美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

手足のひどい乾燥にはオイルがおすすめ!ボディ用オイルの選び方・使い方

ボディ用オイルで乾燥知らずのしっとり肌になろう!
9009cb5f996969bbab92d9147bd70396_s
美容オイルの流行もあり、お顔だけではなく手足のスキンケアにもボディオイルを使う方が増えています。でも、オイルというとベタつくイメージがあったり、どんなものを選べばいいのかよくわからないという方も多いですよね。なんとなく「ボディクリームより保湿力がありそう」と思っているけど、なかなかボディ用オイルに手が出ない方のために、ボディ用オイルの選び方や使い方をご紹介します。

ボディ用オイルとは?

ボディ用オイルとは、顔に使うオイルと同じで「美容オイル」「キャリアオイル」「マッサージオイル」などと呼ばれているものと同じです。植物由来のオイルなら、エッセンシャルオイル(精油)を混ぜることで香りを楽しみながらスキンケアすることもできます。

オイルというとやはり気になるのが、肌に伸ばした後のベタつきですよね。ボディ用オイルは人の皮脂とよく似たものが多く肌なじみが良いので、ベタつかずさらっとした使い心地ながらクリームより保湿力が高いのが人気の理由です。とろりとしたテクスチャーでクリームより伸びがよく滑らかで、リンパマッサージやセルライトマッサージにも使えます。また、顔や髪にも使えるので、1つあると全身のケアに使える便利アイテムです。

ボディ用オイルの選び方

ボディ用オイルには様々なものがあります。少し検索してみるだけでも、色々なメーカーからたくさんのオイルが販売されていて、一体どれを選べばいいのかわからなくなるほどです。乾燥肌の方は以下のオイルを選ぶか、以下のオイルが使われているボディオイルを選ぶのがおすすめです。

・オリーブオイル
・ホホバオイル
・ココナッツオイル
・マカダミアナッツオイル
・ヘーゼルナッツオイル
・アルガンオイル
・カメリアオイル(椿油)
・馬油
・スクワラン

これらのオイルは人の皮脂に近く、肌なじみがよく保湿力が高いのにベタつきにくいのが特徴です。また、馬油とスクワラン以外の植物由来のオイルには、ビタミン類や抗酸化成分が含まれており、保湿以外の美容効果が期待でき肌のたるみやシミも予防できます。

ミネラルオイルについて

ボディ用オイルには、有名なベビーオイルなどの石油や鉱物を原料としたミネラルオイルもあります。ミネラルオイルは肌の上に油膜を作って肌を守る効果があるのですが、肌に浸透せず表面にとどまるだけで美肌成分もないため、おすすめしたオイルのような美肌効果は期待できません。

天然由来のオイルはさまざまな成分を含んでいるから美肌効果も高いのですが、その分どんな成分が肌の刺激になるかわからないというデメリットもあります。もし、天然由来のオイルを使って刺激を感じた時は、肌に浸透せず刺激になりにくいミネラルオイルを試してみるのがおすすめです。

食用オイルは使わないで!

ボディ用オイルをはじめとする美容オイルは、全て肌に使うことを前提にしています。果皮や種子の欠片などの不純物を徹底的に取り除いた精製度の高いもので、香りや味はほぼありません。一方の食用オイルは風味を楽しむために精製度はそれほどまでに高くなく、目で見えるほどの果皮などが含まれていることもよくあります。不純物は肌の刺激になりやすいだけでなく、皮膚に塗ったまま外に出ると油焼けを起こしてシミになることも…。

そのため、肌に使う時は絶対に食用オイルではなく、肌に使うことを前提にして作られた美容オイルを選びましょう。

ボディ用オイルの使い方

ボディ用オイルを手に取る量は500円玉大が目安。この両で足首から太ももくらいまで伸ばせます。手のひらに取ったら両手で握手するようにしてよく温めてから肌に上に伸ばしていきます。擦ると肌を痛めてしまうので、オイルの滑らかさを利用して肌の上を手のひらが滑っていくように軽い力で伸ばせば大丈夫です。

オイルはお風呂上がりに使うのが一番!

お風呂上がりは水分量が多く、お風呂から出てすぐオイルを塗るとオイルがフタになって水分を閉じ込めてくれます。また、お風呂上がりは肌が温まっていてオイルの伸びがよく浸透しやすいので、オイルの保湿力が最も発揮されるタイミングです。

マッサージオイルとして使ってもOK

エステやリラクゼーションマッサージでもオイルを使ったオイルマッサージは人気があります。オイルはボディクリームやミルクより滑らかで皮膚に摩擦ダメージを与えにくいので、マッサージにも最適です。
オイルを塗る時に、下から上に向かって軽くマッサージするようにすると、リンパの流れと血流を良くして冷えやむくみを予防できます。保湿しながらむくみ予防ができるなんて便利ですよね。

クリームやミルクとの併用で保湿力アップ

オイルだけでは保湿力が足りない時は、ボディクリーム、ボディミルク、ボディローションを使ってからオイルを塗るのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

表情筋を鍛えるだけで整形並みの変化が…!6つのメリットを紹介します

「最近、可愛くなったよね?」って言われたい人集合!表情筋トレーニングだけで得られ …

膝上のお肉とサヨナラして脚の魅力をアップさせよう!

元凶は運動不足です! スラっとしたきれいな脚は異性にとってとても魅力的であるだけ …

週末だけの肌断食でニキビや敏感肌を治そう!月曜にはメイクのノリもばっちりです

スキンケアもメイクも禁止!UVケアもなるべくしません 毎日しっかりスキンケアをし …

経絡マッサージでカンタン!セルフデトックスケア

東洋と西洋の医学を融合した「経絡(けいらく)マッサージ」で冷え・コリ・むくみをシ …

ドライブラッシングでデトックス!セルライト予防にも効果あり

肌に合わせておすすめのブラシも紹介します もしかしたら聞いたことがある人もいるか …

かかとのガサガサはなぜ起きる?軽石や専用薬液で対策を

つるつるのかかを作るにはどうすればいい?正しい軽石の使い方もご紹介。 かかとのひ …

ダイエット女子必見!自宅でセルライトを落とす方法とは?

セルライトのケアは必ずしもエステに行かなければできないわけではありません。どんな …

ポッコリお腹解消に効果的なドローインとは?

道具を用意することなく今すぐ実践できるドローイン。簡単ですが効果が大きいです。 …

身も心もデトックス!おがくず風呂に代表される「酵素風呂」ですっきりリラックス

体にいい酵素を口からだけではなくお風呂として取り入れる! 体に大きな負担をかけず …

顔や腕などにできる赤いほくろ、「老人性血管腫」かも

気になる「老人性血管腫」の原因と治療方法 ほくろというと黒や茶色のものをイメージ …