポイントは普段のケアにあり!

基本ケアの洗顔と保湿で毛穴のないツルツル肌になれる 大人の女性にとって避けられな …

リンパドレナージュで目指せ!痩せやすいボディ作り

リンパの流れを改善して、痩せない原因の冷えやむくみを解消させましょう♪ 近頃よく …

かかとのガサガサはなぜ起きる?軽石や専用薬液で対策を

つるつるのかかを作るにはどうすればいい?正しい軽石の使い方もご紹介。 かかとのひ …

間違いだらけのショーツ選びは垂れたおしりの原因に!

サイズもそんなに気にしないで選ぶことも多いショーツ。デザインも大切ですがショーツ …

誰でも簡単に始められる体幹トレーニング

体幹を鍛えるにはどんな運動をすればいいの? 出典:takumifitness.c …