美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

手足のひどい乾燥にはオイルがおすすめ!ボディ用オイルの選び方・使い方

ボディ用オイルで乾燥知らずのしっとり肌になろう!
9009cb5f996969bbab92d9147bd70396_s
美容オイルの流行もあり、お顔だけではなく手足のスキンケアにもボディオイルを使う方が増えています。でも、オイルというとベタつくイメージがあったり、どんなものを選べばいいのかよくわからないという方も多いですよね。なんとなく「ボディクリームより保湿力がありそう」と思っているけど、なかなかボディ用オイルに手が出ない方のために、ボディ用オイルの選び方や使い方をご紹介します。

ボディ用オイルとは?

ボディ用オイルとは、顔に使うオイルと同じで「美容オイル」「キャリアオイル」「マッサージオイル」などと呼ばれているものと同じです。植物由来のオイルなら、エッセンシャルオイル(精油)を混ぜることで香りを楽しみながらスキンケアすることもできます。

オイルというとやはり気になるのが、肌に伸ばした後のベタつきですよね。ボディ用オイルは人の皮脂とよく似たものが多く肌なじみが良いので、ベタつかずさらっとした使い心地ながらクリームより保湿力が高いのが人気の理由です。とろりとしたテクスチャーでクリームより伸びがよく滑らかで、リンパマッサージやセルライトマッサージにも使えます。また、顔や髪にも使えるので、1つあると全身のケアに使える便利アイテムです。

ボディ用オイルの選び方

ボディ用オイルには様々なものがあります。少し検索してみるだけでも、色々なメーカーからたくさんのオイルが販売されていて、一体どれを選べばいいのかわからなくなるほどです。乾燥肌の方は以下のオイルを選ぶか、以下のオイルが使われているボディオイルを選ぶのがおすすめです。

・オリーブオイル
・ホホバオイル
・ココナッツオイル
・マカダミアナッツオイル
・ヘーゼルナッツオイル
・アルガンオイル
・カメリアオイル(椿油)
・馬油
・スクワラン

これらのオイルは人の皮脂に近く、肌なじみがよく保湿力が高いのにベタつきにくいのが特徴です。また、馬油とスクワラン以外の植物由来のオイルには、ビタミン類や抗酸化成分が含まれており、保湿以外の美容効果が期待でき肌のたるみやシミも予防できます。

ミネラルオイルについて

ボディ用オイルには、有名なベビーオイルなどの石油や鉱物を原料としたミネラルオイルもあります。ミネラルオイルは肌の上に油膜を作って肌を守る効果があるのですが、肌に浸透せず表面にとどまるだけで美肌成分もないため、おすすめしたオイルのような美肌効果は期待できません。

天然由来のオイルはさまざまな成分を含んでいるから美肌効果も高いのですが、その分どんな成分が肌の刺激になるかわからないというデメリットもあります。もし、天然由来のオイルを使って刺激を感じた時は、肌に浸透せず刺激になりにくいミネラルオイルを試してみるのがおすすめです。

食用オイルは使わないで!

ボディ用オイルをはじめとする美容オイルは、全て肌に使うことを前提にしています。果皮や種子の欠片などの不純物を徹底的に取り除いた精製度の高いもので、香りや味はほぼありません。一方の食用オイルは風味を楽しむために精製度はそれほどまでに高くなく、目で見えるほどの果皮などが含まれていることもよくあります。不純物は肌の刺激になりやすいだけでなく、皮膚に塗ったまま外に出ると油焼けを起こしてシミになることも…。

そのため、肌に使う時は絶対に食用オイルではなく、肌に使うことを前提にして作られた美容オイルを選びましょう。

ボディ用オイルの使い方

ボディ用オイルを手に取る量は500円玉大が目安。この両で足首から太ももくらいまで伸ばせます。手のひらに取ったら両手で握手するようにしてよく温めてから肌に上に伸ばしていきます。擦ると肌を痛めてしまうので、オイルの滑らかさを利用して肌の上を手のひらが滑っていくように軽い力で伸ばせば大丈夫です。

オイルはお風呂上がりに使うのが一番!

お風呂上がりは水分量が多く、お風呂から出てすぐオイルを塗るとオイルがフタになって水分を閉じ込めてくれます。また、お風呂上がりは肌が温まっていてオイルの伸びがよく浸透しやすいので、オイルの保湿力が最も発揮されるタイミングです。

マッサージオイルとして使ってもOK

エステやリラクゼーションマッサージでもオイルを使ったオイルマッサージは人気があります。オイルはボディクリームやミルクより滑らかで皮膚に摩擦ダメージを与えにくいので、マッサージにも最適です。
オイルを塗る時に、下から上に向かって軽くマッサージするようにすると、リンパの流れと血流を良くして冷えやむくみを予防できます。保湿しながらむくみ予防ができるなんて便利ですよね。

クリームやミルクとの併用で保湿力アップ

オイルだけでは保湿力が足りない時は、ボディクリーム、ボディミルク、ボディローションを使ってからオイルを塗るのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

結構見られてる!ひじの黒ずみ・ガサガサ…原因と対策について

いつ見られても恥ずかしくないひじを目指そう! 目次1 意外とみられてる!?ひじの …

正しい下着の選び方とは?みんな意外と知らないかも…

女性にとってはブラなどの下着を選ぶときにいつも同じサイズでなんとなく購入する人も …

今すぐ実践したい!芸能人のバストアップ術

芸能人の素敵なバストラインは、私たちもついつい目がいってしまいますよね。そんな綺 …

デコルテに自信あり・めざせ鎖骨美人!

セクシーで魅惑的なデコルテが、あなたのトータルな美しさを引き出す 「デコルテ」と …

かかとのガサガサはなぜ起きる?軽石や専用薬液で対策を

つるつるのかかを作るにはどうすればいい?正しい軽石の使い方もご紹介。 かかとのひ …

水虫がうつらないために!水虫になったときのケアと予防法

水虫は「病気」です 水虫菌は暖かくて湿った環境で繁殖しやすくなります。春過ぎから …

胸クサッ!ワキガは有名だけどチチガって?判別方法や原因について

胸がにおう…もしかしたらチチガがかもしれません チチガという言葉を聞いたことはあ …

脱オバサンボディ!お腹痩せのためには皮下脂肪を減らすことが大切!

女性らしいラインを作るためにも、お腹周りのぜい肉を退治しましょう 引き締まったお …

お尻ニキビの3つの原因とスベスベのお尻をキープする7つの対処法とは?

ブツブツ・ざらざらのお尻は卒業!おしりニキビの原因と対処法 よっぽど毎日チェック …

二の腕をほっそりさせるペットボトルエクササイズのやり方

ぷるぷるの二の腕を解消するためにはペットボトルを使ったエクササイズが効果的です …